膝上7~10センチ上の太ももにしこりがあると2週間くらい前に気がつきました。
最初は気にしていなかったのですが、押すとほんの少しだけ打撲のような痛みがあることと、
見た目がまったく青くもないのに直径3、4センチくらいのしこりだけあることが気になり、
先日整形外科へ行ったところ脂肪腫の疑いと言われ、MRIの検査をすることになり、予約をしてきました。
まだMRIの検査をしていないので脂肪腫と決定したわけではありませんが、検査結果が出るのが
約2週間後なのでいろいろ考えてしまい、心配しています。
病院の先生にはMRIの検査結果によっては造影剤のMRIも必要になる可能性もある、
検査結果によっては専門の病院で診てもらうかもしれないと整形外科へ行ったのに専門とは
どんな科なのかと思い、かなり怖いです。
押すと少しだけ痛みはありますが、気にならない程度ですのでできれば手術したくないと思っています。
脂肪腫と確実に分かればそのままにしておきたいのですが、
脂肪腫と診断されて手術していない方、その後の脂肪腫の状態は
どうでしょうか。大きくなっていますか。
また、手術された方は手術はどうでしたか、術後の経過はどうでしょうか。
とても怖がりな性格で、不安です。
みなさん、ぜひアドバイスをよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

投稿から2週間くらい経過しているので、もう間に合わないかも知れませんが、一言。


形成外科も考慮に入れるとよいと思いますよ。
簡単に言うと、整形外科は、筋肉や骨などに対して、機能的な治療を、形成外科は皮膚、筋肉、骨などに対して、形態的な治療をするようです。脂肪腫はどっちかというと組織の形態的な問題かと思います。
かく言う私は、実は明日、形成外科で手術を受けます。
2箇所の脂肪腫を摘出してもらいます。一方はかなり大きいです。大きくなるまで放って置いたおかげで、全身麻酔でのオペになってしまいました。今思えば早く病院に行っていればよかったな、と。

摘出後の傷跡をきれいに直してくれると言う点でも、形成外科は頼りになる科です。
なお、ご心配の件ですが、急速に肥大する(たとえば1ヶ月で倍、とか)、といったことがないものなら悪性の心配をする必要はないようです。

私の場合は、脂肪腫よりもむしろ麻酔とか他に気になることがあるので、そっちで心配しています。
では明日、頑張ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をしていただいていたのに
お返事が遅くなってしまい、
大変申し訳ありませんでした。

手術前の貴重なお時間を使って
アドバイスくださり、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/06/23 19:16

まずMRIでは脂肪腫とは診断できません。

脂肪腫と診断ができるのは病理検査といってその部分を手術で取り出したときのみです。5㎝以上の脂肪腫であれば脂肪肉腫といってがんである可能性もあるため積極的に診断もするために手術することが多いですね。3-4㎝ですので、画像診断と合わせて判断するしかないように思います。
    • good
    • 1

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおでこの脂肪腫は切除(手術)した方がいよいのでしょうか?

おでこの骨の上に、2~3年前から徐々に大きくなってきた脂肪腫(割と小さく、直径1.5cmくらいでたんこぶにもみえる)ができ、近所の皮膚科に行くと、某医大を紹介され、MRIで脂肪腫と診断され、私としては、経過観察もありかなと思っていたのですが、脂肪腫は必ず大きくなるので、小さいうちに切除した方がいいときっぱり言われ、トントン拍子で、1ヶ月半後に手術することになってしまいました。
一方ずっとかかっている整体の先生からは、脂肪腫は小さくなる場合もあるし、顔にメスを入れるのはとんでもないみたいなことをいわれたので、どうしたもんかと悩んでおります。やはり脂肪腫は間違いなく大きくなるのでしょうか?やはり小さいうちに切除した方がいいのでしょうか?メスを入れることで血流が悪くなって、再発等はしないのでしょうか?できれば手術はしたくないのですが、おおきくなるようだと目立つし小さいうちにするのが妥当なのかとか、ぐるぐる悩んでます。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

質問をお見受けする限り確かに脂肪腫にしてはあまり大きくないほうかと存じます。
この感じではおそらくベストの対応のような気がします。処置法としては直接メスを
いれる方法なのでしょうが、確かに経過観察による手術見送りの選択肢もあります。
これだと十中八九大きくなると思います。またそのさいのデメリットとしては
大きくなってかあの手術では(1)傷痕が目立つ(2)細菌感染をおこす(3)圧迫により
炎症性粉瘤が生じる。などがあります。
パンチメスを使用する切除法だと傷痕は目立ちませんが、まれに腫残による再発
もありえます。
端的にいうと局部麻酔による切除がベストえしょうか?
そうはいっても(女性のかたでしょうか?)傷痕は気になると存じます、
ただここ数年で傷痕フォローの技術は進歩していますから形成と早め
に相談されたほうがよろしいかと。

Q背中に脂肪腫があると診断を受けたのですが、経験談をお聞かせ下さい。

背中に、脂肪腫があると診断を受け、手術が必要とお医者様に言われてしまいました。腫瘍自体は良性らしいのですが、術後は少なくとも数日間、長くとも2週間は入院が必要、傷口もかなり残ると言われてしまいました。もっと簡単に考えていたので、今はとまどっています。ご経験のある方がいらっしゃいましたら、どの様な治療を受けられたか等、教えて頂けますか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、高校生の頃に、お尻にあるシコリ、(小指の爪くらいの粉瘤、後で判った事ですが、要は垢が詰まった袋状の物。脂肪腫なら中身は脂肪)に気がついたのですが、痛くもないので10年くらい放っておいたら、卵大になっており、座るのにも違和感を覚えるくらいになってしまいました。

ぶっとい注射器でギュウっと吸い出すか、ニキビを潰す位に考えていたので、入院!とびっくりしましたが、内容物を包んでいる袋ごと取らないと、又、溜まっていくらしく、ニキビのごとく穴を開けて絞り出すような事は化膿する事もあるようなのでやめた方が良いそうです。

私の場合は、直腸にも近く、お医者さんも呆れてましたが、手術は検査も含めて実質3日。溶ける糸を使うらしく抜糸はなく、傷口を薄い通気性のあるフィルムで保護し、退院後はシャワーなら良いょと言われました。痛いといえば、下半身麻酔をしましたので、この注射くらい。

下半身おっぽり出して、美人看護婦さんに処置されて恥ずかしかったくらいしか印象にのこってないのだけど、、、
入院して、その日は色々書類を書かされてドキドキ
次の日。検査はMRIと私の場合は直腸からの触診。
翌日手術。麻酔され手術室へ
翌日、半日して退院。
 私のは背中でなく、場所が悪かったですから。。。

自分では見えない所なので、どういう跡になっているかは、残念ながら見せませんが、、、
もし女性で切除の傷跡が気になるならば、よく御医者さんと相談したら良いのではないでしょうか。

脂肪腫とか粉瘤で検索してみて下さい。いろいろと経験された方がいらっしゃるみたいです。
ご参考に
 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5429/title.html
 http://www.dermatol.or.jp/QandA/contents.htm

素人感想を言えば、早く取っとけばよかった。
 かな?(ご自身の状態がわかりませんのであくまで参考で)

私は、高校生の頃に、お尻にあるシコリ、(小指の爪くらいの粉瘤、後で判った事ですが、要は垢が詰まった袋状の物。脂肪腫なら中身は脂肪)に気がついたのですが、痛くもないので10年くらい放っておいたら、卵大になっており、座るのにも違和感を覚えるくらいになってしまいました。

ぶっとい注射器でギュウっと吸い出すか、ニキビを潰す位に考えていたので、入院!とびっくりしましたが、内容物を包んでいる袋ごと取らないと、又、溜まっていくらしく、ニキビのごとく穴を開けて絞り出すような事は化膿する事も...続きを読む

Q背中の脂肪腫 

お世話になります。先日、こちらで、背中の脂肪腫について質問させていただいた者です。
本日、子供が皮膚科を受診したついでに(皮膚科を)受診しましたところ、「MRIの検査で、脂肪抑制画像にしたところ、画像から消えているので、おそらく脂肪腫でしょう・・・」とのことでしたが、明日もう一度、専門の医師にみてもらい、もし、脂肪腫でなければ切開することになるかも・・・と言われました。切開・・・と聞くと抵抗があるのですが、どのようなもの(検査)になるのでしょうか??
またMRIの脂肪抑制画像の信憑性についてもおしえていただけたら・・・と思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先日のご質問とその回答者様に横から入るような形で失礼いたします。
 画像診断で100%の診断率のものはMRIを含めてこの世の中に存在しません。診断は、診察や画像診断を補助として最終的にはほとんど病理組織診断で決定されます。従いまして「背中の脂肪腫」と診断するためには、そのしこりを全て摘出してどこにも肉腫が無いかどうか病理検査で調べなくてはなりません。
 それでも大抵のベテラン外科医であれば触診とエコー検査程度で脂肪腫と診断します。7~8cmくらいの大きさであればMRIを撮影することもあるでしょうが、3~5cmくらいであれば何ヶ月も様子を見ているよりは、さっさと手術して取りましょうというでしょう。だって、長い間不安になっているより、手術して取って調べたほうが決着がつくし、1回で済み病院代も安上がりです。
 ただ、手術をすれば大なり小なり傷が残るので、どうしても体の傷が我慢できないという方には手術はお勧めしません。
 また、受診した外科医が、ほかの大きな癌などの手術がたくさんあって外来手術なんか忙しくて面倒だと考えていれば「少し様子を見よう」とか「傷がつくことにどうしてもためらわれるのなら手術するかしないかはあなた次第です」などというかもしれません。
 私は外科や形成外科で決着をつけてもらったほうが良いように思います。独断的な意見をお許しください。
 MRI脂肪抑制画像で脂肪成分かどうかはほぼ区別でき、脂肪腫と脂肪肉腫はある程度判断できますが、はじめに書いたように100%の診断はできません。
 追加ですが、脂肪腫摘出術はしこりの大きさより1,2cm小さい傷で可能です。脂肪腫は軟らかいので端から少しずつ傷から外に出します。それから、脂肪吸引装置があれば、小さな穴をあけて細長い吸引の管をいれて脂肪腫を吸引する方法もあります。

先日のご質問とその回答者様に横から入るような形で失礼いたします。
 画像診断で100%の診断率のものはMRIを含めてこの世の中に存在しません。診断は、診察や画像診断を補助として最終的にはほとんど病理組織診断で決定されます。従いまして「背中の脂肪腫」と診断するためには、そのしこりを全て摘出してどこにも肉腫が無いかどうか病理検査で調べなくてはなりません。
 それでも大抵のベテラン外科医であれば触診とエコー検査程度で脂肪腫と診断します。7~8cmくらいの大きさであればMRIを撮影す...続きを読む

Q膝関節鏡手術後の膝の腫れリウマチとの関係

以前にもリウマチについて質問しましたが、また新たに疑問が生じたので、質問させていただきました。彼氏の事なのですが、タナ障害で3月に右膝、4月初旬に左膝の手術をしたところ、左膝の腫れ痛みが続き、水や血を抜いてもらい、その時は、腫れもひいて、順調に治るものだと信じていましたが、5月に入り手足も痛いと言うことで、血液検査をしたところ、リウマチであることが判明しました。現在も左膝の腫れと痛みが続き、病院に行ってますが、水はそれほどたまってなく、病院に行った翌日からまた、左膝の腫れと痛みが続いています。手術前に必ず血液検査をしたと思いますが、その時はCRPも高くなかったので、手術をしたと考えられます。左膝は腫れ傷みだけでなく、熱も高いときは38度もでてしまいます。右膝が、全く問題ないぶん、なぜ左膝だけが腫れるのかぎもんです。やはりリウマチが関係しているのでしょうか?現在は5月から、リウマトレックスを服用してますが、効果もみられません(効果が出るのが遅い薬だということは知っています)セカンドオピニオンとして、整形外科にかかるべきか、リウマチ科にかかるべきかも、アドバイスを頂けると助かります。どうぞよろしくお願いします。

以前にもリウマチについて質問しましたが、また新たに疑問が生じたので、質問させていただきました。彼氏の事なのですが、タナ障害で3月に右膝、4月初旬に左膝の手術をしたところ、左膝の腫れ痛みが続き、水や血を抜いてもらい、その時は、腫れもひいて、順調に治るものだと信じていましたが、5月に入り手足も痛いと言うことで、血液検査をしたところ、リウマチであることが判明しました。現在も左膝の腫れと痛みが続き、病院に行ってますが、水はそれほどたまってなく、病院に行った翌日からまた、左膝の腫れと痛...続きを読む

Aベストアンサー

人間の体は左右対称に見えて、まったく同じでありません。病気の症状も
左右まったく同じにはなりません。なるほうが圧倒的に少ないです。でも
それはレントゲンやMRIなどの画像を見てみなくては分かりません。

左ひざの炎症問題はあくまでも一般論として、リウマチが関係していると
十分に考えられます。でもあなたの彼の正確な病状は主治医に確認してみ
てください。今病院に行っていないのですか?リウマチの治療も必要で
しょうし、膝のリハビリも必要だとおもいます。リウマチ科と街の整形外
科で通院リハビリをしてみてはいかがでしょうか?

しかしここでは100%状況は理解できませんので、リウマチの診断をし
た医師に相談してみてはいかがでしょうか?

Q脂肪腫手術の痛み 全然気づかず脂肪腫を育ててしまっていました…明日MRIの検査をして手術になると

脂肪腫手術の痛み


全然気づかず脂肪腫を育ててしまっていました…明日MRIの検査をして手術になると思うのですが…
手術をうけた方 局所麻酔はどの位痛かったですか?何しろ怖がりで…血液検査も本当に怖いくらいなんです…
6cmくらいの脂肪腫です…T_T

Aベストアンサー

場所によって注射の痛みは違いますよ。
私は肩に出来たのですが(2センチ弱)、骨の近くではなく肩の真上で、採血とかと同じ程度という感じでした。
注射等は平気なタイプですが、一番痛かったのは巻き爪の手術時ですね。
これまでに巻き爪で5か所の手術を受けましたが、中でも足の親指。
親指の付け根のしっかりした骨がありますよね?
あそこに2ヶ所だったかな…それプラスそのちょっと上の指の腹部分に麻酔注射を打たれるんですよ。
クマンバチに一度に2ヶ所刺されたことがありますが、それよりも痛いです。
膝の手術は全麻だったので覚えていませんが、術後の点滴をする場所が両腕とも広範囲に紫色になってしまったので、男性の研修医が気を遣ってくれて別の場所にしましょうと言ってくれたのですが、それが手首の辺りでした…採血が下手な看護師さんに、手の甲から採血されたこともありますが、どちらも同じくらいでしたよ。

看護師さんとかは、採血や点滴等の針しか刺しちゃいけないことになっています。
麻酔は麻酔専門医か医師しか打ってはいけないし、血管の在り処を探しながら麻酔注射するわけではないので、上記の骨の付近でなければ下手な採血をされる時よりはマシです。

また、痛みを軽減した治療をするという歯科医に行ったら、麻酔注射のための麻酔と言うのがありまして…私はそれを頼んでいないのに、麻酔注射をする前に、歯茎に表面麻酔剤を塗られました。
麻酔注射の痛みは全く感じませんでした。
ただ、私は注射の痛みよりも余分な麻酔薬を使われる方が怖いし、治療される歯は痛みを感じなくても、治療中に注がれる水(?)が別の歯に当たって、その歯が知覚過敏だったので、そっちの方がよっぽど痛かったです。

場所によって注射の痛みは違いますよ。
私は肩に出来たのですが(2センチ弱)、骨の近くではなく肩の真上で、採血とかと同じ程度という感じでした。
注射等は平気なタイプですが、一番痛かったのは巻き爪の手術時ですね。
これまでに巻き爪で5か所の手術を受けましたが、中でも足の親指。
親指の付け根のしっかりした骨がありますよね?
あそこに2ヶ所だったかな…それプラスそのちょっと上の指の腹部分に麻酔注射を打たれるんですよ。
クマンバチに一度に2ヶ所刺されたことがありますが、それよりも痛いです。...続きを読む

Q硬膜下血腫手術後の再発、止血作用のあるビタミンKの点滴をした方がいいですか?

ビタミンKの点滴は内部止血作用以外、体になにか副作用もあるでしょうか?

Aベストアンサー

納豆には確かにビタミンKが豊富に含まれていますが、別の問題が起こってきます。

納豆にはセレンと言うミネラルが入っており、これはこれで人体にとって大切なミネラルなんですが、必要摂取量と、体に害が出る摂取量とが極めて近く、摂取するのが非常に困難なミネラルです。

セレンを多く摂りすぎるとセレン中毒になってしまうのですが、他の食品にも微量のセレンが含まれていることを考えると、納豆を毎日食べるなら、1日に1パックに抑えるべきで、2パックは多すぎます。もちろんたまにたくさん食べたい時もありますよね。そういう時はいいんですが、日常的に習慣として食べられるなら、必ず1日当たり1パック、どうしても毎日たくさん食べたい場合でもせめて2パックに留めてください。

この辺りは「納豆学会」のHPで確認することが出来ます。

Q脂肪腫は、普通の個人医院でもとれますか?

首にこぶがあります。
医者には「脂肪のかたまりがあるが、気にしなくて良い」といわれました。
脂肪腫ですが、これは皮膚科で簡単にとってもらえると聞きました。

近所に皮膚科の名医がいます。が、こちらは入院施設の無い個人医院です。
そういったところでは、脂肪腫をとる簡単な手術はうけられますか?無理ですか?
脂肪腫をとると、術後一週間くらい消毒に通わなくてはならない、という話をネットで観ましたが、実際はどんな経過になっていくのでしょうか?

Aベストアンサー

普通は個人病院でも取れます。
入院設備なんか要りません。
ごく簡単な道具(皮膚科や外科なら普通置いてある道具)で取れます。
ただし、皮膚科よりも形成外科に行ったほうが良いです。
脂肪腫と分かっているのであれば、あとはどれだけきれいに取れて、きれいに縫えるかです。
皮膚科よりも、形成外科のほうがそういう技術は優れています。
皮膚科の名医が手術がうまいというわけではありません。20年目のベテラン皮膚科よりも、5年目の形成外科医のほうが手術に関してはうまいことが普通です。
うまい下手を気にしないのであれば、あなたが行きたいところへいけば良いでしょう。どこでもやってくれます。

消毒ですが、最近は消毒のやり方が変わってきているので、一週間消毒に通うことはまれです。
手術して、洗って、専用のテープを貼って終了。翌日か翌々日再診。問題なければ1週間後再診して抜糸。
という流れになります。
古い考えを持った医者だと、毎日消毒に通わされます。消毒をすると傷の治りが遅くなるので、最近はこういうやり方をしませんが、お金になるので、いまだにやっているところがあります。

普通は個人病院でも取れます。
入院設備なんか要りません。
ごく簡単な道具(皮膚科や外科なら普通置いてある道具)で取れます。
ただし、皮膚科よりも形成外科に行ったほうが良いです。
脂肪腫と分かっているのであれば、あとはどれだけきれいに取れて、きれいに縫えるかです。
皮膚科よりも、形成外科のほうがそういう技術は優れています。
皮膚科の名医が手術がうまいというわけではありません。20年目のベテラン皮膚科よりも、5年目の形成外科医のほうが手術に関してはうまいことが普通です。
うま...続きを読む

Q変形性膝関節炎で手術した方いませんか

私は、半月板を損傷していますが、半月板の方を直したとしても
変形性膝関節症なので、また、半月板が損傷しやすいのだから
骨を削って足の湾曲を正す手術をした方がいいと医者に言われています。

骨を削るなんて、怖いので、やりたくないわけですが、
現在も、動くと痛いとか、寝る前に足がだるいという症状もあるし、
将来のことを考えたら、歩けなくなってもっと痛みが増すので
やらなくてはいけないと思う気持ちもありますが、どうしたらよいのか
迷っています。

手術をして、良かった、良くなかったという方教えてください。

Aベストアンサー

半月板は軟骨の間を埋め、クッション性や安定性を向上させる目的がありますので変形性膝関節症(膝OA)の多くの場合では半月板もダメージを受けています。

骨切り術を選択するということは、軟骨を含めて関節の状態が比較いいということが想像はできます。骨切り術は崩れたアライメントを整えて軟骨にかかる荷重を正常に戻す目的がありますが、個人的には目的の割には大げさな手術だとは思っています。膝OAは進行性ですから、当然関節の劣化は進みますし、可動域や筋力の状態もとても重要な要素になってきます。手術を選択するということは可動域や筋力の面で著しく不利なのです(現段階では人工関節で正座はできない)。


>「手術をしないと、足の0脚がひどくなったお婆さんみたいに歩きづらそうにしている人みたいになると言われ、そうはなりたくないし」

少し鎌をかけていますね。膝の間にバスケットボールが入りそうなくらい変形している方でも、すたすた歩いている方は実際にいます。個人的な見解としてはまずはリハビリで粘れるところまで粘ってみることをお勧めします。今は正座ができますか?足を伸ばして床に座った時にひざ裏にすきは空いていませんか?これらに異常があれば可動域に制限があることを示しています。リハビリはこれら可動域を改善し、腿周辺の筋力を強化して関節の負担の軽減を図る。状態に合わせてウォーキングを取り入れるのも必ずしなければいけません。ウォーキングは骨を強化し、軟骨の栄養機構に欠かせない行動です。

お薬は飲んでいますか?治療はお薬一般的に非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)やヒアルロン酸注射(アルツ、サイビスクなど)、電気治療、鍼治療などです。これらはアプローチは違いますが、抗炎症という目的は同じです。まずはリハビリも含めこれら保存療法を丁寧に行っていく必要があると思います。恐らく今の病院は術後のリハビリに力を割き、このようなリハビリに対応していないのではないのでしょうか。大きな病院や手術で有名な病院はこのような治療に興味を示しません。リハビリ科のある街の整形クリニックで診てもらってはいかがでしょうか。PTなどリハビリの専門家がいるところが望ましいでしょう。

長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

半月板は軟骨の間を埋め、クッション性や安定性を向上させる目的がありますので変形性膝関節症(膝OA)の多くの場合では半月板もダメージを受けています。

骨切り術を選択するということは、軟骨を含めて関節の状態が比較いいということが想像はできます。骨切り術は崩れたアライメントを整えて軟骨にかかる荷重を正常に戻す目的がありますが、個人的には目的の割には大げさな手術だとは思っています。膝OAは進行性ですから、当然関節の劣化は進みますし、可動域や筋力の状態もとても重要な要素になってきます。...続きを読む

Q脂肪腫と診断された方で手術した方、手術しなかった方のその後を教えてください。

膝上7~10センチ上の太ももにしこりがあると2週間くらい前に気がつきました。
最初は気にしていなかったのですが、押すとほんの少しだけ打撲のような痛みがあることと、
見た目がまったく青くもないのに直径3、4センチくらいのしこりだけあることが気になり、
先日整形外科へ行ったところ脂肪腫の疑いと言われ、MRIの検査をすることになり、予約をしてきました。
まだMRIの検査をしていないので脂肪腫と決定したわけではありませんが、検査結果が出るのが
約2週間後なのでいろいろ考えてしまい、心配しています。
病院の先生にはMRIの検査結果によっては造影剤のMRIも必要になる可能性もある、
検査結果によっては専門の病院で診てもらうかもしれないと整形外科へ行ったのに専門とは
どんな科なのかと思い、かなり怖いです。
押すと少しだけ痛みはありますが、気にならない程度ですのでできれば手術したくないと思っています。
脂肪腫と確実に分かればそのままにしておきたいのですが、
脂肪腫と診断されて手術していない方、その後の脂肪腫の状態は
どうでしょうか。大きくなっていますか。
また、手術された方は手術はどうでしたか、術後の経過はどうでしょうか。
とても怖がりな性格で、不安です。
みなさん、ぜひアドバイスをよろしくお願いいたします。

膝上7~10センチ上の太ももにしこりがあると2週間くらい前に気がつきました。
最初は気にしていなかったのですが、押すとほんの少しだけ打撲のような痛みがあることと、
見た目がまったく青くもないのに直径3、4センチくらいのしこりだけあることが気になり、
先日整形外科へ行ったところ脂肪腫の疑いと言われ、MRIの検査をすることになり、予約をしてきました。
まだMRIの検査をしていないので脂肪腫と決定したわけではありませんが、検査結果が出るのが
約2週間後なのでいろいろ考えてしまい、心配...続きを読む

Aベストアンサー

投稿から2週間くらい経過しているので、もう間に合わないかも知れませんが、一言。
形成外科も考慮に入れるとよいと思いますよ。
簡単に言うと、整形外科は、筋肉や骨などに対して、機能的な治療を、形成外科は皮膚、筋肉、骨などに対して、形態的な治療をするようです。脂肪腫はどっちかというと組織の形態的な問題かと思います。
かく言う私は、実は明日、形成外科で手術を受けます。
2箇所の脂肪腫を摘出してもらいます。一方はかなり大きいです。大きくなるまで放って置いたおかげで、全身麻酔でのオペになってしまいました。今思えば早く病院に行っていればよかったな、と。

摘出後の傷跡をきれいに直してくれると言う点でも、形成外科は頼りになる科です。
なお、ご心配の件ですが、急速に肥大する(たとえば1ヶ月で倍、とか)、といったことがないものなら悪性の心配をする必要はないようです。

私の場合は、脂肪腫よりもむしろ麻酔とか他に気になることがあるので、そっちで心配しています。
では明日、頑張ります。

Q髄膜腫の手術後の気になる症状

私の母(67才)が髄膜腫の開頭手術を受けました。
左頭頂部の腫瘍で、右手足のマヒで病院に行って、
初めて腫瘍が見つかったのですが・・・

術前は、脳の浮腫を抑える薬のお陰で、正直何も不自由はありませんでした。
手術で腫瘍は全部取れたそうなのですが、手術二日目の今日、少し気になる症状が・・・
手術直後には、なめらかに動いていた手足の動きが悪くなっているのです。
自分ではたてるつもりだったようですが、足に力が入らず立てなかったようです。
あと、つじつまの合わないことを言ったり。
11時間におよぶ大手術だったので、翌日朝まで、麻酔で眠らされていました。
このことも何か影響あるのでしょうか?

手足の動きはリハビリで回復するのでしょうか?
腫瘍を全部取った事による弊害・・・ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

術後2日目であれば
手術による浸襲で脳が浮腫んでいるのかもしれません。
脳が浮腫むと言われているような神経症状が出てきても不思議ではないと思います。

まだ2日目なので何とも言えないですが、しばらくは様子を見ていてもいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング