今、海外に出ています。参考文献が乏しいので質問いたします。
非蛋白態窒素についてどのような物か、誰か教えていただきたいです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下のサイトは参考になりますでしょうか?


http://group.lin.go.jp/nichiju/mag/052/02-2.htm
(牛乳尿素窒素とカゼイン,ホエーおよび非蛋白態窒素の関係)
http://www.kaiseisha-press.ne.jp/catalogue/ISBN4 …
(魚の環境適応)
http://www.primate.gr.jp/gotou/14.html
(αのその他の生物学的意味/動物用体積計)
http://www.asm.ne.jp/~milk/chishiki/mame_6.htm
(牛乳を生産する乳牛)
http://tomovet.hoops.ne.jp/vet/chemistry/biuret. …
(Micro-kjeldahl法)
http://www.lin.go.jp/alic/month/fore/1996/nov/sp …
(農場廃棄物の管理)
http://www.kyodo-shiryo.co.jp/giusi/gu002.html
(最適なルーメン発酵と蛋白質・炭水化物の種類、およびその組合わせ方)
http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/kenpo/h8/h8-17.htm
(バイオテクノロジーによる成人病予防食品の開発)
http://cali.lin.go.jp/cali/manage/108/s-semina/1 …
(「個」から「群」へ、「群」から「個」へ)

ご参考まで。
    • good
    • 0

手っ取り早くは、↓が参考になるでしょうか。



参考URL:http://www.srl-inc.co.jp/hb1/hd162page.html
    • good
    • 0

nonprotein nitrogen(NPN)のことですかね?


日本語では「非蛋白質性窒素」あるいは残余窒素(residual nitrogen)と言われるものですかね?
これは、体液中に存在する蛋白質以外の窒素のことで、尿素に含まれる窒素がその例です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンモニア

硫酸アンモニウムに水酸化ナトリウムをいれるとアンモニアができるわけですが、これはどういう理由によるのですか?酸化力とかでしょうか?詳しく教えてください。また、水酸化カリウム以外でこのような働きをしてアンモニアを発生させるものに他にどんなものがありますか?

Aベストアンサー

こんにちは
回答に関する補足をします。
反応式は便宜上あのように書きましたが、実際には硫酸は強酸ですからほぼ電離していますが、アンモニウムイオンは以下のような平衡が成り立っています。
(ご質問の、硫酸アンモニウムの電離と水酸化ナトリウムとの電離の違いは電離度の大きさが違うことで、強酸や強塩基では殆ど全て電離します。)

NH4OH→[NH4+]+[OH-]
ここに強塩基である水酸化ナトリウムを加えると、殆ど電離しますので[OH-]イオンが増加します。そうすると平衡が左に進み水酸化アンモニウムが増加します。
これはルシャトリエの法則でも説明できますが、共通イオン効果と言われています。
アンモニアは水に良く溶けますので、NH4OHの方が安定ですが、加熱すればすぐにNH3が発生します。(一部は気化していますので強烈な臭いはありますけどね)
水にあまり溶けない炭酸の場合は酸を加えると発泡します。

Qソックスレー抽出

ソックスレー抽出ってなんですか?
誰かお願いいたします。

Aベストアンサー

内容成分を抽出するのが比較的困難な固形物から、効率的に抽出を行うための装置です。

下部のフラスコに入れた溶媒を加熱することによって蒸留し、それを抽出すべき固形物を入れた中央の部分で受けます。そこにたまる溶媒の量が増えると、サイホンの原理で、たまった溶媒がすべて下のフラスコに戻ります。その間に、固形物からの抽出が行われることになります。

抽出物を含む溶媒は、下のフラスコに戻りますが、そこで、自動的に再蒸留され、抽出に再使用されます。

すなわち、抽出溶媒を循環使用するために、時間をかければ抽出物を高濃度で得ることができます。また、溶媒を入れ替えたりする手間もかかりません。

通常は、固形物を専用の円筒型の濾紙(上は開いており、下は閉じてあるもの)の中に入れて使用します。

非常によく工夫された装置で、眺めていると結構面白いですよ。

参考URL:http://www.hyogo-c.ed.jp/~hyogo-ths/C/h16renkei.htm

Q実験レポートに書く考察について。

今回はごま油のヨウ素価の測定をしました。でも、考察がかけません。
毎回のように、考察の部分で悩んでしまいます。考察とはどういったことをかくべきなのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

化学系の大学出身者の者です。
学生時代に考察に何を書けばいいのかよく悩んだものです。
少しでも参考になればと思います。

論文を作成する段階では、
「結論(=ある仮定)」を得る(確かめる)ことを「目的」に行なった「実験」から得られた「結果」から「結論」に至るまでの「論理・ロジック」にあたるのが「考察」になると思います。要は、考察は結論ありきだと思います。

ですので、
実験目的が「ごま油のヨウ素価の測定」であるなら、結論は「ごま油のヨウ素価は、XXであった。」という結果にあたりますので、考察の必要がない気が致します。。
ただ、実験目的が「ごま油はヒトの健康に良いのか?」とか「ごま油に含まれる不飽和脂肪酸量を推定する」だと、少し考察が必要になってくるかとは思います。

ということで、以下の要領で書いてみてはいかがでしょうか。
(1)ヨウ素価の測定より、何を調べたのでしょうか?
(2)ごま油のヨウ素価は、他の油と比較して高いですか?
(3)(2)の比較から考えられる事柄を、ごま油と不飽和脂肪酸とコレステロール低下と健康について考えてみてはどうでしょうか。
(4)最後に、結論があると良いかもしれません。

化学系の大学出身者の者です。
学生時代に考察に何を書けばいいのかよく悩んだものです。
少しでも参考になればと思います。

論文を作成する段階では、
「結論(=ある仮定)」を得る(確かめる)ことを「目的」に行なった「実験」から得られた「結果」から「結論」に至るまでの「論理・ロジック」にあたるのが「考察」になると思います。要は、考察は結論ありきだと思います。

ですので、
実験目的が「ごま油のヨウ素価の測定」であるなら、結論は「ごま油のヨウ素価は、XXであった。」という結果にあ...続きを読む

Q糖質と脂質の定量分析

食品実験で、きな粉中の糖質(ベルトラン法)と脂質(ソックスレー抽出法)の定量を行ったところ、実験結果が成分表と比較すると、結構差が出ました。成分表というのは代表値であって、全ての試料の実験値を表しているわけではないので、誤差が生じているからだというのはわかるのですが、それ以外にこの誤差の原因は何が考えられるでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>>誤差が生じているからだというのはわかるのですが、
こういうのは「誤差」とは呼ばないと思います。特に。
>>結構差が出ました
と言う場合。
このような事が起こったときまず「一方方向にずれていないか」を考えます。
両方とも多いか、または少ないか、の場合「分析手法」に問題があったのではないか。あるいは個人的な「癖」があるのではないか。と疑うのが賢明です。
しかし、もし多人数で別々に行って、皆同じ方向にずれたりした場合、「試料の選択」が問題になるでしょう。きな粉の原料は「大豆」です。大豆の糖質や脂質に「種別」「国別」があるのは既知の事実で、大企業の品質管理者はいつもそれに悩まされているからです。
「誤差」は「同じ試料」を分析したときに初めて使える「用語」だと考えてください。つまり「真の値」がある場合に「その廻りにばらつく」(無作為なら正規分布か?)分けです。

Qケン化価について

ケン化価は、油脂の化学構造に関する何の指標なのですか? 教えてください(>_<)

Aベストアンサー

油脂というのは高級脂肪酸のグリセリンエステルです。
この化学構造において、グリセリンの部分は共通ですので、ケン化価の違いというのは「高級脂肪酸」の部分の違いに由来します。
すなわち、油脂の違いによって、高級脂肪酸の種類や割合が変化します。
ケン化価が高いということは、1gの油脂をケン化するのに必要なKOHのmg数が多いということですので、「高級脂肪酸」の平均分子量が小さいことを意味し、より具体的に言えば、比較的炭素鎖の短い脂肪酸を多く含むということになります。

Q本試験と空試験

容量分析における、この2つの用語のきちんとした説明ができません。
できる方、おしえていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは 何方からも解答が無いので、浅学を省みず、、、
 容量分析で言う空試験は、2つに大別されます。
 まず、「逆滴定」の場合
 過剰な反応試薬を加えて一定時間置き、次いで反応し残った反応試薬を滴定するものですが、この場合の「空試験」は、試料を加えない、反応試薬のみの分析をいいます。「本試験」は試料を加えた場合です。
 一方、普通の滴定では、試料を加えたものを「本試験」(と言う言い方は、自分には馴染みが無いのですが)と言い、この場合の「空試験」の意義がaitatataさんには解からないのでしょうか。
 試験に用いる試薬に不純物が有り、本試験に対してマイナス又はプラスに作用する場合が、まま有ります。
 この、不純物によるズレを補正するため、「空試験」を行います。 つまり、試料を用いないで、「本試験」と全く同じ操作を行う訳です。
 

Q★濃塩酸→希塩酸★

学校の実験をするにあたって

濃塩酸を希塩酸にしなければ

ならないのですが、この薄める際にどのようにして

薄めればいいのでしょうか???

ただ単にむやみに水を流しこんでは、いけないと思うのですが・・・。

なにせ、本当に素人なのもですから、丁寧に手順を
教えてくれたらうれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に酸やアルカリを希釈するときは、水を入れてはいけません。特に硫酸や苛性ソーダだと危険なことになりかねません。

純水をメスシリンダーで測ってビーカーやフラスコに入れ、スタラーなどで攪拌しながら(ガラス棒でも可)、そこに「少しずつ」必要な量の塩酸を加え(メスシリンダーやメスピペットではかっておく)、必要な濃度にします。

「塩酸、希釈」などで検索してみてください。

http://www.e-sensei.ne.jp/~ashida/calcgrap/apadj003.html
http://www.city.obama.fukui.jp/~edu/rika/model/kosyu/kosyu_d03.htm

Qヨウ素価分析・チオ硫酸ナトリウムのファクターの求め方

ヨウ素価に使用するチオ硫酸ナトリウム(ハイポ)のファクターの測定、算出方法の原理がわかりません。

(1)KIO3(99.96%)を乾燥、放冷後1.7833g量り、500のメスフラにて水でメスアッフ(0.1Nヨウ素酸カリウム標準液)
(2)(1)を25mlをフラスコにとり、KI 2g、17%硫酸5mlを加え5分放置
(3)(2)を0.1Nハイポ溶液で滴定(デンプンを指示薬)
(4)同時に空試験を行い、ファクターを算出する

計算方法:ファクター={KIO3秤量値(g)×25ml×6×1000ml}/{KIO3希釈量(ml)×KIO3分子量(214)×(滴定量ml-BL滴定量ml)×0.1}

化学がとても苦手です。
大変申し訳ありませんが、どなたか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

話を分かり易くするためにとりあえず空試験を無視して「BL滴定量」を0とします。

fをファクタとしてハイポ水溶液の濃度を[Na2S2O3]=0.1f(M)とします。

KIO3 + 5KI + 3H2SO4 → 3I2 + 3H2O + 3K2SO4
I2 + 2Na2S2O3 → Na2S4O6 + 2NaI

2つの反応式から1molのKIO3に対して、3*2=6molのNa2S2O3が反応します。すると、

{KIO3の質量(g)/分子量}*{取り出した量(ml)/希釈量(ml)}*6
=(反応するNa2S2O3の物質量)=0.1f*{滴定量(ml)/1000(ml)}
が成り立つから、fについてまとめてみましょう。

理解できたら空試験を考慮した場合を考えます。
これはKIO3により生じたものではないI2を考慮する為に行うと考えてくらさい。

Q水分定量について。

きなこで常圧加熱乾燥法(135度30分)と赤外線水分計法(120度15分)で水分定量を実験したところ、常圧加熱乾燥法と赤外線水分計法では約1.1%差が出ました。

・恒量を0.3mg以下になるまでという精度の高い実験ではない。
・食品に含まれる水分には差がある。
ということは無い設定です。

理由をお願いします。

Aベストアンサー

135度30分と120度15分であれば、条件が違うのですから、出てくる値が違うのは当たり前でしょう。時間も短いですしね。実験誤差の可能性もあります。
異なる条件で、平衡に達したかどうか分からない時点でのデータを比較して、違いが生じた理由を問うことには、殆ど意味がないと存じます。

Qアミノ酸とタンパク質の関係がイマイチ理解出来ません。

アミノ酸とタンパク質の関係がイマイチ理解出来ません。

・「アミノ酸」と「タンパク質」とは、そもそも別の栄養素なのですか?
・以前販売されていた「アミノバイタル」という商品の栄養成分表示では「製品3g中、タンパク質2.2gアミノ酸2.2g」となっていました。ということは、アミノ酸とタンパク質は同一の栄養素?
・一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

Aベストアンサー

> 一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

蛋白質とは、いろいろなアミノ酸が結合した物質です。
結合のしかたによって良質の蛋白質だったり、良質でない蛋白質だったりします。
次の割合でアミノ酸が含まれている蛋白質が良質で、この割合をアミノ酸スコア100として表わします。

イソロイシン 250mg
ロイシン 440mg
リジン 340mg
含硫アミノ酸 220mg
芳香族アミノ酸 380mg
スレオニン 250mg
トリプトファン 60mg
バリン 310mg

もしも、このような割合のアミノ酸であれば、置き換えることができます。

> 「アミノ酸」と「タンパク質」とは、そもそも別の栄養素なのですか?

蛋白質は胃でアミノ酸に分解されてから体内に吸収され、体内の各組織に必要な蛋白質に再合成されます。
ですから、サプリメントなどでないかぎり、アミノ酸と蛋白質は同じ栄養素といえます。

>「製品3g中、タンパク質2.2gアミノ酸2.2g」となっていました。ということは、アミノ酸とタンパク質は同一の栄養素?

たとえば、イソロイシン 2200mgが含まれている製品は蛋白質2.2gであり、アミノ酸2.2gでもありますが、
アミノバイタルに含まれているアミノ酸は疲労軽減が目的のアミノ酸に限定されているので、
このアミノ酸を身体に必要な蛋白質と同一の栄養素と考えることはできません。

> 一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

蛋白質とは、いろいろなアミノ酸が結合した物質です。
結合のしかたによって良質の蛋白質だったり、良質でない蛋白質だったりします。
次の割合でアミノ酸が含まれている蛋白質が良質で、この割合をアミノ酸スコア100として表わします。

イソロイシン 250mg
ロイシン 440mg
リジン 340mg
含硫アミノ酸 220mg
芳香族アミノ酸 380mg
スレオニン 250mg
トリプトファン 60mg
バ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報