クリック証券ではスプレッドと手数料が0ですよね?
このような料金体系で証券会社はどのようにして儲けているのでしょうか?

ドル円だけが0なので、それを呼び水にして他の通貨で儲けているのかもしれませんが、それにしても安すぎると思うのです。
どなたか教えてくださると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

顧客のポジの比重によって表示してる値段ずらして0に見せかけてるだけ


損しない値段なら約定しますが、損になりそうなときは約定拒否
*実際クリックは損しなシステムを導入してると言ってたような気が。。。

業者の特徴は
狭いスプ、鈍い価格変動、低い約定力、不安定なシステム

こういう業者のドル円の実質スプは3とか5とかって言われてますので
まともな業者より遥かに高い利益を出しているのも特徴
*トレーダーズFXは例外

ゼロゼロ物件みたいな物です。

http://www.gci-klug.jp/klugview/2009/01/15/00433 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ネオFX会社の話は非常に興味深く聞かせてもらいました。
美味い話には裏があるという典型ですね。恐ろしいです。

ところで私はセントラル短資でデイトレしていたのですが、スプレッドの幅が気になるので、スプレッドがかなり小さく最も支持されているらしい外為オンラインに新たな口座を作りました。
外為オンラインもネオFXの部類に入るのでしょうか?

もしデイトレ用のお勧めの会社をご存知であれば教えてくださると助かります。

お礼日時:2009/03/21 18:51

#1です。


>ところで私はセントラル短資でデイトレしていたのですが、スプレッドの幅が気になるので、スプレッドが小さく最も支持されているらしいので外為オンラインに新たな口座を作りました。
実は私も探している最中でして。。これは主観にもよりますので
やはり使用感を味わうしかないようですね。
でも、デイトレをされているということは一定の利益が安定しているってことですよね。使い慣れているところの方がよいのでは。。
低スプレッドってことはやはりどこかでその分を補わなければなりませんよね。慣れればクリックでも十分だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
まだ私は初心者なのでなれぬ慣れないというほどではないのですがw
スプレッドがあると損切りをやりにくく感じたのです。
ですから、なるべくスプレッドを小さくしたかったわけです。

で流石にクリック証券の0は怪しすぎるので売買代金日本一って言う外為オンラインなら大丈夫かなと思っていたのですが、外為オンラインもなんか怪しいらしいので…困ったものです。

後は私はデイトレで生活しているわけでもなく。趣味のレベルって感じです。
家に帰ったあとやったり、朝起きてチャート見て形がよかったら約定して、OCO入れて家を出るとかそんな感じです。
今のところ負けてはいませんが、それほど勝ってるわけでもないというレベルです。

お礼日時:2009/03/22 01:23

ネオそのものですね。


ここは業者の中で最も利益を上げてるところですよ。
ストップ狩をサポートが認めたこともあったようですW

ドル円スプ2pで十分だと思ってます。
それ以下でまともな業者って国内にはないですね。
米国のFXCMなら。。。

使い方にもよりますが成り行き中心なら
国内ならSVC FX(SAXO系)
海外ならFXCM MICRO

私は指し中心なので、どこでも構わないんですけど、
わざわざやばいとこではしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございます。

なるほど、安かろう悪かろうでは意味がないですからね。
私は最初口座を作る時『セントラル短資なら有名だし、大丈夫でしょ』と選んだわけですが、その判断はあながち間違ってなかったわけですね。
SVC FXの口座も作ってみます。

スプレッドがあると素直に損切りしにくいと感じたのでスプレッドを低くしたかったのですがなかなかままならないですね。

お礼日時:2009/03/22 01:15

No2さんの意見に加えてスワップポイントの差があります。


他社と比べて売りと買いの差が大きかったりしてその差で儲けを出していたりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かにスワップポイントの差で儲けるという手もありますね。

まあそちらについては私は基本的にデイトレ的な短期売買をするつもりなので、あまり困らないかなと思います。
皆さんのおかげでFXビジネスの構図がなんとなく分ってきました。
自分が受けているサービスがどういう構図なのか分らないまま、サービスの提供を受けることが嫌だったので助かりました。

また、FX用のお勧めデイトレ口座をご存知でしたら教えていただけると助かります。

お礼日時:2009/03/21 19:28

>クリック証券ではスプレッドと手数料が0ですよね?


手数料は0ですが、ドル円のスプレッドは平均1くらいです。
0のときがあるという意味ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに常に0ではないですね。
ドル円の一番活況な時間帯にスプレッド0にすることで広告材料にしているということは十分考えられますね。

ところで私はセントラル短資でデイトレしていたのですが、スプレッドの幅が気になるので、スプレッドが小さく最も支持されているらしいので外為オンラインに新たな口座を作りました。
ですが他にお勧めの会社があれば教えてくださると助かります。

お礼日時:2009/03/21 18:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクリック証券スプレット0手数料0で、何で儲ける?

ドル円でスプレッド0手数料0なら、何で儲けるんでしょうか?
ほかの外貨取引に頼っているのでしょうか?
それとも、何か得策があるんでしょうか?

Aベストアンサー

常時スプレッド0ではないです。通常の新規・決済取引は手数料無料ですが、強制ロスカットの場合、1万通貨あたり500円の手数料がかかります。レバ200倍、証拠金ぎりぎりでやっていると、ちょっとしたことで引っかかります。あとは、お決まりのスワップから抜くとかインターバンクレートをちょっとだけ会社に有利なレートにするとかです。
fromユーザー

Qレアルドル、元円、ドル円など通貨対通貨とは何ですか

レアルドル、元円、ドル円ってなんですか? 今外貨経理実務をしていますがよくわかりません。ブラジルの通貨はブラジルレアル、中国の通貨は元ですが、なんで、通貨の後ろに通貨の名前がついているのでしょうか?

レアルドル、元円、ドル円ってなんですか? 今外貨経理実務をしていますがよくわかりません。ブラジルの通貨はブラジルレアル、中国の通貨は元ですが、なんで、通貨の後ろに通貨の名前がついているのでしょうか?

例えば数値はありえませんが、1レアル=1ドル、1元=1円、1ドル=1円というようなことでしょうか?
例えば、レアルドルを円換算してくれと言われた場合、どうやって計算するのでしょうか?
それと何を意味するのでしょうか?
バカな自分でも理解できるようにご教授お願い致します。

Aベストアンサー

相対関係を表すのです。

例えばドル円は、「ドル:円」の関係、つまり、「1ドルを何円で買えるか」、ということです。今だと103円。つまり103円払えば、1ドルを購入することができます。

逆にいえば円ドルだと、「1円を何ドルで買えるか」なので、概ね0.97ですね。

「レアルドルを円換算」は「レアルをドルに換算を円換算」という意味になってしまうので、不自然な用法です。(厳密に言えば「レアル円」ですが。)

ご回答になれば幸いです。

Q手数料0にスプレッド0

この前教えてもらったページを色々みていたら
ゼロってところが手数料0スプレッド0でサービスをしていました。
その他にもいっぱいあるみたいです??

はっきりいって収入って手数料+スプレッドですよね。
その両方とも0でどうやって儲けを出しているんでしょうか。

教えてgooみたいに広告収入とかあるんでしょうか。

Aベストアンサー

No1です。

スワップを調整することは横領にはなりません。

クリック365系以外のFX業者との取引は、相対取引と呼ばれ、基本的には顧客とFX業者との通貨取引です。
そして、スプレッドや手数料、スワップも業者が提示した条件を了承した上で取引していることが条件です。

口座開設などの際にも重要事項説明などで必ず諸々の条件が記載されています。

スプレッド0pipsも価格変動が激しくない通常時は0固定の業者や、幅を持たせて、0~5pipsになることを表記している業者もあります。

現在は当局の指導によって、固定では無い場合は「0pips~」とか「2pips~」といった表記は禁止され「0pips~3pips」と表記することが義務化された筈です。

基本的に取引量の多い、欧州市場オープンの時間から北米市場オープンし、欧州がクローズして取引量が落ちる、日本時間で深夜3時頃までは比較的スプレッドが狭くなる傾向にあるようです。

Q通貨によるスプレッド幅の違いについて

以下のように通貨が違うだけで15倍もスプレッドの
幅が違います。
USD/JPYで2500円相当だとZAR/JPYでは37000円ものスプレッドを
支払わなければならない計算になります。
どうしてこうもスプレッドの比率が違うのでしょうか?
ZAR/JPYだと明らかにデイトレには向いていないですよね?
デイトレする方たちは、USD/JPYなどのスプレッドが狭い
メジャー(多分)な通貨で取引するのでしょうか?

通貨買値売値価格に対するスプレッドの割合
ZAR/JPY15.9615.90.003759398
USD/JPY119.38119.350.000251298

ご教授宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

スプレットは手数料なので、メジャー通貨同士の場合は取引回数も多いし、売買相手も見つかりやすい。だからスプレット幅が小さいのです。

南アフリカランドなどは、売買回数も少ないだろうし、相手も見つかりにくいので、その分スプレット幅を大きくしているのです。

ちなみに、取引業者によってもスプレット幅は違いますよ。
ドル円で2Pのところもあれば、5Pのところもあります。

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報