http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E8%AA%AC% …
井沢元彦「逆説の日本史」は、週刊ポストにて連載されている
超長期連載作です。
独自の視点からの新解釈が大変面白いです。
1992年より邪馬台国の話から始まって、17年経った今でもまだ
江戸時代をやってます。
この連載はいったいいつまで続くんでしょうか?

1~3巻 古代
4~8巻 中世
9~11巻 戦国
12~15巻 近世(江戸時代) ←ここまでが既刊
16~17巻 江戸時代の文化史中心
18~19巻 幕末
20巻 日清・日露戦争
21巻 第一次世界大戦・日中戦争
22~23巻 太平洋戦争
24巻 昭和の戦後
25巻 平成

と、私の予想では、全25巻ぐらいだと思います。
だとすると、連載はあと10年は続くんじゃないでしょうか?
(その頃にはもう平成が終わってるかも…)

皆さんの予想・ご意見をお聞かせ願います。

「井沢元彦「逆説の日本史」はいつまで続く?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>連載はあと10年は続くんじゃないでしょうか?



人気ありますからね、ひょっとしたらもっと続くかも知れませんよ。江戸時代も松平定信まできて次は文化、文政かと思ったら時代逆戻りして今江戸時代初期、中期の諸藩をやってます。特に近代になれば資料が豊富ですからちょっとした日記や新聞記事などの解釈でいくらでも延ばせます。井沢氏が老人になっても続いているんじゃないかな?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
個人的には、幕末や日露戦争の項を早く見たい気もしてるんですが、
連載をもっと続けてほしいですね。

お礼日時:2009/03/21 20:11

読んだ事無いので wiwki を拝見。



確かな史料で確認できぬテーマを推理(妄想?)し続ける、というスタイルと見受けました。
これじゃ、エンドレスになっても不思議じゃありません。
売れる限りはお続けになるのでしょうね。
 
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関 裕二 と井沢元彦は、トンデモ系の人ですか??

歴史を勉強するのは好きですが、ロマンチック過ぎて嘘の多いような、きちんとした史料の裏づけのないような歴史本を読んでいる時間はありません(それはそれで面白いのはわかります)。
歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

本屋さんで歴史の棚に行くと、タイトルのお二人の本が数多く並べられていますが、タイトルが(かなり面白そうだけれども)ほんとかどうか疑わしい感じのものが多いのです(特に関氏)。
私は素人ですので、歴史学会でこの二人がどのような評価を受けているのかわかりません。
そもそも歴史は曖昧なものなのかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お二人の評価については、ちょっと分からないので「正統説」を知る方法について回答してみたいとおもいます。

>歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

との事ですので、一つの方法として学会に入会してみてはいかがでしょうか?
中には、なんらかの資格(博士号とか修士号とか)が必要な学会もありますが、多くの学会は意外とオープンであり一般会員を受け付けているところも沢山あります。
日本史では、「日本歴史学会」と「歴史学会」が主流の二本柱であると言えるかと思います。


http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhs/link.html
http://www.yoshikawa-k.co.jp/nihonrekisi.htm
http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekigaku/index.html


本屋の棚には玉石混合であり、なかなか素人では「トンデモ本」であるかどうかを見分けるのは難しいです。
ですが、定期的に学会が発行する冊子や論文集などはその学会での「正統説や有力説」とみて間違いないと思います。
また、「一冊の本」よりも「5本の論文」の方が学術界では資料価値は高いです。
なので、歴史本をよむより学会発行の雑誌論文のほうが有益かもしれません。

また、学会発行の雑誌は図書館に縮尺版や纏められたモノがありますので、過去の論文ならタダ(他館から取り寄せや印刷を頼んだ場合は、印刷代や郵送料がかかる場合がある)で読めます。
また、大学図書館の中には一般会員を募集してるところも出始めているようです。
公共図書館・大学図書館等を活用すれば、資料収集の幅が大きく広がりますよ。
また、CiNiiで論文を探して、近くの図書館や国立国会図書館で複写を依頼することも出来ます。
また国立国会図書館では、ネット申し込みと郵送サービスがありますので、活用してみてください。

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html

お二人の評価については、ちょっと分からないので「正統説」を知る方法について回答してみたいとおもいます。

>歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

との事ですので、一つの方法として学会に入会してみてはいかがでしょうか?
中には、なんらかの資格(博士号とか修士号とか)が必要な学会もありますが、多くの学会は意外とオープンであり一般会員を受け付けているところも沢山あります。
日本史では、「日本歴史学会」と「歴史学会」が主流の二本柱であると言えるかと思い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報