映像の翻訳をしている者です。
ある作品に野生のブタ(黒毛)が、登場するんですが、英語ではみんな「pig」と呼びかけています。しかし、それが本当にブタなのか、それとも猪なのか、よくわかりません。牙があれば、猪と思っていいのでしょうか?
画面では、牙の存在もはっきりとはわかりません。牙以外に見分ける手段など、あるのでしょうか?
お分かりでしたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

豚と猪の外観的な違いは、豚は、硬毛のみ生えますが、猪は、硬毛の間に、綿毛が、生えます。

また、豚には、つむじがありませんが、猪には、体のどこかに、つむじが、あります。また、豚と猪を掛け合わせたイノブタも、つむじがあり、外観は、いのししの特徴が良く出ます。いのししと野豚との違いですが、野豚と言うのは、家畜豚が逃げて野生化したもののことを言うのですが、気性は、豚の血が混ざっている分、やさしくなりますが、野生化した豚は、どんどん自然交配で、猪の血が混ざるので、猪に近くなっていきます。PIGはイギリス英語から来た、子豚の総称ですが、アメリカ英語では、SWINEと言います。また、養豚用語で、メス豚、雄豚、未経産豚、母豚など、それぞれ、英単語が、あります。PIGと表現されるのは、動物の豚を表すだけでなく、子豚ちゃんとか、豚野郎とか、人間に対して使う場合も多く、使われた前後の文章やシーンを、理解しないと何とも言えません。なお、豚にも、牙は、あります。雄も雌もあります。

ちなみに、豚を飼ってますので、本当の話です。
ですから、牙の有無で、豚と猪を分けることは、無理でしょう。
映像のみで、豚、野豚、猪、イノブタ、在来豚、交雑豚などの区別をするのは、かなり難しいといえますね。
    • good
    • 4

 ええと、一応生物学をかじってはおりますが、研究者レベルではないので眉唾レベルでお聞き下さい。

ほとんど揚げ足取りです。
 豚は確か何千年か前(ごめんなさい・・・どうしても思い出せません。6~8千年前なのか、それともB.C6000or8000なのか)に猪から家畜化されたものを呼ぶはずなので、「野生の豚」ではなくzooom様ご指摘の通り「野生化した」豚ではないでしょうか。
 つまり、鷲と鷹、イルカと鯨のようにほとんどいっしょの生き物です。豚と猪でも交配によって子を得ることができます。生殖可な子供かはわかりませんが。
 豚にもペット豚がいるように、長野の農家だったと思いますが猪をペットにしてらっしゃった方もおりました。それに豚にも牙は小さいながらあります。牙が外見からは見えづらい猪もいたと思います。
 外見での判別なら、吻(目から鼻先までの部分です)の長さはどうでしょうか?豚は比較的短い傾向があります。 
 また、pigと呼んでいるというのは「おでぶさん」ぐらいの呼びかけ、という可能性はないのでしょうか・・・?語学には疎く、わかりませんが。
    • good
    • 0

>野生のブタ(黒毛)が、登場するんですが・・


「野生のブタ」というものは存在しないのではないでしょうか。

↓世の中いろんなサイトがありますねー

参考URL:http://www.saiboku.co.jp/museum/daigaku/buta/kig …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

zoom様
回答ありがとうございました。おかげさまで解決いたしました。なんとか猪がブタの原種ということまではわかったのですが(実はそんなことも知らなかったのですが…)私の翻訳してたものが、オーストラリアのものであったために困っていたのです。果たして、オーストラリアには猪がいるのかどうか。
そこで、さっそく、教えていただいたサイトを見ましたところ、まさにあったんです!!!
「オーストラリアには、猪は分布してないが、野生化したブタがいる…」という文章が…。
本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/06 07:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猪はどうやってブタになったのか?

猪が家畜化してブタになったとよく言うのですが、ただ猪を飼っていただけで、ブタにと変化したのでしょうか、私にはにわかに信じられません。何か別の品種と高配したり、手を加えたりしたりしたのでしょうか?そこら辺の変化の過程を知っている方、是非ご教授下さい。・

Aベストアンサー

育種という人為選択(人為淘汰)の結果であり、自然選択(自然淘汰)と同じ仕組みです。食肉目的で、より美味しい肉質、より多産、より温和な性質になるよう、何千年もかけてヒトがイノシシの家系を選び倒し、掛け合わせ倒したお蔭で、ブタが今存在します。

> 私にはにわかに信じられません。

野生種であるオオカミを家畜化し、イヌにしたのもヒトです。ブルドッグ、セントバーナード、チワワなど、イノシシ→ブタよりももっと形態の変化が激しいと言えますが、こちらは信じられますか。

ヒトも、例えば太りやすい体質の個体をピックアップして健やかに暮らせる環境を用意して繁殖させ、より大きな体の個体を掛け合わせることを続ければ、現代人から見て信じられないくらい太った「新しいヒト」に確実になります。何十世代もかからないでしょう。

Q【動物】野生の犬と猫は1日に何回セックスしますか?飼い犬ではなく野生の野良犬と野良猫の本能のまま

【動物】野生の犬と猫は1日に何回セックスしますか?

飼い犬ではなく野生の野良犬と野良猫の本能のままにと仮定した場合でお願いします。

ペットの場合でも野放しにしていたら1日に何回発情してセックスするか知ってたら教えてください。

Aベストアンサー

動物は基本的に発情期と言う物が先天的に設定されてるので年に1~2回しか交尾を持ちません(鼠なんかはもう少し多い)、
人間だけが(ジャ無いかも知れませんが)、365D・24H男も女もその気になれば発情して交尾(セックス)が可能です、
だから地球上で70億ほどが棲息してます。

Q鳥インフルエンザは、野生の水禽類では感染しても発症しない。一方、家禽類には感染すると発症するそうです

鳥インフルエンザは、野生の水禽類では感染しても発症しない、そうですね
一方、家禽類には感染すると発症し、大騒ぎになります。
なぜ、野生と家禽とでは、発症の有無があるのですか?

Aベストアンサー

鳥の種の違いによるのではないでしょうか。家禽の大部分を占めるのはニワトリですが、烏骨鶏、チャボ等様々な品種が作られていますが、元の種としては一つです。野生鳥類も、種によりウイルスの病原性(感染しやすさ、症状の強さ等)が違うと思われます。鳥インフルエンザによる野鳥の大量死の事例もあります。

また、一口に鳥インフルエンザウイルスといっても、亜型や株により病原性は様々です。野生水禽類は元気な状態でしばしばウイルスを持っていますが、このウイルスが家禽に感染しても大抵は病原性は低いといわれています。たまに、野生水禽には病原性が低かったウイルスが家禽に強い病原性を示したり、最初は低病原性であったウイルスが家禽の中で伝播するうちに変異をおこして病原性が高くなる、ということがおこります。

Qネコ科の爪と牙

トラやライオンの爪と牙はどちらも強力な武器と思いますが、
この二つの武器をどのように使い分けているのですか?
リーチなら爪、威力なら牙でしょうか?

Aベストアンサー

その通り。完璧な答えだ。

Qマンモスの牙は何の役に立ったもの?

万博のニュースでマンモスの映像を見るたびに、大変気になっているのです。
あの、すっかり自分の方に曲がってしまっているマンモスの牙は、いったい何の役に立っていたのでしょう?
ご存知の方ご回答お願いします。暇なときで結構です。

Aベストアンサー

性選択による、と考えられるのでは。

メスは強い遺伝子を持ったオスを選択する基準として、大きな牙を持ったオスを選択する。すると大きな牙の個体ほど子孫を残す確率が上がり、牙はどんどん巨大化する。
ハンディキャップ仮説、と言うのもあります。あれほどじゃまなものを維持できるのは体力のあるオスだけで、維持できなかった個体は子孫を残す確率が下がり、巨大な牙の個体が残る。
オス同士のメスをめぐる無用な争いを避けるため、ということも考えられます。群の中で順位の高いオスがメスを独占する生態を持っていたと仮定すると、オスは繁殖期にメスをめぐって順位付けの争いをしたと考えられます。しかし、命を奪い合うほどの争いを繰り返していたのでは子孫を残す確率は上がりませんから、まず何らかの基準があり、同等の体格と見なされたときだけ争いを起こす。その基準が牙の大きさだったと。
色々書きましたが、どれも単なる仮説です。あとはご想像にお任せします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報