こんにちは。学校で教えている英語はアメリカ英語らしいですが、疑問を感じます。というのは、例えば、アメリカ英語では hotという単語ではoが「ア」の音になって「ハット」のようになると思うんですが、学校の英語の先生は「ホット」と発音しますし、waterという単語なら aは「ア」でtはdのように濁り、しかも破裂音も弱くなり「ワラ」のように聞こえるはずなんですが、これも先生は「ウォーター」のように発音します。多分、先生のはイギリス式の発音に近いんだと思います。
そこで質問ですが、学校で教わる英語って 本当にアメリカ英語なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

学校で教わる英語、というより、学校で教わる発音が疑問なんですよね?


そもそも正式にアメリカ英語の発音って定義されてるものはありません。イギリスでは、確か階級ごとに違う発音を使い分けると聞いたことがあります。。(うろ覚えで申し訳ないんですが。)だから日本で語学教育を導入する際、アメリカ英語の発音が教科書にするのに最適だったのではないかと思いますよ。もしも違っていたらすみません;

そして、アメリカで通じるのはアメリカ英語だけだ!と思わないで下さい。アジアン、ヒスパニック、フレンチなど、アメリカにはさまざまな人種の人たちが話す、さまざまな言葉があります。みんなそれぞれお国訛りで話しますし、それだって十分通じます。方言や吃音みたいなものです。でもアメリカ人は訛りがあるからって差別したりしませんよ。日本で教えている英語の発音だって、ちゃんとそれで意味が伝わるなら、自信持っていいと思います。ようは語学って、自分の意見を相手に伝えるためのものですから。

ちなみにアメリカ人は日本人が使っている発音記号を読めないんですよ。日本が独自に編み出した記号なんだそうです。こういう点から言えば、日本の学校で教わる英語は、限りなくアメリカ英語に近い英語、なんじゃないですかね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/03/10 18:54

補足



http://ejje.weblio.jp/content/General+American
http://en.wikipedia.org/wiki/General_American
この辺の言語が一種の標準語として日本では使われている。
発音の違いに関しても、上記のWIKIPEDIAに出ております。
    • good
    • 0

ご指摘のアメリカ英語の発音は、東部海岸、NYあたりの発音です。


映画などでは、NYが舞台になりやすく、また、日本に来ているアメリカ人もその辺が多め。なので、アメリカ人の英語発音となるその辺のイメージなる。
教科書では、中西部をスタンダードにしているので、NYの英語とはまた別となっております
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/03/10 18:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報