人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私は建築士です。木造建築は経験がなく最近勉強をはじめました。
3階建ての木造は構造計算によって部材の断面を求めるようですが、2階建て以下では壁量計算とねじれおよびN値計算による金物を守ること、また柱の最小径を令43条の規定以上とすれば、梁の断面寸法は自由に決めてよいのでしょうか?4号特例の建物なので、チェックする術はないとおもいますが、それは、昔からの大工さんの経験を当てにするということなのでしょうか?経験的にスパンの12分の1程度といっても公にきまっていることではないですよね。どなたか木造に詳しいかた教えていただきたいのですが。
また、金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

北国の設計屋さんです。


本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。
でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。
木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。
また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。
木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。

昔から大工さんに言い伝えられている方法は、構造計算しても概ね安全と出ますが、極端に集中荷重がかかったりする場合、安全にならない場合があります。
まあ、この場合、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。
上記参考図書の梁断面算定表も荷重状態によっては、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。

参考に昔から大工さんに言い伝えられている梁断面(梁背)の決め方。
小屋梁・一間四寸(梁スパン1.8mで12cm)
床持ち一寸増し(小屋梁で求めた梁背に+3cm)
柱受け一寸増し(柱一本ある毎に梁背に+3cm)
大梁受け一寸増し(大梁一本受ける毎に梁背に+3cm)
小梁2丁一寸増し(小梁一本受ける毎に梁背に+3cm)
土蔵桁一寸増し(桁梁は、梁背に+3cm)
梁算定例
小屋梁 スパン2間(3.64m)なら8寸梁(24cm)
小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら6寸梁(18cm)
二階床梁 スパン2間(3.64m)なら9寸梁(27cm)
小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら7寸梁(21cm)
二階床梁 スパン2間で柱一本受けるなら1尺梁(30cm)
となり、構造計算および梁断面算定表でみても安全側になりますね。
ためしに手元にある梁伏図でやってみて下さい。

>金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか?。
良心的な施工屋さんなら施工しますが、信頼のおけない業者の場合は注意が必要です。
確りと工事監理をして施工させるようにしましょう。

ご参考まで
    • good
    • 2

チェックする術は→構造計算しか無いと思いますが?



4号建築物(2階)であっても、梁背を求め、地震時に倒壊させない事は
構造計算を実施するしか、方法が無いと思います。

偏心率や層間変形角まで、算定も出ます。

計算費用は、さほど、負担にはならない程度で出来ると思いますよ。
(10万までと思うのですが、規模にもよるでしょう)

>昔からの大工さんの経験を当てにするということなのでしょうか?

阪神淡路大震災で、一番慌てたのは、経験ある大工さん達です。
いかに、経験と勘が、もろい物か、実感したと聞いています。

デザイン事務所の手がける4号建築物で、構造チェックは、外部委託して、必ず梁背、柱サイズ、壁量、耐震金物等まで、建物に反映させている物件を知っています。

施主さんに、引き渡しの際、外部委託先の構造安全証明書まで付けているようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梁の背の寸法の計算方法

平屋で柱の間隔-5,460mm、柱の寸法-120mm角、集成材-幅120mmの梁の背の寸法をだす簡単な計算方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

計算に使用する式は,
曲げモーメント M=WL^2/8   ・・・(1)
断面係数 Z=BD^2/6   ・・・(2)
応力度 σ=M/Z    ・・・(3)
です。

(3)に(1)を代入して
σ=WL^2/(8Z)   ・・・(4)
(4)に(2)を代入して
σ=(6WL^2)/(8BD^2)   ・・・(5)
(5)を D^2= の形に変形すれば,
D^2=(6WL^2)/(8Bσ)   ・・・(6)
ここで,安全率を2倍とし,(6)に掛ければ,
D^2=2・(6WL^2)/(8Bσ)  ・・・(7)
(7)が算定式です。

単位を合わせて,それぞれの数値を代入すると,

屋根の単位面積当りの荷重を wo=1500(N/m^2)
梁の間隔 d=1.8(m) 
と仮定すれば,
荷重 W=1500・1.8=2700(N/m)=2.7(N/mm)
スパン L=5460(mm)
梁幅 B=120(mm)
集成材の長期許容曲げ応力度が不明なので,σ=10(N/mm2)
と仮定して,(7)式に代入すれば,

D^2=2・(6・2.7・5460^2)/(8・120・10)=100614

ここで,ルートして,

梁成 D=√(100614)=317(mm) 以上必要

以上,参考にしてください。

計算に使用する式は,
曲げモーメント M=WL^2/8   ・・・(1)
断面係数 Z=BD^2/6   ・・・(2)
応力度 σ=M/Z    ・・・(3)
です。

(3)に(1)を代入して
σ=WL^2/(8Z)   ・・・(4)
(4)に(2)を代入して
σ=(6WL^2)/(8BD^2)   ・・・(5)
(5)を D^2= の形に変形すれば,
D^2=(6WL^2)/(8Bσ)   ・・・(6)
ここで,安全率を2倍とし,(6)に掛ければ,
D^2=2・(6WL^2)/(8Bσ)  ・・・(7)
(7)が算定式です。

単位を合わせて,それぞれの数値を代入すると,

屋根の単位面積当り...続きを読む

Q木造軸組工法 柱の太さについて

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
管柱                    =105ミリ角
筋交い                   =45ミリ×90ミリ
---------------------------------
となっていました。
通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが
105ミリ角の通し柱も使用しているようです。
120ミリ×105ミリって言うのもありました。
このサイズをみて、2階建の木造住宅の仕様として、
どんなもんなんでしょうか?こんなもんなんでしょうか?
危険なものでしょうか??
よろしくお願いします。

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
...続きを読む

Aベストアンサー

地方にもよりますが、東京近辺なら在来工法としては上の中くらいは評価できると思いますが。。。

管柱でも100ミリ角が一本も無いというのはないというのはご立派ですが、不満足とすれば関西以西の方でしょうか?

多分、通し柱を全部120ミリ角にしても、耐用年限が100年から130年に延びるということだと思いますが一般に都会では

設備面が先に古くなるので、耐用年限までは考えない傾向があります。

西欧のように設備やサッシュを取り替えながら、何百年も使うとすれば全部150~240ミリ角くらいの柱がいるかと思います。

Q在来工法の梁のスパン表

在来工法の杉材の梁のスパンなのですが、いろいろ検索してみましたが
ベイマツの仕様が多いのですが、杉は色々な県でおのおのスパン表を
出しているようです。
基本となる杉材のスパン表はあるのでしょうか?
梁せいなどは大工さんの経験則のような感じで、割増しているのでしょうが
参考となるスパン表はあるのでしょうか?教えてください。

本来はおのおの構造計算により確かめるのだと思いますが、
現実的に概算の段階で構造計算を頼むのも金銭的にかかると思うので
参考資料などあれば助かるのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的にはスギよりマツの方がヤング係数が大きいので、スギの横架材は普及してないからでしょう。
http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/dayori/0602/5.htm
告示と建築学会の数値がのっています。
ヤング係数からのみ考えればたわみを同じにしようとすればスギは1.7倍以上の断面が必要となってしまいます。

http://info.pref.fukui.jp/mori/green-c/kenkyujoho/fukuimori/2000kennsansugiyoko.pdf
あるスギとベイマツの比較です。
産地特定の難しいベイマツより○○さんのスギの方が曲げ強度がでた!!という事のようです。
http://www.pref.iwate.jp/~hp1017/mokuzai/pdf/spankaisetsu.pdf
岩手スギのスパンについてです。といってもスパン表は見つからなかったのですが。

このように材料によっては十分梁に使えるのではという研究がされているようですが、少なくとも等級の高いスギでないとつまり、ヤング係数などの裏打ちがないと基準法に適さない建築になる可能性があるわけです。いやあめんどくさいけど材料の質を確認しないといけませんね。

一般的にはスギよりマツの方がヤング係数が大きいので、スギの横架材は普及してないからでしょう。
http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/dayori/0602/5.htm
告示と建築学会の数値がのっています。
ヤング係数からのみ考えればたわみを同じにしようとすればスギは1.7倍以上の断面が必要となってしまいます。

http://info.pref.fukui.jp/mori/green-c/kenkyujoho/fukuimori/2000kennsansugiyoko.pdf
あるスギとベイマツの比較です。
産地特定の難しいベイマツより○○さんのスギの方が曲げ強度がでた!!...続きを読む

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q長い梁が飛ばない?

いつも皆さんにここで助けていただいている、
来春、自宅兼武道道場建築のものです。
今回もみなさまどうぞ宜しくお願いします。

第二回目の図面が設計士(二級建築士)からあがってきまして、
以下の問題&迷いが生じております。

ちなみに道場の広さは5間×9間(その間に柱なし)で、在来工法、杉の表面圧縮材板張り、隣接に和室6畳、男女のそれぞれの着替え部屋4畳半、男女それぞれの1畳トイレ、半畳シャワー、3畳キッチン、自宅兼用玄関といったところです。画像を添付しますのでご確認いただければ幸いです。

【問題&迷い】
1.設計士曰く、9間の梁(集成材)が飛ばないかもしれない。大工も「いくら集成材梁でも下がってくると思う。鉄骨かトラス組みが良いかも。」といわれ迷っています。

2.刀や杖を振る関係、天井を高く取りたいので(梁の下の部分が最低3Mは必要)梁が低くては困るが、今の図面では2.7Mになりそう(梁の感スパンは3間)。

3.素人から梁に鉄骨を入れてもらうのが良いのではとお願いすると、混合建築は許可がおりにくいと設計士より指摘される。もう少し時間をもらい持てる技術の最高をご提案したいと。

4.お願いする大工の助言で、道場部分は鉄鋼(重量か軽量)にし、自宅部分を木造にしてはどうか。鉄も安いのでコストダウンにつながるのではと提案すると、
「基礎工事代が多くかかります。それとヒートブリッジ現象の防止のための断熱、快適な温熱環境の確保、防火についてまで考慮すると割高になります。倉庫だったらいいんですが。木造と鉄骨部のつなぎ目が雨漏りの弱点となる」と設計士より指摘される。

5.道場は後々法人化も視野に入れているので、道場登記と自宅登記を分けたい旨を説明すると、そのメリットがわからないと指摘される。

6.水周りは、設計事務所(厳密には設計建築事務所)、大工(知り合いの棟梁)のそれぞれの見積もりをもらって、競合して選べることになっております。
設計事務所はウチの土地を貸して仕事もいっしょにしている間柄、大工(独りで行っており、雇われが多い)は実際にウチの仕事に通常から付き合っている非常に親しい間柄です。どちらを元受にしたほうが良いか迷っております。
設計事務所はお洒落で実績・人気があり年間の頭数が多いのですが、職員が10程度いるのでその分見積もりも高目と予想しています。大工は人柄もよく「水周りや材などは1割上乗せのみで見積もりだします。」馬鹿正直ですが、内装関係がダサく(つくってもらった実家がそうだった)、工期が間延びする可能性アリ。
当初は設計管理のみ設計事務所にお願いし、大工に施工全般をお願いしようと思っておりました。いまは設計と打ち合わせしている中、設計建築事務所を元受にし、大工を棟梁としてチームを編成してもらうようにしています。実際の契約はまだです。

以上が問題と迷いです。6はご助言いただきにくいかも知れませんが、そのほかの部分だけでもどうぞ宜しくお願いします。

いつも皆さんにここで助けていただいている、
来春、自宅兼武道道場建築のものです。
今回もみなさまどうぞ宜しくお願いします。

第二回目の図面が設計士(二級建築士)からあがってきまして、
以下の問題&迷いが生じております。

ちなみに道場の広さは5間×9間(その間に柱なし)で、在来工法、杉の表面圧縮材板張り、隣接に和室6畳、男女のそれぞれの着替え部屋4畳半、男女それぞれの1畳トイレ、半畳シャワー、3畳キッチン、自宅兼用玄関といったところです。画像を添付しますのでご確認いただければ幸...続きを読む

Aベストアンサー

あれからプライムトラスチェックしたら15mまででしたね。
可能性が十分あるので個人的には木造にしたいところです。9.1の平屋なら集成材でもいけるねえ。
声の響きなんか違うので木造好きはできれば木造で・・と思ってしまいますが。商品をうまく使わないと高いですからね。施工費そんなにたかいかなあ。すごく短期施工なんですが。

「抱かせる」は2本一緒に立ってるようなイメージです。固定しますが。柱の本数が少ないと屋根荷重など大きな力がかかり折れやすくなってしまうので柱を太くしたり、抱かせたりするのです。柱だけ太くしても土台が小さいと力を伝えられないので柱を2本にするというイメージです。

構造計算は建築士が手配するでしょうからそちらから確認してください。トラス屋もやります。

EXJなら構造的には木造の建物と鉄骨の建物二つを建てることになり、その建て物の固有の動きに支障のないくらい離さなければいけません。それをジョイントし、ジョイントに傘をかけるようなものです。取り合いを単純にすればするほど雨漏りの心配は減りますね。

cyoiさんが言うくらいですから部材の断面をそんなに心配しなくてもいいのでしょう。私は意匠が主ですから、でも、木造の最上階の梁が105~210で済むことを考えれば鉄骨であれ木造であれ天井高さが足りないといわれているならば今の設計より軒高を高くすることが必要だと思います。取り合う部分の2階の窓の高さなど気をつけてください。

木造だめなら重量鉄骨でやったらどうでしょう。
長持ちさせたい建て物に軽鉄は私はお奨めしません。

あい見積もりはよくあることです。最初に言ってないと愕然とされることもありますが、最初から言っておけば大丈夫ですよ。
設計屋さんには設計と監理十分に働いていただけばいいのです。
施工は丁重にお断りするしかありません。施工も建築士も協力していい仕事をするようによく打ち合わせをお願いすることです。
て、まだどちらにするかは決めてないんでしたね。

設計費用も、監理費用も法律が改正されたばかりです。
構造が決まったら、面積と用途と構造に応じて見積もりをもらい金額を確定してください。そのくらいの割合を見ておけば近いと思います。

あれからプライムトラスチェックしたら15mまででしたね。
可能性が十分あるので個人的には木造にしたいところです。9.1の平屋なら集成材でもいけるねえ。
声の響きなんか違うので木造好きはできれば木造で・・と思ってしまいますが。商品をうまく使わないと高いですからね。施工費そんなにたかいかなあ。すごく短期施工なんですが。

「抱かせる」は2本一緒に立ってるようなイメージです。固定しますが。柱の本数が少ないと屋根荷重など大きな力がかかり折れやすくなってしまうので柱を太くしたり、抱かせ...続きを読む

Q木造住宅の間柱ピッチって??

木造住宅の壁
石膏ボードの下地になる間柱って
どんな寸法の形状ですか??
取り付けピッチって何ミリ??

Aベストアンサー

在来軸組工法の場合、間柱間隔は、455mmが標準です。
間柱材寸法は、30mm*105mmが普通です。
予算によって材厚さが27mm~36mmを用いる場合もあります。
以上

Q屋根勾配と軒の出について意見を下さい。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建材は優秀だから
問題無い」と言われました。

(1)ネットで調べると、外壁が"木造の場合"は耐久性の観点から
「最低でも60cmが望ましい」と書かれておりましたが建築会社の
言う通りサイディングの場合は25cmでも大丈夫という事なのでしょうか?

(2)知人の大工も「最低でも60cm。意匠なんかどーでも良いから軒を出せ」と
言われましたが「意匠はどーでも良い」とも思えないため悩んでおります。
機能性だけでなく意匠も考慮した場合、何cm位の軒の出がバランス良いと思われますか?

『屋根勾配について』
(3)スレート(コロニアル)のメーカー推奨が3.5寸以上となっており、建築会社も
3.5寸が良いと言っていますが、3.5寸「以上」と言う事は、以前に別の方が
仰っていた通り4寸勾配にしておいた方が良いものなのでしょうか?

大変お手数ですが、ご教授頂ければ幸いです。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建...続きを読む

Aベストアンサー

軒は長いほど良いと思います。
私が以前建てた家はコロニアルで1尺でした。
日当たりが良く南面は全て大きな掃き出しでした。
夏は地獄のような家でした。
夏は家に入ると温室のように暑かったです。
紫外線により10年で床板は傷みました。
今は瓦屋根の古い中古住宅で2尺です。
夏も涼しく外から入ると締め切っていてもひんやりしています。
冬の日差しを確保するより、夏の日差しをさえぎる事の方が重要だと思います。
日本の家は夏向きが良いと言います。
理想の軒の長さは、軒から窓の下端までの高さの1/3が良いだったと思います。
夏の日差しをさえぎり、冬の日の入る長さです。
冬の日を入れることより、夏の日を遮るちょうど良い長さだと思います。
私の家は2尺ですが、庇が低いため1/3になっています。
当然家の中は少し暗いです。
屋根の勾配もきついほど良いと思います。
天井裏も大きくなります。
汚れも雨で流れますし、良い事はあっても悪い事は無いのでは。
安く建てたコロニアルの家は暑いですよ。

Q間柱のサイズの規定についてご存知ないでしょうか。

構造用合板の継ぎ手部分ではなく、 構造用合板の中央縦(中心線)の固定に位置する間柱になります。壁の倍率を見込む条件として間柱のサイズの規定はあるのでしょうか。

(通常柱が105ミリ×105ミリならば間柱は105ミリ×30ミリ、又は105ミリ×27ミリを使用されているのはよく目にします。その他105mmや90mmより細い材料を使用されているのを調べました限りでは、現実の強度は別として、特に規定が無くどんなサイズでも良いようですが、間違いないでしょうか)

最小でも45mmx40mmを平で使用を推奨されている記載や、45mmx30mm使用も割りにあるようですが、こういった条件でも壁倍率を見込むことができるということで間違いないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直しを命じます。

>ちなみに柱と柱の中央455mm位置の既存間柱はありません。
新たに間柱取付する必要があります。
間柱の主要な役割は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持が主要な役割です。
建物の沿直荷重等の負担は無いですからね。
要は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持に必要な断面寸法で有れば良いだけですから。
構造用ボード継ぎ目に用いる間柱寸法の推奨値としては、36×105ですね。
その他の間柱にあっては、27×105、30×105が推奨断面です。

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直し...続きを読む

Qベランダ、ウッドデッキなどは延床面積にはいりますか?

100平方メートル未満に間取りを収めようと頭を悩ませています。
2階にベランダ、1階にウッドデッキを広く取ろうと考えていますが、ベランダとウッドデッキは法的な申請上の延床面積に入りますか?
また入るか入らないかの基準はどの様になりますか?

Aベストアンサー

http://www.iuk.co.jp/img/10_18.pdf
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312684998
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa274407.html

ウッドデッキは野ざらしですね(強引ですが)、入りませんがバルコニーは上記URL以外でも柱の位置や屋根の出等でも変わって来ます、申請でも根拠を示せば判定が変わる事もある(先月も有りましたよ)デリケートな部類と言えましょう。

専門家が勇躍乗り込んでいっても地域の担当により解釈が異なりますから困ったものです。
12都道府県の解釈の比較表がありますがここでも約3パターンの見解相違が見られます。

ですから、バルコニーはざっくり基本に忠実に捉えておけば良いでしょう、若干大きめに見ておいた方が良いでしょうか。
極端に大きいバルコニーでもない限り算定方法が変わっても1.2平米だと思いますよ。

100平米が102平米になっても問題ないですよね。

Q在来工法の火打ち梁の収め方、寸法教えていただけないでしょうか。詳しいサ

在来工法の火打ち梁の収め方、寸法教えていただけないでしょうか。詳しいサイトでも構いません。

Aベストアンサー

【木造住宅建築確認申請用の構造標準納まり図】
http://www.howtec.or.jp/joho/syuppan/osamarimihon.pdf

P4の右下に納まり図があります。

納まり図は、木製火打と火打金物(Zマーク)の2種類あります。
(寸法も載っていますので、ご確認下さい)

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syuppan/osamarimihon.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング