生命保険を解約したいのですが、年払いしているのでその期間までは置いておいた方が徳ですよとの事でした 他のことならたいがい月に計算し直してくれると思うのですが、保険の場合は仕方ないいんでしょうか

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (7件)

 月換算で返還はしてもらえないので、終了時までおいておくほかはありません。


 問題はあなたが何故この契約を解約したいかとういことであり、損得で判断しないとうことです。もし、他の保険会社のものに乗り換えるつもりであれば、すぐに他社のものに加入するべきです。なぜなら、契約前に万一、交通事故にあったり病気になったりした場合、一生あるいは何年間か保険に加入できなくなる可能性があります。損得を考えて期間終了時まで待ったために、BESTな保障を買えなくなるなんてもったいないと思います。他社のものがBESTだとあなたが考えるなら他社のものに加入したうえで次の支払い前まで今の契約をおいておくのがベターではないでしょうか。
 ただ単にやめたいのにやめさせてくれないのであれば保険外交員の都合ですが、「年払いしているのでその期間までは置いておいた方が徳」というのは事実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとうりです
他社のがベストだと思っています
なるべく早く加入の検討に入ります
貴重なお答え本当に有難うございました

お礼日時:2001/03/10 21:16

みなさんがいろいろお答えしておられる通りだと思いますので、補足を。



保険の外交員が、契約を獲得するとポイントになって、それを繰り返してノルマを達成し、歩合給をたんまりもらうのは想像できると思います。
ところが、逆に、解約をされると、マイナスポイントになるそうです。(全ての会社がそうかは分かりませんが。)
その支店単位でマイナスになるようで、私も急にお金が必要となり、解約したいと外交員に言っても、解約の書類を頑として持ってきませんでした。
で、直接支店に乗り込み、証券を出してすぐ解約して欲しいと言ったら、偉いさんが出てきてやっぱり抵抗されました。

最後は、「今から消費者センターに行って相談する」でかたがつきました。
保障が必要かどうか良く考えて、いらない、金の方がいるというのなら、解約されてはどうですか?できるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうでしたか
私の場合はそこまでの事はありませんでしたが、いろいろあるんだろうなとは、思っていました
貴重なお話有難うございました

お礼日時:2001/03/10 21:21

生命保険料には積み立て部分と掛け捨て部分があります。


年払いでもその月が経過しなければ積み立て分が積み立て
られないので最終月まで置いておいたほうが返戻金がおおく
なる契約があります。
ただしその保険会社が破綻したら解約返戻金は減額されます。
よくかんがえて決断しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいお話有難うございました

お礼日時:2001/03/10 21:22

結論から申し上げますと解約は可能です


一年分を一括して払ってしまっているのであれば
確かに解約後の残りの分が満額戻ってくることは
ないと思いますが解約返礼金や特別配当などの形で
いくらか戻ってくるタイプのプランもありますもで
それは保険会社の担当者に確認するか保険証券の記載事項をもう一度確認してみれば書いてあると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう一度見なおしてみます
お答え頂いて有難うございました

お礼日時:2001/03/10 21:12

解約する理由は何なのでしょうか。


別の保険に加入するのでしょうか。
保障が、多すぎて、不要なのでしょうか。
そもそも保障が必要なくなった(現金で保障額以上あるとか)のでしょうか。
年払いの場合
基本的に、今解約しても、年払いの期間の最終月に解約しても、解約して戻ってくるお金は同じです。
解約するとき、
1.お金がほしいのか。
2.保障がほしいのか。
で変わると思います。
1なら、今すぐやめて、別の運用を。
2なら、やめずに保障を残す。

ということでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なお答え有難うございました

お礼日時:2001/03/06 22:06

生命保険は、元々は年払が基本でしたが、年払できない人のために割高の月払いができました。


したがって、期日までの月額相当分は戻りません。
出来ることでしたら、年払の期日に支払いをせずに、その後2ヶ月以内に解約してください。(支払い期日から2ヶ月間は失効までの猶予期間です)
自動振替になっているのでしたら、今の内に自動振替を止めておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました 有難うございました

お礼日時:2001/03/06 22:09

>その期間までは置いておいた方が得ですよとの事でしたと、云うことは前払いした時に、前払い期間の利息分が差し引かれて支払っているので、いま解約すると、その金利分を返すことになるので、そのままにしておいたほうが得です、と云う意味だと思います。



それを承知の上でどうしても解約したいのでしたら、「どうして得なのか、何が損なのか」と聞いてみる事です。
その上で納得が出来たら、強く解約を申し込めば、解約に応じてくれるはずです。

しつこく説明を求めないと、生保の解約が増えている今、簡単には解約に応じたくないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りです もう一度聞いてみます 有難うございました

お礼日時:2001/03/06 22:13

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ