親二人は、大学関係の研究者で、
姉も、大学院進学でいまだに、家にいます。
一家4人が、学問関係者だということで長期休暇になると全員在宅になり、本とにらめっこ状態で、せまくるしく、イライラが多発します。
せまい家に全員いて仕事することが、基本的によくないのですが、
改善策はなにかあるでしょうか。

A 回答 (2件)

我が家も近い状態になることがあります。


panchoさんのおっしゃるとおり、図書館が一番手っ取り早いですね。
でも我が家はどちらかと言うと、昼夜逆転かも・・・

一家四人が一緒に休暇が取れると言うことで、出かけてしまうこともよくやりますね。お父さんの車でみんなでドライブ、とか、お食事とか・・・
せっかく一緒に休めるのだもの、学問だけにしがみつくのはやめましょう。
もっと楽しく生活しようよ。
    • good
    • 0

お金をかけないなら、図書館を利用するのが手っ取り早い方法で、お金をかけても良いなら、セカンドハウスを借りるか買うんでしょうね。



または、ふたりは、昼夜を逆転して生活するとか....。

余り良い解決案では無いですね。失礼しました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作家、芸術家、写真家、政治家、脚本家などどうして『家』なのか不思議です?

 こんばんは。いつもお世話様です。今日は台風一過の雲ひとつない晴天でしたが、とても蒸し暑かったです。

 さて、質問はタイトルの通りですが、それぞれ個人の職業なりを指すのにどうして『家』が付くのでしょうか。

 作家→作者、芸術家→芸術者、写真家→写真技師、政治家→政治担当者、(政治屋)、脚本家→脚本者

 このように置き換えるとどうもランクが下がったように見えますし、特に政治家が政治担当者や政治屋といわれたら、プライドが許さないかと思います。でも政治家などは偉いのではなく、有権者の代理ですから謙虚であるべきなはずです。

 『家』が個人の職業を指すのには何かの意味があると思いますがどうでしょうか。暇なときに回答の程をお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは

職業に「者」がつくと、一時的な役割となります。
例えば
「作家」は常に職業としての名称であるのに対し、「作者」はその作品に対しての制作者である事を指します。

「家」がつく職業は、その方面に対する専門家であると言えます。

他にも「員」「士」「師」など、職業や役割によって使い分けられています。

こちらが参考になるかと思います。
http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/yakyu.html

参考URL:http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/yakyu.html

Q携帯電話を家で出すとわすれてしまいます。なにかアドバイスください。

携帯電話を家で出すとわすれてしまいます。なにかアドバイスください。

Aベストアンサー

こんな商品が有ります。
必ず持ち歩く鞄などに受信機をつけ、
携帯電話側に送信部をつけておけば
一定距離離れるとアラームが鳴ります。
まあ、こういうものを使っても
鞄を使わない時に送信部を外して
そのままなくすことも無きにしもあらずですが…

とにかく習慣・関連づけが大事です。
No1の方の様に、必ず目につく場所に「携帯持った?」
と書いたり、参考URLのような商品を使うのもその一環と考えればいいです。
とりあえず他のものを置き忘れるクセは無いのでしょうか?
携帯だけ、というのであれば携帯に対する重要さをもう一度考え直し、自己暗示をかけてみるべきかもしれません。
誰しも本当に大事だと思っているものは置き忘れないものですから。

参考URL:http://www.revex.jp/wsa500.html

Qなにかいい言い訳を考えて欲しいです 今日から明日にかけて家族といっしょにおばあちゃん家に泊まりにいく

なにかいい言い訳を考えて欲しいです

今日から明日にかけて家族といっしょにおばあちゃん家に泊まりにいくことになりました

わたしは行きたくないです

自分の部屋で好きなようにごろごろしているほうがいいです、ひきこもりなんで

おばあちゃん家にいったらわたしだけみんなの話の話に入れずひたすらケータイをいじりながらひとりの時間に耐える羽目になります

具合わるい と言えば後後、病院に連れていかれますし、

素直に 行きたくない と言えばグチグチいわれます

どうしたらいいでしょうか

Aベストアンサー

学生時代の友人と集まる用事ができた とかでは駄目なんですか?
 ・・そして家族が出発する頃合いにお家に戻るですとか。
23歳という成人をこえる年齢の方でしたら、この程度で仕方ないと言ってくれそうですけど・・


ひきこもり というのは
なにか精神的な ご病気を抱えている状態なんでしょうか
 この場合だと ご家族の方は独りにしたくないでしょうし、難しいとおもいます。

Q朝っぱらから家の前に来て「オー」って言うのを辞めさせたいです。 宗教かなにか知りませんが、 毎朝それ

朝っぱらから家の前に来て「オー」って言うのを辞めさせたいです。
宗教かなにか知りませんが、
毎朝それで起き、寝不足です。
どうすればやめさせれますか?

Aベストアンサー

一般的には窓を開け 「うるせー!」っ怒鳴る。
おとなしいやり方としては つかつかと近寄り「迷惑だから 安眠妨害だから 体調が悪くなるから別の場所でやってもらえる?」
もっとおとなしいやり方としては 壁に「早朝よりご苦労様です 恐れ入りますが 受験生などを持つ親から苦情が来ておりますので 声を出すのはお控え下さい」
更におとなしいやり方としては 警察に「家の前に不審人物がいます」と 匿名で電話。

Q昔の家はブロック塀や生垣などで、家を囲っていますが、今の家は囲っている

昔の家はブロック塀や生垣などで、家を囲っていますが、今の家は囲っている家はほとんどありません。
なぜでしょか?私が業者に聞いた所、防犯面や囲うお金がないからと言っていましたが本当でしょうか?

Aベストアンサー

 家を囲むというのは、元々は武士や豪商が野党などから家を守ることから来ています。最初は土を盛った土塁や砦のように、柵ができ、それが木塀へと移り変わってきています。

 確かに家を囲むのはお金が掛かります。それで、貧しい農家や庶民の家は囲う塀も何も作れなかったのも理由の一つです。

 それと、時代と共に都市化が進んでくると、隣との境界を明確にする意味で、塀を建て始めたということもあります。
 校外山間部での旧家では、塀などを作らないところも結構あります。それは、泥棒がほとんどいなかったのと、隣近所との付き合いが親密で、塀を作ると相手を遮る、避けるという意識があるからです。


 尚、余談ですが、塀を作った始まりは、佐賀県にある復元された吉野ヶ里遺跡の柵が最初ではないかとも言われています。柵の周囲には、空堀が掘られ、発掘で首のない遺骨や武器で刺された跡が残る遺骨が出土したことから、集落を戦いから守るための防御の柵だったと考えられています。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報