マンガでよめる痔のこと・薬のこと

まだN700系が出来ていないとき山陽新幹線500系に乗ったら「ただ今300キロ出ました」というテロップが出て優越感に浸ったものですが、山陽区間のN700系はそのテロップが出ません。これは東北新幹線で320キロ運転の計画があるからでしょうか?。
それともかつての500系W編成がフラグシップだったので、それに遠慮しているのでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



>「ただ今300キロ出ました」というテロップが出て優越感に浸ったものですが、
もう時速何キロでたか、何キロ出たから優越感を感じられる時代じゃないのです。

利用客の関心は、○○~△△を何分で走れるか、
その列車は1時間に何本あるのか、
幾らなのか、

・・・・が、いまの利用客では重要なのです。

仮に時速300キロ出ても、所要時間が掛かるのでは意味が無いのです。

だから、案内モロモロには、時速云々の記載以上に、
1時間に何本あり、
所要時間が何分かという記載が目立つのです。
    • good
    • 0

いくつか考えられますが、


・300km/hがそれほどのエポックではなくなったこと
・500系と異なりJR東海との共同開発であること
このあたりじゃないでしょうか。

 まず一つめですが、500系は日本初の300km/h運行車両でした。世界的に見てもこの速度はTGVと並んで世界最速でした。しかし、TGVは現在320km/h運行をしていますし、すでに300km/hが話題になるわけでもない、というのが一つの理由でしょう。
 次に、JR東海との共同開発の影響も大きいと思います。JR東海は、この手の告知をあまりやらない会社です。CMやウェブサイト、イベントを見ても、いわゆる鉄ちゃん系の人が喜ぶものより、一般受けするイメージ戦略を持っているようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング