昨年から100年に1度の大不景気と言われたいますが、この不景気はあと何年ぐらい続くんでしょうか??専門家の方や、詳しい方がおられましたらお願いします。

A 回答 (1件)

東洋大学教授、高橋洋一氏によると、政府が無策なので、何年続くか判らないそうです。


(;゜(エ)゜) アセアセ

とりあえずアメリカは3年だそうです。

http://news.goo.ne.jp/article/php/business/php-2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2009/03/17 19:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親知らずを抜歯したところがまた痛くて目覚めました。。>_< いつまで続くのでしょう… あと何日の我慢

親知らずを抜歯したところがまた痛くて目覚めました。。>_<
いつまで続くのでしょう…
あと何日の我慢ですか?…
抜いたのは先週の金曜です

Aベストアンサー

1-2週刊続くかも。
自分は痛すぎて、1週間流動食食ってましたし。

Q不景気。本当に不景気?

私は経済に疎いもので、不景気不景気といわれてもイマイチピンと来ないのです。
「小泉内閣の景気対策には期待できない。支持率50%を割る!」等と言われても、別に小泉総理大臣が不景気を招いたわけではないでしょう。
構造改革にしても、歴代内閣が手をつけられずに放置していたことをやろうとしているのですから、周到な準備があってしかるべき。それを1年間で成果がないからダメだ、等と論ずるのはチと気が早すぎるのでは?

不景気不景気不景気不景気不景気といいながら、500万円以上する車が大ヒットしている自動車メーカーとか、歴代最大の利益を上げた電器メーカーとか、リピーターが殺到して濡れ手に粟のアミューズメント施設とか、儲かっている会社はあるわけです。

もっと言えば、今儲かっている会社は、バブルの時、バブルにおぼれず、研究・開発に力を入れていたわけで、逆に、今苦しいといっている会社は、バブルの時に、本来なら売れるはずがない品物が売れたことに浮かれて、そういった研究開発を怠っていた会社であるに過ぎない、といえば言い過ぎでしょうか。

バブル云々以前に、過去の乱脈経営が引き金になって経営破綻を招いている例も多くあります。

今は不景気ではなく、これが日本の本来の景気なのでは?

年端もいかない子供らまでが携帯電話を持ち歩き、巨人戦は相変わらず満員で、連休となれば海外旅行客で空港が足の踏み場もなくなる現状が、「不景気」とは思えないのですが、皆様の声はどうなのでしょうか。

私は経済に疎いもので、不景気不景気といわれてもイマイチピンと来ないのです。
「小泉内閣の景気対策には期待できない。支持率50%を割る!」等と言われても、別に小泉総理大臣が不景気を招いたわけではないでしょう。
構造改革にしても、歴代内閣が手をつけられずに放置していたことをやろうとしているのですから、周到な準備があってしかるべき。それを1年間で成果がないからダメだ、等と論ずるのはチと気が早すぎるのでは?

不景気不景気不景気不景気不景気といいながら、500万円以上する車が大ヒットして...続きを読む

Aベストアンサー

こんちは。面白い質問ですねー。質問というより「一体どうなのよ!実際!」と
いった感じの論調が、とてもイイ!
と、なんだか馴れ馴れしい口調ですいません。本題に入りましょう。

coco1さんの言われる「ほんとに不景気なの?」という感覚は、全くもって正常
な感覚でしょう。携帯電話やら海外旅行やらブランドモノのバッグやら服やら…。
モノが溢れかえってるこの日本において、「不景気」を実感するのは難しいこと
ですよね。これは誰だったか、著名な経済学者も言ってました(ま、だからと言
って普遍的なのよ、というのではないですが)。「景気を肌で感じる才能の持ち
主というのは極めて稀な存在である」と。不景気だ不景気だ、と言っている人間
に対して「どこが不景気なの?」と聞けば、大抵の人が「ん?そういえばどこが
不景気なんやろ?」となるでしょうねぇ。問題の核心は、「景気」って一体なん
なの?ということです。景気ってのは元々いくつかの指標によって数字上で定義
されるものなんです。だから「不景気」というのはそもそも数字上の問題であっ
て、肌で実感して不景気だとか好景気だなんていう種のものではないんですね、
本来は。それでどういう状況が不景気なのか、というと、雇用の減少やら生産の
減退など、数字上の傾向や値そのものの変化でみて定義するわけなんです。平た
く言えば、不景気とか好景気とかいったものは、以前と比べてその指標がどう変
化したか、だけで決まるものなんです。で、今はバブルの時よりは失業率が減少
し、株価も低落…といったわけで不景気なのであり、携帯電話を持っている、と
か海外旅行に行けるとかいった「生活水準」とはまた別なのです。高度成長期
(もちろん好景気)の時代より、今(不景気)のほうが生活水準が高いのは明ら
かですものね。で、厳しい言い方をするようですが、景気に本来も何も無いんで
す。景気ってのは良いか悪いかのどちらかしかないんですから。
それで企業経営と景気との関わりなんですが、景気ってのはあくまで全体的な傾
向を言ってるだけで、特定の一社の収益や売上とは、必ずしも一対一の関係を示
したりはしないんです。詳しく調べればわかることなんですが、好景気の時だっ
て、実は収益を確実に伸ばしている企業は、全体の一割ほどだったりするんです。
それに、不景気の時こそ真価を発揮して収益をあげる会社もあります。ユニクロ
なんかまさにその好例です。不景気だからこそ、皆がこぞって安いものを求める。
でも安い割には品質がいい、ということでユニクロが人気を博したんでしょうね。
これが好景気であったら、ちょっとぐらい品質がいいからってユニクロの服を買
わず、皆、どーんと高くていいものを買うかも知れない。断言はできないですけ
どね。

そして小泉首相!構造改革!!の話ですが…鋭いですねー。いくら小泉首相だか
らって1年間で成果をあげることなど、無理でしょう。誰だって無理ですよ、そん
なの。大体小泉首相が就任した時ってのは、景気の下降局面であり、既に金融財
政政策も八方手を尽くしきった状態だったんですよね。こんな状況で首相が入れ
替わったからといって、はいそうですかと景気が上向くはずが無いです。政策が
良くも悪くもその効果をあらわし始めるには、少なくとももう1年ぐらい要るん
じゃないですかねぇ。いや、私見ですが。
まぁ、そもそも構造改革の本旨をわかっていたわけではないのに(僕もイマイチ
わかりませんが)小泉さんを支持しまくって、真紀子外相辞任やらと相俟って一
気に支持を取り下げるという人の心理が、ちょっとわからないですよね…。その
点、coco1さんはいい所に疑問をもたれたと思います。どうなっとんのやろ、日
本人。

色々失礼な物言いをしてすいません。気を悪くされたら申し訳ない…。
それではこれにて…

こんちは。面白い質問ですねー。質問というより「一体どうなのよ!実際!」と
いった感じの論調が、とてもイイ!
と、なんだか馴れ馴れしい口調ですいません。本題に入りましょう。

coco1さんの言われる「ほんとに不景気なの?」という感覚は、全くもって正常
な感覚でしょう。携帯電話やら海外旅行やらブランドモノのバッグやら服やら…。
モノが溢れかえってるこの日本において、「不景気」を実感するのは難しいこと
ですよね。これは誰だったか、著名な経済学者も言ってました(ま、だからと言
って普...続きを読む

Q年賀状はいつまでに?

年賀状はいつまでに出せば、元旦に届くんでしょうか。
公式な日付もそうですが、経験的に大体何日までOKみたいな。

Aベストアンサー

同じ市内とかなら31日の午前中
県内なら30日の午前中
県外で29日かしら^^

Q不景気、不景気というけれど

 最近、不景気だ、不景気だ、と言いますが。
 よく海外旅行の話題が出ます。この「教えてコーナー」にも海外旅行の質問がとても多いです。不景気と海外旅行、なんだかミスマッチのようで。みなさん、どのように思いますか。

Aベストアンサー

現在の不景気の原因はお金が無いからではないのです。
みんな貯蓄はそれ相応にあるのです。ただ、年金問題・健保の赤字・消費税アップ・赤字国債・金融不安・生保破綻など国の将来・先行きに不安があってお金を使わないから、消費が伸びなくて不況なのです。
だから、本当に欲しいもの、旅行などにはお金はかけるのです。

Q一般的な年末年始の休暇はいつからいつまで?

こんにちわ。設立したばかりの会社で人事・総務をやっています。
今年もあとわずか、ということで、会社の人に「今年の正月は何日から何日まで休み?」と聞かれたのですが、「?」です。
そこで、一般的な企業(小売・サービス業以外)の年末年始の休暇はいつからいつまでが多いのでしょうか?
これまで金融系に勤めていたので、よくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公官庁を目安にするなら、12月28日が御用納めで、29日からが年末休みになります。
年始は1月4日が仕事始めなので、3日までが年始休み。

ということで、12月29日~1月3日までの期間が年末年始休みになりますね。

Q(?_?) 「構造改革なくして景気回復なし」……小泉改革は何年もかかりそう……景気回復は5年先、10年先?

 小泉さんは「構造改革なくして景気回復なし!」と叫んで、総理の椅子にすわりましたが、金融、郵政、道路、特殊法人、その他もろもろ……どれ一つとってもなかなかたいへんのようで、かりに改革が全面的に達成されたとしても、早くて5年、まあ10年以上はかかるような雲行きです。
 ということは、景気回復は、このさき5年や10年はありえないということでしょうか?
 その間、失業者・自殺者・ホームレスの人がふえつづけるんでしょうか?

 「景気回復なくして構造改革なし」と、総理と反対のことをだれかがいってましたが、それが正しいかどうかはともかく、このさい『経済非常事態宣言』でも発令して、失業者・自殺者・ホームレスの人をこれ以上ふやさないように、総理みずからねじり鉢巻をするくらいの意気ごみで、あらゆる緊急手段を講じるべきではないでしょうか?

 ちまたには、暗いはなしがあまりにも多いことに、もっと危機感・責任感を持ってほしいと思うんですが……?
 観劇に興じたりしてるばあいじゃないと思うんですが……?

Aベストアンサー

>ちまたには、暗いはなしがあまりにも多いことに、
>もっと危機感・責任感を持ってほしいと思うんです
>が……?
>観劇に興じたりしてるばあいじゃないと思うんです
>が……?

結局「私たちが困っているんだから、トップよ何とかしてくれ!」
という発想なんですね。
こういうのを「お上依存症」といいます。
江戸時代以降の日本人に、顕著に見られる症状です。

誰かに頼るのではなく、自分で道を切り開かないと。
国民全員とは言いませんが、3割くらいが自主独立の精神
を持つようになれば、ずいぶん事態は好転しますよ。
現在は、1割いるかどうかもわかりませんがね。

私たちの祖父母の世代は、敗戦後の焼け野原の中から日本
を復興したのですから、飽食の時代に育った私たちが全て
を投げ出して、裸一貫で生き抜く覚悟さえもてれば、今の
時代の苦労など何とでも解決できますよ。

リストラされてもいいじゃないですか。廃村に行って農業
の振興をしましょうよ。
戦前の日本のように、娘を売らなければ生きていけない時代
ではないのですから。

>ちまたには、暗いはなしがあまりにも多いことに、
>もっと危機感・責任感を持ってほしいと思うんです
>が……?
>観劇に興じたりしてるばあいじゃないと思うんです
>が……?

結局「私たちが困っているんだから、トップよ何とかしてくれ!」
という発想なんですね。
こういうのを「お上依存症」といいます。
江戸時代以降の日本人に、顕著に見られる症状です。

誰かに頼るのではなく、自分で道を切り開かないと。
国民全員とは言いませんが、3割くらいが自主独立の精神
を持つようになれば、ず...続きを読む

Qコンビニ弁当の冷凍はいつまで食べられるでしょうか?

コンビニ弁当の冷凍はいつまで食べられるでしょうか?

コンビで買ってきたおにぎり、弁当を、冷凍庫に入れて保存し、電子レンジで、解凍して食べようと思います。
最大何日ぐらい冷凍しておけますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

期限切れ直前の弁当、おにぎりを頂いて冷凍したことがあります。何日、とはいえませんが、腹は壊さないものの、御飯はパサパサでおにぎりは崩れ、食べられたものではありませんでした。おかずはいけると思いますよ。

Q20年近く不景気でこれからも続く雰囲気なぜ?

日本はここ20年近くずっと不景気が続いており,この不景気がさらにもう20年・40年・60年とこれからもずっと続きそうな雰囲気ですが,
どうして不景気がこんなに長期間続くのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。お礼ありがとうございます^^。

誤解されそうだなと思いながら回答していましたが^^;私も今の状況がまっとうだなどとは全然思ってはいません。そして、その理由も書いたつもりです。成功モデルが通用しなくなっているのに、成功体験を捨てられずにいるから、失敗を繰り返すと。

国富は政府の借金や予算ではなく、GDPや貿易収支です。10倍の人口の中国に抜かれたとはいえ、GDPはまだ世界第三位ですし、貿易収支はずっと黒字です。なのに、景気が悪い。これは、国内消費が減少し続けているからに他なりません。

「デフレの正体」の藻谷氏によれば、これは経済政策なんかの問題ではなく(私はそれもあると思いますが)、人口動態が理由であると言っています。すなわち、18歳から65歳を生産人口と呼ぶそうですが、この部分の推移が経済(景気)の波を形成するそうです。この国では、戦後のベビー・ブームで形成されたいわゆる団塊世代が生産人口に参加(18歳を迎え)し、高度成長を支え、消費を活発にし、彼らが家を持つ時期に住宅ブームを巻き起こし、彼らの産んだ団塊ジュニア世代(現在、出生率がどうのこうのと言われていますが、産む数が多ければ子供は多い^^;)が生産人口に参加するという図式でなりたってきたというわけです。そして、ここに至り、その団塊世代が生産人口から退場したことにより、国内消費が減少を続けているという論法です(まあ、もっと多くのことを数字をあげて彼は言ってますけど)。

さて社会構造がそのようであるのに、大量生産大量消費型の産業モデルや経済モデルは成立しない。と、前回回答したつもりです。今の日本の基幹産業のうち、家電や自動車はもう今までの形では終わっています。何も不思議なことではなく、安価を売りにして世界を席巻し、高度経済成長の花形のひとつであった繊維産業がとっくに消え去っているのと一緒です。

それにも拘わらず、生産性と人件費抑制というコストカットでまだ、その分野で世界と競争しようというのは時代錯誤としかいいようがありません。しかし、企業と政府はそれを改めようとはしません。少なくとも人件費の抑制はGDPを押し下げることでしかありません。ここから先の解決策は質問と離れるので、やめておきます。長くなるので^^;

というわけで、長い不況が続いており、このままなら、まだまだ少なくとも団塊世代の方々がいらっしゃらなくなるまで続きます。

No.2です。お礼ありがとうございます^^。

誤解されそうだなと思いながら回答していましたが^^;私も今の状況がまっとうだなどとは全然思ってはいません。そして、その理由も書いたつもりです。成功モデルが通用しなくなっているのに、成功体験を捨てられずにいるから、失敗を繰り返すと。

国富は政府の借金や予算ではなく、GDPや貿易収支です。10倍の人口の中国に抜かれたとはいえ、GDPはまだ世界第三位ですし、貿易収支はずっと黒字です。なのに、景気が悪い。これは、国内消費が減少し続けている...続きを読む

Q受験っていつごろ終わる?それと学費を納めるのはいつまで?

受験っていつごろ終わる?それと学費を納めるのはいつまで?

いつもお世話になっております。

とっても個人的なことなのですが、調べてもわからなかったので質問させてください。

京都大学、立命館大学、関西大学の翌年の学費を納めるのは3月何日までですか?
(留年してる場合)

また通常大学受験というのはいつごろまでかかるものなんでしょうか?
3月末頃までかかる大学もあったりしますか?
教えてください。

Aベストアンサー

国立大学の後期日程の試験が3月12日頃で、合格発表が3月下旬であり、それでほぼ終わりでしょう。一部の私立などでしつこく学生集めをする所があるかもしれませんけど。

入学金はともかく、授業料を払うのは年度がかわってからです。普通は4月末まででしょう。入学金は合格発表後、数日から10日程度じゃないですか。これは幅があるでしょうけど。

そもそも質問の意図がわからないので、何を知りたいのかよくわかりません。留年とか、受験とか・・・・留年しているのであれば前年と同じです。

Q不景気は続くと最終的にはどうなるのでしょうか。

日本は今不景気です。

15年勤めてきた会社で、今回始めて、4月から減給となりました。
私だけでなく他の社員もほとんどです。

余剰社員を抱え込むのが厳しくなってきたのかなとも勝手に想像してます。

質問
このまま不景気が続いて、さらに悪化するとどうなるのでしょうか?
最終的にはどのような政策がとられるものでしょうか?他国の例などあると分かりやすいです。

あるとき突然値段が上がったり、インフレがおきたりするかもしれないでしょうか?

また外国では、同じように景気の悪い国は、どのような結果をたどっていったのでしょうか?
何か資料などがあると助かります。

今後インフレが起きることも考えれば、貯金で土地購入にでもしておいたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

デフレ現象が続いたのは、無謀な公共事業に有ったのは否めない事実でしょう。

 中国の賃金高騰による輸入高、それに拍車が掛かったのは尖閣諸島問題で、中国は対日批判を拡大し、日本企業を実質的に追い出す政策を行った。

 当然、外貨収入は劣ったのはニュースでも視られる、輸出に対しての輸入が拡大した。
 輸出が減ることは国内生産が下がり、各企業が経営に負担を強いられる事になる。

 さて、今後の見通しは?、
  未だに日本は海外からの投資収入が非常に多きい。
  しかし、この収支は、あまり企業に対してのメリットとにはならない。
 即ち、未だに海外から資源を輸入する力は有ることから、早急に貿易相手国を中国以外に設けなければならない。

 そこで安部さんが考えていたのがインド、そしてミャンマー、ベトナム、近隣アジア諸国との連携を早急に確立させることに必至に動き回る事。
 東南アジア、そして他の海外諸国との貿易を中国を抜きにして考えるならば、或いは元の状態に戻す事が可能かもしれない。

 さて、今後の世界経済は、中国の環境問題が大きくブレーキを掛けていますが、その理由は世界に散らばっている架橋との貿易が非常に多いからで、中国の生産力低下は多くの不況を招く事に当然影響は免れない。さらに尖閣諸島問題で現在は拍車が掛かった状態。

 では、どのようにしたら良いか?

  残念ながら、個人的に考えるものはあまり無い。
 不況には、誰にでも必至になる特性があり、一つが良いとなれば、全ての人達が挙ってそれに働くようになるからです。
 言い換えれば、個人的に土地を買って、も預金を増やしても、金塊を蓄えても、不況に変わるものとはならないでしょう。

 有るとすれば、内需拡大を当面推進しなければならない、内需が可能な物への投資には効果が多少望めるとなるでしょう。
 厳密に言えば、国内で資源を得ることができ、そして国内の人達が挙って望む物ですか。
 海外から安く仕入れて国内で捌けば外貨が減るが多少効果はある。
  安く輸入して、海外に高く売れる製品が望まれる。

 全く、資源を必要としない技術の確立を必至に行う。
 国家国民総出となって、日本国国旗を掲げて技術革新を行うのが、今、日本に求められている姿勢と言え、それには行政が必要ですね。(行政は眠っているから)

 公共事業は公務員の住みか及び彼等の収入を増やすのみでメリットはあまり無い。

 内需は、資源を輸入して増やしたのでは意味が無い。

 端的に言えば、エネルギー政策が最も日本に利益を齎すものですが、ハイドレード等は早急に確立することが望まれる。
 ハイドレード、蓄電池、農業、低価格で発電できる機器、その他。

 参考にならなかったらごめんなさいね

 

 

  

デフレ現象が続いたのは、無謀な公共事業に有ったのは否めない事実でしょう。

 中国の賃金高騰による輸入高、それに拍車が掛かったのは尖閣諸島問題で、中国は対日批判を拡大し、日本企業を実質的に追い出す政策を行った。

 当然、外貨収入は劣ったのはニュースでも視られる、輸出に対しての輸入が拡大した。
 輸出が減ることは国内生産が下がり、各企業が経営に負担を強いられる事になる。

 さて、今後の見通しは?、
  未だに日本は海外からの投資収入が非常に多きい。
  しかし、この収支は、あまり...続きを読む


人気Q&Aランキング