現在、6ヶ月になる子供がいて、学資保険を考えているところです。
いろんな保険を見ている中で、「菊池ファイナンシャルグループ」のSTI学資積み立てプランというものを知りました。
内容を見ると、投資のような形で返還率もかなり高い、安全性も確か、みたいな形で書かれていたのですが、実際に利用されている方又は、こういったことに詳しい方いらっしゃいましたら是非を教えてください。
また、似たような形のものやお勧めの学資保険などありましたら合わせて教えていただけますでしょうか。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

既に古い質問ですので、問題は解決されているかもしれませんが、契約をしている者として参考になればと思い回答します。


STI学資積立プランは、その名の通り、子供の学資金積立に特化したプランです。日本での学資保険、こども保険とは全くその目的も機能も異なります。日本の学資保険、こども保険は、その名の通り、保険でして、お子様の疾病、傷害、入院、死亡等に対して一定の保険金が払われると同時に、お子様の進学時にある程度の学資金を払うという仕組みです。これに対して、STI学資積立プランは、前記のような事故等の状況に対しての保障は全くなく、子供が高校卒業を要件とする高等教育機関(大学、短大、専門学校等)へ進学をして在学をしている限り、18歳~26歳の間で最大限、4回の学資金が支払われという仕組みです。この為、所謂、返戻率(積み立てたお金に対して、返戻されるお金の率)は、概ね200%~340%程度と、日本の学資保険、こども保険に比べてダントツに高い事になります。プランの運営は、菊池ファイナンシャルグループではなく、OEF基金が行っております。(菊池ファイナンシャルグループは代理店です)。安全性に関してですが、このプランは積立金を運営団体に支払うのではなく、OEF基金が信託契約をにより指定した、HSBC(香港上海銀行)の信託管理会社に支払い、そのお金は、信託契約下で、信託管理人により管理され、更に、監査法人であるデロイトに拠り、監査を受けております。この監査報告並びに運用レポートは、毎年、監査終了後、加入者宛に送られてきますので、運用内容、並びに積立金の成長の過程はガラス貼りで見る事ができます。私、個人としては、日本の保険会社の運用する学資保険、こども保険よりも信頼のできるクリアな運用方法と考えています。積立金の運用先も、格付けの高い、カナダ、アメリカの国債(最高格付けのAAA、日本はAA)で運用されていますので、これ以上安全な運用先は無いと理解しています。

但し、このプランは外貨建てのプランですので、為替リスクは常に有ると認識しています。私自身は、
数年前の円高状況の際に一時積立で加入していますので、実際に満期返戻金と学資金を貰う際には、多分、円安状況になっていると思いますので、かなりの金額の差益が得られると考えていますが、円安状況の中での加入の際には注意が必要かと思います。

また、既にプランより満期返戻金並びに学資金受給者が出ていますので、その面でもプランに対しての信頼性は高いと思います。私が加入した際に、検討材料として検討した、日本の学資保険は、
ソニー生命の学資保険: http://www.sonylife.co.jp/gakushi/
アリコこども保険:http://www.alicojapan.com/ji/kodomo/
かんぽの学資保険:http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/ …
以上です。この中でもソニー生命の学資保険は、比較的、返戻率が学資保険の中では、高かった様に記憶しています。

参考URL:http://www.kikuchigroup.com
    • good
    • 0

加入者です。


上記のsazanamiさんがおっしゃっていることは、荒唐無稽です。
別に、円高にならなくても複利で約6%ある以上元本を割る可能性は低いです。
もう少し、正確な情報をお教えすべきと思い、お答えします。
私は以前カナダ在住ですが、帰国後加入しました。
STIは、投資信託でもなければ保険でもありません。
学資積立としか言いようがありません。

メリットとデメリットを簡単に記載します。
以前にも答えたものがあったので、写します。

メリット1、直接HSBC(香港上海銀行)の信託口座へ送金する。
これによって、詐欺の仕様がない、理由は信託口座だから誰も手出しが出来ません。仮に銀行が潰れたとしても保証されます。ペイオフも関係なし。それが、信託口座です。
メリット2、デロイトが監査法人をしている
メリット3、ほとんどはカナダ国債で運用しているのでリスクが少ない。
通常では購入できない20年債権や30年債権も利用するため安定。
メリット4、運用利回りが良い 現在約6.2%

デメリット1、カナダ国債がデフォルト(債務不履行)したら終わり。
デメリット2、解約時の為替の影響で目減りの恐れ有り(逆もあり)
デメリット3、子供が進学しなければ80%しか戻ってこない
デメリット4、何となく不安


こんな所だと思います。
デメ1はまずないでしょうね歴史上はありませんから
デメ2はカナダドルが30円近くになると元本割れする可能性があります。
しかし、歴史上最安値は確か60円位だったと思いますから、安心していいと思いますね=
デメ3は実は一番大きなリスクかも知れません・・・専門学校でも何でも行ければいいんですが、しかし、次のお子さんがいればスライドして受け取る事も可能ですがね。
デメ4については、ご自身で勉強するほかはありません。
この、菊地ファイナンシャルは大阪にもカスタマーセンターがありますので
HPの電話番号に電話して、質問してみてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございました。メリット、デメリット共によく理解できました。参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2009/03/12 22:16

現在、我家も見直しています!一概の学資保険といっても色々ありました!我家で加入した物は子供に万が一の事があれば一時金で何百万円か下りてくる物なのですが!


すでに上の子供は中学生なので10年以上積んでしまいました!
納得させられる事を聞きましてなるほどと思いました!
子供が死んでお金が欲しければ今のままでよいのですが!一般的考えはまったく違うでしょう?
我々、親に万が一の事が遭った時残された子供たちがどうなるかでしょう?
こんなにも違うのかと言う情報得ましたので参考にされると良いでしょう!
各、保険会社ごとにサービスが記載されてます下にスクロールすると何十社かの保険の比較が出来ます!

http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/gak …

棒グラフの様な白い枠の左上に月の掛け金や満期の計算など記載されてます!
参考にされると良いかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々考えると難しいですね。よく検討してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/03/09 10:30

学資保険と名をつけた単なる投資信託ですね。


しっかりリスクがあると記載されてますし、積み立て分よりも減って戻る可能性も十分あります。下手すれば半分になっても文句は言えません。
高い返還率の一例で記載されているだけで補償されているものでもありませんし、急激なドル高にならない限り一例のような補償は無理です。
確実に貯めたいものは、リスクのあるものは避けた方がいいです。
遊んでいるお金なら、自分で投資信託してみるなり、このような企業に任せてみるのもいいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急な回答ありがとうございます。
よく考えて選んでいきたいと思います。

お礼日時:2009/03/09 10:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学資保険・菊池フィナンシャル

はじめまして、コウユと申します。

三ヶ月の娘の学資保険について検討中です。
色々ある中、主人が見つけてきたのが、タイトルの「菊池フィナンシャル」。
ハイリスクハイリターンのようですが、このご時世です。
真剣に考えてみたいのですが、あまり情報がありません…。
入った方、検討中の方、考えたけどやめた方、いらっしゃったらご意見頂けませんでしょうか?
たくさん頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

長い投資期間ですよね。

o 為替リスク
この商品はカナダドルで運用されます。
この20年くらい見るとカナダドルは高い時で160円、安い時で80円です。為替リスクを楽しめるか逆に地獄に落ちるか。
o 信用リスク
日本の生保ならまあまあ安全と言っていいでしょうが海外だとどうでしょう。積立分は保証されるそうですがどのくらいの割合が積立金で運用されているのでしょう。不透明でわかりません。また破たんした場合に請求できますか? 国際弁護士は高そうです。
o 流動性リスク
中途解約でどれくらい返金されるのでしょうか。すぐに返金されますか?
o 国債ですから金利により価格が変わります。つまり学資金の受取額も変わります。
o 子どもが進学しないと学資金がもらえません。
o 税金がかかりますが所得税は何所得でしょう? ご主人の所得も当然増えていることですから税金でがっぽり持っていかれるかもしれません。

菊池フィナンシャルと比較するならカナダ国債を買う方が有利だと思いませんか。そもそも学資保険てなぜ必要ですか? 保障が必要なら親の収入の保障をすべきだし、貯蓄なら他に有利な商品があります。学資保険は中途半端でムダです。

長い投資期間ですよね。

o 為替リスク
この商品はカナダドルで運用されます。
この20年くらい見るとカナダドルは高い時で160円、安い時で80円です。為替リスクを楽しめるか逆に地獄に落ちるか。
o 信用リスク
日本の生保ならまあまあ安全と言っていいでしょうが海外だとどうでしょう。積立分は保証されるそうですがどのくらいの割合が積立金で運用されているのでしょう。不透明でわかりません。また破たんした場合に請求できますか? 国際弁護士は高そうです。
o 流動性リスク
中途解約でどれくらい返金さ...続きを読む

Q学資の為の保険・・・学資保険と終身保険

子供の学資の為の保険についてアドバイス下さい。

大学進学までとして約1700万の試算です。

素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。

夫に万が一の場合を考えて追加で定期保険(22年満期で逓減がいいのかな)を考えています。収入保障保険は別途検討しているのでこの定期はあくまで教育費、葬儀代はその時にあるだけの金額ですれば良しとの夫の考えでそういう意味での終身保険は考えていません。

1.学資保険+定期保険
2.終身保険+定期保険

終身保険は死亡保障があるから定期保険の保障額が少し低く出来るのでそっちのがいいのかな、というのが素人考えです。

どうでしょうか?これから保険相談もする予定ですが、自分でも色々勉強してメリットデメリットを知っておきたいのでアドバイス願います。

Aベストアンサー

●「素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。」

◆決して素人考えとは思いません。あくまでも同じ返戻率なら保障があった方がメリットが大きいと私も思います。
もちろん定期保険・終身保険・学資保険を別々に考えるのがベストですが、そうなると出費が大きくなります。
毎月の保険料を抑制して、少しでも高い保障を得られるのが終身保険で学資積立をするもう一つのメリットとなります。

Q郵便局の学資保険と養老保険

私は1972年生まれの女性、未入籍の夫は1984年生まれで、現在大学へ通っています。昨年9月に長女が誕生したので、将来の学資を貯めようと思い、夫を契約者として簡保の学資保険(18歳満期金150万円)を始めようとしたところ、郵便局員の方に「契約者とお子さんの苗字が違っていると支障がある」と言われ、かわりに養老保険の18歳満期を勧められました。
(1)養老保険にすべきでしょうか。それとも私が契約者となり学資保険にすべきでしょうか。それぞれのメリット・デメリットは?(2)事実婚でお子さんのいらっしゃる方、保険はどうされていますか?
生命保険としては、別に全労済のこくみん共済に入ろうと考えています。

Aベストアンサー

ご参考になればと思います。
学資保険と養老保険についてですが、今回のご質問は保障ではなく貯蓄としてのお考えがメインのようなので、その点を重視してお答えさせて頂ければと思います。

まず極論から言いますと18歳時に150万円を貰う事だけ考えれば私は【養老保険】を勧めます! まぜ?か・・養老保険も多分会社によってマチマチですが、150万円貰う為に大体の方が特約として入院保障などを付けて契約していますが、150万円以上保険料を払う事になるんです。 それを学資保険と比較すると形や保険種類によっても変わりますが、養老保険の方が“差額”は低く済むでしょう! そして、学資保険の場合各年度に給付金が出るタイプに大体加入しますので、例ですが【12歳で15万円】【15歳で15万円】【18歳で120万円】になったりしますので、養老保険のように150万円が18歳に出てくる方が利に適っているのでは?!と思います。

※ご質問についてお答えさせて頂いた訳ですが、上記の様な保険が決して悪い訳ではありませんが、色々視点を変えてみるともっと色々な保険が見えて来るかもしれませんよ。 年齢の制限によって入れる商品の枠は狭いですが、各社には色々あるものです。 入ってから見直すよりも入る前に十分な情報を入れ吟味してはと思いますよ! 民間の生命保険会社や保険代理店に問い合わせるのも手間無く情報を収集できる1つの方法です! 

ご参考になればさいわいです。

ご参考になればと思います。
学資保険と養老保険についてですが、今回のご質問は保障ではなく貯蓄としてのお考えがメインのようなので、その点を重視してお答えさせて頂ければと思います。

まず極論から言いますと18歳時に150万円を貰う事だけ考えれば私は【養老保険】を勧めます! まぜ?か・・養老保険も多分会社によってマチマチですが、150万円貰う為に大体の方が特約として入院保障などを付けて契約していますが、150万円以上保険料を払う事になるんです。 それを学資保険と比較すると形や...続きを読む

Q学資保険か養老保険

学資保険に入ろうと思っていて調べています。
1番候補はソニーでそれに決まりかけていたのですが、養老保険もいいとネットに書いてあり、どちらも似たような内容らしく迷っています。
ただ、この養老保険がいまいちよく分からず学資保険との違いは何なのでしょうか?
いろんな保険会社には大体養老保険があるのでどれもさして違いがなければソニーはやめて近所の郵便局の養老保険で学資保険として入ろうかなと思っています。でもそれだったら普通にゆうちょの学資保険にしますよね・・・?
18歳満期で100万~150万くらいに考えています。
ゆうちょの養老保険は契約者の主人に万が一のことがあったら支払いが免除になるんですよね?
また、養老保険と共済を組み合わせるとネットで見たのですがその理由がわかる方いらっしゃいますか?なぜ組み合わせるのでしょうか。
郵便局に直接聞けばいいのでしょうがメリットしか教えてくれなさそうなのでここで勉強してから行きたいと思っています。
ゆうちょで教育資金を貯めるなら学資保険と養老保険どちらがいいのでしょうか。
いろいろありすぎて分からなくなってきました。
学資保険に入るならソニーで、養老保険ならゆうちょにしようと思っています。
養老保険単体で入るか何かほかの保険と組み合わせたらいいかアドバイスいただけたらありがたいです。
ソニーの学資保険だけに入るかゆうちょの養老保険にするか養老保険+他の保険にするかおすすめの方法を教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

学資保険に入ろうと思っていて調べています。
1番候補はソニーでそれに決まりかけていたのですが、養老保険もいいとネットに書いてあり、どちらも似たような内容らしく迷っています。
ただ、この養老保険がいまいちよく分からず学資保険との違いは何なのでしょうか?
いろんな保険会社には大体養老保険があるのでどれもさして違いがなければソニーはやめて近所の郵便局の養老保険で学資保険として入ろうかなと思っています。でもそれだったら普通にゆうちょの学資保険にしますよね・・・?
18歳満期で10...続きを読む

Aベストアンサー

学資保険の基本形態は
・保険契約者は、基本的に親 <-保険料支払いも
・保険の対象は、子供
・保険対象の子供が怪我や病気で入院手術などすると医療給付金が支払われる
・保険契約者が死亡したような場合には、以後の保険料は免除されて満期時に満額保険金が支払われる

養老保険の場合
・契約者も保険対象も親 <-対象の違い
・特約がない状態では、入院や手術は関係無い 
・保険対象者が死亡すると、保険金が支払われる <-満期時ではなく死亡時

大まかに言うとこんな感じ

子供の医療費に関しては自治体による補助が手厚くなっているので、敢えて学資保険の保障を準備する必要性は高くない
なので、学資保険と養老保険とが比較される事が多くなっている
子供の医療保障が不要な分、利回りで考えると養老の方が有利になっている

養老に医療保障の特約をつけると、利回り的には学資保険と良い勝負

保険だけではなくて保険と貯蓄とを比較する必要はないのだろうか?
保険だと経済状況の変動で保険料の支払いが滞ると、保険失効で損失が出るので余裕を持った設定にしておくべきだと思う
その点貯蓄であれば、経済状況に応じて柔軟に対応可能

ウチでは、上の子は半分を学資で残り半分を貯蓄で、下の子は養老と貯蓄の組合せで準備している

学資保険の基本形態は
・保険契約者は、基本的に親 <-保険料支払いも
・保険の対象は、子供
・保険対象の子供が怪我や病気で入院手術などすると医療給付金が支払われる
・保険契約者が死亡したような場合には、以後の保険料は免除されて満期時に満額保険金が支払われる

養老保険の場合
・契約者も保険対象も親 <-対象の違い
・特約がない状態では、入院や手術は関係無い 
・保険対象者が死亡すると、保険金が支払われる <-満期時ではなく死亡時

大まかに言うとこんな感じ

子供の医療費...続きを読む

Q学資保険にすべきか、終身保険にすべきか

来年1月に第1子出産予定で、教育資金の貯蓄をどのようにすべきか検討中の25歳主婦です。(ちなみに夫は38歳です)
先日、「保険市場」という無料の保険相談窓口に学資保険についての相談に行って参りました。
その際、学資保険は元本割する場合がほとんどですし、医療の保障は共済で加入したほうが子どもの場合は安くて済むので、教育資金の貯蓄という意味で学資保険を検討するならば、
東京海上日動あんしん生命の「長割終身」という保険を勧められました。
払い込み期間は子どもが12歳まででOKで、15歳、18歳などなど教育資金が必要になる際まで据え置く事が可能というもの。戻り率も相当良く、12歳の払い込み終了時点でも105%、18歳まで据え置いた場合はさらに戻り率が上がっており、大変魅力的な商品に感じました。
(ちなみに保険契約者は主人38歳の場合です)
学資保険と名のつく保険にするか、それともこの「長割終身」にするか迷っております。
子どもの誕生=学資保険 となんとなく考えていた私ですが、別に教育資金が確保できればそれにこだわる必要なんてないんだ!と気づかされた次第です。
この東京海上日動あんしん生命の「長割終身」を教育資金のための貯蓄として考えて契約するにあたってのメリットおよびデメリットを教えていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

来年1月に第1子出産予定で、教育資金の貯蓄をどのようにすべきか検討中の25歳主婦です。(ちなみに夫は38歳です)
先日、「保険市場」という無料の保険相談窓口に学資保険についての相談に行って参りました。
その際、学資保険は元本割する場合がほとんどですし、医療の保障は共済で加入したほうが子どもの場合は安くて済むので、教育資金の貯蓄という意味で学資保険を検討するならば、
東京海上日動あんしん生命の「長割終身」という保険を勧められました。
払い込み期間は子どもが12歳まででOKで、15歳、...続きを読む

Aベストアンサー

学資保険に限らず、保険を考えるときには、トータルのマネープランの中で考えなければなりません。

長割りを学資保険の代わりとして使う方法は、よくある方法で、それ自体には問題はありません。
デメリットの説明は、受けていて当然なのですが、中途解約です。
契約するときに、100%の人が「12年ぐらいで中途解約するなんて、考えられない」と思って契約します。
中途解約するかもしれないと思ったら、中途解約が不利になる低解約払戻金型の保険に契約するはずがないからです。
でも、現実としては、あるのです。

次に、トータルのマネープランの中で考えます。
学資保険の多くが、「元本割れ」するのですが、でも、「元本割れ」って、一体、何のことでしょうか?
貯蓄だと思っているから、元本割れという言葉が出てくるのです。
長割りは死亡保険です。
では、学資保険とは、何の「保険」なのでしょうか?
学資保険も「死亡保険」なのです。
育英年金付きの学資保険の場合、親が死亡した場合、例えば、毎年100万円を22歳まで支払うという保障が付いています。
これは、子供がゼロ歳ならば、2200万円の死亡保険に相当します。
2200万円の死亡保障がタダで付けられるはずもなく、当然、保険料を払わなければなりません。
この保険料を払っておきながら、「元本割れ」するというのは、ちょっとおかしな表現です。
でも、この表現が一人歩きしています。

お子様が生まれると、万一のときがあっても、大学を卒業するまでの学費や生活費を確保したい……というニーズが生まれ、そのために生命保険に契約します。
その金額が3000万円だったとします。
長割り500万円に契約したら、残りの2500万円を別の方法で確保する必要があります。
一方、育英年金22歳まで100万円という学資保険に契約したら、現時点での保障は2200万円ですから、残りは800万円です。
このように、保険はトータルで考えなければなりません。

長割りを使うことに特別な問題はありません。
でも、トータルで考えることをお忘れなく。

学資保険に限らず、保険を考えるときには、トータルのマネープランの中で考えなければなりません。

長割りを学資保険の代わりとして使う方法は、よくある方法で、それ自体には問題はありません。
デメリットの説明は、受けていて当然なのですが、中途解約です。
契約するときに、100%の人が「12年ぐらいで中途解約するなんて、考えられない」と思って契約します。
中途解約するかもしれないと思ったら、中途解約が不利になる低解約払戻金型の保険に契約するはずがないからです。
でも、現実としては...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報