宗教的見地等ではなく、医学的見地等からの回答を求めます。

血液が単なる液体という訳ではなく、型がいろいろあってなおかつ、遺伝子情報が含まれている・・・ その事実を見ると、軽々しく輸血とか本当にして良いのかな? と不安になります。
もしかしたら、まだ発見されていない「血液の型式」があるのかもしれないし、なぜ遺伝子情報が含まれているのか、輸血した一代目は何も起こらなくても、何代か後に何も起こらないという確証があるのか、それが知りたいです。

私自身は、輸血反対者ではありません。ただ、疑問を解決したいのです。どうか、この無知な者に良回答をお与えください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

現在の輸血では、次の問題点をかかえています。


1.感染に対する危険
   過去に、輸血によりいくつかの肝炎ウイルスや、エ   イズのウイルス(HIV)が感染しています。現在は検   査ができておりますので、心配は少ないのですが、   検査方法に限界があるため、100%安心ではありませ   ん。
   また、クロイツフェルトヤコブ病と言うんですが、   新しい病気に感染する可能性が検討されています。
   その他、現在見つかっていない病原菌に対しては、
   予防できません。
2.免疫反応
   他の回答者が指摘している様に、輸血は一種の移植   と考えられるので、拒絶反応が起きるケースがあり   ます。この拒絶反応を詳しく説明することは難しい   のですが、HLAという特殊な血液型の組み合わせによ   り、まれに起きることがあります。一旦起きたら、   死につながる重大な副作用が起きます。これを予防   するため、血液センターなどで、血液に放射線を照   射するなどして、対策をしております。
3.その他、
   軽微なものを含めると、発熱など輸血後の副作用は   、一般の医薬品の副作用より多いのが現状です。

以上、輸血の抱えている問題点を挙げましたが、これらの問題点を承知した上で、輸血無しには治療困難な患者様も
あります。他の手段が無く、必要な為輸血しているという
点をご理解ください。説明不足の点は、参考サイトをご覧ください。

参考URL:http://www.yuketsu.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/17 01:22

輸血だけでなくすべての医療行為について言えることですが、利益と損益を考えて治療行為は選択されます。



それがわからなければ、いくらいろいろな回答を貰っても無意味ではないでしょうか。

輸血は予想される損益も伴いますので常にそれから得られる利益と比較して、施行は決定されます。軽々しく行われてはいません。
    • good
    • 0

 輸血は決して安全とはいえません。

遺伝子うんぬんは別にして例えば肝炎のウィルスにしても今は一般的にはC型までしか検査できませんが、実際にはその他のウィルスも発見されています。したがって感染という面一つをとっても安全とはいえません。だからこの危険性を考えてもなお必要な場合、それこそ出血多量で輸血をしなければ生命の維持が困難な場合などに限られるべきです。また、人工関節などのある程度時間的余裕のある手術の場合は、自家輸血といって、あらかじめ自分の血液を採血、冷凍保存し、必要な輸血量を確保して手術するなど、安全な方法もあります。
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「輸血反応」
関連リンク先も参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。感謝です。

お礼日時:2001/03/17 01:25

 現在の輸血は成分輸血というのが主体です。

これは血液を赤血球、白血球、血小板、血漿などに分離して、その患者さんにとって本当に必要な物だけを輸血するというものです(貧血の人に赤血球だけ輸血するとか)。また、血液型が異なる人の血液を体内に入れると、血液が固まってしまいます。これを防ぐために輸血する前に、輸血される人の血液と、輸血する血液とを、ある一定の方法で混ぜ合わせお互いに固まらないことを確認してから輸血します。ですから人類の知らない血液型はたくさんあると思われますが、以前に比べ比較的安全になったと思われます。
 しかし、現在はB型肝炎、C型肝炎、エイズなど分かっているウイルスに関しては検査がされていますが、まだ、人類の未知の危険なウイルスが潜んでいる可能性は十分にありますし、めったに起こりませんがGVHDという、非常に死亡率の高い危険な副作用があることも事実です。絶対に安全とは言えませんが、これらの副作用を考慮して、それでも必要だと思われた時に輸血はされているはずです。
 遺伝情報に関しては確実なことは言えませんが、基本的には細胞の核がないと遺伝情報であるDNAは伝わりません。血液の中で核を持つのは白血球だけで、白血球を輸血することはまずありえないことなので、あまり気にしなくても良いのでは、と思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に分かりやすく、正確なお答えをありがとうございます。

お礼日時:2001/03/17 01:18

 ふむ、、、私は生後まもなく死にそうになった(らしい?)ので輸血していただいています(全交換)。

その後何ともなくここまで生きてきているのだから、大丈夫なのでしょう。軽々しく輸血した結果、もしかしたらなんか影響があるかもしれないですが、重々しくなってしまって結果として死んでしまうのに比べればいいと思います。

 さて、血液型ですね。血液型は血球の表面に出ている、分子の構造によって決まっています。例えばABO式は糖鎖の構造で、RhやHLAはたんぱくの構造で決まっています。表面分子は多種多様であり現在区別されているものでも数百種類です。(まだ発見されてないものも当然有るでしょう。)しかし、このうち輸血の際に重要なのは赤血球上にあるABOとRhです。これが適合しないと赤血球が抗体によって凝集してつまってしまいます。逆にこれさえあっていればほとんどのひとでは大丈夫です。(たまにだめな人がいる。よって100%ではない!) 臓器移植で有名になった白血球上のHLAも最近は調べるみたいです。

http://www.kenketsu.org/chisiki/index.html

つぎ、遺伝情報ですね。血液の中には 非常に大雑把にいうと、赤血球と白血球(一種類ではない!)があり、このうち白血球には核が有るため遺伝子が含まれています。このことですか?でも、これは特になにもしないです。血球には寿命が有るので、死んだ後はきれいに掃除・分解されてしまいます。人間の場合には他の遺伝子を取り込んだりはしないはずです。

 まぁ、すごく厳密に考えると、たとえば輸血血液にベクターになるウイルスが入っていて、これが偶然にも相同組み替えが起こったりしてると、どうなるかは分からないですけども、、、(遺伝子治療のようになる??)また、万一の場合でも生殖細胞まで組み変わる可能性はさらに低いですから、子孫はまず大丈夫です。でもそんな心配よりもウイルスによる病気の心配の方がはるかに大きいです。

 結局、100%を望むのであれば、どんな医療も受けられません。ある一定の確率の失敗は甘受せざるをえません。いかにその確率を減らすかが重要なのです。

 いかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良く分かりました。それと同時に、こうして輸血によって救われている方がいらっしゃるのに、「軽々しく」などというのは、失言でした。申し訳ございません。

お礼日時:2001/03/17 01:15

 遺伝子情報の件についてはわかりませんが、過去のC型肝炎やエイズの例の様に、現在の医学で解明できないなにかがあるかもしれません。

やはり「軽軽しく」しないことです。最近は、輸血を急がない場合は、自己輸血ということもできます。
(自己輸血)
http://www.hokkaido.bc.jrc.or.jp/supply/supply50 …

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2kousei …
    • good
    • 0

遺伝子情報が含まれていると言うことに関しては、全く問題ないのではないでしょうか。

輸血によって入ってくる血球(赤血球、白血球、血小板など)には寿命がありますし、これらの血球は分裂して増えたり体内にずっと残ったりはしませんので、次の世代に影響するという心配はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

血球には寿命があるのですね。なるほど。納得できます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/17 01:05

URLを失念しましたが、お医者さんが出していたHPで読んだ内容で。



血液は臓器の一種である。輸血とはつまり臓器移植である。100%安全な臓器移植がないように、100%安全な輸血もない。怪我や手術で輸血をするのは、出血が多い場合、放置しておくことの危険と輸血の危険を比較して、輸血を選択しているのである。

とのこと。
私の医学知識の不足から誤解して覚えている部分があるかもしれませんが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いち早くお答えをいただき、ありがとうございます。非常に明快で良くわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/17 01:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q輸血の副作用について

溶血性貧血で毎週400mlの輸血をしていますが、発熱黄疸が続き、今月から洗浄赤血球を輸血するようになりました。それでも高熱が出るのですが抗体がP式(P2)とDuffy式(Fyb)があるといわれた事と関係があるのでしょうか?適合WRCを使用していると聞いているのですが毎回輸血をするたびに弱るのでしないほうがいいのではと思っています。輸血前はいつもRBC160万、HGB3.5ぐらいです。

Aベストアンサー

ANo.#1 の補足です。

>脾腫が大きく摘脾も考えられるが要因がはっきりしないため効果
>が期待できないこと、感染のリスクが高いことなどを理由に出来
>ないといわれました。

病院側としては、大変大きなリスクの割に得られる成果は不透明で
す。
臨床データがほとんどありません。

VRSE(バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌)に感染し敗血症に移行
した場合大変厳しい状況になります。
いわゆる、院内感染ですが、保健所へ届ける義務があります。

病院は、院内感染が起きないように管理する義務がありますので医
療事故として莫大な損害賠償を請求されることもあります。

医療倫理の確立した病院は正直に報告しますが、院内感染を起こし
た病院として社会からたたかれます。


>洗浄赤血球を輸血しても副作用は収まらないとすれば何が原因な
>んでしょうか?主治医は分からないといいます。

通常、対応する検査機器や治療のための医療機器などの設備がない
場合や、専門医がおらず手に負えないと判断したら、大学病院など
の専門病院を紹介します。

確定診断のための考えられる検査は全て行っているようですので、
溶血性貧血に関する病気を研究している大学病院でも、結果は同じ
かもしれません。

現代医学は万能ではありません。
あらゆる病気の中で、原因と治療法が確立しているのは、数パーセ
ントと言われています。



希望的観測を言うべきではありませんが、
どこかの質問の回答にも書かせて頂いたのですが、
十代の前半で余命半年と宣告され、あらゆる健康法を試して、最後
にヨガにたどり着き、藁にも縋る思いで ヨガの呼吸法をマスター
して奇跡的に回復し、超人的な能力に目覚め現在も活躍している方
がおります。
一時期テレビにもよく出演しておりました。

ヨガの呼吸法は、人体に害や悪い副作用はありませんので 試して
みる価値はあるかもしれません。

驚異的な自然治癒力を目覚めさせる鍵や、アカシックレコードにア
クセスする鍵をこじ開けることができるかもしれません。

人間は、大きな病気をすると自分に正直になり物事に対する考察や
人生に対する省察が深まります。

人生は、「サムシング グレート(何か偉大なもの・真理)」に気
づくための修行の場であり、それに気づくまで何度も繰り返すとい
う考え方もあります。

QOL(クオリティー・オブ・ライフ)を高めて、内なる声に耳を傾
けて下さい。


以上参考まで。
お大事に。

ANo.#1 の補足です。

>脾腫が大きく摘脾も考えられるが要因がはっきりしないため効果
>が期待できないこと、感染のリスクが高いことなどを理由に出来
>ないといわれました。

病院側としては、大変大きなリスクの割に得られる成果は不透明で
す。
臨床データがほとんどありません。

VRSE(バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌)に感染し敗血症に移行
した場合大変厳しい状況になります。
いわゆる、院内感染ですが、保健所へ届ける義務があります。

病院は、院内感染が起きないように管理する義務...続きを読む

Q輸血や血液製剤

出産を控えている妊婦です。
出産時に出血が多量だと、輸血や止血剤を使いますよね。
その際に肝炎やエイズなど移る心配はないのでしょうか?
すごく気になっています。
もし可能性があるならばどうしたらいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

輸血による感染症ゼロではないです。つい先日も日赤の血液に肝炎ウイルスが混入していたとかで騒がれていましたね。既知のウイルスについてはほとんど除去できます。が、未知のウイルスまたはHIVに感染直後の血液など検査を通り抜けてしまう事もあります。しかし、普通に市販されているお薬でも何万人、何千万人に一人くらいは副作用で亡くなってますし、感染症にかかる確率も微々たるものです。そのへんは個人の価値観によっても違います。
BSEだって牛食べて発祥して死ぬ可能性考えれば交通事故に会う可能性のほうが断然高いわけです。なので私は気にせず牛肉食べまくってます(笑)
余談はさておき医療において100%安全なんてありえませんからどこかで妥協は必要です。輸血をしないリスクとするリスクを十分医師と話し合ってみてください。
元気な子が生まれるといいですね。

Q輸血

抗癌剤投与後の副作用に対しての“輸血”はどんなもんでしょう?素人考えでは“輸血”とは大量出血を伴う手術以外には用いないような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

輸血ということなので、全血という前提で書くと、出血や貧血なら手術以外でも十分に治療で使う可能性はあります。

また、成分で、特に血小板などは白血病やリンパ腫の治療、貧血や血液凝固異常でもよく利用すると思います。

白血病などは、正常な骨髄では無いので、貧血状態なことも多いですし、血小板の減少はいろんな状態で出血をしやすくしますので、抗がん剤の利用で細胞分裂の早い部位である骨髄抑制を起こしたときなどは有効でしょう。

全血の必要があればともかく、成分の必要な部分だけを利用することで、より輸血の効果が出て、無駄な献血が減らせると思います。

Q輸血の感染対策

看護師をしているものです。
同じ患者に血液パックをいくつか輸血するときの話です。
輸血交換時、瓶針が血液で汚れていたので、アルコール綿で拭いたところ、同僚に不潔であると指摘されました。
同僚の話によると、拭かなくてそのまま次の輸血に接続すればよいと言っていました。

アルコール綿で拭くといった行為が感染になってしまう可能性もあると言われたのですがどうなのでしょう?

Aベストアンサー

清潔域、不潔域で考えて見ましょう。

開腹手術で、メスで皮膚切開して開きました。
次に新しいメスで腹膜を切開しました。もう少し広げようと思いますが、メスに血がつきました。これをアルコール綿で拭きますか?拭きませんよね。なぜですか?血がついたメスは不潔ではないのですか?生食ガーゼなんて殺菌力のないもので拭くのはなぜですか?

同じ患者の同じ腹部内で、おなじ清潔のレベルだから、血のついたメスを使っても、新たな感染を持ち込まないから、拭く必要はないわけです。それよりもアルコール綿の方が不潔かもしれないからアルコール綿は使わないのです。生食ガーゼは血のりによってメスの切れ味が落ちるのを防ぐためであって、感染防止の意味はまったくありません。

輸血交換時、針が血液で汚れていたとしても、その汚れはたった今まで輸血として、患者の体内に注入していた血液です。これが不潔だということは、患者の体内に注入していた血液が不潔だということです。不潔な血液を輸血なんかしませんよね。清潔な血液を輸血しているのです。その血液が針についていたとしても、その血液は清潔な血液です。拭き取る必要はありません。

もちろん長時間にわたってその血液が空気中に露出していたりしたら、話は別です。しかし、今話題になっているのは、血液パックから針を抜いたら血がついていたという話です。この血液は清潔な血液ですから、消毒だけで滅菌のできないアルコール綿で拭くと、針の清潔度のレベルが落ちてしまいます。すなわち、不潔になってしまうのです。

清潔域、不潔域で考えて見ましょう。

開腹手術で、メスで皮膚切開して開きました。
次に新しいメスで腹膜を切開しました。もう少し広げようと思いますが、メスに血がつきました。これをアルコール綿で拭きますか?拭きませんよね。なぜですか?血がついたメスは不潔ではないのですか?生食ガーゼなんて殺菌力のないもので拭くのはなぜですか?

同じ患者の同じ腹部内で、おなじ清潔のレベルだから、血のついたメスを使っても、新たな感染を持ち込まないから、拭く必要はないわけです。それよりもアルコール綿の方...続きを読む

Q自己免疫性溶血性貧血で輸血をされた猫ちゃんはいますか?

輸血をしたときの状況を教えてもらえませんか?

まずクロスマッチテスト、それを行いましたか?

クロスマッチテストを行っても副作用は0ではないと言いますが、
副作用は出たんでしょうか?

ちょっとお話をさせてください。

Aベストアンサー

猫ちゃんの御冥福をお祈り申し上げます。
たぶん、何を選択しても後悔はしてしまうと思います。
お気持ち、理解出来ます。


殊更、副作用...という感じではなかった気もしますが、こちらの思うように輸血はしてくれませんでした。
かなり数値が下がって(危険レベルまで)、ようやく輸血という状態です。
危険レベルになる前に輸血をお願いすると「出来れば輸血したくない。負担もあるから」とは言われました。
そのへんは不満でしたね。

副作用については特に躊躇はしなかったです。
輸血した時の副作用やリスクは確かに怖いですが、この子の場合、輸血しなければ確実に死んでしまうからです。
同じ後悔をするなら、何もしないで後悔するより、何かをしての後悔の方が良いと思ったので。
今は輸血が必要ないですが、輸血で命が助かるなら何度でも輸血するつもりでした。そこに迷いはありませんでした。


五年前の子はFIPからの貧血で輸血したのですが、その時の病院はクロスマッチテストの事も血液型の事も、リスクも副作用も何1つ説明がありませんでした。
輸血して少しでも愛猫が楽になれるならと、藁にもすがる思いでいわれるままに輸血しました。
結果、急変して亡くなったんです。
この病院は急変した事も、お迎えに行くまで知らせてくれませんでした。
電話1つしてくれれば良いだけなのに。

輸血との関連は低いとは言われましたが、リスクも何も説明がなかった病院に対して不信を抱きました。
もし、リスクをその時に知っていれば、負担を考えて輸血しなかったかもしれないからです。
この子に対しては、今でも後悔しています。
言われるままに輸血をした事、この病院を選んでしまった事に。

この思いはずっと心に抱えていくと思います。

猫ちゃんの御冥福をお祈り申し上げます。
たぶん、何を選択しても後悔はしてしまうと思います。
お気持ち、理解出来ます。


殊更、副作用...という感じではなかった気もしますが、こちらの思うように輸血はしてくれませんでした。
かなり数値が下がって(危険レベルまで)、ようやく輸血という状態です。
危険レベルになる前に輸血をお願いすると「出来れば輸血したくない。負担もあるから」とは言われました。
そのへんは不満でしたね。

副作用については特に躊躇はしなかったです。
輸血した時の副作用...続きを読む

Q輸血の際に使用する針のG

輸血って太い針を刺すような印象があるんです。血液の成分が太くないと壊れてしまうからかなあ~なんて勝手に思っているのですが何G以上とか何G以下とか一般的に輸血の時に使うのは22Gと18Gとか決まってたら教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.yuketsu.gr.jp/qa/Q9.html
が参考になるでしょうか

Q輸血:RC-MAPからIr-RCC-LRへの名称変更

2年目看護師、輸血について勉強中です。
今年1月に、RC-MAPからIr-RCC-LRへと名称変更がありました。
それの意味がわからず調べたあげく
「製造過程において、原血液から無菌的に白血球を除去した輸血製剤」
であることは理解できました。
そして、白血球を除去することで副作用の予防・低減につながるとのことでした。
そこでどうしても理解できないことがあり、質問させてください。

なぜそんなにも白血球は除去されなければ副作用につながるのでしょうか?
そもそも白血球製剤の輸血を受けられる患者様もいらっしゃるのに、
白血球が必要でない方にとっては少しであってもそんなにも害があるのでしょうか??
血液疾患を患われている患者様には、白血球除去フィルター付の輸血ルートを使用するように先輩に以前教わりましたが、根拠はうまく説明していただけませんでした。
これと関係しているように思うので、今回どうしても同時に解決したいです。
輸血についての講義を病棟で開かなくてはいけないため、
どのような質問をされても答えられるように準備をしておかなければならないため、大変困っております。
どのような些細な情報であってもかまいませんので、情報提供をよろしくお願い致します。

2年目看護師、輸血について勉強中です。
今年1月に、RC-MAPからIr-RCC-LRへと名称変更がありました。
それの意味がわからず調べたあげく
「製造過程において、原血液から無菌的に白血球を除去した輸血製剤」
であることは理解できました。
そして、白血球を除去することで副作用の予防・低減につながるとのことでした。
そこでどうしても理解できないことがあり、質問させてください。

なぜそんなにも白血球は除去されなければ副作用につながるのでしょうか?
そもそも白血球製剤の輸血を受けられる患...続きを読む

Aベストアンサー

輸血の副作用として有名な各種の赤血球型に対する抗体反応による不適合輸血は、輸血前検査で検出し予防することができますが、赤血球以外の白血球や血小板その他の血漿成分に対する反応は検出できませんのでこれらに由来する輸血による発熱や蕁麻疹は今でも時々生じるものです。
頻回に輸血することが予想される患者さんには白血球に対する抗体が作られてこうしたことがおこりやすくなりますので輸血時に白血球除去フイルターを使っていましたが保存中に遊離して除去できなくなる抗原があったり輸血時にフイルターを通すことに由来する副作用もあり使いにくい状況でした。
こうしたものを予防して輸血副作用を減らすのが保存前白血球除去の目的です。
さらに白血球内のCMVウイルスによる感染が減ることも期待されています。
なお、輸血後GVHDの予防としてはこの白血球除去では不十分で、従来通り放射線照射が必要です。
白血球をどうしても増やす必要がある場合はG-CSFと呼ばれる薬が使えるようになっていますのでこれらが選択され、白血球輸血はごく限られたものとなっています

参考URL:http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/hp-blood/www/transfusionreactionhomepage.htm

輸血の副作用として有名な各種の赤血球型に対する抗体反応による不適合輸血は、輸血前検査で検出し予防することができますが、赤血球以外の白血球や血小板その他の血漿成分に対する反応は検出できませんのでこれらに由来する輸血による発熱や蕁麻疹は今でも時々生じるものです。
頻回に輸血することが予想される患者さんには白血球に対する抗体が作られてこうしたことがおこりやすくなりますので輸血時に白血球除去フイルターを使っていましたが保存中に遊離して除去できなくなる抗原があったり輸血時にフイルタ...続きを読む

Qこの輸血・・・可能だと思いますか??

先日ある小説で、頚動脈を切られた人が出血多量で死に掛けてるとき、止血して、その場で同じ血液型の人が自分の血を注射で採取し、その人に注入して助けるというシーンがありました。
現実的にこのやり方で助かるのでしょうか?「多少無理はあるが小説だから」で済ませられるレベルですか?

また頚動脈の止血ってどうすればできるのでしょうか?

Aベストアンサー

体重の12分の1が血液とします。
その3分の1が失われると失血死となりますので、
体重60kgの方なら、1600cc出血すると命の危険があります。

死にかけているので、1000cc出血していると仮定して、
3人で、500ccずつ輸血すれば、大丈夫かもしれません。

ただ頚動脈を圧迫止血すれば、
脳にダメージをおこしますし、
輸血された側が、普通に社会復帰できるまでに回復するかは
疑問です。

Q抗がん剤中の輸血について

現在親が抗がん剤をしており、その副作用なのか、白血球と赤血球(ヘモグロビン?)の数値が低いです。
赤血球の数値が低いので輸血をすると言われたのですが、感染症やショック死などの可能性もあると言われたそうです・・・

赤血球の数値が6.5という事なのですが、輸血はやはり赤血球の為にも必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

抗がん剤の副作用による血球の減少の時に使える薬で、白血球を増やす薬はありますが、赤血球を増やす薬はなかったと記憶しています。
赤血球はご承知の通り、酸素を運ぶ細胞ですから、これが少ないということは直接命に関わることになります。
女性に多いといわれる鉄欠乏性貧血とは異なり、赤血球そのものが少ないため、鉄剤を投与しても効果は無く、抗がん剤治療を行っていると、骨髄抑制もありますから、血球作られないという状態になってしまっています。
ですから、赤血球を増やすため直接投与する輸血が必要となるのです。

Q自分が輸血されたかどうかを知るにはどうしたら??

6歳の時に交通事故に遭い、脾臓摘出の手術をしました。
それから30年以上の年月が経っているのですが、自分がその時輸血されたかどうかが判りません。
実は今日、初めて献血ルームに行ってみたのですが、やはり「輸血の有無が判らないと献血できない」と言われて、断られてしまいました。
6歳の時に入院した病院は、10年程前に移転して他の病院と合併されてしまって
います。
この病院でたずねるのがベストなんでしょうか?
簡単に教えてもらえたりするものなんですか??

Aベストアンサー

カルテ保管の義務は5年だったと思いますので、30年以上前のカルテを、
その病院が保管されている可能性は少ないと思います。

輸血の際には患者さんやその家族に、輸血の必要性と危険性について詳しく説明がされ、
同意を得た上で輸血を行うことになっていたと思います。

『輸血同意書 』に署名してからでないと、輸血はできなかったと思いますので
やはりご両親に聞かれるのが、いちばん良いと思います。


人気Q&Aランキング