あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

ものすごく馬鹿な質問かもしれませんが、
今学生(院)で派遣でバイトしています。
交通費は別で実費支給です。
先先月が3万円台、先月が7万円台ですが、
税が10パーセント引かれていました。
交通費自己負担になっているようなものです。

所得税は平成19年から
195万円以下は5パーセントになったとネットで見たのですが、
先月の給料のような平均で働いても195万円は超えないのですが
なぜ10パーセントなのでしょうか?

会社は「法律にのっとり、10パーセントを一時預からせていただいてます」ということでした。
結果的に1万円近くひかれたので、かなり痛いです。
10パーセントであっていますか?
また、学生でも院生だと何か税を安くする方法はないのでしょうか?
(生活、学費は全て奨学金です…)

ちなみに項目はただ「税」となっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私はプロです。


あなたの場合は、あきらかに報酬を受け取っているようです。
給料ではありません。念のため会社の経理の人に給料なのか報酬なのか再確認して下さい。
報酬の場合は、給与所得ではなく事業または雑所得となりますが、もらっている金額と大学院生という実態からすると雑所得になります。
税込みの収入から演奏のためにかかる必要経費を差し引いた金額を、所得の金額といい、これが38万円を超えるとお父さんの扶養控除から外れるのでお父さんの支払う所得税と住民税が増えてしまいます。
だから、38万円を中途半端に超えると返って損することになります。

そこで、あなたの所轄の税務署に電話して、次の質問をしてください。
ブライダルに派遣されて演奏の仕事をする会社でその演奏の仕事をしています。
この場合、私は「家内労働者等の必要経費の特例に定める特定の人に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人」に該当するのでしょうか?、と。リンク参照。
もし、該当するなら給与所得と同様にあなたは65万円までは無条件で必要経費とみなされて差し引くことが出来ます。
この場合の特定の人とは、あなたの会社のことを指しています。
ブライダルされているお客さんではありませんので注意して下さい。
お客さんだと不特定の人となってしまうし、あなたはいつも同じ会社から収入を受けているんですよね。

この特例があなたに認められれば年間収入が103万円までは無条件で
あなたの所得の金額は0になるので、確定申告すれば源泉所得税は全部戻ってきますし、お父さんの扶養控除の対象にもなり、ハッピーエンドです。

余計なことを聞いてしまいますが、音楽大学ですか?

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1810.htm
    • good
    • 2

No.2です。



>領収証がそもそも出ないのですけど、無理やり切符にして出した方がいいのでしょうか?
日ごとにかかった金額をメモして表にしておけばいいですが、交通費は、別に実費支給なんですね。
それだと、もらった報酬に対する経費にはなりませんね。
その仕事をするために買った服とかあればそれは経費にできます。

>10パーセントの天引きはかわらないのでしょうか。
いいえ。
月平均5万円として年間60万円の収入だとした場合、経費が0としても、そこから「勤労学生控除(27万円)」と「基礎控除(38万円)」を引けます。
つまり、課税所得は0になりますので所得税はかかりませんので、確定申告すれば天引きされた所得税は全額戻ってきます。

もし、これ以上、たとえば70万円の収入があった場合でも、
70万円(収入)-65万円(控除額)=5万円(課税所得)
これに税率5%をかけ
50000円×5%=2500円(税額) です。
ですので、天引きされた所得税がほとんど戻ってきます。

>確定申告すると父の扶養家族から外れるとか?ですよね?
貴方に所得税かからなくても、所得(収入から経費を引いた額、経費が0の場合は収入)が38万円を超えるとお父様は貴方を扶養にすることができません。
その分お父様の所得税、住民税が増えます。
お父様の所得がわからないのではっきりいえませんが、
所得税が380000円に税率をかけた分、
住民税が330000円×10%(所得に関係なく)=33000円
増えます。

貴方が確定申告してもしなくても、貴方に支払った額が記載された「支払調書」という書類が会社から税務署に提出されます。
    • good
    • 0

>「給与なのか報酬なのかによって、違うんですね!勤労学生控除を受ける場合、もう2度給与を振り込まれている段階からでも大丈夫なのでしょうか」


大丈夫ですよ。
勤労学生控除は、確定申告時に受ける控除です。

給与なら毎月の源泉徴収額が減少しますが、報酬だと変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

報酬であったら、勤労学生控除を受けても変わらないってことでしょうか?!

というか、私皆様にお礼なしでした。
この場を借りて、
「ありがとうございます」。

お礼日時:2009/03/20 00:30

No.2です。



>ブライダル奏者のお仕事です。
給与ではなく報酬だと思われます。
それだと10%引かれます。
自分で経費を計上できるように、仕事にかかった経費の領収書はとっておきましょう。
いずれにしろ確定申告しないと天引きされた所得税は戻ってきません。

>奨学金は所得ではないですよね?
そのとおり。
課税対象の所得ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仕事にかかる経費は交通費なのですが
(いただくお金は技術料というかギャランティですね…)
領収証がそもそも出ないのですけど、
無理やり切符にして出した方がいいのでしょうか?
領収書をとっておいて確定申告しても
10パーセントの天引きはかわらないのでしょうか。

確定申告すると父の扶養家族から外れるとか?ですよね?
おばかですみません。

お礼日時:2009/03/20 00:29

支払金金額から10%天引きされてるのはなぜか?という質問です。



交通費自己負担でなく「交通費は別で実費支給」なのですから、税金とは無関係です。交通費自己負担になってるようなものだと言われますが、今の大学院生ってこんな事も理解できないのかな、と思われてしまいますよ。多分ジョークだと思いますけど。


ご質問者が、受け取ってる「お金」は報酬でしょうか、給与でしょうか。

給与でしたら「扶養控除申告書」を支払先に提出しましょう。もっと低い税率になるはずです。
「報酬」としたら、原則10%源泉徴収されてるということです。

一年間の総所得から基礎控除や社会保険料控除、勤労学生控除などを引いた額に税金がかかりますが、その際の税率が5%だったり10%だったりします。

一ヶ月の受取額を12倍しても195万円を超えない額でも10%源泉徴収をするのは、確定申告義務を果たさない人がいても、税はとれること、確定申告をして還付を受けようという意識を強めるためだと思います。
 ですから、貴方の場合には10%ですが20%徴収される場合もあります。

確定申告をすることで、精算されます。
勤労学生控除をうけて、年間130万円までの給与所得なら、所得税はかかりません。ただし103万円を超えると、扶養控除対象にはなりませんから、注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確定申告しないとそもそもだめなんですね。

交通費に税金がかからないのはもちろんわかってますよ。
でも実際、交通費を立て替えている状態で給与を受け取ると
名前は給与の税金ですが、交通費が支給されていないような
金額に近い感覚になるんです。
派遣の悲しいところですけど…。

給与なのか報酬なのかによって、違うんですね!
勤労学生控除を受ける場合、
もう2度給与を振り込まれている段階からでも大丈夫なのでしょうか?

お礼日時:2009/03/19 23:33

>10パーセントであっていますか?


10%の源泉所得税を天引きされるということは、「給与」ではなく「報酬」ですね。
給与所得であれば、その収入の場合そんな高い税率で天引きされません。
「扶養控除等申告書」を出してあれば所得税天引きされませんが、出してないとしても税率は3%です。

バイトは夜のお仕事ですか。
たとえば、ホステスなどは「給与」ではなく「報酬」です。
また、そのバイトは今年から始めたんでしょうか。
去年、やっていたなら「源泉徴収票」もしくは「支払調書」というのをもらっていませんか。
源泉徴収票なら給与所得だし、支払調書なら報酬です。

参考
ttp://www2.odn.ne.jp/muraoka/zeihou29.html

給与所得なら年収に応じて「給与所得控除」という決まった額が控除されますが、報酬の場合は自分でかかった経費を計上し、収入から引くことができます。

>学生でも院生だと何か税を安くする方法はないのでしょうか?
学生なら「勤労学生控除」という控除を受けられますが、これは所得が65万円(収入から経費を引いた額、給与所得なら給与所得控除を引いた額で年収でいうと130万円)以下である場合に受けられるもので、その所得以下なら所得税はかかりません。
来年、確定申告というのを税務署にすれば所得税は戻ってきます。
ただし、これ以上の所得だとその控除は受けられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夜のお仕事ではありません。
派遣されるブライダル奏者のお仕事です。
今年初めてまだ2か月半たったばかりです。
報酬だと税金がそんなに高いのですか?!
給与という形のはずなのですが、
技術を売る仕事で、私のところに入るお金は式場と派遣会社を経由したあとのお金です…。

このバイト以外の所得はゼロですが、
奨学金で授業料生活費を払っています。
奨学金は所得ではないですよね?
ちなみに奨学金は月10万以上はあります。
確定申告したことがないと問題外ですか?
住民票が実家のある地方にある状態で、保険証も父の扶養となっています。

お礼日時:2009/03/19 23:27

事業所ではあなたが103万や195万円超えないと言うことはわかりません。


複数バイトしていると思われている場合、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」が未提出の場合など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書は提出していません。
ホームページを見たところ、最初の給与がある以前に提出とあります。
もう2度、給与を受け取っている状態でも申告できますか?

お礼日時:2009/03/19 19:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q派遣アルバイトの所得税は何%でしょうか?

派遣アルバイトの所得税は何%でしょうか?
学生なのですが1週間前から派遣のアルバイトをしました。今年度はそれ以外仕事してません。
給料からは所得税を引くといっていました。
交通費含めた計算では31280円のはずなのですが(給料30000円+交通費1280円)
実際振込みされた額は28180円でした。これであってるのでしょうか?
所得税て10%も取られるのですか?

Aベストアンサー

追加
>年末調整の時でいいですか


ふつう年末調整後、事業所は雇用者の所得税を税務署に「所得税源泉徴収簿」により「給与所得の源泉徴収票(同合計表)」を作成し、1月31日までに提出することになっています。この時期に写しの「源泉徴収票」も発行し各人へ送付します。その時期でよいのでは?(退職者の場合は源泉徴収票はすぐ発行することがあります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100051.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2110.htm

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q給与と報酬の違いを教えてください。

先日、在宅で翻訳の仕事をしました。
その支払いについて連絡があり、請負契約であるので給与ではなく「報酬」という形を取りたい。なので請求書を出してください、とのことでした。

私は他に常勤で仕事をしているのですが、副業をしても構わない職場なので、支払い形態にはこだわりがないのですが
そもそも給与と報酬の違いってなんだろう?と思い質問させてもらいました。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
こちらから報酬ではなく、給与にしてほしいと言えば変えられるものですか?
なんとなく報酬だと、その後の税金や申告等の処理が面倒くさそうなので、給与の方がよいのではないかと思うのですが。

2.給与だと、源泉徴収票がもらえるので、それを会社に提出すれば確定申告の必要がないですよね?報酬の場合、確定申告をする時、源泉徴収票のような所得証明書はどれになるのでしょうか?
(20万円以下なので確定申告は必要ないかも知れませんが。。)

3.税金の引かれ方等で、給与と報酬は大きく違いがありますか?

自分で調べてみても混乱してきたので、どうか知識のある方教えて頂けると助かります。
宜しくお願いいたします。

先日、在宅で翻訳の仕事をしました。
その支払いについて連絡があり、請負契約であるので給与ではなく「報酬」という形を取りたい。なので請求書を出してください、とのことでした。

私は他に常勤で仕事をしているのですが、副業をしても構わない職場なので、支払い形態にはこだわりがないのですが
そもそも給与と報酬の違いってなんだろう?と思い質問させてもらいました。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
こちらから報酬ではなく、給与にしてほしいと言えば変えられるも...続きを読む

Aベストアンサー

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
雇用関係があるかないかで決まります。
今、お勤めのところは勤務時間が決められていると思います。
超過すれば残業手当が付くでしょうし、勤務時間中は、事業主の指示のもとで働かなければならないはずです。事故を起こせば労災も適用できます。
雇用関係がなければ、こんなことは関係ありません。
請負契約では原則、納期と成果物(または、役務の提供)を守れば良い筈です。

こちらから給与にしてくれと頼んでも雇用関係がない以上、無理です。
2.給与だと、源泉徴収票がもらえるので、それを会社に提出すれば確定申告の必要がないですよね?報酬の場合、確定申告をする時、源泉徴収票のような所得証明書はどれになるのでしょうか?
給与所得の場合でも2ヶ所以上から受給を受けている人は、確定申告が必要です。(20万円以上)従って、今、お勤めの会社ではそこの会社分だけで年末調整がされます。
報酬の場合は、支払調書という調書が発行されますので給与と併せて確定申告します。

3.税金の引かれ方等で、給与と報酬は大きく違いがありますか?
報酬の場合は、報酬源泉(10%又は20%)を差し引かれる職種がきめられていますので、これに該当しない場合は、何も引かれません。
給与の場合は、2ヶ所目からは乙欄適用で源泉徴収になります。
金額によって税率が変わりますが最低でも3%引かれます。

結論としては給与であれ報酬であれ20万円を超えれば確定申告が必要なり、申告を行えば税額も同じになるということです。

1.給与か報酬かというのは何を元に決めているのでしょうか?
雇用関係があるかないかで決まります。
今、お勤めのところは勤務時間が決められていると思います。
超過すれば残業手当が付くでしょうし、勤務時間中は、事業主の指示のもとで働かなければならないはずです。事故を起こせば労災も適用できます。
雇用関係がなければ、こんなことは関係ありません。
請負契約では原則、納期と成果物(または、役務の提供)を守れば良い筈です。

こちらから給与にしてくれと頼んでも雇用関係がない以上、無理...続きを読む

Q派遣社員の給料について

派遣の仕事をした場合の給料についてなんですが
時給×時間数×日数分の金額からどれくらい差し引かれた手取りになるのでしょうか。
例えば
時給1200円×7.5時間×22日=198000
ですが、ここから何をどれくらい天引きされるのでしょうか。
派遣元?派遣会社にも手数料みたいなのが引かれますか?
詳しい方、実際に派遣社員の方、ご回答いただけましたら助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。

私自身は、派遣先企業の管理職として複数の派遣会社から派遣されて来る派遣社員を使ってた立場ですから、派遣社員の経験はないですが、派遣先企業は派遣会社に5割増し程度の人材派遣料を払ってました。

具体的には、1名に対して1ヶ月30万円程度の派遣料を払ってましたが、派遣社員は20万円程度の給料しかもらえないと聞いてましたから、1/3に相当する10万円程度が派遣会社のマージン(手数料)になってます。

この辺は、派遣会社の企業方針ですから、派遣先企業が介入することは出来ませんが、派遣社員の時給が1,200円だとすれば、派遣先企業は派遣会社に時給1,800円程度は払ってると考えて仕事をしてください。

なお、派遣会社によっては雇用保険料のみ加入の会社もあるようですし、厚生年金と健康保険にも加入してる会社もありますから、税込給料が同じ20万円でも社会保険料の控除額が大きく違ってくるため、手取額に数万円の差が出ることになります。

ですから、あくまでも概算ですが20万円の給料から所得税と雇用保険料だけの控除なら19万円ぐらいの手取額になるでしょうけど、厚生年金と健康保険料を控除されると手取額は17万円を僅かに下回る16万円代の手取額になると思います。

ちなみに、社会保険料は労使折半になるため、派遣会社も保険料の半額を負担する義務があるので、手取額が少なくても厚生年金と健康保険に加入してる派遣会社のほうが派遣社員は将来的(年金受給)には得になるのですが、若い人は目先の手取額が多いほうが良いと考えるようで雇用保険のみ控除の派遣会社を好む傾向がありました。

こんにちは。

私自身は、派遣先企業の管理職として複数の派遣会社から派遣されて来る派遣社員を使ってた立場ですから、派遣社員の経験はないですが、派遣先企業は派遣会社に5割増し程度の人材派遣料を払ってました。

具体的には、1名に対して1ヶ月30万円程度の派遣料を払ってましたが、派遣社員は20万円程度の給料しかもらえないと聞いてましたから、1/3に相当する10万円程度が派遣会社のマージン(手数料)になってます。

この辺は、派遣会社の企業方針ですから、派遣先企業が介入することは出来ませんが...続きを読む

Q2箇所で働いている場合の年末調整

周りに、例が無いのでこちらで質問させていただきます。派遣で2つ仕事をしており、A社からは月¥75000程度(所得税は引かれてません)、B社からは月¥110000程度(こちらは所得税が引かれてます。)の収入があります。
今月、年末調整の用紙がどちらからも送られて来ました。この場合、
(1)収入が多い方だけ、年末調整してもらう
(2)両方で年末調整してもらう
(3)両方とも年末調整してもらわず、自分で確定申告をする。
以上が、私が考え付く方法なのですが、どれが正しいのでしょうか?
もしくはほかに正しい方法がありますか?

因みに、昨年は良くわからずに、両方とも年末調整して、両社の源泉徴収書を貼って確定申告したところ、税金を¥60000くらいまとめて払うことになりました。

会社で年末調整してもらった源泉徴収書なのにそれを、自分で確定申告する必要は無かったのかなぁと、今年は思いましたので、今年はどうしたらいいのかキチンと調べて対応したいと思います。
アドバイスのほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おかしなことになっていますね。

どちらの会社でもご質問者はその会社のみ勤務としているとみなして年末調整をしてしまっているようです。
どちらか一方の会社(大抵は主でないほう)にほかからの収入があるので年末調整は不要だから、年末調整しないでそのまま源泉徴収票をくださいと伝えてください。

本来A社のほうからも源泉徴収で所得税が引かれていなければなりませんが、ご質問者がAの会社に主たる勤務先という形にしてしまったために、源泉徴収の基準金額(8.7万円/月)に到達しないことから源泉徴収されていないのです。だから納税不足で確定申告で追徴課税されたんです。
本来従となるほうでは、給与金額が少なくても源泉徴収されるものなのです。

さて、ご質問者の用に2箇所からの給与所得がある人は確定申告しなければなりません。(従となる給与収入やほかの収入が20万を超える場合。ご質問者の場合は7×12=84万円で超えますね)

たとえばAの会社を従として、Bの会社を主とします。

・Bの会社で年末調整を実施して、Aの会社の源泉徴収とあわせて確定申告

という形になります。
今年はAの会社で源泉徴収されていないことから納税不足になっており、今年も追徴課税されるでしょう。
来年から正しい形であれば、今度は確定申告で「還付」を受けられるようになります。
(納税額自体は収入が同じであれば同じですが)

なお、年末調整か確定申告時には、保険関係も支払っているものがあれば、控除の対象になりますので申告してください。税金が安くなります。

関係するのは、

a)社会保険... Bの会社で社会保険に加入している場合は年末調整で控除済みです。
  国民年金や国民健康保険であれば金額を記入してください(証明書は不要)
b)生命保険
c)年金保険
d)損害保険
  火災保険や個人賠償保険など。(車の保険は対象外です)
e)10万円以上かかった医療費(本人負担分のみ)

などです。

おかしなことになっていますね。

どちらの会社でもご質問者はその会社のみ勤務としているとみなして年末調整をしてしまっているようです。
どちらか一方の会社(大抵は主でないほう)にほかからの収入があるので年末調整は不要だから、年末調整しないでそのまま源泉徴収票をくださいと伝えてください。

本来A社のほうからも源泉徴収で所得税が引かれていなければなりませんが、ご質問者がAの会社に主たる勤務先という形にしてしまったために、源泉徴収の基準金額(8.7万円/月)に到達しないことから...続きを読む

Q日給1万2千円の所得税はどれぐらい引かれる?

カテゴリー違いならすいません。

日給(日払い)から所得税はどれぐらい引かれるのでしょうか?

(1) 日給1万円未満

(2) 日給1万円以上

日によって残業なしもあるので日払いで9000円~1万3千円ぐらいに
なるのですが所得税がどれぐらい引かれるのかわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に回答がある通りですが、給料が日払い(又は週払い)で支払われる場合には、日額表を使用して税額を求める事となりますが、2ヶ月以内の単発の仕事であれば、通常は丙欄を適用しますので、9,300円未満であれば税額は発生しない事となります。
(日給計算の給料であっても、月単位で支払われる場合には、月額表を用いるべき事となります。)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2511.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2514.htm

他の方が掲げられているサイトの日額表の通りですが、仮に1万円ちょうどであれば27円、1万3千円であれば132円という感じです。

但し、もしも2ヶ月を超えて継続して働かれる場合には、丙欄は適用できませんので、扶養控除等申告書を会社に提出していれば甲欄で、提出がなければ乙欄で源泉徴収すべき事となります。

Q夫の扶養に入っているが、確定申告と年末調整、どちらをすればいい?

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の健康保険に切り替え、扶養に入りました。

もうすぐ年末調整の時期ということで、派遣会社から源泉徴収票を取り寄せ確認したところ、1月~退職日までの収入金額が約113万円でした。

ここでお聞きしたいのが、
1)夫の扶養家族として、夫の会社から渡される年末調整の申請書に必要事項を記載すればきちんと処理されるのか?
それとも私の分だけ来年になってから確定申告をするのか?
どちらがよろしい(正しい)のでしょうか?
(無知すぎて質問自体がおかしいかも知れません‥)
2)また、もし私が確定申告をするのであれば、夫の会社から渡される年末調整の用紙には、扶養であっても私の事は一切、何もかかずに提出していいのか?

よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

本当に無知すぎてお恥ずかしいのですが、毎年、年末調整やら確定申告のことになると頭を悩ませています‥。
それに今年は途中で仕事をやめたり、夫の会社の健康保険に入ったりと色々あり、どうしたらいいのかと色々調べている次第です。
詳しい方がいましたら、どうか教えていただければ‥と思います。

よろしくお願い致します。

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず給与所得の収入金額等の欄に1130000と書きます、その横に650000とすでに印刷されていますね、1130000からその650000を引いた金額480000をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄がありますね、そこにその480000を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表がありますね、左側のA欄の金額で先ほどの480000は「450000円から499999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が310000円となっています、この31万の31をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。
これが一応の手順です、これで夫は31万の配偶者特別控除が受けられます。

>(2)

繰り返しになりますが質問者の方の確定申告は妻側の税金の処理、夫の会社から渡される年末調整の用紙は妻の収入は書きますがあくまでも年末調整という夫側の税金の処理ですから混同しないように。
それぞれ別々の処理ですから、どちらか一方をやればもう一方はやらなくてもよいということはありません、どちらも処理もそれぞれ必要です。

>よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

103万を超えているいないにかかわらず所得税が天引きされていれば、確定申告をすることによって例えわずかでも還付がありますのでやったほうがいいと思いますが。

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。


人気Q&Aランキング