一週間前に免許を取ったばかりです!!
新車を買う事になったんですけど・・・。
車の事がまったく分かりません。。。
どんな車がおすすめですか???
小さめの車がいいです。。。
ちなみに私は18歳で高校を卒業したばかりの女の子です!こんな私でも乗れるようなのお願いします!
AT車です。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

 TOYOTAのVitzがいいと思いますよ。


 小さめというのがどの程度なのかはわかりませんが、お友達と一緒にドライブで長距離を走ったり、衝突時の安全性などを考えると軽はちょっとね、と思います。1000cc~1300ccで考えると、ほとんどの車がミニバン(背が高めのやつ)になっています。確かに荷物も結構積めるしいいのでしょうが、タワー型の駐車場では入らないこともあります。日常生活の足ということであれば、Vitzでしょう。
 もしミニバンタイプも含めてであれば、TOYOTAのFancargo、ダイハツのYRVなども選択肢の一つでしょうね。
 でも男の私から言わせれば、車は選ぶ段階が一番楽しいもの。あちこちのお店を回って、実際に触れてみて、それで決めるのが一番ではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 車のミッションの“MTつきATについて(或いは、セミMTつきATにつ

 車のミッションの“MTつきATについて(或いは、セミMTつきATについて)”
 
 つい最近、私は(遅まきながら)気づいたのですが、“MTつきAT“、あるいは、”セミMTつきAT“などの文字を眼にしました。
 これって、クラッチペダルがついていながら、ボタン(あるいは、スイッチ)一つ押すだけで、ミッションタイプがマニュアル操作からAT操作に切り替えられるタイプの車なのでしょうか?
 もし、そうなら、交通渋滞などでは、面倒な半クラッチの操作を避けるべくATタイプに切り替えて、その一方、高速道路とか、スピードを出せそうな所では、MT操作(クラッチペダルつきの)に切り替えられるのでしょうか?

 もし、そうなら、私としては、マニュアル操作の車の練習も兼ねつつ(自動車教習所卒業以降一度もMT操作の車を操作していないので、練習してみたいので^^)、好きな時に楽なAT操作を行える夢のような車だと思ったもので♪

 然し、これって、やっぱ、夢物語の車なのでしょうか?

 因みに、同じ車でMT使用時とAT使用時による燃費の差は、生じるのでしょうか?

 どなたか、どうか教えて下さい。

 車のミッションの“MTつきATについて(或いは、セミMTつきATについて)”
 
 つい最近、私は(遅まきながら)気づいたのですが、“MTつきAT“、あるいは、”セミMTつきAT“などの文字を眼にしました。
 これって、クラッチペダルがついていながら、ボタン(あるいは、スイッチ)一つ押すだけで、ミッションタイプがマニュアル操作からAT操作に切り替えられるタイプの車なのでしょうか?
 もし、そうなら、交通渋滞などでは、面倒な半クラッチの操作を避けるべくATタイプに切り替えて、その一...続きを読む

Aベストアンサー

MT”モード”付きのAT(CVT)のことですよね。
多くの場合、セレクトレバーを横にずらすと + - で変速できるように変わったり、ハンドル脇のスイッチで変速できるようになっています。
もちろんクラッチなどついていませんし、HパターンのMT車の練習にはなりませんね。

>夢物語の車なのでしょうか?

構造が単純で、効率がよく、価格も安く済むがMTの良いところなので、わざわざそれをスポイルするものは作られないと思います。

AT車のMTモード使用時の燃費ですが、コンピュータより正確適切なタイミングで変速できる人間はほとんどいないので、大抵は悪化すると思います。

QMT車の購入で、同じ車のAT車を試乗する意味はありますか?

MT車の購入で、同じ車のAT車を試乗する意味はありますか?

もうすぐ自動車免許が取得できそうなので、
そろそろ車の購入を考えています。

フィットなどコンパクトカーのMT車を購入しようと思っているのですが、
ネットで調べてみると試乗車にはMT車が全然無いようです。
そういう場合AT車でも試乗した方がよいのでしょうか?
もしそうなら、試乗中どういうポイントに気をつけるべきでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方も回答されている通り、ATでも素性は変わらないです。

・店から出る時の段差とハンドリング
意外と見落としがちですが、一番特性が分かりやすいです。
段差を超えながら通りにでた時に、車体がブレる車はいざという時危ないです。

・静かさ
試乗だと緊張していて気づかないですが、注意して聞くと良いです。

「試乗だと何もわからない」というくらい短いです。
購入する前に旅行などでレンタカーを使う事をオススメします。
2日も乗れば誰でも不満点がわかります。
シートが合わない、曲がりにくい、ボタンが押しにくい等

追記:
本当にその車が購入したい(お金も用意出来る)時は、セールスマンに頼めばMTの試乗車を用意して貰えますよ。
最近のATベースの車だと、MTが面白くない車も多いので必ず試乗した方が良いです。

QMT車とAT車。どっちがいい?

こんばんは。タイトル通りですが、MT車とAT車、どっちがいろんな面でいいんでしょうか?
私は現在普通免許MTの教習中でこの前仮免取って今路上走ってます。
それで何時間かAT教習があったんですが、AT車の感想は
「ええ~とギアをD?ドライブに入れてぇ・・・おお~楽だなーフンフーン♪お、信号赤だ。停車!あーここ長えもんなーブレーキ離すか・・・うお!勝手に進んだ!怖え~」

まあブレーキ離した自分が悪いんですが・・・で次いつものMT車の感想です。
「さあ発進だぁギアをローにアクセルふかして半クラ~GO!!よしセカンド!よしサード!よしトップ!ん?坂道だ!ここはサードにシフトダウーン!よーし上れた!またトップ!ヒャッハー楽しいぜー」

です。運転してて楽しいのは圧倒的にMT車です。しかし性能はどっちが上なんでしょうか?
例えば燃費とか加速とか・・・なんでもいいのでMT車とAT車、どっちが好きか理由を書き込んでください。

なんかATって踏み間違えたら児童の列に突っ込みそうで・・・
ちなみに私は免許取ったらMT車買います・・・

Aベストアンサー

私は断然、MTです。
理由は好きだから。運転してるぞ!って感じるでしょ?
あと、何らかの理由でエンジンが動かなくなった時、女性一人でも押して動かせるからかな。
実際そういう経験をしていて、コンピュータがイカレてエンスト。
子どもも同乗していたから、あの時ほど「ああ、MTでよかった!」と思ったことは無いです。
あれが踏み切りの上とかでATだったらと思うと今でもゾッとしますね。

でも、車買う時車種が選べないのが難点です。
今はほとんどATばっかり。T社K店の営業には小ばかにしたように笑われました。
燃費もMTよりCVTの方が断然良いです。
渋滞にはまると辛いし、胸突き八丁のような超坂道発進は冷や汗ものです。
(イタリア車には坂道発進のアシスト機能があるらしいが、うちの場合外車は予算外。)
ショッピングモールの駐車場の傾斜のきついところで出庫渋滞し、後ろの車にピッタリ着かれて
発進・停車を繰り返す時はMTであること後悔します。

こればっかりは車に対する価値観の違いなので、誰がなんと言おうと、自分の信念で乗るのが一番では?

私は断然、MTです。
理由は好きだから。運転してるぞ!って感じるでしょ?
あと、何らかの理由でエンジンが動かなくなった時、女性一人でも押して動かせるからかな。
実際そういう経験をしていて、コンピュータがイカレてエンスト。
子どもも同乗していたから、あの時ほど「ああ、MTでよかった!」と思ったことは無いです。
あれが踏み切りの上とかでATだったらと思うと今でもゾッとしますね。

でも、車買う時車種が選べないのが難点です。
今はほとんどATばっかり。T社K店の営業には小ばかに...続きを読む

QMT車からAT車へ変更

今、教習所に合宿してMT車の免許取得をめざしています。何度も乗り越してやっと仮免の技能試験の見極めまでいきました。しかし、見極めをもらうことは出来ず、教官から「ATでとった方が良かったんじゃない」と言われました。仮免目前にして、いまさら変更するなんて。みなさん、どう思われますか。

Aベストアンサー

批判覚悟で書き込みます。又削除覚悟です。
皆さんの教習MTからATに変更され免許取得に励んでおられるみたいですが。少し意地をもたれたらいいのではと思います、現実的に現在はオートマチック車ばかりの車社会、MT車なんか端っこに追いやられている所ですが、車の免許に当たっては、条件付になります。免許証には条件などつかないほうがいいと思いますが、そんなもん関係あらへんと言う人もいますが、男やったら車のロマンも知っていいのではないだろうか。
自転車に乗ったことあると思うが、ギャーのある自転車とギャーのない自転車どちらに乗っていましたか。子供心にギャーのある自転車に乗っていたのではないでしょうか、車社会になってMTを運転して、操作が上手く行かないからAT車に変更、寂しい気がします。批判するつもりはありませんが、車の特徴などを知り、各機構の意味を理解して操作すればイガイトスムースに行きますよ。先走りして免許取得だけ考えていると、心に甘えが出てきて、難しい操作は拒否しがちになります、昔は女性でもAT車なんかなくMT車で免許取得していましたよ。一段一段の人生と等しく楽な方向に進むのではなく、苦あれば楽ありの人生を見て挑戦していくのが若者と思う。

批判覚悟で書き込みます。又削除覚悟です。
皆さんの教習MTからATに変更され免許取得に励んでおられるみたいですが。少し意地をもたれたらいいのではと思います、現実的に現在はオートマチック車ばかりの車社会、MT車なんか端っこに追いやられている所ですが、車の免許に当たっては、条件付になります。免許証には条件などつかないほうがいいと思いますが、そんなもん関係あらへんと言う人もいますが、男やったら車のロマンも知っていいのではないだろうか。
自転車に乗ったことあると思うが、ギャーのあ...続きを読む

QMT車からAT車に乗り換えた際の疑問

免許取得以来10年間のMT車生活から、最近AT車生活になったんですが、ちょっと2つほど疑問が出てきました。

1. AT車のフットブレーキペダルがMT車のものより大きいのは、“両足で踏むのを想定”してというのはホントですか?
私はいわゆる“踏み間違え”がないように大きくなっているものだと思ってましたが、ここでこういう風に回答されている方がいたので、実際はどうなのか知りたいです。

2. AT車のブレーキを左足で踏むという方が結構いらっしゃるようなのですが、その理由もいろいろこちらで聞きました。
でも、MTもATも関係なく普通は右足のかかとを床につけて、それを軸にしてアクセルやブレーキ操作をすると思うので、そもそも踏み間違えとかブレーキが遅れるとかないような気がするのです。
それともかかとを軸にするというのは少数派で、いちいち一旦足を上げてペダル操作してらっしゃる方ばかりなのでしょうか?それだと余計に時間が掛かって危険なような気がしますが・・・

Aベストアンサー

 クルマの設計屋です。

 ATしか乗らない方の中には、絶対にペダルの踏み間違いを起こさない様に右足はアクセル、左足はブレーキとゆぅ風に分けている方々がいらっしゃいます。
 その様な需要があるので、今日ではMT車よりブレーキペダルを大きくする設計が常識となっています。

 また、AT車のペダルの踏み間違いが問題となった15年ほど前、踏み間違いをしない様に両足でブレーキを踏む、とゆぅ操作が推奨された事もありました。
 これは、左足だけでブレーキを踏むヒトがMT車に乗った時、右足でブレーキを踏む習慣が無いと危険な事になるのでAT車でも右足でブレーキを踏む習慣をつけよう、でもそれではアクセルと間違う可能性があるから左足でもブレーキを踏もう、とゆぅモノでした。
 恐らく『両足で踏め』と回答された方はこの頃の事をおっしゃっているのではないかと思います。
 
 とゆぅワケで、

>1. AT車のフットブレーキペダルがMT車のものより大きい・・・・

 自動車を作る側としましては、両足でのブレーキ操作を一般的な運転操作としては認識していませんが、しかし両足でチカラ一杯踏んでもペダルが壊れない様には設計されています。
 一方、MT車を探すのが難しいほどATが常識となっている北米では、映画などで時々、『両足でメいっぱいブレーキペダルを踏む』シーンが出て来る事があります。
 案外、北米のAT車では両足操作を想定してブレーキペダルを大きくしているのかもしれません。

>2. AT車のブレーキを左足で踏むという方が結構いらっしゃる・・・・

 複数のドライバの運転操作の測定では、カカトを付けてブレーキを踏む方が踏み間違いが起こりやすいとゆぅ結果が出ています。(この場合の踏み間違いとは、アクセルをブレーキと間違えて踏み込んでしまうとゆぅ完全な間違いばかりでなく、右足の半分でしかブレーキペダルを踏まず、ブレーキを深く踏み込んで行くと右足の小指~薬指辺りでアクセルも踏んでしまう、とゆぅ状態も含みます。)
 これは、あわてた時にハンパな足位置でブレーキペダルを踏んでしまう→その様な状況ではブレーキペダルを普段より深く踏む→アクセルも一緒に踏んでしまう、とゆぅ事が起こっていると見られており、この『ハンパな足位置』を防ぐ為に、若干のタイムラグを伴っても『一旦、完全に足位置を変える』行為が効果的とゆぅワケです。
 教習所では、neumann様御指摘の様にカカトを浮かせたブレーキ操作を推奨しているはずです。カカトをつけたブレーキ操作は、決して基本ではありません。(と言いつつ、ワタシもカカトをつけたブレーキ操作をしていますが・・・・)

 さて、最後に余談です。

1.この様な『2コのペダルを同時に踏む』間違いはMT車でも起こり得ます。ただMT車に慣れた方は、急ブレーキが必要な状況では反射的にクラッチも切ってしまうので、危険な暴走に至りません。
 また、自動車メーカ側もペダルを2コ踏まない様に、アクセルペダルとブレーキペダルの位置を慎重に決定します。(故に、往年のスポーツカーより今日のクルマの方が、明らかにヒール&トゥやローリングと言った『2コのペダルを同時に踏む』テクニックが使いにくくなっています。更に、すぐPL裁判となってしまう北米向けのクルマでは、ヒール&トゥなど全く不可能なほどアクセルとブレーキを離してしまいます。)

2.AT車のブレーキペダルの大きさは、最初はマチマチでした。
 日本車は北米車のマネをしたので最初からペダルが大きいモノが多かった様ですが、しかし軽自動車では、元々足元が異様に狭いとゆぅ事もあったのか(昔の軽は今の軽規格からは想像も出来ないほど小さいクルマでした)、MT車と同じペダルを使い、クラッチペダルが無い事による足元の開放感を強調したクルマもありました。
 更に欧州車では、AT車のブレーキペダルが皆同じように巨大化したのは結構最近ではないかと思います。ちょっと前まで、MT車からクラッチペダルだけ取り外した様なペダル配置のAT車がありました。

 クルマの設計屋です。

 ATしか乗らない方の中には、絶対にペダルの踏み間違いを起こさない様に右足はアクセル、左足はブレーキとゆぅ風に分けている方々がいらっしゃいます。
 その様な需要があるので、今日ではMT車よりブレーキペダルを大きくする設計が常識となっています。

 また、AT車のペダルの踏み間違いが問題となった15年ほど前、踏み間違いをしない様に両足でブレーキを踏む、とゆぅ操作が推奨された事もありました。
 これは、左足だけでブレーキを踏むヒトがMT車に乗った時、右足でブ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報