プロが教えるわが家の防犯対策術!

前金、前払金、内金、手付金等の法的な違いについて詳しく教えて下さい。

このスレッドに関する詳細な情報が記載されているサイトのURL等もお願いします。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「前金、前払金、内金、手付金等」


契約締結時の代金支払債務の履行ではない金銭の交付は法的には、以下のどれかに属します。1~3を手付金、4を内金と呼びます。前金、前払金などは法律用語ではありません。形式的な文言ではなく当事者の意思によって以下のどれであるかが決定されますので、手付と言いながら内金の場合もあり得ます。
1.(1)のみ
2.(1)と((2)or(3)or(4))
3.(1)と(2)と((3)or(4))
4.代金債務の一部前払い

*特別の意思表示がなされなかった場合は(1)と(2)であると推定されます。

(1)証約手付
契約を締結した証拠としての金銭。
すべての手付がこの意味を持つ。
(2)解約手付
相手が履行に着手するまでならば、これを放棄するだけで(相手は倍返しで)、解除することができる。当事者がそうでないと言わない限り手付は解約手付の意味を持つ。
(3)違約罰としての手付
債務不履行の時に損害賠償と別に没収される金銭。
(4)損害賠償額の予定としての手付
債務不履行時の損害賠償金として予め支払っておくもの。

以上の手付は正常に契約が終了したときには不当利得となりますが、代金支払債務と相殺されるのが一般的です。

また、単に代金支払い債務の一部前払いの意味でなされるものもありますがこれを法的には内金と言います。

この回答への補足

puranaria13さん
ご回答、ありがとうございました。

<追加質問1>
>契約締結時の代金支払債務の履行ではない金銭の交付は
puranaria13さんのご回答には上記のような前提がありましたが、それではサービス(又は商品の受け渡し)が履行される以前にそのサービスの代金を予め支払っておくような場合、その金銭の交付は何と言うのでしょうか?「前金」や「前払い金」は、法律用語ではないということでしたが。

例えば、以下のような継続的サービスの提供に関する契約書を見たことがあります。
甲=サービス提供者
乙=サービス購入者(客)
1.本契約書は次に掲げるすべての事項が満たされたことを要件として成立する。
1)乙がサービス購入の甲込を甲の指定する手続きに従っておこなうこと
2)乙が甲の指定する銀行口座へ当該サービスの初期費用及び初回の契約期間(1ヶ月で自動更新)の月額利用料金を振り込むこと
3)甲が乙に書面にてサービスを提供の応諾の通知を行なうこと
2.本契約は、第1項第3号の応諾の書面が乙に届いた時点で成立するものとする。

上記の契約書の第1項第2号の金銭の交付は、puranaria13さんのおっしゃる「(1)証約手付」には当てはまらないような気がします(=手付金ではないような気がします。)。なぜなら、第1項第2号の金銭の交付がされた段階では、まだ「契約を締結」しておらず、第1項第3号の甲の応諾により始めて契約が成立するからです。

かといって、第1項第2号の金銭の交付は、サービス料の一部であり損害賠償金ではないため、puranaria13さんのご回答にある「内金」とはちがうようにも思います。


<追加質問2>
また、<追加質問1>の契約書の第1項第2号の金銭の交付が行なわれた後、甲が何かの理由で第1項第3号サービスを提供の応諾を行なわずサービスの提供を拒否した場合(契約を締結しない場合)、甲は乙に第1項第2号で乙から甲に交付された金銭を乙へ返金するだけでよく、その金銭の倍額を支払う必要は、別途契約書にその必要があると書かれていない限り、ないような気がしますが(どうですか?)?これも私がこの金銭の交付を手付金(解約手付金)だとは、思えない理由の一つです。

よろしくお願いします。

補足日時:2009/03/19 14:33
    • good
    • 0

回答が不足しておりましたことをお詫びします。



「前金」、「前払い金」は法律用語ではありませんが「内金」と同じ意味を指すものです。つまり、前金も前払い金も内金も構学上は「内金」と呼ぶというだけのことです。
質問者様のおっしゃる金銭の交付は前述の「内金」であると思われます。ですからおっしゃる通り、「手付」の機能はもっていません。単なる以後発生するであろう代金支払い債務の一部前払い(内金)です。
したがって、手付放棄で解除したり、契約成立の証拠とはならないでしょう(契約がまだ成立していないので当然ですが)。
この場合、契約が成立したならば、支払い債務の額から内金の額を差し引いたものが支払い債務となります。また、契約が不成立の時は、不当利得として返還請求できます(特約のない限り)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

puranaria13さん
ご回答、ありがとうございました。

なるほど、理解できました。

お礼日時:2009/03/19 17:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前払金と前払費用の違いって?

簿記を勉強しているのですが,前払金と前払費用の
違いがいまいちよくわかりません。
役務の提供があるかどうかで区別するのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

企業会計原則注解5には

 前払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過とともに次期以
降の費用となるものであるから、これを当期の損益計算から除去する
とともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。
また、前払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による前払金と
は区別しなければならない。

とあります。

【前払金】は役務の提供がまったく行われていない場合に用いられ、
【前払費用】は継続的な役務の提供という契約の一部が行われている場合に用いることになるかと思います。

Q内金は戻ってくる?

友達が、洋服のお取り置きをした時に、内金を1,000円入れたのですが、後日、考えた末にキャンセルしたのですが、「内金は戻りません。」と店側から言われたそうです。こういった場合、店側が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1000円は返還してもらえます。

「消費者契約法」という法律が今年の4月より施行されました。
この法律はまさにこのようなケースを防止し、消費者を保護するためにできたものです。

消費者取消権が認められるのは、事業者に以下の行為があった場合です。
・不実告知
・断定的判断
・不利益事実の不告知

今回の場合は、内金を入れるときに、「キャンセルの場合返金しない」旨の告知が必要になるのに、それがされていませんから(不利益事実の不告知)であり、消費者が「内金は返還される」と誤認した、または、そのような告知があれば、「内金を入れずに最初からキャンセルしていた」ということになるでしょう。

したがって、明らかに変換されるべきものとなります。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q消費税の計算方法(小数点以下)について

とても無知な質問でスミマセン…(汗)
今まで気にしていなかったのですが、仕事で急遽知りたくて質問させていただきます。

消費税の計算をした場合に小数点以下の部分は四捨五入なのか切り捨てになるのかどちらなのでしょう?
少し検索してみたのですが、決定的なものが見当たらず(焦っているので見つけれないだけかもしれませんが…)

これは必ずしもどちらかに決まっていないのでしょうか?
もし決まっていないとしたら普通はどちらが多いのですか?

ご存知の方、教えて下さい!!

Aベストアンサー

取引のときということでいいのでしょうか。それとも申告書の書き方?
申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。

参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、
> なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する場合であっても、税込価格が表示されていれば、総額表示の義務付けに反するものではないことに留意する。

となっています。これは事業者向けでも同じだろうと思います。

普通はどうかといわれると、あくまで個人的な感触ですが、普通は切捨てじゃないかと・・・。そうあってほしい。
ただ、EXCELなどで請求書を作ると、端数処理せず、端数の表示もしない設定だと、自動的に四捨五入した数値が表示されるので、四捨五入の場合も結構あるのではないかと思います。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syouhi/2323/01.htm

取引のときということでいいのでしょうか。それとも申告書の書き方?
申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。

参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、
> なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する...続きを読む

Q着手金の勘定科目について

自営で行政書士事務所をしております。
「着手金」を受け取った場合の科目と仕分けについてお伺いいたします。
着手金は「前受金」になるのでしょうか?「受取報酬」になるのでしょうか?
「前受金」で処理した場合、科目はずっとそのまま前受金として残しておいてよいのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>着手金は「前受金」になるのでしょうか?「受取報酬」になるのでしょうか?

業務の委任を受け、受任契約において「業務を実施しなかったときは着手金を返済する」と取り決めた場合は、着手金は収入として確定しないお金ですから、「前受金」という負債勘定で処理します。返済の取り決めがない場合は収入として確定しますから「受取報酬」という収益勘定で処理します。


>「前受金」で処理した場合、科目はずっとそのまま前受金として残しておいてよいのでしょうか?

「前受金」は負債勘定ですからそのまま残しておけません。いずれ帳簿から消さなくてはなりません。受任業務をすべて実施した時点で残金を受取りますが、残金を「受取報酬」で処理し、同時に「前受金」残高を「受取報酬」に振り替え処理して、帳簿から消すことになります。

Q預かり金と内金の違い

婦人服のお店を経営しています。
11月の中旬にの話なのですが、お店に来たお客様から気に入った商品の色違いが品切れのため、内金を頂きました(6500円の商品に対して1000円)。1週間後、商品が入荷したので連絡をしたのですがつながりません。留守電にも入れました。その後何度か連絡をしましたが、つながりません・・・。そして今日なのですが、そのお客様から電話があり、内金を返してほしいといわれました(ちなみに、連絡もつかず、長期のため店頭に出して、その商品は1点の残っていない状況です)。そこで質問なのですが、(1)内金を頂いている商品はいつまで保管しなければいけないのでしょう?(2)連絡がつかない場合でも商品は保管しておかなくてはいけないのでしょうか?(3)内金は返さないといけないのでしょうか?(預かり金の場合だと返さなくてはいけない?)ただ、内金が惜しいのではなく、今後のお客様からのクレーム対処に役立てたいのです。
皆様よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内金というのは、代金の一部として頂くお金です。
内金を頂くとなると、契約が成立しているので、
基本的には、売る義務と買う義務が生じてます。
ですから 基本的には以下のようにするのが基本です。
1) いつまででも
2) そうです。
3) 契約はすでに成立してますから、残額を頂いて
   商品を渡すのが、原則です。
でも、これだと取りに来ない人がいると困るので、
おとり置きの場合のキャンセル料を決めておくといいと思います。
1) 商品がXX日たっても入荷しない場合
   内金を全部返却して、契約を解消する。
2) 商品入荷後 XX日たっても、取りに来ない場合
   内金をキャンセル料として頂き、契約を解消する。
3) 買い手側からのキャンセルはできない。
   キャンセルする場合は、内金をキャンセル料にする。

このあたりの文言を決めて、おとり置きの場合に相手に
渡すようにされるとよろしいかと思います。

今回のケースだと、双方契約を履行していないですし
内金を返還されるとよろしいかと思います。

預かり金は、ただお金を預かっているので、
そのお金自体は、相手のお金です。(会計的にも、預かり金で負債)
内金は代金の一部なので、既に売上げとして計上しておく
べきもので、売手側のお金です。

内金というのは、代金の一部として頂くお金です。
内金を頂くとなると、契約が成立しているので、
基本的には、売る義務と買う義務が生じてます。
ですから 基本的には以下のようにするのが基本です。
1) いつまででも
2) そうです。
3) 契約はすでに成立してますから、残額を頂いて
   商品を渡すのが、原則です。
でも、これだと取りに来ない人がいると困るので、
おとり置きの場合のキャンセル料を決めておくといいと思います。
1) 商品がXX日たっても入荷しない場合
   内金を...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「手付金」「頭金」「内金」「中間金」の違い

「手付金」「頭金」「内金」「中間金」
それぞれの違いって何でしょうか?
ご回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「手付け金」は通常、解約手付けとして解釈され、手付け金を放棄することによって買主は契約解除をできますし、売り主は手付け金の倍額を買主に帰すことによって解除ができます。
でも、「内金」として、渡していたら、このような解除ができません。
「頭金」はローンを組む時、最初に収めるお金の事です。
「中間金」は住宅を建築する時に、建築会社が資材の購入に当てるもので、建築会社によっては数回に渡って支払う事もあります。金額が大きく利子負担もあるため、このような形をとっています。

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。


人気Q&Aランキング