どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えて下さい。
私の61歳になる父が昨年末、脳内出血で倒れました。現在も意識がはっきりしない状態です。父は数年前まで事業をしておりましたが、取引先に2千万円もの不渡り手形をつかまされ倒産しました。借金を背負った父は、なんとか少しでも回収しようと地元の地方裁判所内にある「無料法律相談」のような所に通い、そこの弁護士さんにお願いして回収の法的な手続きをしていたようです(父のメモ書きなのですが「○月○日に○万円振り込まれる予定」などと記したものがあります)。ところがその弁護士さんがこの会社から回収したお金を着服してしまったようなのです。ただ、これは「父がそう話していた」と母が言っているだけなので事実かどうかすらもわかりません。事実関係を調べたいのですが、母はその弁護士さんの名前すら父から聞かされていないのです。私は東京で仕事をしているのですが、その地方裁判所に直接出向くしか調べる方法はないのでしょうか?また本人が意識不明状態とはいえ、生存している以上、代わりに身内のものがこういった係争の代理をすることは可能なのでしょうか?(いきなり「娘ですが」といって、そんな情報を教えてもらえるものなんでしょうか?)
回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たいへんなお気持ちを察します。



「無料法律相談」に行った日にちは分かるのでしょうか。
日にちが分かれば弁護士さんの名前を聞き出すことが出来るかもしれませんね。
日にちが分からなかったら、この線は諦めましょう。

相手の会社名などが分かれば、そちらにも弁護士さんがついているでしょうから
そちらの線から調べることが可能かと思います。
ただし、倒産といっても法的手続きが行われていないと難しいかも知れません。

代理人については少し難しい問題ではっきりとしたことは言えません。
原則として本人の委任状が必要だと思いますが、
弁護士さんにご依頼されることをお勧めいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなりました。
暖かいコメントありがとうございます(涙)。

相手の会社名はわかっているので、その線から調べようと思います。
やはり...弁護士さんにお願いするしかないようですね。
現在は既述の通り、私自身も経済的にひっ迫しており正式に
弁護士さんに依頼するのは無理ですし、他のご質問中に
あった様な、土曜日でも営業してる法律相談コーナーなどを、まずは利用してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/06 13:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q立ち退き請求?は家庭裁判所?地方裁判所?

介護が必要だった母のために
2年半前に我が家と同じマンション内に
我が家の名義で購入し

母が生きていた時は、母の貯金から家賃としての支払いと
管理費の支払いをするという約束で
母と姉と一緒に住んで
姉と一緒に介護をしてきましたが、
去年10月に母が亡くなりました。

半年経っても、姉が出て行きません・・・
こちらからの連絡も無視です;;;
家賃も管理費の支払いもありません・・・
賃貸契約もしてくれません・・・

ですので、
立ち退き請求?を出そうと思います・・
どこに行ったらいいのでしょうか?
家庭裁判所ですか?地方裁判所ですか?

宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

>立ち退き請求?は家庭裁判所?地方裁判所?

当然、「不動産に関する訴訟の第一審」である地方裁判所(裁判所法24条1項)


質問にはこれで十分答えたと思う。

あとは蛇足

少しお主の話を聞くと、
たぶん母の借家権の相続を姉がしている可能性がある。これを消滅させる必要がある。

以下の手続きを済ませるように
↓↓
>家賃も管理費の支払いもありません・・・
ということなので、「催告付契約解除の通知を内容証明郵便」で姉に送っておいてから訴訟を提起したほうがええ。
でないと、一度負ける場合がある。

Q裁判所の管轄(地方裁判所・簡易裁判所)

私は、マンションの1室を借りています。

賃貸借契約書には
「本契約に関する訴訟については、○○地方裁判所を管轄裁判所とする。」
と書いてあります。

訴訟価額が140万円以下は簡易裁判所に訴訟を起こし、140万円を超える場合は地方裁判所に起こすというのが法律の規定ですよね(裁判所法33条)。

この賃貸借に関して140万円を超えない金銭の請求をする場合でも、簡易裁判所ではなく地方裁判所に提訴しなければならないのですか?

もし、契約の規定に従って地方裁判所に提訴しなければならないのだとしたら、どのような狙いがあってそのような規定が入っているのですか?
簡易裁判所で訴訟をするとまずいこと、あるいは地方裁判所で訴訟をしたほうがいいことがあるのですか。
(契約の条文は、もちろん私が作ったものではないので。)

Aベストアンサー

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り離して「有識者」に処理させようということです。もちろん、全部が全部ではないでしょうけれど、簡易裁判所の和解協議では、裁判所側として司法委員だけが臨席して、裁判官は出てこないのが普通です。
「有識者」とはいいつつ、実態は会社役員で一線をリタイアしたおっちゃんとか、子育てがひと段落したおばちゃんとか…、要するに時間がたくさんある人(重ねて失礼!!)が就任しているので、素人的発想で和解協議にいろいろと口を挟んできて、法律的にドライに事件を処理しようとしている当事者-多くは請求を構えている原告側としては、迷惑この上ない(重ねて重ねて失礼!!)という実態があります。

>わざわざ褒められたことではないような条文を入れているとなると、どうしてだろう、と思ってしまいます。
実は、簡易裁判所の裁判官は「司法試験合格組み」の裁判官(判事、判事補)ではないのです。「簡易裁判所判事」ということで、地裁・高裁の定年まぎわの裁判所書記官が、選考などを経て簡易裁判所の裁判官になっているケースが多いようです。
それで、裁判を受ける権利の観点から(訴額が小さくても請求原因が特に複雑な事件については)正式な「司法試験合格組み」の裁判官の判断を受ける途も用意しておくというのが、実際のところでしょうか。
もちろん、質問者さまの指摘されるような「アナウンス効果」(?)も、あり得ると思います。

なお、私の回答の「(したがって、このような管轄合意がある場合、地裁に対する提訴後の移送の問題も生じないことになります。)」という点は、言い過ぎだったと思います。
違管轄の移送は問題になりませんが、ok2007さまがご指摘の「裁量移送」という話はありました。
訂正させていただきます。ご指摘いただきまして、ありがとうございました。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/zinbutu/sihoiin.html

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り...続きを読む

Q約束手形の不渡り回収について

 他のカテゴリーで質問してしまい、答えがつかなかったので、こちらでお願いします。
 約束手形の遡求の方法について教えてください。
 振出人から出された約手が、A-B-Cと裏書きを経て、現在所持人の手元にあるとします。そして、所持人が期日に手形の取立呈示したところ、資金不足で不渡りになったとします。
 ところで、所持人の調べでは、その時点で支払い能力があるのは、Bだけだったとします。そして、所持人は、支払い呈示の日より4日以内に自分の直前の裏書人(この場合C)に不渡りの連絡の必要があります。
 そこで質問ですが、所持人が遡求したいのはBです。そして、状況的にBには支払い能力はあるが、資産を処分されてしまう可能性もあったとします。となれば、所持人は保全措置をを取りたいと思うはずです。仮差押は、1日か2日あればできてしまいますので、時間的には、所持人が規定通りCに不渡りの通知をしたとしても、その通知がBに届く前に、所持人はBの資産に仮差押を掛けることが可能です。 これは法的に許されるのでしょうか?
 もしこれが許されない場合、次に、例え所持人がCB同時に不渡りの通知を出したとしても、郵便が双方に届くのとほとんど差がなく仮差押を掛けることができます。(資産が預金などであっても、第三債務者に通知することはできます)通知の方が先にはなりますが、(少なくとも所持人は通知してから仮差押を掛けた)これならば法的に許されるのでしょうか?
 それとも、所持人はBに通告し、答えを待ち、(もしくは一定期間をおいて)それからでないと、仮差押を掛けられないのでしょうか?

 他のカテゴリーで質問してしまい、答えがつかなかったので、こちらでお願いします。
 約束手形の遡求の方法について教えてください。
 振出人から出された約手が、A-B-Cと裏書きを経て、現在所持人の手元にあるとします。そして、所持人が期日に手形の取立呈示したところ、資金不足で不渡りになったとします。
 ところで、所持人の調べでは、その時点で支払い能力があるのは、Bだけだったとします。そして、所持人は、支払い呈示の日より4日以内に自分の直前の裏書人(この場合C)に不渡りの連絡の...続きを読む

Aベストアンサー

法律的には、通知と、仮差押は関係ありませんから、通知前でも仮差押はできます。

ただ、漠然と「資産を処分されてしまう可能性」を主張しても仮処分の必要性として不十分でしょう。

遡及権を行使して請求しないかぎり相手は履行遅滞にはなりませんから、ご質問のケースは、履行期前の仮差押です。このような履行期前の保全処分については、保全しなければ将来の債権回収が困難になることについて、相当具体的な事実をもって主張する必要があります。

手形債権だからといって、仮差押の必要性の要件が緩和されるわけではありません。

Q民事裁判係争中に弁護士を変えられる?

民事裁判係争中に弁護士を変えることは可能なのでしょうか?

私は当事者ではないのですが、当人曰く、
・弁護士が裁判所に提出する文書(反論文など)は当人が書いたものを、
 弁護士が勝手に変更/追記/削除して提出する。
・その際に、当人の確認を取らない。
といったことに対して、2度注意したが直らない。

尚且つ、先日弁護士と直接相談した際、
「今回の裁判官はおかしな判断を下す、絶対に勝てる裁判を2回も負けた」
などと言っており、敢えて口にはしませんでしたけど、
それだけこの弁護士が弱いのに、それを裁判官のせいにしています。

それ以外にも、いち社会人としておかしな行動が多くあるのですが、
係争中の段階で弁護士を変更できるのか、出来るとした場合、
どうしたらいいのか、裁判の成功報酬に関してはその場合どうしたらいいのか、
など、わからないため教えてください。

Aベストアンサー

1)新しい弁護士を探し、見つける

2)新しい弁護士に、今までの過程等を説明して受任契約を結ぶ準備をする。

3)今の弁護士を、解任(契約解除)するが、着手金と実費は支払うことになります。

4)今迄に渡した資料等の返還をしてもらう。

5)解任後、新しい弁護士と受任契約を締結する。

上記の流れになります。

Q特許に関わる係争で裁判官の収賄はありますか?

タイトルどおりなのですが、日本における特許係争において、裁判官等が買収されるなどといったことはありますか?もしくは過去にありましたか?
あるとした場合、買収される側はいくらぐらいであればリスクを鑑みても買収に応じますか?

Aベストアンサー

買収しようとしても、裁判官の住所がわからないです。
判事等の住所録はありますが、これは一般の者は入手できないです。
私は、たまたま担当裁判官の住所がわかったので、お歳暮しましたが、送り返されました。
そのようなわけで、収賄は皆無と思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報