私は、20代後半のデザイナです。
賞等は取っていますが、若くないので、慎重に学校を選び、
また卒業後は世界を舞台に働きたいと思っています。
以下のような、質問があります。
全てでなくても良いのでお答えください。

・デザイン(ウェブ、グラフィック)、プランの勉強に世界的に優れている学校は?(今の第一希望はロイヤルカレッジオブアート:RCA http://www.rca.ac.uk/で、第二はNYのパーソンズです。http://www.parsons.edu/

・有料の留学サポートは使うべきか?使うべきなら良い留学サポート会社は?

・在学中または卒業後、就職しやすいのは法律的にイギリスかアメリカか?​また、それらをまとめているサイトの有無?

・留学用アカデミック英語の優れた有料サービス、または塾(スクール)は?

・デザイン留学の体験談など

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちわ。

ニューヨークの美術大学で学ぶ為に9年前にこちらに来て、今はデザイナーとして働いている者です。

イギリスのことは分かりませんが、ニューヨークでは主に4つの学校があります。パーソンズ、FIT, SVA, Prattです。私もParsons, SVA, Prattの3つに願書を出して3つとも受け入れられたので悩んだ末にSVAにいきました。
結果としてこの学校は大変良かったです。選んだ理由は、先生たちがみんな現役のデザイナーたち、と言う点につきます。他の学校も調べたんですが、先生がフルタイムの仕事になっている人たちばかりで、私は出てから役に立つ実践的なこと学びたくてSVAにいきました。
ここの先生は本当にみんなフルタイムの仕事を持って活躍している一流の人たちです。
そういったコネをもてるので、インターンや就職も結構先生を通してということがあります。私も先生を通して、インターン、そして就職できました。
またカリキュラムもしっかりしていますし、施設はとても整っています。そのぶん学費は高いですが、でも私はとても満足しました。
卒業してからも夜間のクラスをとったりして、レベルアップもしています。

アメリカも今は仕事がないですが、数年したら少しはよくなるかもしれません。仕事探しはたぶんアメリカの方が楽かと思います。友達がロンドンで仕事探しをしていましたが、ほんとうに見つからなかったようでしたので。

サポート会社はお金の余裕があればいいかもしれません。
ただ、留学すると本当にいろーんなトラプルや問題があります。そういったことに対処することも自分でやらないといけません。なので、今からいろいろ自分でやる癖をつけるのもいいかもしれないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

unizou様

御回答ありがとうございます。とても参考になりました。
とても優秀な学校3つも合格していらっしゃってすごいですね。

先生たちがみんな現役のデザイナーというのはどちらかというと、パーゾンズのイメージでしたが、SVAも実践的なカリキュラムを組まれているのですね。

回答に対して、再び質問で返してしまって申し訳ないのですが、
もしよろしければ、お答えください。
パーソンズ、FIT, SVA, Prattの四つの中でグラフィックといえばココ、インタラクティブといえばココ、プランニングといえばココが優秀というのはありますか?
日本の学校では、グラフィックはタマビ、タイポ、工業はムサビ、彫刻、油は造形大というような感じ(あくまでも私的印象ですが大きくは外れていないと思います。)だと思いますが、アメリカではどうでしょうか?
デザインというある意味一般の人に上下がわかりにくい仕事なので、海外大学を卒業したことをまずステータスにできるようにしたいと思っておりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/11 06:08

補足:


すみません。前回の回答に勘違いがあったため、補足させて頂きます。
私のRCAについての談は、MA(修士課程)コースについてのものでした。
Ph.D.(博士課程)に進学をご希望なされているようですので、多少事情は違うことになると思います。的外れですみませんでした。
ちなみに友人が博士課程コースに在学中ですが、リーディング(読み物?)と論文が中心だそうです。その場合、パートタイムの学生であれば、修士課程コースの学生たちに講師助手として週に1、2回、教える事が可能ですので、割の良い収入源となるようです。ただ、留学生はパートタイムの学生として学生ビザが下りるのが非常に難しくなるそうです。
通常、博士課程に進学をご希望の場合、日本でのMA(修士課程)に相当する大学院の卒業証明と主任教授の英文での推薦状を願書と共に提出致しますので、担当教授に早めにご連絡されてその旨お願いされるのが宜しいかと思います。当時、私は担当教授に”推薦状を書くからには、生半可に終わらせて私の顔に泥を塗るな。”みたいなことを婉曲に言われた覚えがあります。。。
博士課程は長丁場になりますので十分ご準備ください。

この回答への補足

kianiku様
体験を交えた御回答ありがとうございます。
とても参考になりました。

また、はじめにただいたご回答も大変参考になりました。
私はPh.D.(博士課程)を希望していることは確かですが、MA(修士課程)を視野に入れている部分もあります。なぜなら、私は日本で海外の案件はありますが、海外で案件を行ったことがありません(スタッフも日本人のほうがはるかに多いです)。そのため、非常に実践的な力を”現地”で養いたいと考えており「リーディング(読み物?)と論文が中心」ということを予想していましたが、それを実戦に結び付けるには文化や言語の深い理解が必要となり、短期間で私は使いこなせるだろうかと懸念をもっていたのも事実です。
MA(修士課程)を経て、職を見つけることができたらPh.D.(博士課程)を考えるというのも現実的な道かもしれないと再検討することができました。

例えのお話の段落も非常に理解しやすかったです。
ゆえに難しさを再認識することができ、気を引き締めることができそうです。ありがとうございました。

やはり一週間程度はいってみるべきですね。また、できれば卒展なども見てみたいですが、RCAは人気で現地の人も入れないらしいですね。。


----------------------------------------------
以下の情報を引き続き、募集しておりますので、
ご存知の方はぜひご協力ください。
よろしくお願いいたします。

・有料の留学サポートは使うべきか?使うべきなら良い留学サポート会社は?(デザイン系の留学にノウハウのあるところ尚可)

・留学用アカデミック英語の優れた有料サービス、または塾(スクール)は?

補足日時:2009/03/23 12:45
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kianiku様

失礼しました。
教えてgooの利用が初めてなので、補足で返信してしまいました。
お礼という形で、再送さえていただきます。

お礼日時:2009/03/23 13:22

ロンドン在住10年のデザイナーです。

27歳で渡英し、Central Saint Martins MA 卒業後、仏系アパレルブランドに現在勤務致しております。
入学に関しましては、それ相応のご経験がおありのようですので、大丈夫だと思います。特に海外からの留学生には非常に高額な学費を課せられており、学校側としても財政的に非常にメリットがあるため、実務的な面でどちらかと言うと好意的です。
ご存知かとは思いますが、こちらはすべてポートフォリオと面接で採決されますので、英語でのコミュニケーション力が全てといっても過言ではありません。問題はコース開始後で、システムがかなり日本とは異なっているため、学校側の求める質、量でプロジェクトを進めるためには、稚拙ではありますが、少なくとも1年は基礎過程コースでネットワーク作り、コミュニケーション方等に慣れて望むのが理想だと痛感いたしました。私の場合は時間も予算も限られていましたので、そうできる余裕が無く、下からのコースから上がってきている生徒に比べて全ての面で非常に能率があがらず、今でもトラウマになっているほどです。特にRCAはMAコースのみで一般の学生レベルではないため、ほとんどの生徒は、非常に質の高い各自のネットワークを、製作面、政治面で駆使し、それが当たり前となっていますので、そういった物を築き上げていない者にとっては努力や、才能の有無などは問題外でした。
例えば、質問者さんがこれから東京芸大に行かれると仮定いたしましたら、今まで仕事上のネットワークやプロとしての交渉力を最大限にいかして製作されると思います。その場合、日本国外からコースメイトとは、歴然の差が出ると思います。
卒業後、帰国を前提になされている場合は上記のような状況でも大丈夫なのですが、現地で仕事をなされるプランがおありでしたら、ヴィザの処理等も含めて、月並みですが語学力の程度がそこそこでは非常に難しいと感じました。卒業後については上記の事情よりもさらに難しくなるのと、コース開始後、色々と生の情報が得られますのでここでは差し控えさせていただきます。
 無駄に聞こえるかもしれませんが、例え1週間だけでも現地へ赴き、在学日本人のコネクションを作り疑問点を聞いてみるのが一番だと思います。私の経験からではそれが一番有益でした。
デザイナーとしてのキャリアを築く上ではどちらの学校とも有利ですのでがんばってください。チャレンジした以上の物が最終的に得られると思いますよ。
    • good
    • 0

・デザイン(ウェブ、グラフィック)、プランの勉強に世界的に優れている学校は?(今の第一希望はロイヤルカレッジオブアート:RCA ​

http://www.rca.ac.uk/​で、第二はNYのパーソンズです。​http://www.parsons.edu/​)

世界的に優れていても行きたい所が一番では?
デザインは結局の所どこの学校を出ても本人のセンスですので・・・

・有料の留学サポートは使うべきか?使うべきなら良い留学サポート会社は?

斡旋会社みたいなものですか?
現地で助けてほしいことは何でしょう?

他国の留学生はそういったサービスを持たないですよ。
外国の学生が困らないように大学はそういったサポートはあります。
どんなサポートを必要としているのかリストに出してみて、行きたい学校でサポートをしてくれないのなら日系の何処かに頼むのが良いでしょう。

・在学中または卒業後、就職しやすいのは法律的にイギリスかアメリカか?​また、それらをまとめているサイトの有無?

在学中パートタイムをすることは可能です。
規則に違反しなければ良いことです。

卒業後の就労は全く状況が違います。
英米どちらの国を選ばれても残念ながら歓迎されていません。

特に英国は昨年から就労の条件をより厳しくしています。
大学卒業者も就労出来るとうれしいニュースが氾濫していますが実際はほとんど不可能に近い状態です。
特にデザイン系は厳しいですよ。
Webやグラフィックは何も現地に滞在しなくても仕事が出来るのでVisaを申請しなくても充分仕事の契約は可能な職種ですよね。

16-17歳ぐらいのデザイナーもいますので・・・
ITデザイン関係はインド系がやはり強いです。

・留学用アカデミック英語の優れた有料サービス、または塾(スクール)は?

日本のでしょうか? 現地でしょうか?
大学に入学希望があってもあちらの入学資格条件にある程度満たなければ願書も出せないですので。

英国に行きたいのならブリチッシュ・カウンシルのコースを受けられると良いでしょう。
東京以外でもあるのでは?

この回答への補足

ron_ul様
早速の御回答ありがとうございます。
十分でかなった部分を補足させていただきます。

>世界的に優れていても行きたい所が一番では?
たしかに私もそのように思います。
ただ年なので、憧れだけでなくウェブ、プランニングといえばココの学校!というように、いくつかのプラス要素を重ね合わせて志望校にしたいと思っています。少なくとも国内の美術学校にはグラフィックに強いところ、プロダクトに強いところ、アートに強いところなどがあり、実際に卒業後の就職などで結果を出しやすい”流れ”ができていると思います。そうした”流れ”は学校の重要な恩恵のひとつだと考えています。
私の認識では
第一志望のRCAは残念ながら、プロダクト、インテリアあたりが強く、
逆にパーソンズは非常に商業的(プランに力をいれた)デザインを得意とするというのきいたことがあります。
・RCAのプラス(憧れ + 世界で唯一のデザイン博士号を取れる + EUなので他国とのコミュニケーション + イギリスながら高い就職率)
・パーソンズのプラス(卒業後アメリカのほうが就労はしやすい? + 理論的で実践的な授業 + アメリカなので在学中も一年間インターンの時間が取れる + グラフィックが強い)

>斡旋会社みたいなものですか?
そうです。身の回りに留学している人がいないので、基本的な順序というものがわかりません。基本的な順序をなるべく安く、良い実績のある会社を知りたいということです。(特にデザイン系なので、ポートフォリオの作り方、推薦状で有利になる手配の仕方等に実績のあるところです。)

>特に英国は昨年から就労の条件をより厳しくしています。
こういった厳しい内容の情報も非常になります!
では、具体的にどう厳しいのかというところ(具体的な就労ビザ取得条件など)をアメリカとイギリスで比べて、まず国を決定したいと思います。そのために、条件を比較しているサイト等があれば教えていただきたいです。

>留学用アカデミック英語の優れた有料サービス、または塾(スクール)は日本で探しています。
RCA、パーソンズどちらも学費が非常に高いので、語学はなるべく日本でやりたいと考えています。

>大学に入学希望があってもあちらの入学資格条件にある程度満たなければ願書も出せない
確かにその通りです。現状の確認している情報では、RCA、パーソンズともに条件を満たしていると思っています。

補足日時:2009/03/22 11:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美術、デザイン、の分野で、海外に留学された方、アドバイスください

現在、留学を考えています。
私が学びたいのはデザイン(グラフィックデザイン)です。
国はまだ決めていません。今は情報を集めています。

国としては、できれば英語圏、アメリカ、イギリスを考えています。
ただ国立だと学費が安いフランスやドイツも情報を集めています。

海外に留学された方、できれば美術、デザインの分野の学校に留学された方がいらっしゃたら何でもいいので、ご意見ください。
どこの国のどんな学校に行かれたか、その他何でもかまいません。
大学や専門学校だけでなく、例えば短期間の授業や、夜学など、
広く考えています。

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

#1です。僕もグラデでしたよ。 
ただ、学校がパリだったし、5年以上前の話です。先日、ちらっと久々にその学校に行ったんですが、なにもかもが変わっていました。学校だけでなく、パリの街も随分変わってた・・。5年の月日であれだけ変わるので、フランスについては、他の方のフォロー待ったほうがいいかもしれません。

ドイツのベルリンは、行ったことないけど、グラデが進んでいるって聞きます。

で、イギリスですが、前回、書きこみ忘れたURLを付け加えておきます。ご参考になれば。

・有力日系紙「週間ジャーニー」のサイト。トップページ上の「クラシファイド」をチェックです。
http://www.japan-journals.co.uk/

・ロンドン中心ですが、英国に関する質問掲示板です。トップページ上の「FREE BBS」で質問されてみてはどうでしょう。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~london/index.htm/

・英国最有力のクラシファイド紙「Loot」の公式サイト。
http://www.loot.com/

・留学プラザもやってる日本商品何でも屋さん。「ジャパンセンター」のサイト。
http://www.japancentre.com/

・単身向け現地不動産屋さん
http://www.studiosand1beds.co.uk/

・頼れる日系不動産屋さん(ちょっと高いけど)
http://www.london-tokyo.co.uk/

・日本語の通じる安いB&B
http://web.syr.edu/~notakaha/hohoobachan/

・ロンドンのアート系カレッジ連合。
http://www.linst.ac.uk/

以上、思いつくままに列記しました。

#1です。僕もグラデでしたよ。 
ただ、学校がパリだったし、5年以上前の話です。先日、ちらっと久々にその学校に行ったんですが、なにもかもが変わっていました。学校だけでなく、パリの街も随分変わってた・・。5年の月日であれだけ変わるので、フランスについては、他の方のフォロー待ったほうがいいかもしれません。

ドイツのベルリンは、行ったことないけど、グラデが進んでいるって聞きます。

で、イギリスですが、前回、書きこみ忘れたURLを付け加えておきます。ご参考になれば。

・有力...続きを読む

QパーソンズAASに通いながらFITのサーティフィケイトを受講するのは可能でしょうか?

もともと私はFITのサーティフィケイトコース(夜間)の
Fashon Event Planningを受講しようと思っていて
今年の夏頃から語学学校と平行して留学をする予定でした。

しかし、

今までFITばかりに目がいっていたため、パーソンズの情報を仕入れてなかったのですが、
2008年からバンタンと提携してパーソンズAASコースが大卒者向けで1年で通えるじゃないですか!
しかも正規留学で学生ビザということは・・

もしかして語学学校にわざわざ通わなくても
パーソンズに通いながらFITのサーティフィケイトコース受けられるのでは・・・?
とふと思ったのです。
実際そうされた方はいらっしゃいますか?
物理的には可能な気がするのですが。。
あとは二股かけてしまうという、心が痛むというところはあるでしょうが。笑

バンタンにも聞いてみようとは思うのですが
もし実践された方がいましたら
スケジュールや課題的にきつかったか、を教えていただきたいです.




よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計画そのものに問題があると思います。

留学生は学生ビザでI-20を取得した学校に通学することと法律で決まっています。
他の学校の授業を取るにはアドバイザーの許可が必要です。
よって、語学学校でビザを取り、成人コースやエクステンションを履修することは認められないと思われます。
個人教授のお稽古事のようなものであれば問題ないですけれど。

特に、公立大学の成人コースは、税金を納めている市民のための講座であるため、履修に社会保障番号が必要となり、この番号がない留学生は受け付けて貰えない可能性が高いです。
永住権を取ってから、CUNYの講座を幾つか履修しましたが、社会保障番号を要求されましたから。

留学前に、FITに語学学校のI-20で履修が可能かどうか問い合わせることをお勧めします。
少なくとも、私の知っている大学では、語学学校生が成人コースを履修することは認められていませんから。

FITの授業が履修したかったら、FITへ編入するしかないと思いますが。
もしくは、パーソンズに正規留学し、アドバイザーの許可を取って履修を認めて貰うかでしょう。
許可されるかどうかは私には分からないので、パーソンズとFITにお問い合わせください。

計画そのものに問題があると思います。

留学生は学生ビザでI-20を取得した学校に通学することと法律で決まっています。
他の学校の授業を取るにはアドバイザーの許可が必要です。
よって、語学学校でビザを取り、成人コースやエクステンションを履修することは認められないと思われます。
個人教授のお稽古事のようなものであれば問題ないですけれど。

特に、公立大学の成人コースは、税金を納めている市民のための講座であるため、履修に社会保障番号が必要となり、この番号がない留学生は受け付けて貰...続きを読む

QNew school(Parsons school of Design)

NYのパーソンズに対する評価を教えてください。
権威の面からの評価、実績面、環境等々、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Parsons School of DesignのCommunication Designに在籍していたことがあります。
わたしはParsonsが提携している専門学校・金沢国際研究所(KIDI)の
留学コース(2年)を終了し、編入試験を受けてNYで3年次に編入しました。

Parsonsが強いといわれているdepartmentはもちろんFashion Designです。
ここは有名デザイナーを多く輩出しているので、一番授業も厳しくハードです。
ライバルはFIT( Fashion Institute of Technology)ですが、甲乙つけがたいレベルだとおもいます。
一方、Product Designは、完全にライバルPratt Instituteに
レベル・設備の点で負けています。
わたしの在籍していたCommunication DesignはSVA( School of Visual Art)と
よく比べられていました。就職状況はSVAのほうが良いようです。
しかし、NYにはCooper Unionという全米でもトップレベルの
Private Schoolがあって、ここには本当に優秀な学生が奨学金をもらって
学んでいます。(ちなみに場所はParsonsと近い)ここで4年間
学費免除で卒業したあとYale UniversityでMFAを取るのが
Communication Designerのエリートのようです。Parsonsにも
こういう先生が何人かいましたよ。(プライド高いひとたちでした)
Illustration、 Fine ArtもSVAと張り合っていますが、Illustrationは
SVAのほうが教授陣・卒業生とも上です。
総合的にいいますと、Fashion Design以外は特に「ここでしか学べない」
という利点はないように思います。NYという街自体が大きな学校のようなもので、
そこからどれだけ「自分自身が」行動していくか、だけが問題であって、
「どこの学校を出た」ということはデザイン業界に関する限り関係ないです。

ParsonsのあるChelsea, Greenwich Village,East Village周辺は、肩ひじ張らないカジュアルな雰囲気の,
学生にはとっても楽しめるところです。SOHO, NOLITA, CHINA TOWNにも
歩いていける距離で、ジャズが好きなひとや夜遊び好きのひと、おしゃれ好きのひとも
大満足です。美術館・ギャラリーも数えきれないほどありますし。
だけど課題が冗談なしで膨大な量で、遊ぶどころか寝る間もない……というかんじなのに
しっかり遊んでいるひともいるので、要領のいいひとは得ですね。

NY留学の成功のコツは、「自分から行動を起こす」ことに尽きます。
学校とかは結構関係なくて、自分の才能に自信を持ってばりばり英語で自分を売り込む!
これだけです。がんばってください!
ちなみに学費はどこも高いですが、Parsonsももちろん奨学金を出してくれますので
それも利用してください。
(http://www.は省略)
Parsons
parsons.edu/
Cooper Union, School of Art
cooper.edu/
Pratt Institute
pratt.edu/
SVA
schoolofvisualarts.edu
FIT
fitnyc.suny.edu/

日本からParsonsに行きたいけど、
ひとりで準備する自信がない/英語がまだ…のひとにはお薦めです。
Parsonsと同じカリキュラムで英語で授業があり、編入試験も
独自のものでほぼ全員希望通りに編入できます。
kidi.ac.jp/

Good Luck!!!

Parsons School of DesignのCommunication Designに在籍していたことがあります。
わたしはParsonsが提携している専門学校・金沢国際研究所(KIDI)の
留学コース(2年)を終了し、編入試験を受けてNYで3年次に編入しました。

Parsonsが強いといわれているdepartmentはもちろんFashion Designです。
ここは有名デザイナーを多く輩出しているので、一番授業も厳しくハードです。
ライバルはFIT( Fashion Institute of Technology)ですが、甲乙つけがたいレベルだとおもいます。
一方、Product Designは、...続きを読む

Q30歳で美大留学後の進路を考えています

30歳の女性です。大学(理系)卒業後、IT関係の職に6年ほどついていましたが、退職後、イギリス美大留学を目指して、現在はイギリスに語学留学をしています。こちらで語学学校に通いながら大学見学や入学申し込みを行い、今は受験の最中です。面接を待っている状態です。志望の分野はファインアート(ペインティング、ドローイング)です。
少し先の話になりますが、大学を終了後(33歳か34歳になっています)は日本に帰国したいと思っていて、その後どうやって収入を得ていこうか考えています。美術を勉強した経験と英語力が生かせてなるべく高収入の職を見つけたいと思った場合、どのような職種が考えられるでしょうか?私が思いつくのは
・学芸員補(非常に狭き門と思っています)
・留学サポート機関のスタッフ
・美術学校のスタッフ
です。ご意見をいただけると嬉しいです。
美大に行く以上「アーティストになってアートで十分な収入を得る」という方向をまず考えるべきかもしれませんが、その方向については美術の勉強をしながら考え続けようと思っています。今の時点では、その確率は実際低いだろうと思いますし、アートは収入になるかならないかという事とはできるだけ分けて考えた方が良い気がしています。
なので今は、勉強の後どのような職が考えられるかという事を自分の中で一度整理しておきたいのです。

30歳の女性です。大学(理系)卒業後、IT関係の職に6年ほどついていましたが、退職後、イギリス美大留学を目指して、現在はイギリスに語学留学をしています。こちらで語学学校に通いながら大学見学や入学申し込みを行い、今は受験の最中です。面接を待っている状態です。志望の分野はファインアート(ペインティング、ドローイング)です。
少し先の話になりますが、大学を終了後(33歳か34歳になっています)は日本に帰国したいと思っていて、その後どうやって収入を得ていこうか考えています。美術を勉強した...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!
30代女性で、私のバックグラウンドもアメリカの美大出身で現在日本で働いています。

私のアメリカでの美大時代の友達の卒業後の経緯を話しますと

・Photography専攻の友達は、
専門学校で教師してる人や、各メディアを顧客にし全うに写真家として活動している人(この間グループ展を開き大盛況、でも本人貧乏)や、テレビ局やCNNで記者として働いている人、卒業し帰国後、お金をためてドイツの写真家へ弟子入りした人もいます。

・Fine Arts専攻の友達は
都心のギャラリーで定期的に個展を開く傍らおしゃれなレストランを経営、Webデザイナー、絵本や雑誌向けのイラストレーター、(とても裕福な家庭だったので)しばらく引きこもり期間を経て島へ生活拠点を移した人もいます。あとは、日本で芸大卒業後デザイン会社に勤務したけどなんか違うとすぐに退職、その後はオーストラリアに留学し帰国後はテキスタイル系のアーチストとして、東京、NY、ロンドン、パリで個展を開いていた人もいます。あとは、普通の企業に勤めつつイタリアへ再び留学した人など。

・Animation、Illustration, GraphicDesign専攻の友達は
Webデザイナー、ゲーム製作のデザイナー、テレビ局でCG関係の仕事に従事しその後独立して年収2500万程度の人、IT企業に入社して埋没した人、結婚して専業主婦の人、映画のDreamworksで背景書いている人、CG製作系でLucasfilmやILMに転職した人もいます。

・Film専攻の人は
アメリカの大学中退後、各企業を経て大手製作会社のハワイ支社でCEOとして勤務。

・音大出身の友達は
フランスで各メディア相手に作曲家として活躍、NYでスタジオ経営、中には日本に帰国後チンドン屋のサックス担当で街を行脚してる人もいます。

特に芸大出身の方ではないんですが、アフリカのジャングル奥地まで花を見に行ってしまうほど花が好きでしょうがないフラワーアレンジメントしている方(日本人女性)がいるんですが、その方はNYのSOHOにある日本人が経営しているギャラリーで定期的に個展を開いていました。(たしか顧客に富豪ドナルドトランプもいたような・・・)

ざっと書いて(上記はすべて日本人)みましたが、1つ言えることは卒業後の仕事はなんであれ、日本だけじゃなく世界で自分って素材を生かしつつ経験を積んで活躍の場を広げている人が多いです。またFine Arts, Illustration専攻出身の人によると、学生の内にコンペで賞をとっておくとその後の就職活動に有利だそうですよ。

私は仕事柄、製作がらみで海外とやり取りしてますが、とにかく日本は技術大国なんで欧米と比較すると美術界は規模は小さいし、まるで日本人みたく大人しいしアピール力が弱い印象があります。でも今日本の現代美術が海外で人気なのでこれからの世界への広がりが楽しみです。FineArtsで生きていきたいならその時代の流れに乗るのもいいかもしれませんね。

アーティストは年齢制限がないんで、いい職種ですよね(^^)。私自身も晩年にMasterpieceを作ってポックリ逝くことが夢なんですよ~(笑)。

参考にしてもらえると幸いです。

こんにちは!
30代女性で、私のバックグラウンドもアメリカの美大出身で現在日本で働いています。

私のアメリカでの美大時代の友達の卒業後の経緯を話しますと

・Photography専攻の友達は、
専門学校で教師してる人や、各メディアを顧客にし全うに写真家として活動している人(この間グループ展を開き大盛況、でも本人貧乏)や、テレビ局やCNNで記者として働いている人、卒業し帰国後、お金をためてドイツの写真家へ弟子入りした人もいます。

・Fine Arts専攻の友達は
都心のギャラリーで定期的に...続きを読む

Q海外へデザイン留学をしたいです。school of visual artsなどを考えています。

教えてください。
現在、25歳で都内でデザイン事務所で働いています。
今年か来年最初にはアメリカかイギリスへグラフィックや広告、同時に語学も学びに行きたいです。
希望としては2年間が望ましいです。
語学も同時に学べるアメリカのschool of visual artsを考えていますが、入学は難しいでしょうか?
他にも良い学校などがあれば教えてください。
またコミュニティカレッジとは何なのでしょうか?

自分は、美大は出ておらず美術専門学校2年制を卒です。
英語はTOEFL iBTは受けた事もなく、勉強しなければ駄目なくらいです。

いろいろ調べたのですがわからない事だらけで...
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは情報収集です。この本はご存じですか?
「デザイン/アート留学のすすめ」http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4861004012.html
参考サイトもどうぞ
http://www.arcint.com/art/index.htm
http://www.britishcouncil.org/jp/japan-educationuk-arts-and-design.htm

前述の本には経験者の話と具体的な留学への準備について書かれています。
それによると大学在学中の学生が卒業後に留学を予定している場合、2年時の夏休みくらいから準備を始めるのが理想的とあります。
留学で最も重要なのは行く前の準備と目的意識だと繰り返し書かれています。
十分な準備と目的意識なくただ海外へ行っても膨大な費用に見合う結果は得られないだろうと。
準備とは主に費用と語学のことです。
2年間の留学を考える場合、行き先にもよりますが学費と生活費で1000万円ほど見込まなければなりません。
アメリカでは留学生の就労やアルバイトは認められていません。ただ、インターシップという留学生に仕事を紹介してもらえるシステムがあります。

school of visual artsへの入学条件としては日本の大学を卒業はしていなくても入学、在学している事は必要のようです。
英語はTOEFL iBTのスコア61点以上を取得していることが条件です。
http://www.studyusa.com/factshts/jpn/sva.asp

費用も英語力も不足する場合はコミュニティカレッジがおすすめのようです。
こちらは高卒あるいは卒業見込みで入れます。
http://www.npo-abm.com/us_community.htm

まずは何のために留学するのかしっかり目的をはっきりさせる事が肝心だと思います。
日本の大学のような試験はありませんがポートフォリオを作成する必要があり、面接ではっきりと自分の主張ができること(もちろん英語で)
は必須のようです。
英語がかなりできる人でも現地での授業について行くのはなかなか大変でしょう。
できればいきなり留学するよりも一度は下見旅行をするのが良いようです。

以上、経験者ではないものの、娘が将来留学を希望しているもので、ちょっと調べたことがある者でした。
ご参考になれば幸いです。

まずは情報収集です。この本はご存じですか?
「デザイン/アート留学のすすめ」http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4861004012.html
参考サイトもどうぞ
http://www.arcint.com/art/index.htm
http://www.britishcouncil.org/jp/japan-educationuk-arts-and-design.htm

前述の本には経験者の話と具体的な留学への準備について書かれています。
それによると大学在学中の学生が卒業後に留学を予定している場合、2年時の夏休みくらいから準備を始めるのが理想的とあります。
留学で最も重要なのは行く...続きを読む

Qグラフィックデザイン 留学について

最近までWEBデザイナーとして2年働いていました。(今年26歳/女)
仕事を辞めてアメリカに1ヶ月滞在したのち、諸事情により先日、日本に帰ってきました。
現在は日本で求職中なのですが、今後のことを考えて、グラフィックデザインの勉強をしたいと考えています。

理由は
・まんべんなくスキルを上げるのではなく、一つでも飛び抜けたスキルを身につけたい
 →常日頃考えていた、デザインのスキルを更に高めたい
・デザインの幅を広げる
 →紙の仕事もプライベートで行っているため、そちらにも高いレベルで対応できる技術がほしい
・海外の感性に浸りたい


■■ 質 問 ■■■■■■
●今年26歳/女、これから留学して今後の日本での仕事に役立つのか。年齢的に遅くないか。
●学校(アメリカ希望)へ行きながらお金が稼げる方法はないか。もしくは留学プログラムに入っているものはあるのか。
●4年制大学へ行くには年齢的に難しいと思うので、1年留学を希望。1年留学で十分な勉強ができるのか。
●グラフィックデザイン、1年留学でオススメする学校はあるか。
●アメリカ希望ですが、グラフィックデザインで他の国の方がオススメ等、アドバイスがありましたら教えてください。

回答は一つでもお答え頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

最近までWEBデザイナーとして2年働いていました。(今年26歳/女)
仕事を辞めてアメリカに1ヶ月滞在したのち、諸事情により先日、日本に帰ってきました。
現在は日本で求職中なのですが、今後のことを考えて、グラフィックデザインの勉強をしたいと考えています。

理由は
・まんべんなくスキルを上げるのではなく、一つでも飛び抜けたスキルを身につけたい
 →常日頃考えていた、デザインのスキルを更に高めたい
・デザインの幅を広げる
 →紙の仕事もプライベートで行っているため、そちらにも高いレベルで対...続きを読む

Aベストアンサー

ひと口にグラフィックデザインと言っても範囲が広いです。

>これから留学して今後の日本での仕事に役立つのか。年齢的に遅くないか。

「仕事」が何を指すのか?ですね。
広告関連の仕事を指すのなら、才能はともかくとして年齢的に不利かもしれません。
現場はとにかく体力勝負ですから、若くて無理の利く人が重宝されます。
広告分野に限ればそれほど才能は求められません。

>学校(アメリカ希望)へ行きながらお金が稼げる方法はないか。もしくは留学プログラムに入っているものはあるのか。

詳しくは知りません。

>4年制大学へ行くには年齢的に難しいと思うので、1年留学を希望。1年留学で十分な勉強ができるのか。

専門学校が日本とは比較にならないくらい優れていますので
一年あれば日本での数年以上のものが学べると思います。
が、それで充分か?といえば、足りません。
ただもし日本に向けて「アメリカ留学」という経歴が欲しいだけなら充分でしょう。

>グラフィックデザイン、1年留学でオススメする学校はあるか。

詳しくは知りません。

>アメリカ希望ですが、グラフィックデザインで他の国の方がオススメ等、アドバイスがありましたら教えてください。

「広告分野」ではないグラフィックデザインならヨーロッパ・北欧のほうがいいです。
グラフィックデザインが「広告」用途以外に通用することの実践例に多く触れられます。
そうした環境でグラフィックデザインを学ぶつもりなら年齢はほとんど関係なくなります。
広告のような年齢と体力でしか語れない狭い世界だけがグラフィックデザインではありません。

---

私は広告代理店のアメリカ支局勤務の時代がありましたが
アメリカでも広告分野以外でのグラフィックデザインを多く目にして刺激を受けて
日本に戻ってから独立して広告以外のグラフィックデザインで生計を立てています。
もちろん依頼があれば広告も手がけますが。

ひと口にグラフィックデザインと言っても範囲が広いです。

>これから留学して今後の日本での仕事に役立つのか。年齢的に遅くないか。

「仕事」が何を指すのか?ですね。
広告関連の仕事を指すのなら、才能はともかくとして年齢的に不利かもしれません。
現場はとにかく体力勝負ですから、若くて無理の利く人が重宝されます。
広告分野に限ればそれほど才能は求められません。

>学校(アメリカ希望)へ行きながらお金が稼げる方法はないか。もしくは留学プログラムに入っているものはあるのか。

詳しくは知り...続きを読む

Qデザインを仕事にしたい!…でもそれだと生活していくのが難しい

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思います。
大卒で生活費を親に頼るというのは
申し訳なく思います。
事務職を続けるのであれば、お金は借りなくとも
生活はしていけますが、仕事は単調ですし、
やりたいことであるデザインは、
趣味として割り切ることになるでしょう。

グダグダいわずにデザイン職へ
飛び込めば、話は早いのですが、
やはり現役のデザイン職の方にお聞きしたいです。

待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
デザインをすることは楽しいですか?
待遇のよい他業界へ就職すればよかった…
と、後悔している方はいらっしゃいませんか?

よろしければご意見・アドバイス等、
よろしくお願いいたします。

大学卒業後、一般企業で事務職として就職
しましたが、学生時代に学んだ
グラフィックデザインを仕事にしたい、
と思うようになりました。

実務経験がありませんので、バイトからのスタートに
なろうかと思いますが、1人暮らしということもあり、
生活がかなり苦しくなると思います。
生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで
やりたいことを優先していいものか、
いまいちデザインの世界に飛び込むことが
できないでいます。
きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう
生活になるんではないかと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲けたいならデザイナーはやめた方がいいだとか、
好きな仕事だからしょうがないetc...

僕は学生時代これらの話に耳を貸しませんでした。
僕は決めていました。
1.年収3,000万円以上稼ぐ事。
2.企画から関われるクリエイティブな仕事をする事。
(いきなりは無理でしょうから、35歳の時点で、とういう条件です)

だから、学校の講師の話はあまり役に立ちませんでした。
だって、講師の方は仕事がないから安い給料で講師やっているんですから、
そんな人の言うとおりやってたら自分も講師になっちゃうじゃないかと。
普通に考えてそうでしょう?
一方、非常勤で、普段一線でバリバリやっている講師の話は
食い入るように聞き、質問しまくりました。

>待遇面での不満はよく聞く話ですが、それでも、
>デザインをすることは楽しいですか?
僕は好きにデザインさせてもらってます。デザインが楽しくて仕方ありません。
もちろん2年半は死ぬほど基礎をたたき込まれました。
打ち合わせから営業からデザインまで全部できます。
社長や重役相手の打ち合わせも全然平気です。今の時点の給料にも不満はありません。

僕が何故こんな状態でいられるかと言うと、それは
「自分がどんなデザイナーになりたいかを決めていた」からです。
だから、就職先も当然選びました。戦略を練りました。電通や博報堂がいいのか?
電通や博報堂には年収3,000万円以上のクリエイターがどのくらいいるのか?など。。
いろいろ調べて相談した結果、有名なデザイナーが独立してやっている
デザインプロダクションに入る、という戦略をとりました。

そこではデザインから営業からなにから何まで、
朝から晩まで有名なデザイナーに付きっきりで教えてもらえると思ったからです。
それが電通・博報堂だと、いいADの下につくにも、大変な競争が待っていると
想像したからです(あくまで想像ですが…)。
意味のない出世競争に時間を取られたくなかったのです。

結果、予定通りいろいろ教えてもらい自信がつきました。(賞の取り方までも。。)
今私はデザイン初めて3年半ですが、今の時点でもすでに
そこら辺のデザイナー(10年やっていようが20年やっていようが)には負ける気がしません。
デザインは、どれだけやっていたかという経験や時間なんて全く関係ありませんよ。
よく、いろいろ転職しながら実力蓄えていくとか、キャリアアップとかほざく
無知な連中がいますが、そんなもんはウソです。
自分が無知であるということさえも知らない連中です。
10年、20年やってて名刺にADとか書いてある下手なデザイナーを何人も見ます。

とにかく、いいディレクターのいる職場に、なんとしても滑り込んでください。
デザインのスタンスはいろいろありますから、何でもいいですからこれだけは他のデザイナーには
負けない、というモノをもっているディレクターを捜し、その人の弟子になるんです。
そういう方は、有名、無名を問わず、探せば見つかります。

今活躍しているデザイナーで、良き師匠に巡り会わずに、自力でデザインを覚えた人なんて
ホンの一握りの例外を除いて、誰もいませんよ。
これがこの業界の現実であり、デザインという職業の性質です。
デザインという基礎・概念をたたき込んでもらって初めて、自分で努力して実るのです。
初めに基礎をたたき込んでもらわないで、自分で努力しても、我流になって、やればやるほど
下手になりますよ、マジです。

ここを間違えると、デザイナーなんてやめた方がいいと思います。
徹夜はあるわ、給料安いわ、仕事もデザインといっても大した仕事ではないわ。
という事になりますよ。あなたに、経営の才能があれば、デザインの質にこだわらず、
デザイン会社経営という道も残されますが、そうでなければ、20代後半から30代前半で
確実にリストラされます。デザインが上手くないと使い捨てにされる業界です。
しかもデザインはつぶしが利かないですから、途方に暮れますよ。

長くなってすいません。ついでにもう一つ言いたいのが、
>生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまでやりたいことを優先していいものか、
>いまいちデザインの世界に飛び込むことができないでいます。
>きっとしばらくは、親にお金を借りてしまう生活になるんではないかと思います。
>大卒で生活費を親に頼るというのは申し訳なく思います。

ということですが、努力することを嫌うなら、実力を付けることが出来ませんからやめた方がいいです。あと、きれい事を言ってもいいですが、きれい事のせいで実力が付かなければ、
それは結局親不孝につながります。稼いであとで何倍にもして返してやるという発想でいくほうが
自分へのいいプレッシャーにもなります。

僕は20歳のときにデザイナーになること決めました。上京して、そこから、バイトは一切せずに
親の仕送りとそれまでの貯金で生活してました。月に本代だけで10万円は使っていました。
親が特別金持ちな訳ではないです。なんとか工夫して送ってもらいました。
さらにご飯代も削って自炊して、月の食費は1万円を切っていました。残り全て勉強につぎ込みました。
なんとしてでも実力を付けるためです。バイトなんかしてたら、その分デザインの勉強の時間が
少なくなります。もちろんバイトすることで得るものもありますから人それぞれですが、僕の場合、
バイトはそれまでにさんざんやってましたし、遊びもそれなりにしてましたし、今自分に必要なのは
デザインの勉強、と言うことで、もちろん睡眠時間も削りまくってやりまくりました。

僕が言いたいのは、これだけ、戦略的に考えながら利用できるものは利用して
やるべき事に集中投資して、勉強しまくる奴がいる業界ですよ、ということです。
そういう奴が、ライバルとして、ウヨウヨいますよ。
そんな中で、「生活費、睡眠時間等、犠牲にしてまで」と言ってると、淘汰されるだけです。

実力の世界を甘く見て実力の世界に入ったひとは、必ず後悔します。いい仕事回ってきませんから。
いっぽう、実力の世界で実力がある人は、面白くてたまらない。高くていい仕事入りますから。
これが「実力の世界」です。

長文で、きついこと書いて申し訳ないです。しかも25歳の分際で。
でもこれが僕の本音であり、これから業界に入ろうとしている人への、本当に伝えたいことなんです。。

こんにちは、25歳のグラフィックデザイナーです。
僕は今の仕事内容と待遇と将来性に満足しています。
もちろん今後もっと上を目指します。

デザイナーになりたいとお考えの_you_さんにまず言っておきたいのが、
一番肝心なことは、「自分がどんなデザイナーになりたいかを決める事」
という事です。

だって、デザイナーになんて簡単になれますよ。
仕事内容と報酬を選ばなければ。

僕は専門学校時代、講師や周りの人にいろんな事を聞かされました。
デザイナーは徹夜が当たり前だとか、お金を儲け...続きを読む

Q海外(英語圏)留学をして後悔した人

海外留学をした人の中で後悔した!と言う方はいますか?例えば、高い金だして海外の大学まで出たのに就職できなかったとか、たいして語学が身につかなかった。。とか
あまり後悔した人という話を聞いたことがないので、質問しました。

Aベストアンサー

4-5年留学したからって、普通の人は語学がネイティブ並みになることは稀で、話す・書く・読む・語彙のうちのどれかに問題が残ります。
私は滞米17年で、院を卒業してアメリカで管理職をしていますが、「英語できます」なんてクチが裂けても言えません。「これが日本語だったら、絶対に負けないのに」と思うことも未だにあります。

この年月、大学や院を卒業したけれど、就労ビザの取得ができず諦めて帰国した人をたくさん見てきました。外国人が就職しやすいアメリカでも、H1-Bの就労ビザは、年間3万人くらいしか発給されません。これをアメリカ全土の新卒留学生や海外からの就職希望者が取り合うのですから激烈です。またEUでは卒業しても就労ビザの取得はかなり絶望的だと聞いています。

また、日本に帰国しても就職は厳しいようです。最近の日本は「英語ができる」くらいでは就職に有利にはならないそうですから。特に日本の会社を辞めて留学した人は、留学時代に資格や実力を身につけない限り、再就職は非常に険しく、派遣やアルバイトなどで食いつないでいる人も多いと聞きます。

ただ、後悔するかしないかは、本人の性格によりますね。
海外では日本でできない経験ができますので、その部分だけ取ってみれば「後悔していない」という人が多いでしょう。特に、ワーホリや語学留学なら「目的が英語を勉強して海外で生活すること」なのだから、期待外れの部分は否めないとしても後悔する人は少ないでしょう。アメリカの生活や学業が合わずノイローゼになった人や成績が悪くて退学させられた人などは別ですけれど。

海外生活の憧れや日本からの逃避で深く考えずに留学し、卒業間際になって「就労ビザって何ですか? どうすればアメリカで就職できるんですか?」「どうすれば日本の就職先が見つかりますか?」なんて聞いてくる人がいますが、こういうタイプは大半が撃沈してます。日米のライバルたちは、将来を見据えて専攻を選び、在学中にインターンをして経験を積み、卒業前に内定を貰っているのですから、この時点で既に出遅れてしまっているからです。

就職を目的とした留学で後悔しないためには、自分の目標を早めにきちんと定め、将来の計画と対策を練っておくこと、そして、留学中に目標を達成するための努力や情報収集、人脈作りを惜しまないことです。

余り知られていないことですが、アメリカは日本よりも「学歴社会」です。良い大学へ行けばいくほど、より高い学歴を得れば得るほど、良い人脈ができますし、就職に有利になります。MEI-JIANG51さんのご意見は、そこを指摘されており、私も同感です。

外国人というハンデを持つ身で、現地の優秀な人間と競争して待遇の良い仕事を得るには、英語ができるのは当たり前で、他に何らかのプラスアルファを身に付けることが必要なんです。バイリンガルが多い欧米で、日本企業の国際ビジネスが低下している現状では、日本語ができることは大したプラスにはならないですからね。

4-5年留学したからって、普通の人は語学がネイティブ並みになることは稀で、話す・書く・読む・語彙のうちのどれかに問題が残ります。
私は滞米17年で、院を卒業してアメリカで管理職をしていますが、「英語できます」なんてクチが裂けても言えません。「これが日本語だったら、絶対に負けないのに」と思うことも未だにあります。

この年月、大学や院を卒業したけれど、就労ビザの取得ができず諦めて帰国した人をたくさん見てきました。外国人が就職しやすいアメリカでも、H1-Bの就労ビザは、年間3万人くら...続きを読む

Q「よかったです」はなんと言えばいい?

34歳の男で、コンピュータソフトの開発をしています。
文章を書いていて、「よかった」を丁寧に書こうとして、「よかったです」と書きたくなることがあります。現在の若者の間ではこれでいいのでしょうが、年輩の方や国語の先生などは、間違った日本語と思うでしょう。
そこでどう言い換えるか困ってしまいます。
「よろしゅうございました」「よいと思いした」「よいのでした」「良好でした」と言い換える事ができますが、若干ニュアンスが変わってしまったり、堅苦しい言い方になります。ほかに適当な表現は無いのでしょうか。日本語は英語に比べ合理的では無いので、仕方が無いのでしょうか。

Aベストアンサー

昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、
形容詞や動詞には付かないとされていました。

丁寧形として「~い・です」の形は使えず、

×よいです  → ○ようございます
×美しいです → ○美しゅうございます
×おいしいです→ ○おいしゅうございます(…岸朝子ふう)
×大きいです → ○大きゅうございます
×危ないです → ○危のうございます

のように、「ウ音便化した連用形+ございます」の形か、
または「名詞形+です」とするしかなかったわけです。
(ただし推量の「でしょう」は例外的に許容)

しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形
として認められています。その根拠は、昭和27年4月の
国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。
--------------------------
7 形容詞と「です」
 これまで久しく問題となっていた形容詞の結び方
 ――たとえば,「大きいです」「小さいです」などは,
 平明・簡素な形として認めてよい。
--------------------------

これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし
て認めているはずです。半世紀以上も前のことです。


ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。

×よいでした   ●よかったです   ○ようございました
×美しいでした  ●美しかったです  ○美しゅうございました
×おいしいでした ●おいしかったです ○おいしゅうございました
×大きいでした  ●大きかったです  ○大きゅうございました
×危ないでした  ●危なかったです  ○危のうございました

この「~かったです」を誤りとする人もいるようですが、
「~い・でした」に比べれば、違和感はないと思います。


なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。
×書くです   ○書きます
×食べるです  ○食べます
×するです   ○します

昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、
形容詞や動詞には付かないとされていました。

丁寧形として「~い・です」の形は使えず、

×よいです  → ○ようございます
×美しいです → ○美しゅうございます
×おいしいです→ ○おいしゅうございます(…岸朝子ふう)
×大きいです → ○大きゅうございます
×危ないです → ○危のうございます

のように、「ウ音便化した連用形+ございます」の形か、
または「名詞形+です」とするしかなかったわけです。
(ただし推量の「でしょう」は例...続きを読む

Q桑沢デザイン研究所について

現在、この学校に非常に興味を持っています。

みなさんにお聞きしたいのですが、桑沢デザイン研究所の位置関係がよくわかりません。日本の専門学校のなかでは最高峰クラスの専門学校ですが、ここを受験する人は美大などは考えてないのでしょうか? 予備校の合格実績にも普通に桑沢は登場してますが、やはり美大の方が在籍年数も長いし、知名度も高いですよね? 私はこの分野に真剣に進みたいと思ったのが、遅かったので、今は美術に関しての知識が何もありません。美大も憧れますが、半年では間に合いません。なので、桑沢デザイン研究所を考えています。もちろんここも簡単ではないことは承知してますが、実際にあと半年で0から勉強して合格できるのでしょうか?

それと企業へのイメージはそうなのでしょうか? 大手企業に就職したい場合、技術が一番重要だとは思いますが、大学卒と専門卒ではかなり差があると思います。桑沢デザイン研究所はデザイン関係の会社にはかなり知名度が高いと思いますが、有名ではない美大卒と有名な専門卒だとしたらどっちを採ると思いますか? また、東洋美術学校も考えています。入学試験は桑沢に比べて楽そうですが、4年制ですし、就職率も結構良いと思いますので、候補に入っています。桑沢に比べて、良いところ、悪い所ってありますか?

みなさんの意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

現在、この学校に非常に興味を持っています。

みなさんにお聞きしたいのですが、桑沢デザイン研究所の位置関係がよくわかりません。日本の専門学校のなかでは最高峰クラスの専門学校ですが、ここを受験する人は美大などは考えてないのでしょうか? 予備校の合格実績にも普通に桑沢は登場してますが、やはり美大の方が在籍年数も長いし、知名度も高いですよね? 私はこの分野に真剣に進みたいと思ったのが、遅かったので、今は美術に関しての知識が何もありません。美大も憧れますが、半年では間に合いません...続きを読む

Aベストアンサー

私の友人に桑沢卒がいますが、彼曰く「格好付けで入ってきてる奴と本気で勉強しにきてる奴」に2分されるそうです。
場所も渋谷ということで、単に「桑沢のデザイン科、おしゃれでしょ」というノリで地方から来ている連中も多いと嘆いていました。「要は本人のやる気の問題だ」と。

話変わって、私自身は高専(5年制)の工業デザイン科卒ですが、やはり就職の時に美大卒とは初任給で格差がありました。(まぁ採用されてからの話で、採用試験までは同列扱いでしたが)
美大卒と専門学校卒では格差も歴然でしょう。

但し、就職率ということで言ったら、大差ないと思いますね。
就職先の会社規模の差はあるとして、この手の職種で新卒の場合、要は才能があるかどうか、使い物になるかどうかを判断されるわけで、学校の規模や有名、無名はさしたる判断基準にはならないと思いますよ。(私もデザイン事務所を経営し、採用する側の人間ですが)

またデザイン系で大手企業とはどの辺を指して言っているのかわかりませんが(ソニーのデザイン室?トヨタ、日産?電通、博報堂?)まず専門学校卒の「新卒」では難しいと思います。
美大卒でも上記のような企業はデザイン職で年1~2名しか採用されませんから、本当に狭き門です。

とりあえず、思い付くことをバラバラと書いてしまいましたが、専門学校である以上大差はなく、要は学生期間にどれだけ自分の技術と才能を高められるかというところが重要だと思います。

学校の課題をこなしているだけでは誰でもすることで、これ以外の作品制作や学生向けのデザインコンペなどに出品したり、意欲と作品量がのちのち役に立つと思います。がんばってください!

私の友人に桑沢卒がいますが、彼曰く「格好付けで入ってきてる奴と本気で勉強しにきてる奴」に2分されるそうです。
場所も渋谷ということで、単に「桑沢のデザイン科、おしゃれでしょ」というノリで地方から来ている連中も多いと嘆いていました。「要は本人のやる気の問題だ」と。

話変わって、私自身は高専(5年制)の工業デザイン科卒ですが、やはり就職の時に美大卒とは初任給で格差がありました。(まぁ採用されてからの話で、採用試験までは同列扱いでしたが)
美大卒と専門学校卒では格差も歴然でし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報