二葉亭四迷が書いたはじめての「口語体」を使った小説の題名は何か
どなたかご存知でしたら教えていただけたら嬉しいです。
(できればふりがな付きでお願いします)

A 回答 (4件)

”浮雲”ではないでしょうか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2003/02/19 20:59

「浮雲」うきぐも


です

参考URL:http://club.pep.ne.jp/~faucon/bungaku/genbun.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2003/02/19 20:58

「浮雲」(うきぐも)です。



参考URL:http://club.pep.ne.jp/~faucon/bungaku/genbun.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2003/02/19 20:58

あの有名な


浮雲(うきぐも)
ではないでしょうか…
言文一致の試作品といった内容ですけどネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2003/02/19 20:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説の内容と全く関係無い題名の小説

小説の内容と全く関係無い題名の小説について知っているものを教えて下さい。

具体的には、小説の質問なのに歌を引き合いに出して恐縮なのですが、スピッツの歌「ロビンソン」のように、

(それぞれ箇条書きの前が「ロビンソン」での例、後が今回教えてもらいたい小説の条件です)

・歌詞に「ロビンソン」と言う言葉が無い
→文中にタイトルに使われる名詞・固有名詞が出てこない

・「ロビンソン」を示唆してると思われる名詞・固有名詞が歌詞に無い
→タイトルが小説の名詞・固有名詞などの何かを指しているとも考えにくい

・既存の偉人・文学作品の登場人物の「ロビンソン」(ロビンソン・クルーソー等)をモチーフにしている訳でもない
→タイトルの名詞・固有名詞をモチーフにした、オマージュにしたとも考えにくい

・そもそも「ロビンソン」はタイを旅行したときにあったロビンソン百貨店からとった仮題だったのが、好評だったので正式名称になった
→実際のタイトルよりキャッチーでは無くとも内容に沿ったタイトルが他にもある程度考えられそう

注文が多くて申し訳ないですが、短編や長編、歴史的文学作品から大衆小説まで、書籍化されたものならジャンルは問いません。どうかよろしくお願いします。

小説の内容と全く関係無い題名の小説について知っているものを教えて下さい。

具体的には、小説の質問なのに歌を引き合いに出して恐縮なのですが、スピッツの歌「ロビンソン」のように、

(それぞれ箇条書きの前が「ロビンソン」での例、後が今回教えてもらいたい小説の条件です)

・歌詞に「ロビンソン」と言う言葉が無い
→文中にタイトルに使われる名詞・固有名詞が出てこない

・「ロビンソン」を示唆してると思われる名詞・固有名詞が歌詞に無い
→タイトルが小説の名詞・固有名詞などの何かを指...続きを読む

Aベストアンサー

ジェームズ・M・ケインの小説『郵便配達は二度ベルを鳴らす 』(The Postman Always Rings Twice) も有名です。

Wikipedia より引用。
「この作品中に郵便配達は出てこない。この作品は13社から出版を断られ続けた。14社目で採用が決まった際、出版社からタイトルはなんとつけるかと尋ねられたケインは、出版社からの返事の手紙を届ける郵便配達が2度ベルをならすので郵便配達だとわかることを引き合いに出してこのタイトルに決めたといわれるが、どういう経緯で郵便配達のことを思い出したかについては諸説出ている」

実際、作家が自分の作品を語るときに、本当のことを言うかどうか非常に疑問ですから、この説明も眉唾の気がします。
「諸説」については英語版 Wikipedia をご参照ください。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/The_Postman_Always_Rings_Twice#The_title_and_explainations_for_its_meaning

Q題名がわからない短編小説についてお助けください。

題名がわからない短編小説についてお助けください。
あらすじしか分からないのですが、


先生と呼ばれる主人公が、魚を釣っている子供達に「何匹か売ってくれ」と言う。すると子供達は先生をカモにして値段をつり上げたりしつつ、毎日先生から金を巻き上げるようになる。弱気な先生は厄介な子供達だと困りながらも、諾々と魚を買い続ける。ついに置き場所も金も尽き、「もう買えない」と子供達に告げると、子供達は魚の扱いに困惑し、その後閃いたように「じゃあ先生にあげる」と笑顔で魚を渡して帰って行った。遂に先生は、ただ「魚をくれ」と言えば良かったものを、「売れ」などと言って子供達の利己心を刺激し、貶めたのは自分であったのだ、と大いに恥じ入った。


と言うような話なのです。中高いずれかの教科書に載っていたと思います。妙に得心の行く所があって印象に残っているのですが、作者も何も思い出せません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

山本周五郎「青べか物語」の中の、「経済原理」ではないでしょうか。

参考URL:http://ikisaki.mo-blog.jp/362/2009/11/post_9d80.html

Q昔教科書で読んだ短編小説の題名と作者が知りたいです。

昔中学か高校の国語の教科書で読んだ短編で、題名も作者も忘れてしまったものがあるのですが、なぜか今になって急に読みたくて仕方なくなってしまいました。非常に記憶があいまいで、題名、作者はもちろん、全体的なあらすじもきちんと憶えていません。
憶えているのは、

・短編。
・作者は日本人。
・舞台は、西洋で、おそらくヨーロッパ。
・場面は、ほとんどが室内。
・主人公は、作品の最初から最後まで自分の人生について考えている。
・最後に「死神」(悪魔?)が主人公のもとに訪れる。

という事だけです。

当方は関東地方出身で、中・高生をやっていたのは1980年代後半から1990年前半です。
手掛かりが非常に少なくて申し訳ないのですが、「もしかしてこれかも?」という程度でよいので、心当たりのある方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらはまだやってらっしゃるのかな? 
お探しの作品は結局見つかりましたか?・・・

もしまだで、かつ、どうしても探したいというお気持ちがおありでしたら、下記サイトで地道に探される方法もあります。

当時の教科書の目次はすべて見られますので、思い出される可能性も高いでしょう。
私も最近教わって、ウン十年ぶりに、ずっと気になっていた作品の作者をはじめて知りました。

参考URL:http://www.tosho-bunko.jp/

Qこんな小説の題名をご存じの方…

30年以上前の、小学校の国語の教科書にあったお話です。
状況は忘れてしまいましたが(戦時下の欧州か?)、少年が何者かから逃げる話。心の支えは、大人(親?)から手渡された一切れのパン。ハンカチにくるんでポケットに入っているのです。が、必死に逃げ延びて確かめると、それはパンではなくただの木片。この木片のおかげで、僕は生きていられたのだ…というようなお話です。
題名と作家名を思い当たる方、お教えください。

Aベストアンサー

ムンティアスの「一きれのパン」です。
私も、学生の頃、教科書で読みました。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/bookstand/kodomokan/0322_04.htm

Q土佐日記の口語訳

土佐日記の八日の部分の訳がどのサイトをみても載ってないのです。
とても困っているのですが誰かご存知の方がいましたら教えてくださいよろしくお願いします

Aベストアンサー

jakyyです。
在原業平の歌というのは古今和歌集の歌(884)ですね。
伊勢物語にもあります。
「飽かなくにまだきも月の隠るるか 山の端逃げて
入れずもあらなむ」

http://www.infonet.co.jp/nobk/kwch-lit/isemonogatari.htm

下記の歌は紀貫之の歌(後撰1363)ですね。

「照る月の 流るる見れば天の川
出づる水門は海にぞありける」

http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/turayuki.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報