マンガでよめる痔のこと・薬のこと

セーラームーンSのラーラーララララーラ♪(ずっとラララです)という歌の名前が分からなくて困っています。
セーラーサターンのテーマ曲だそうです。(歌っているのもサターン役の人かな?)
知っている方、どうかお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おそらくSの音楽集のトラック1に収録されている2曲目だと思います。


Sの音楽集では特にタイトルはつけられていませんでしたが、メモリアルミュージックボックスの解説書では聖杯とタイトルがつけられていました。
スキャットの声がサターンに似ていますが、別人です。

この回答への補足

ありがとうございます!助かりました。:D
海外ファンの間では「Hymn of Saturn」(訳すとサターンの賛美歌?)というタイトルがつけられているみたいなんですが、どうやら違うみたいですね。
サターン役の方とは別人なんですか。歌っている方の名前はわかりますか?
知っていらっしゃれば、教えてください。

補足日時:2009/03/11 22:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセーラームーン 月野うさぎは昔から嫌われてる!?

基本的には明るく天真爛漫、泣き虫な女の子。アニメでは特にドジで子供っぽく描かれた。学校への遅刻は日常茶飯事、成績もかなり悪い。だが持ち前の純粋さ、心の優しさ、寛容さで人に愛され、敵をも感化することも。同じ戦士である仲間たちは皆うさぎに救われた存在といって過言ではない。と、言われるほど、良い人なんだろうけど、
頭悪いし、馬鹿だし、中学生なのに幼稚な行動や言動をとるしさ・・・。今じゃ、受け入れにくい、感情移入できないキャラですよね。
そういえば、アニメ版はうさぎ至上主義、原作や漫画版はプリンセス至上主義ですよね!
主人公補正も強い、持ち上げも異常だし、それが原因なったりとかっていうのあるんですかね。
この漫画、主人公中心の物語だし、まあ・・・おかしなことはないわけですけどね。
セーラームーンは戦闘員ではなく浄化専門。そもそもプリンセスは守られる存在である。
しかし、守られヒロインは嫌われる存在!それが、うさぎに当てはしまっていますね。
だから、嫌われていると聞きますが、本当に嫌われているのでしょうか?
嫌われているとしたら、上記以外で何が原因なのでしょうか?
そして、いつから嫌われ始めたのでしょうか?
教えて下さい!

それと、今だと月野うさぎは嫌われキャラになると思いますか?

別のところでうさぎとちびうさは嫌われていることについて書きましたが、あれはどっかのホームページに書いてあったから、それをもとに詳しく書いたものなんです!
いつから嫌われ始めたのかとか、本当に嫌われいるのかとか気になりまして質問しちゃいました。

基本的には明るく天真爛漫、泣き虫な女の子。アニメでは特にドジで子供っぽく描かれた。学校への遅刻は日常茶飯事、成績もかなり悪い。だが持ち前の純粋さ、心の優しさ、寛容さで人に愛され、敵をも感化することも。同じ戦士である仲間たちは皆うさぎに救われた存在といって過言ではない。と、言われるほど、良い人なんだろうけど、
頭悪いし、馬鹿だし、中学生なのに幼稚な行動や言動をとるしさ・・・。今じゃ、受け入れにくい、感情移入できないキャラですよね。
そういえば、アニメ版はうさぎ至上主義、原作...続きを読む

Aベストアンサー

アラサー♀です。初代世代だったのでちびうさが出てきたあたりまでしか記憶にありませんが。
見ていた頃はうさぎが嫌われていたというような話はありませんでしたよ。
むしろマーキュリー、マーズ、ジュピターの3名が嫌われていました。
同級生にもそれぞれアンチがいましたが、特に嫌われていたのはマーキュリーですかね…
マーキュリーは男性に人気が高いキャラで、ブリッコ優等生お嬢様とくれば嫌われない要素がありません。
マーズは意地悪だから嫌い、という子が多かったですね。
ムーンの髪型を真似してお団子が流行ったりしましたよ。

もし、ムーンが嫌われキャラになったのならそれ以降なんでしょうね。
私の記憶には「浄化専門」とか「守られ姫キャラ」というイメージがありませんので。
ヒーローにはなりたいけど戦うのは怖い、王子様に助けてほしい
勉強はできないけど女は愛嬌さえあればいい
そういった点では感情移入しやすいキャラだったんじゃないかと思います。
当時の親の口癖といえば「男は度胸、女は愛嬌」「女は馬鹿なくらいがかわいい」ですから。


ちびうさが嫌われていたのは確かです。
主に原因となったのは前世で転んだちびうさが泣いているのに両親は抱き上げてくれず、
「自分で立ちなさい」と突き放した記憶から両親に嫌われていると思い闇落ちしたエピソードです。
ラストではその記憶には続きがあり、立ちあがったちびうさを両親が抱きしめてくれる
ちびうさがそれを思い出して正気に帰るというエンドになっていましたが
「ちびうさがムカつきすぎて見るのをやめた」という子も多く
「だからガキって嫌い。ワガママで自己中で自分のことしか考えてないし」と結末を聞いても受け入れずちびうさアンチはとどまるところを知りませんでした。


守られヒロインが嫌われキャラになるというのは守られヒロインが嫌いな人の弁であって必ずしもそうとは限りませんしね。
某少年漫画では守られ姫系ヒロインよりも女戦士系ヒロインの方が嫌われていました。
ブリッコキモイと。

アラサー♀です。初代世代だったのでちびうさが出てきたあたりまでしか記憶にありませんが。
見ていた頃はうさぎが嫌われていたというような話はありませんでしたよ。
むしろマーキュリー、マーズ、ジュピターの3名が嫌われていました。
同級生にもそれぞれアンチがいましたが、特に嫌われていたのはマーキュリーですかね…
マーキュリーは男性に人気が高いキャラで、ブリッコ優等生お嬢様とくれば嫌われない要素がありません。
マーズは意地悪だから嫌い、という子が多かったですね。
ムーンの髪型を真似してお団子...続きを読む


人気Q&Aランキング