これからの季節に親子でハイキング! >>

できれば、
植木鉢で育てられて、そんなに場所をとらず、

手入れや育てるのが簡単。
それでなんといっても、

種!が取れて、来年、再来年と、どんどん増やせる花!

ひまわりと朝顔ぐらいしか知りません。


教えてください!

A 回答 (3件)

昔の東京(昭和40年代くらい)だと、長屋の花壇の定番はオシロイバナとマツバボタンでしたね。

オシロイバナは花の割に大きな種ですが、マツバボタンは小粒でした。
どちらも小学生が夏休みの宿題の植物観察の対象にしました(私もやりました)から、栽培は容易です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

調べました!

オシロイバナ、名前をはじめて知りました。
この花だったんですね!

実はこの花で、苦い思い出があります。
それを思い出して、童心に返るために、なんだか育てたくなりました!

マツバボタン・・
これはあまり見たことがないです。

でも可愛いですねー!
葉もプニプニしてるし。

はぁ・・

育てるのが楽しみです!

回答ありがとうございます!

お礼日時:2009/03/09 17:47

 フウセンカズラはいかがでしょう?白くて小さなかわいい花が咲き、


実はみどり色の小さな紙風船みたいです。種がまたかわいいのです。
黒い玉に白のハートが入ってます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

調べてみたら、

なるほど、近所でよく見かけるあれですね!

種、画像を調べたら、ほんとにかわいい!

ハートですね!

ぜひ育ててみます^^

ありがとうございます^^

お礼日時:2009/03/09 14:34

花ではないのですが、シソを試されたら如何でしょうか。

葉は薬味に使えますし、花が咲き穂紫蘇も実(種)も食べられます。育ちも良く丈夫ですから手間もかかりません。私はプランターで50本、庭に100本程を作っています。あとハーブも良いですよ、ミント、バジル、パセリなど、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シソ!ですか。

父がシソ嫌いなので、「なんかの嫌味か?」とか言われそうです(笑)


ハーブは、考えてました。

なんだか優雅な感じしますよね!

でも花をメインに楽しみたいな・・・

花がきれいで手入れが簡単なハーブは・・・



回答ありがとうございました。^^

お礼日時:2009/03/09 14:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花の種の取り方

※ガーデニングはほば初心者です。

とっても気に入っているお花など、種を取れたらうれしいなぁと思います。
可能であれば・・・

種類によるとは思いますが基本的にどうやって取ればいいのでしょうか。

あと、ミニトマトの種はどうなのでしょうか。
切った時に中の種をとっておいて乾燥させれば、市販品のように育つのでしょうか。

お恥ずかしい質問ですみません。
まったくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは^^
自分で育てた植物からタネを採って、それをまた育てる・・・
そうやって咲いたお花の愛しさは、格別です。

採種の方法は、種類によっても違いますが、大事なのは
「よく晴れた日の午前中に採る」事でしょうか。
天候不良で水分が残っていたりすると、カビが生えたり
腐ったりしやすいので、十分に乾燥させてから採種します。

種がはじけたり、飛び散ったりしやすい種類などは、
「そろそろかな?」という時期になったら、お茶や
ダシを小分けにする時に使う、ティーバックをかけて
首を緩くしばるか、ホチキスで留めておくといいです。
種が自然にはじけて、袋の中に散ったところを袋ごと採れば簡単です。

ミニトマト、他の方も言われるように、発芽しやすいようです。
ただ、市販のミニトマトの多くは、品種改良されたものです。
病気になりにくかったり、実が付きやすかったり、甘みが強かったり・・・
そういった特性は、種から育てる場合は期待できません。

これは、お花にも言えるのですが、一代交配種(F1)の場合、
種をとって蒔いても、親と同じものは出てきません。
さらに、自家採取の場合は、近隣に植えられている別の花
(もちろん、同種・別品種など)の花粉で自然交配する場合も多いので、
そのような交雑がある場合は、どんな子供が育つかは未知数です。
それもまた、一つの楽しみですが・・・。

有名なところでは、ピーマンや唐辛子。
同じ仲間なので、交雑してしまい、からいピーマンや
辛みのない唐辛子・・・などが育ってしまうことがあるそうです。

そういう事も、また楽しみになるのが、自家採取&実生です。
おもしろそうだと思えるようでしたら、是非、チャレンジしてみてください^^

こんにちは^^
自分で育てた植物からタネを採って、それをまた育てる・・・
そうやって咲いたお花の愛しさは、格別です。

採種の方法は、種類によっても違いますが、大事なのは
「よく晴れた日の午前中に採る」事でしょうか。
天候不良で水分が残っていたりすると、カビが生えたり
腐ったりしやすいので、十分に乾燥させてから採種します。

種がはじけたり、飛び散ったりしやすい種類などは、
「そろそろかな?」という時期になったら、お茶や
ダシを小分けにする時に使う、ティーバックをかけて
首...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q花から種を取りたいのですが。

 こんにちは。
私の家の庭には1年草がたくさんありますが、来年の為に出来れば種を採取したいのですが、どうすれば取れますか?
 ご存知の方、現在実行している方教えて下さい。
 また、そういう事に詳しいサイト・HPがあれば教えて下さい。
後、こぼれ種で増えるお花をご存知でしたら、教えて下さい。種を取ってからの保存法など、アドバイス頂けたらうれしいです。我が家にはネモフィラや美女なでしこ、ペチュニア・ビオラがいます。

 

Aベストアンサー

インパチェンスの種は取りやすいですよ。10月頃花の真ん中が膨らみ(花びらは落ちる)パンパンに膨らんでくると小さなチャク付きのビニールの袋をそれにかぶせはじけるのを待ちます。1週間くらいかぶせたままの物やかぶせた途端はじけてしまうものなどあります。取れた種はすぐにビニール袋から出し乾かし翌年蒔くときまで紙袋に入れ保管します。

Q丈夫な草花を教えてください

これから庭に植える花を紹介してください。
条件は、
1 水やりが少なくても育つ(1週間に3回ほど ちなみに夏は雨が降りません)
2 高温でも育つ(ちなみに夏は38度まで上がります)
3 これから秋まで咲いている
4 苗が安い
5 できれば花が多く目立って咲いてくれたら
こんな勝手な希望を叶えてくれる花はないものでしょうか。
私はマリーゴールドくらいしか思いつきませんでした。
知人に聞いたら、フロックス(オイランソウ)、アイビーゼラニウム、クジャクソウを教えてもらいました。他にありませんか?

Aベストアンサー

 こんにちは。ものぐさガーデニングをやっていますので良かったら参考にして下さい。
 私も四国に住んでいますので、夏はすごく暑いです。しかも砂地ですのですぐに乾燥してしまいます。その中でも元気な物をご紹介します。
●ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)
 既に紹介されていますが、ものすごく丈夫です。基本的に乾燥に強いので、水やりもあまりしなくてもOKです。11月頃まで咲きますし、花が終わってちょっと見苦しくなってもしばらくそのままにしておくと、勝手に種がはじけて翌年はこぼれダネであちこちに咲いてくれます。イチオシです。欠点は夕方花を閉じてしまう事ぐらいです。
http://flower365.web.infoseek.co.jp/16/232.html
●マツバギク
 ポーチュラカに似ていますが、こちらは多年草です。東北などの寒い地域では分かりませんが、西日本では越冬してくれますので一度植えると植えっぱなしOKの楽チン品種です。乾燥と暑さに強く↓の色以外にオレンジもあります。しかも勝手に増えます。
http://www.engeinavi.jp/db/view/link/870.html
●マツバボタン
上の2つに似ていますが、一番花が大きくて豪華な感じがします。こちらは一年草です。花の色も色々ですのでまとめて植えると見栄えがします(私はマツバボタンだけの寄せ植え鉢を作っています)。暑さと乾燥に強いのは上の2つと同じです。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●ガザニア
 南アフリカ原産の多年草で非常に暑さに強いです。我が家では西日がガンガンに当たる所でもう何年も生えています。しかも勝手に種を飛ばして(タンポポみたいにフワフワした種)離れたところに苗が出てきたりします。白やピンクなどの色々な花があります。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●ニチニチソウ
 こちらも既に紹介されていますが、暑さに非常に強いです。ただ欠点として立ち枯れ病を起こしやすいです。長雨が続くとドロはねなどで溶けたように枯れてしまいます。経験上一度植えてこぼれダネで生えてきたモノは強いですが、苗を買ってきたものは花柄を摘んだりしているのに発生する率が高いので、何本か買ってきてみるか、プランターに植えて長雨の時は軒下に取り込むとよいと思います。去年の『趣味の園芸』という雑誌で立ち枯れ病に強い品種が発表されていましたが、おそらく出回っている苗(100円ぐらい)よりはちょっと高いと思います。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/nitiniti1.htm
●メキシコマンネングサ
 セダム類と呼ばれる多年草で、おそらくこの中では一番丈夫です。どれぐらいかというと、生えてきて欲しくない所に生えてきたので、そこら辺に掘り投げておいたら枯れずにそこに定着してしまうほどです。暑さと乾燥に非常に丈夫で(多肉なので)、寒さにも多湿にも強いオールラウンダーです。一度植えると勝手に増えてくれます。花は結構可愛いです(ちょっと花の時期は過ぎましたが)。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●フランネルソウ
 いつから家にあるか分からない前から勝手に咲いてはあちこちで増えているので値段を調べてみました(^_^;)。300円で楽天で売られていたので、上の植物よりはちょっと高いですが、一度植えると多年草でずっと咲きますし、勝手に増えてくれますので価値はあると思います。葉っぱがホワホワした綿みたいなのに覆われているからか、暑さと乾燥に強く非常に育てやすく、完全にほったらかしです。背は結構高くなりますので花壇ですと後ろの方に植えると良いと思います。
http://www.engeinavi.jp/db/view.cgi?mode=link&id=1403←赤もあります。
●オキザリス
 品種によって違いがありますが、球根で増える多年草です。植えっぱなしOKで丈夫です。我が家でも家の前の西日がガンガン当たる所でガンガン増えています。水もあまりやっていないのですが枯れません。
http://yasashi.info/o_00006g.htm
●ベコニアセンパフローレンス
 四季咲きベコニアです。うちの方では道路の脇に植えられている位丈夫で乾燥にも強いのですが、多年草ですので鉢植えにすると冬にも咲いてくれますので重宝します。1年草扱いにするなら庭植えでもOKです。
http://yasashi.info/he_00002.htm←こちら以外に白もあります
●ヤロウ(西洋ノコギリ草)
 非常に丈夫で乾燥と暑さに強いハーブの仲間です。花も秋口まで十分楽しめて多年草ですので一度植えると植えっぱなしOKです。丈が高く切花にも向いていますし、ドライフラワーにもお勧めです。病気にも寒さにも強いです。↓には暑さに少し弱いと書いてありますが、植えている感想してはそんな事はありません。ただ地下茎でドンドン増えますのであまり植えすぎないようにするのがコツです。ほったらかしOKです。
http://yasashi.info/no_00001.htm←赤もあります。
●アメジストセージ(メキシカンブッシュセージ)
 ハーブの中でも花が華やかで非常に丈夫です。乾燥と暑さに強く多年草ですので、一度植えるとずっと楽しめます(冬に切り詰めると良いです)。大株になりますので、花壇では後ろの方に植えると良いと思います。花の触り心地がホワホワして個人的には好きです。
http://www.greenecho.co.jp/zukan/a/01amejist_saji.htm
 我が家を見回して、勝手に生えている(^_^;)ものを挙げてみました。他にも鉢植えならトレニアとかも良いと思います。お友達が挙げているアイビーゼラニウムは庭植えよりは鉢植えにされた方が良いと思います。
 フランネルソウとオキザリス以外は100円(安い所では70円ぐらい)で売っていますのでお求め安く沢山買って豪華に咲かすと良いと思います。
 長文失礼しましたm(__)m。

 こんにちは。ものぐさガーデニングをやっていますので良かったら参考にして下さい。
 私も四国に住んでいますので、夏はすごく暑いです。しかも砂地ですのですぐに乾燥してしまいます。その中でも元気な物をご紹介します。
●ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)
 既に紹介されていますが、ものすごく丈夫です。基本的に乾燥に強いので、水やりもあまりしなくてもOKです。11月頃まで咲きますし、花が終わってちょっと見苦しくなってもしばらくそのままにしておくと、勝手に種がはじけて翌年はこぼれダネであ...続きを読む

Q「雑草対策」で、なにか植物、草花等植える方法はあるでしょうか?

家の敷地内の畑(100坪程度)での、雑草対策に頭を悩ませています。

本来、作物など作り、その過程で雑草対策をすればいいのですが、

仕事もあり、日々の暮らしもありとてもやれません。

一部、除草剤、草刈機などを使用してやってはいるのですが、
とても、追いつきません。

そこで、考えたのですが、例として、芝生等を張ったり、もしくは他の植物、草花等で、地面をはうようなものはあるでしょうか?

結論として、畑で作物の収穫などは考えていません。

ただ、なるべく除草剤は使わず、
そして、一番理想的なのは、
他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。

そのような植物などはありませんでしょうか?

どうか、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

草取りは日々時間のある方が家にいるから管理できるのであって仕事の合間にするのは大変苦痛を伴いますよね。
 これから10月までウンザリするでしょう。

>他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。
  残念ですが雑草にまさる他の植物はありません。 わたしもいろんなグランドカバーを植えていますがやはりそれらを植える前には完全に
雑草を一旦消し去る必要があります。
 特にスギナやドクダミなど地下茎の雑草は液状除草剤で駆除しないと
だめです。
 
 つまり今現在100坪に生えている草がそれ以外の多年草や1年草なら一度草取りをしてから繁殖力の強いグランドカバーを植えれば
雑草は気にならなくなります。

>そのような植物などはありませんでしょうか?
  グランドカバーになります。
 わたしが植えているのは
ヒメイワダレソウ:繁殖力がすごすぎて今は半分以上取り去りました。

ヒメイワダレソウツルヒメソバ:スポット的に植えたほうがいいですね。
http://kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tsuruhimesoba_large.html
リシマキアオーレア:黄金葉が綺麗です。
http://www.rakuten.co.jp/gardensk/430279/438185/610623/610625/
ワイルドフラワー:多年草の混合です。 毎年咲きます。
 手がかからず隙間から生える雑草も気になりません。
 これがよろしいとおもいますよ。
https://www0.takii.co.jp/CGI/netshop/catalog/products/item/FZZ956/00000049

 余計なお世話ですが出来れば頑張って菜園付の和洋折衷の庭でも
 お作りになるとよろしいんですがね。 造園やさんに相談して
「楽しめる参加型のお庭」を作ってはいかがでしょう。

 つまり和風庭園のような鑑賞を目的とした庭ではなくパーゴラとか
歩きながら随所に色々な施設や置物を置いて楽しみ、場所によっては
家庭菜園としてのスペースを確保してキッチンガーデンにする・・・
とかですね。
 100坪全部無意味は雑草対策では芸がないとおもいますがいかがで
しょうか?。
 

草取りは日々時間のある方が家にいるから管理できるのであって仕事の合間にするのは大変苦痛を伴いますよね。
 これから10月までウンザリするでしょう。

>他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。
  残念ですが雑草にまさる他の植物はありません。 わたしもいろんなグランドカバーを植えていますがやはりそれらを植える前には完全に
雑草を一旦消し去る必要があります。
 特にスギナやドクダミなど地下茎の雑草は液状除草剤で駆除しないと
だめです。
 
 つまり今現在...続きを読む

Q種をパーっと蒔くだけで育つ花

花を育ててみたいなと思っているのですが、
一つ一つ種を植えていくような方法ではなく、
種をパーっと蒔くだけで育つものはありますか?
(矢車草は、その方法で育つと聞きましたが、本当でしょうか?)

Aベストアンサー

好光性種子の話でしたら、
トルコキョウやバジル、プリムラビアリーミラクルなどなど。


矢車草って、丈夫で作りやすい早春の花!花径4~5cm、草丈80~100cmで、
花色は青が主体で、紫、赤、桃、白などの花色があり、非常に丈夫で、
やせ地でも作れる草花です。切花は水あげがよく、蕾でもよく開花するあれですか?
直まきOKです。

Q一年中咲く花はあるのでしょうか?

家の前に花を植えたいのですが常に咲いてくれる花がいいです。
でもそんな花あるのでしょうか?

木を植えるつもりはありませんが、桜なんて長くて1週間しか持たないですよね。

花の命は短いと言うので難しいと思いますが常に咲いてくれる花を教えてください。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>花の命は短いと言うので難しいと思いますが常に咲いてくれる花を教えてください。

可愛らしい、面白い質問ですね。

答え・・・絶対に無いです。

もしあったにせよ 手入れは並大抵ではないです。
花は咲き終わったら 必ず花殻が葉っぱなどにくっ付いてしまいます。
次々に咲くにしても その花殻を毎日小まめに取り除いてやらなくては、次に咲いた花は少しも目立ちません。

また、植えっぱなしでは土地も痩せてきますので 段々小さな花しか付かなくなります。
そして THE END


そこで皆さんの言われる 混植なのです。

あるいは四季それぞれの花の苗を他で育てて、花が終わる前に次の咲き始めた苗を植えて・・・
一年に5-6回植え変えれば 花の絶えない庭になるでしょうね。

数年に一回しか咲かないサボテンを生涯大切に育てている方もいます。
人それぞれですが、一年中咲く花は無いことを念頭に置いて 花壇作りを楽しんでください。

花が咲くのは 子孫を残すための賢明な花の努力の結果です。
花を咲かせて、昆虫たちに受粉をしてもらうためにより目立った花も出来ます。
そして種を作り、一年のうちの短い日を終えるのです。


余談です。

他の植物もその必要が無いから一年中花を咲かせませんし 

動物に至っては出産に適した季節に合わせてセックスをします。

動物のうちでも、時期を選ばずにセックスを一年中するのは人間だけです(笑)

>花の命は短いと言うので難しいと思いますが常に咲いてくれる花を教えてください。

可愛らしい、面白い質問ですね。

答え・・・絶対に無いです。

もしあったにせよ 手入れは並大抵ではないです。
花は咲き終わったら 必ず花殻が葉っぱなどにくっ付いてしまいます。
次々に咲くにしても その花殻を毎日小まめに取り除いてやらなくては、次に咲いた花は少しも目立ちません。

また、植えっぱなしでは土地も痩せてきますので 段々小さな花しか付かなくなります。
そして THE END


そこで皆さんの言われる...続きを読む

Q種を取る時期について

アラフィフ ( around 50 )になりガーデニングが楽しくなった者です。
花の苗を買ってきては鉢に植え管理して花を楽しんでいる初心者です。
今年は種から購入し育てた花もあります。

今回の質問は、苗で購入した花がたくさん種子をつけています。
放っておくと種子が入っている殻(正式名なんていうんでしょう)が破れ種がこぼれ落ちています。
タイミングよく取れればいいのですが、気が付いた時には全部落ちてしまった後とかあります。

たとえば、日日草ですが、種が入っている部分(殻・さや)が透けて、中の種が見えます。黒くなっています。若いものは透けていません。 透き通って中が見えるくらいの時に取ってしまうのはだめでしょうか。 その後、少し乾燥させて完全に殻が割れるのを待とうと思います。

サルビアもあり、同じように種を取るタイミングが分からず、種がこぼれ落ちて無くなっています。
種の取り方・保管方法について教えていただければと思っています。よろしくお願いいたします。

参考になるHPや記事があれば一緒にお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

参考までにどうぞ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1420838059

http://log.engeisoudan.com/lngb/200905/09050124.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2225587.html


人気Q&Aランキング