我が家のダックスのレモン君は
昨日一歩も歩けず、ぶるぶるふるえ、病院へ連れていきました。
病院へ行くと、軽度の椎間板ヘルニアと診断されました!
ダックスはヘルニアになりやすく、若いうちになりやすいと聞きました。
年齢は1歳半です。

椎間板ヘルニアは一生付き合う病気でしょうか?
皆さんはそのとき犬に何をしてあげられたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


レモン君痛いのですね、可愛そうです。私は専門家ではないので断言できませんが、我が家のワンコが腰を痛めた時に経験した事をお話させて頂きますね。我家のワンコも突然歩けなくなりぶるぶる震える症状になりました。病院に行ってレントゲンを撮りましたがレントゲンに写るような酷いヘルニアではないと診断され、長期の観察が必要と言われました。年をとればとるほど足腰は弱りますからね。その時の処置は、腰だけに効くステロイドを処方されました。ステロイドと言っても長期にわたり使用しなければ副作用も心配ないようです。その結果、腰の痛みはなくなり今は元気に歩いていますが、またいつ同じような状態になるか分かりません。なので、とても気をつけて様子を見ています。
ダックスなどの短足犬は腰に負担が掛かります。一番気をつけなければならない事は、階段の上り下りや高い所からの落下です。
レモン君は軽度の椎間板ヘルニアという事ですが、手術は勧められましたか?
まだ1才半という事ですのでこれから先、症状が進んでいくという事も踏まえて
長い付き合いになる事は考えられます。お友達のワンコは重度の椎間板ヘルニアで手術の成功率も50%だと言われ、成功の50%にかけました。ですが、残念ながら後遺症が残り下半身不髄で車椅子で生活しています。驚かせるような事を書いてしまいましたが、手術の際は信頼できる先生をお勧めします。実は、友達の場合は獣医さん選びに失敗した結果なのです。1箇所だけではなく、何件か病院を回り、診察してもらう事も良い方法だと思います。お役に立てるかどうか分かりませんが、参考にしてみてくださいね。レモン君、お大事に・・・。
    • good
    • 0

先ほどアドバイスをさせて頂いたTikitiki55です。


参考URLの表示を忘れていました。
参考になればと思います。

参考URL:http://www.cyflexj.com/wancat/maynikki.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダックスは去勢すると椎間板ヘルニアになりやすくなる?

♂1歳ダックス(ワイアー)を飼ってます。

去勢の相談に地元の動物病院を訪れたときのこと。
「去勢→テストステロン分泌抑制→筋肉量低下→肥満傾向→ヘルニア」
ということで、最近あまり積極的には去勢を勧めなくなってきており、
6歳くらいまでは去勢しない方が良いとのことでした。

ダックスは胴長でヘルニアになりやすいことからも、ある種説得力のある意見だと思います。
市販されている本を読む限りでは去勢したほうがいいと思っていたので面食らいました。

家に帰ってから早速ネットで去勢に関して調べると、気になる文献が1つ見つかりました。
去勢後の犬の行動変化の聞き取り調査(約100頭)で、体重増加、食欲増加、活動量の低下の副作用が50%以上というものです。
ただ、この文献では椎間板ヘルニアに関しては触れられていませんでした。

メリットがデメリットを上回る限りは去勢したほうがいいと私は考えます。
ただデメリットの部分を知らな過ぎました。

そこで質問です。

・「去勢→椎間板ヘルニアの危険度UP」は杞憂に過ぎないのか
・去勢するとしたらいつ頃がいいのか
・去勢後の体重増加(活動量低下+食欲増加)の克服法

上記3つの質問に関して(1つでも構いませんので)アドバイスいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

♂1歳ダックス(ワイアー)を飼ってます。

去勢の相談に地元の動物病院を訪れたときのこと。
「去勢→テストステロン分泌抑制→筋肉量低下→肥満傾向→ヘルニア」
ということで、最近あまり積極的には去勢を勧めなくなってきており、
6歳くらいまでは去勢しない方が良いとのことでした。

ダックスは胴長でヘルニアになりやすいことからも、ある種説得力のある意見だと思います。
市販されている本を読む限りでは去勢したほうがいいと思っていたので面食らいました。

家に帰ってから早速ネットで去勢に関し...続きを読む

Aベストアンサー

ふたたびこんにちは。たいへん鋭いご指摘ですね。

私のいう獣医学的な事実とは、「科学的な根拠が、獣医学専門誌において学術報告として示されているかどうか」です。なお最初に念のため申し上げますが、獣医師個々の経験には意味がないとか、そういうことを言っているのではないことをご理解下さい。

医学も獣医学もそうですが、教科書に事実として書かれている事柄の裏には、必ず科学的に事象を確かめた学術論文があり、それを根拠として書かれています。ですので、教科書の各単元の最後には、引用した学術論文のリストが、数ページにわたって連なっています(省略される場合もありますけど)。従って教科書を読んで診療に当たる医師・獣医師の行動は、科学的な裏付けによるものです。

それに対し、単なる個人の経験には科学的な根拠はなく、個人の経験でしかありません。科学的に関連性が示されていれば、つぎに同じことが起こった場合、再び同じことが起こる可能性は非常に高いと言えます。しかし根拠が薄い情報の場合、次にも本当に同じことが起こるのか、誰にも分かりません。逆に出る可能性も十分にあるのです。

今回のトピックの場合、
・数頭いた、ということだが、何十頭の経験の内の数頭なのか?
・その割合を考えた場合、去勢を行っていない雄と同じ条件で比較した場合、確実性を持って明らかにリスクが増えると言えるのか?
・そもそも筋肉の強度と椎間板ヘルニアの関連性は、犬では証明されていない(人間での事実は、必ずしも犬においては事実ではありません)。犬の筋力をどうやって客観的に測ったのか?そのことと椎間板ヘルニアの発症にはどのような相関があるのか?
・・・・などなど

また、そもそも人間の椎間板ヘルニアと犬の椎間板ヘルニアとは発症機序が全く異なります。人間の場合は(実は私自身も患者ですか)多くの場合、腹筋と背筋の筋力のバランスが悪くなることで背骨が反ってしまい、その圧力で椎間板が脱出する、というのがメカニズムとして説明されています。しかし、犬の場合は背骨にはそもそも人間のように体重がかかっていませんから、上記の説明は当てはまりません。そうではなく、犬の場合にみられるほとんどのケースでは、犬種の特性として生まれつき背骨を形成する軟骨の強度が弱く、そのことが原因で椎間板が脱出するのだと説明されています。したがって、犬の場合、筋力と椎間板ヘルニアの発症との間に相関性があるとは、私には考えられません。

このように私の視点から見るとツッコミどころが満載で、やはり少なくとも今の段階では信用に足りる情報であるとはいえません。誤解しないで頂きたいのですが、わたしはその獣医さんを非難したり、そのウデを否定するようなつもりはまったくありません。

私は獣医ですから、私の行動には責任を持たなければなりません。私は出来るだけ信頼性の高い情報に基づき、より安全で確実な獣医療を提供したい。このように考えていますので、今回のような情報は、信頼には足りない、と判断します。

なお、筋力というのは使っていればつくものです。性ホルモンによって単一的に決められているわけではありませんので、その点は誤解無きよう。犬の1歳前後というのは、やはり生涯の内でも非常に活動量が豊富ですから、それに従って筋肉も太くなるでしょう。だんだん活動量が落ち着いてくれば、それに伴う生理的な反応として筋肉が細くなるのは当然のことです。ですから、こうした事柄は私にはごく生理的な一般的なことに見えますので、これを去勢と関連づける十分な理由は無いのではないか?という印象を持ちます。

なお、ミニチュアダックスの場合、やはり運動は適度にしておくべきで、過剰に飛んだり跳ねたり走ったりは、なるべく避けた方が良いですよ。筋力が鍛えられる前に、背骨が悲鳴を上げることになる可能性を常に考えなければなりません。

最後ですが、最終的に去勢手術を行うかどうかは、様々な要素を総合的に考えて、飼い主さんが決めるべきものだと思います。私の今回の回答は純粋にその獣医さんの言葉に対する私の考えを述べただけのもので、それ以上の意味はないことを申し添えておきます。

ふたたびこんにちは。たいへん鋭いご指摘ですね。

私のいう獣医学的な事実とは、「科学的な根拠が、獣医学専門誌において学術報告として示されているかどうか」です。なお最初に念のため申し上げますが、獣医師個々の経験には意味がないとか、そういうことを言っているのではないことをご理解下さい。

医学も獣医学もそうですが、教科書に事実として書かれている事柄の裏には、必ず科学的に事象を確かめた学術論文があり、それを根拠として書かれています。ですので、教科書の各単元の最後には、引用した学...続きを読む

Q椎間板ヘルニアのダックス 針治療について

6歳半のミニチュアダックスの♀です。突然ギャンと叫んだ後、後足がおかしくなり歩行がおぼつかなくなりました。診断は椎間板ヘルニアで、ステロイド点滴をして48時間様子を見るとのことですが、12時間経過後で変化は出ていません。痛覚はあります。針治療をさせたいのですが、千葉北西部、または少し遠くでもよいお医者さんはありませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア、内科的治療、今後の針治療とのことですが。
ヘルニアの起き方によっては外科的にしか治らない病態もあります。
ハンセンI型、II型。また痛覚反射と知覚反射の違いなど。
検査はどこまでされているのでしょうか(各種神経反射、脊髄造影、最近ではペットでもMRIもあります)。
最近はペットでも各種東洋医学を用いていますが、今回のケースでは、先生と検査・外科的治療(紹介も含め)について十分相談されたほうが良いのではないでしょうか。

Q椎間板ヘルニアのダックスの鍼治療を考えています。

飼っている7歳のミニチュアダックスが椎間板ヘルニアと診断されました。背中を丸めていて元気がありません。
獣医さんによると、まだ手術する症状、段階ではないので1ヶ月程安静に過ごして痛みを抑える内科療法が良いとのお話でした。
でも、飼い主の本音としてただ安静にしているだけで良いのか不安でしょうがありません。聞くところによると鍼治療も効果があるというので、症状が落ち着いたら・・・とも考えています。
椎間板ヘルニアで内科療法の経験のある方がいましたら、アドバイスお願いします。
また、私は新潟に住んでいるのですが、近県などで鍼治療を行っている良い動物病院があったら是非教えてください!

Aベストアンサー

ごめんなさい。回答じゃないんですけど。

自分なりになんとかしてあげたいっていう気持ちはとても共感します。

でも椎ヘルは絶対安静です。連れ出したり散歩させてりしないであげてください。
なるだけ動かさないというのが鉄則です。
もしも無理に動かしてしまうと悪化してしまったり、治りが悪くなったりする可能性があります。
⇒獣医さんは症状の改善をみて今後の治療方針を決定しますので重症の椎間板ヘルニアだと判断してしまいます。
⇒手術になる場合もあります。

しなくていい手術をしなくてはならなくなったりしますので、とりあえず何度か再診するまでは獣医さんの指示どうりにしてみてください。

あと散歩もしない方がいいと思います。
散歩っていうとワンちゃんはすごくうれしそうに元気にしてくれますよね。
でも元気に振舞うだけで、腰(首?)に負荷がかかりますので、散歩もしないほうがいいと思います。
散歩っていうと元気になるので、ついつい行きたくなってしまうものですが、
少しの間ワンちゃんも”飼い主さんも”我慢です(^u^)

お大事になさってくださいね。

ごめんなさい。回答じゃないんですけど。

自分なりになんとかしてあげたいっていう気持ちはとても共感します。

でも椎ヘルは絶対安静です。連れ出したり散歩させてりしないであげてください。
なるだけ動かさないというのが鉄則です。
もしも無理に動かしてしまうと悪化してしまったり、治りが悪くなったりする可能性があります。
⇒獣医さんは症状の改善をみて今後の治療方針を決定しますので重症の椎間板ヘルニアだと判断してしまいます。
⇒手術になる場合もあります。

しなくていい手術をしなくて...続きを読む

Q椎間板ヘルニアのダックスの腰を温めるのは有効?

最近、飼っているミニチュアダックスフンドが椎間板ヘルニアになってしまいました(涙)。。。

人間でも腰を痛めると温泉に浸かって腰を温めたりすると思いますが、
それと同様に蒸しタオルなどをダックスの腰に当てて温めることって
腰に優しいのでしょうか?

また、その際に腰をさすってやるのは良いのでしょうか?
どうなんでしょう。

これ以外に、腰に良い方法があればアドバイスを頂けるとありがたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

受傷、外傷の急性期は「冷やす」ことが原則です。
理由として、
血管を縮小させ出血や血液循環を増加させない、炎症を増加させないためです。
ところが、その受傷、外傷が慢性期になってくると「温める」ことが良いとされています。
ヒトの打撲や突き指の直後はアイシングをするけれども、
痛みが落ち着いてくる頃には温めることが多いのもその原則に基づいています。

これらがイヌにもあてはまるのであれば、
急性期の患部に冷やして、
慢性的な患部に温めると、
ヒトと同じような生理的反応(血管、血液流量)反応を認めれば、
痛みに対する感受性、域値は変化すると思います。

ただ、ヒトの痛みに関しては傷ついた組織の変化に比例するのではなく、
主観的、大脳レベルでの過去の経験や個性によって大きく異なることも知られています。

このような考え方だと、
温めたり、さすったりすることが、
そのイヌにどのように受け取られるかで、
善し悪しが決まるのかもしれません。

根本的な考え方は、
・椎間板ヘルニアで圧迫された神経の傷害程度はどれくらいなのか、それは現在の獣医療で対応できる症状なのか
・温めることは、圧迫された神経部位を何ら変える行為ではない
・圧迫された神経より下位の部分での痛みやしびれ、麻痺を起こした筋肉の血液循環改善に温かさの効果はあるかもしれない
だろうと思います。

個人的には、
・ヒト、イヌの急性期の「痛み」に対する鍼治療は効果があると思う。これは椎間板ヘルニアのヘルニアが改善されたわけではない。
・内服でイヌ椎間板ヘルニア症状がおちつき、歩けるようになったという例は、急性期の痛みはあってもヘルニアの脱出程度は少なく自然治癒程度のものではないのか、それを明確にしておくべきなのでは
・鍼治療でヘルニアが治ったというのも、痛みは落ち着かせるけれども、ヘルニアの脱出部分が無くなるというのは治癒過程が説明できないので、これもまた時間経過とともに表れた自然治癒の範疇ではないか
と思っています。
完全に攻略できる椎間板ヘルニアというのは無いに等しいのですが、
手術で対応できれば対応していただき、その後に飼い主からのマッサージ、温めを、
手術対応するほどでもないものは、飼い主からのマッサージ、温めを
痛み軽減目的に行い、
ヘルニア自然治癒の経過を待ち、
ワンコの歩き方の改善を待つのだろうと思います。

お大事にしてください。

受傷、外傷の急性期は「冷やす」ことが原則です。
理由として、
血管を縮小させ出血や血液循環を増加させない、炎症を増加させないためです。
ところが、その受傷、外傷が慢性期になってくると「温める」ことが良いとされています。
ヒトの打撲や突き指の直後はアイシングをするけれども、
痛みが落ち着いてくる頃には温めることが多いのもその原則に基づいています。

これらがイヌにもあてはまるのであれば、
急性期の患部に冷やして、
慢性的な患部に温めると、
ヒトと同じような生理的反応(血管、...続きを読む

QMダックスの椎間板ヘルニアについて

こんにちは。うちの6歳のMダックスが昨日午後、突然後ろ足が動かなくなり、歩けなくなりました。すぐ受診すると、椎間板ヘルニアといわれました。点滴ということで即入院になりました。昨日の朝は元気に走っていたので信じられなかったです。
今朝面会にいくと、完全に後ろ足(下半身)は麻痺しており尿も勝手に出てしまう様子でした。突然のことで家族一同ショックでたまりません。薬で様子をみたのですが効果はないといわれ明日の夜手術といわれました。今日1日ネットで犬の椎間板ヘルニアについて調べました。明日の手術は本当に祈る気持ちで成功を願っています。でもやはり成功率は低いようですね・・。同じような状況で手術後回復されたお話や、回復はあまりしなかったけれど今こういう治療してます、その他どんなお話でもいいので聞かせていただけませんか?
過去レスも検索してみました。参考になりました。できましたらさらに現況をきければと今回投稿しました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大変ご心配の事と思います。まずは明日の手術が成功する事をお祈りします。

うちのダックスは8歳の頃だと思いますが、突然下半身が麻痺歩けなくなり、病院で椎間板ヘルニアと診断されました。先生の紹介で大学病院にていざ手術という時に、麻酔が深く入ってしまい急遽中止、麻酔がダメ、という事で病院で赤外線治療をしたり、自宅にてお風呂に入れて温めたり、動かない足を動かしたり、背中、腰、足をマッサージしたりとリハビリ的なことを3、4ヶ月続け、歩けるようになりました。それまではウンニョもおしっこも垂れ流しなので、オムツをしました。蒸れない様に常に清潔に保ち、歩く事は出来ませんでしたが外へ毎日連れ出し散歩もしました。

うちの場合は神経に当たっている部分は取れていない為か、それからの3年間、毎年同じ時期に歩けなくなり、そのたびにやれる事を繰り返し、歩けるまでは回復しました。もうそれからというもの、腹巻、お風呂に頻繁に入れるなどして出来るだけ暖めたり、気がつけばマッサージをしたりして祈る気持ちでその時期を向かえ、過去2年間歩けなくなる事はなくなりました、今13歳です。ただ、走ったりすると、後ろ足が追いついてゆかず、ずっこけてしまう時がありますが。

手術しておうちに帰ってきたら、すぐには歩けないかもしれませんが、必ず歩けるようになる事を信じて、リハビリをして下さい。何ヶ月も歩けなかった時は、めげそうになる事もありましたが、ワンコの顔を見ていると、「私がめげてどうすんだ」って思いました。お水を飲みに後ろ足をずってゆく姿を見て、こっちが逆に励まされちゃいました。

まずは手術が成功する事を祈りましょう。そしてお家に帰ってきたら、頑張ってリハビリして下さい。必ず歩けるようになると信じて。早く元気にお散歩できるようにお祈りしております。

 

大変ご心配の事と思います。まずは明日の手術が成功する事をお祈りします。

うちのダックスは8歳の頃だと思いますが、突然下半身が麻痺歩けなくなり、病院で椎間板ヘルニアと診断されました。先生の紹介で大学病院にていざ手術という時に、麻酔が深く入ってしまい急遽中止、麻酔がダメ、という事で病院で赤外線治療をしたり、自宅にてお風呂に入れて温めたり、動かない足を動かしたり、背中、腰、足をマッサージしたりとリハビリ的なことを3、4ヶ月続け、歩けるようになりました。それまではウンニョもおし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報