10年ぐらい前に星野彗理(二人の作家の共作)という作家が12星座にちなんで○○座の兇劇というシリーズ物の推理小説を出版したのです。毎月一冊ずつ牡羊座の兇劇から始まって魚座の兇劇で完結するはずだったのですが、なぜか乙女座の兇劇の発刊のあと途絶えてしまいました。このシリーズが完結したのか、それとも、途中で終わってしまったのか、詳しい方がおられたら教えてください。

A 回答 (1件)

星野彗理さんというのは若桜木虔さんと矢島誠さんとのユニットですよね。


『牡羊座の兇劇――殺しの幕はあがった』
『牡牛座の兇劇――花菖蒲は見ていた』
『双子座の兇劇――もうひとつ死体が残った』
『蟹座の兇劇――殺戮の紅い雨が降る』
『獅子座の兇劇――血塗りの殺人カード』
『乙女座の兇劇――別荘地に散る死体』
 の6つについては)1994年3月~同年8月にかけて6カ月連続で、
 徳間オリオン(徳間書店の子会社)から刊行されました。
 執筆は超ハード・スケジュールだったそうで 日程に追われて、
 400字詰め原稿用紙換算で1日に150枚も書いた日もあるそうです。
 星占い12星座の全てをテーマに、12カ月連続刊行の予定でスタートしたが、
 版元の徳間オリオンの消滅で、6カ月、ちょうど道半ばにして“尻切れ蜻蛉”になった。
 ということです。
 
 筋立ては、矢島氏と頻繁に会って打ち合わせて決定、執筆は奇数巻を矢島さんが、
 偶数巻を若桜木さんが主となって行ない、脱稿後に文体統一のために他方が行なう、
 という合作方法を採ったようです。
 
 なお、『殺意の三鎖環』(双葉社より1993年8月25日刊)
『三つの密室・殺人連鎖』(廣済堂より1993年10月10日刊)
『空中密室・水中密室――W殺人の謎』(廣済堂より1994年1月10日刊)
 この3作は、版元こそ違いますが、同じ主人公――西東南(さいとう・みなみ)と
 小中大(こなか・ひろし)という珍姓奇名同士のカップルが事件を解決するシリーズ
 として出ているようですよ。若桜木虔さんのお名前で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

版元の徳間オリオンの消滅で発刊されていなかったなんて、まったく知りませんでした。内容がとてもすばらしかったので、結末の出ないまま、続刊が出なかったのがとても残念です。これでなぞが解けました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/06 19:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルイ15世の名前

ルイ15世の名前を教えてください。

ルイ16世はルイ・オーギュスト、ルイ17世はルイ・シャルルと名前がありますが、ルイ15世については調べてもみつかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たとえば、イギリスのチャールズがThe Prince of Wales と言うのと同じように、 Louis の後についている duc d'Anjou(アンジューの公爵、Duke of Brittany(ブリタニーの公爵), Dauphin of France(フランスの後継者という意味)とは貴族の称号で現在で言えば苗字のような感じで洗礼名ではないと思います。http://www.geocities.jp/japan_aristocrat_association/kizoku.html

普通カトリックの洗礼名は家族によって命名されますが、国王の場合は会議で決められたかも知れません。洗礼名としてはAuguste, Philippe, Charles, Stanislasなどのカトリックネームが使われるのが貴族でも一般的です。また、洗礼名によって名前が増えるわけではありません。洗礼名と親の命名は普通一致しますから、名前が一つしかなくても、おかしくはありません。

おそらくルイ15世はルイと命名され、16世はルイ・オーギュスト、17世ははルイ・シャルルと命名されただけの違いだと思います。

たとえば、イギリスのチャールズがThe Prince of Wales と言うのと同じように、 Louis の後についている duc d'Anjou(アンジューの公爵、Duke of Brittany(ブリタニーの公爵), Dauphin of France(フランスの後継者という意味)とは貴族の称号で現在で言えば苗字のような感じで洗礼名ではないと思います。http://www.geocities.jp/japan_aristocrat_association/kizoku.html

普通カトリックの洗礼名は家族によって命名されますが、国王の場合は会議で決められたかも知れません。洗礼名としてはAuguste, Phil...続きを読む

Q読書の秋 読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏

読書の秋
読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏りが出てしまいます。
そこで、皆さんのおすすめの作家と作品、出来れば感想(短くネタバレ無しで)を教えて下さい。吉田修一さん、湊かなえさん、浅田次郎さん、瀬戸内寂聴さんは、かなり読んでしまったので他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。心理描写がおもしろいです。

ナサニエル・ホーソーン『緋文字』。罪を犯してしまった牧師の苦悩が見事に描かれています。

シオドア・ドライサー『シスター・キャリー』。いなかで育った娘が都会に出てきて、さまざまな経験をする。都会とは何か?富とは何か?成功とは何かを考えさせられる作品。

フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー(華麗なるギャツビー)』。繁栄の1920年代、だれもが富の追及に夢中になっていた時代、超越的な理想主義を追い求めた主人公の姿が、悲しくも美しい。

参考までに。

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。...続きを読む

Qルイ14世について

ルイ14世の愛人たちについて教えてください。
また、ルイ14世は戦争が好きだったのか教えてください。
なるべく詳しく教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

戦争体制とルイ14世についてだけ。

1715年死の床にあったルイ14世が
「私は(すこし)戦争を愛しすぎた」と言ったのは有名。実際彼の治世のフランスは戦争に明け暮れたと言っても言い過ぎではないと思われます。

フランスを軍事大国とするためにルイがとった方針は
科学力を国家が統御することによってヨーロッパ大陸最強国家を作ると言うものでした。

海軍力を増強するために航法の基礎になる天文学の振興
海軍教育、造船技術学校の設立など

陸軍増強のためには陸軍学校による士官教育、軍事に転用できる科学知識を最先端なものとするための研究開発の推進、より良き火器の開発のための造兵廠の設立。これらによる40万と言われる兵員をもつ常備軍。
号令に合わせすべての行動を発起する「振り付けされた」軍隊としての教練方法。

フランス軍の活動をより確実なものとするための正確な地図を作る測量、地図学の発展。
国土を兵站ネットワークと化した観のある道路整備と運河整備。

火薬の量産のための化学の進歩と工程の合理化による量産システムの確立(流れ作業の原型とも)

ルイは自然が生んだ境界線を越えフランス領土を拡張すると言う目標をもって親政にのぞみ、そのための犠牲を払うことに躊躇はなかったと言えるでしょう。

現在に続く戦争とそれに応用される科学技術の関係性の、ひとつのルーツがルイ14世治世下のフランスにあると言えるでしょう。

本人の言葉の通り、ルイは戦争を愛しすぎた。やはり彼の政策はフランスを一流の軍事大国にしましたが、その矛盾がフランス革命の種をまいたとも言えるからです。

参考「戦争の科学」アーネスト・ヴォルクマン著 主婦の友社

戦争体制とルイ14世についてだけ。

1715年死の床にあったルイ14世が
「私は(すこし)戦争を愛しすぎた」と言ったのは有名。実際彼の治世のフランスは戦争に明け暮れたと言っても言い過ぎではないと思われます。

フランスを軍事大国とするためにルイがとった方針は
科学力を国家が統御することによってヨーロッパ大陸最強国家を作ると言うものでした。

海軍力を増強するために航法の基礎になる天文学の振興
海軍教育、造船技術学校の設立など

陸軍増強のためには陸軍学校による士官教育、軍事に転...続きを読む

Q女流作家作品。 不倫 愛憎劇 30~40代

主人公が30~40代の女性で、愛憎・不倫劇の作品を探しております。
(不倫ではなくても結構です、文学小説・アダルト文庫等のジャンルは問いません)

女流作家の作品(小説)をご紹介頂ければ幸いです。

【狡猾 老獪 打算 利己 感情的 愚 】、といったキーワードで小説を探しておりますが
作品が多すぎて何を選べば良いかと困っております。
どうぞ、宜しくお願いします。
-----------------
例)
仕事を持つ女性
営業成績(ノルマ)達成のために客と寝る。

同年代の女よりも、20代の実娘よりも自分の方が魅力的だと
示すために若い男と寝る40代の女(母)。
-----------------
最近の読んだ中で、
「4つの嘘(大石静)」
「あなたには帰る家がある(山本文緒)」 (過去に掲示板でご紹介頂いた作品)
を読本しました。

Aベストアンサー

 こんにちは。No.1の回答者様と少し似ていますが、同じく林真理子さんの「コスメティック」はコスメ業界に転職した女性の成り上がり物語です。不倫や婚約者との愛憎劇などもタップリ入っています。年齢は確か20代後半から始まって30代半ばまでの話です。http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31032569
 藤本ひとみさんの「いい女」は昼ドラにもなったんですが、平凡な主婦(多分40代)が同窓会をきっかけに徐々に変わっていく話です。ドロドロはしていませんが、やりきれない思いなどは十分伝わってきます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31772072
 有吉佐和子さんの「香華」はお勧めです。悪女、性遍歴、親子関係、利己的などのキーワードが思い浮かびます。本当に母親が性悪というか純粋すぎて恋に奔放すぎます。最後の最後まで娘に迷惑を掛ける様子がよく分かってイライラします(^_^;)。年齢は30~40代の時もありますが、女の一代記といった感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31762645
 角田光代さんの「三月の招待状」は友情、不倫、利己的、感情、愚、などがキーワードです。30代半ばで、大学時代の5人の友情を描いた連作短篇集です。その中でも奔放で何を考えているのか分からない男性に一方的に思いを寄せる様がちょっとイタイです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32123500

 ご参考までにm(__)m。
 

 こんにちは。No.1の回答者様と少し似ていますが、同じく林真理子さんの「コスメティック」はコスメ業界に転職した女性の成り上がり物語です。不倫や婚約者との愛憎劇などもタップリ入っています。年齢は確か20代後半から始まって30代半ばまでの話です。http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31032569
 藤本ひとみさんの「いい女」は昼ドラにもなったんですが、平凡な主婦(多分40代)が同窓会をきっかけに徐々に変わっていく話です。ドロドロはしていませんが、やりきれない思いなどは十分伝わってき...続きを読む

Qフランス王の呼び名、ルイの番号はなぜフランク王国から数えるの?

フランスの王様はルイ16世など、ルイばっかり多いです。普通、○○△世なら、その王朝の何番目、という意味だと思いますが、なぜ、フランス王はカロリング朝(フランク王国)→カペー朝(フランス)→ヴァロワ朝→ブルボン王朝まで、ルイの番号を通算するんでしょうか?ルイ1世はルートヴィヒ1世 (フランク王)=ローマ皇帝でフランス王国自体が存在しません。血のつながりだったら、ユーグカペーの子孫なんだから、カペー朝から数えるべきでしょう。(フランス王国も成立した訳でもあります=権力弱いけど)なぜ、フランス王はフランク王からルイ〇世と数えるのでしょうか?

詳しい人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

#2です。お礼ありがとうございます。

>けっこういい加減ということなんでしょうか。
いい加減ということはないでしょうが、かなり複雑であることは間違いないでしょう。

お礼の内容でいえば、まず東フランク王国はカロリン朝ルートヴィヒ4世で系統が断絶し、一代限りのフランケン朝を経由してザクセン朝になります。

この王朝を「東フランク王国の継続」とみるかどうか、だと思います。
で、もうひとつの問題が王朝をつくる「王」と皇帝そして教皇の関係性がこの時代非常に不明確である、ということも頭に入れておく必要があると思います。

で、結論から言えばザクセン朝は名前こそ「東フランク王国」だけど、実質的にはカロリング朝とはまったく別の国、ということでしょう。
カロリング朝が断絶するとフランケン朝のコンラート1世が立ちますが、これは諸侯の間で選挙が行なわれ選ばれた王だったわけですが、ザクセン公やバイエルン公などの有力諸侯との軋轢やマジャール人などの侵攻に悩んでいました。で、コンラート1世は子供がいなかったので死ぬときに「東フランク王国の継続を優先」してザクセン公を指名し、次のザクセン公からザクセン朝になるわけです。

このザクセン公がハインリヒ1世として戴冠するときに「マインツ大司教の塗油の礼」を拒否したというエピソードがあります。マインツ大司教の塗油の礼、はそもそもフランク王国を創始したピピン3世が教皇から塗油の礼を受けたのが始まりで、フランク王国の継嗣は塗油の礼を受けることが慣わしでした。東フランク王国でもフランケン朝コンラート1世まではこの礼を行なっていたので、ここで王朝だけでなく国家そのものが変化することになります。
一般的にこのザクセン公ハインリヒ1世から「ドイツが始まった」とされます。
(塗油の礼:ヨーロッパでは古代から王位に着く者に油を注いでそれを認める儀式があり、旧約聖書にも記述があり、キリスト教でも礼として行なわれています)

したがって、質問者様のいう
「バイエルンのヴィッテルスバッハ家では神聖ローマ帝国の順番で名乗らずに、バイエルン公の順番で○○世としていたようです。」
にはもう一段階あって、ハインリッヒ1世の息子でザクセン朝ドイツ王だったオットー1世(神聖ローマ帝国初代皇帝:大帝)と、ヴィッテルスバッハ家の初代であるオットー1世は別の人で、血筋もほとんど関係なく、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世にバイエルン公として任じられた人になります。

神聖ローマ皇帝から任じられた家系が、皇帝と同じ順番で数えることはできない、というのが理由のひとつ

もうひとつはそもそも「皇帝」は王ではない、ということ
ローマ時代から皇帝というは事実上の独裁君主であっても、王ではありませんでした。ローマ時代はあくまでも「終身の特別官」であり、必ずしも世襲ではありませんでした。

神聖ローマ帝国においても建前上は「選挙君主制」をとっており、それは彼らからすれば「ローマ時代の伝統通り」だったわけです。実際には有力家系が皇帝になればあらゆる手を尽くして世襲するのですが、代が途切れると選挙制に戻ってドイツ王が選ばれるわけです。
ヴィッテルスバッハ家のルートヴィヒ4世はあくまでもヴィッテルスバッハ家の4番目のルートヴィヒということであり、その人がたまたま選挙君主制でドイツ王に選出された、ということにすぎません。そしてルートヴィヒ4世は世襲で5世にドイツ王を継がせる事が出来ませんでしたので、5世はヴィッテルスバッハ家の5番目のルートヴィヒでバイエルン公だった、ということになります。

あくまでもこの時代、皇帝は「選挙制」が建前ですから、皇帝の名前で継いでいかなかったのはそういう理由でしょう。フランス王はカペー朝が世襲を3百年ほど続けることで専制君主制というか絶対王政の基礎を作っていったために、王朝=国家として番号を数えることができるのにたいして、ドイツは神聖ローマ帝国の成立そのものが諸侯による選挙王制だったために、国家として統一した番号をふるのが難しい、という側面があるのだと思います。

ですから、ものすごくややこしい、わけです。
結局のところフランス・ドイツという枠ではなくヨーロッパ全体を見渡したときに、中世は諸侯の領地がせめぎあっていた、という現実が重要なのだと思います。ローマが崩壊し、イスラムとの戦いの中で、ローマの最後の名残だったフランク王国が分裂崩壊し、諸侯の中でも有力だった家系が王朝を開いていったのがフランスであり、世襲制の正統性を示すためにもカロリング朝の敬虔王ルイ1世から数えているのだと思います。血筋が変わっても「フランスの王」である実態は変わらないため、正統性を表すためにもフランス国の始祖から数えていたのでしょう。

逆にドイツはフランク王国が崩壊し東フランク王国になってもごたごたします。ひとつには「ローマ帝国の伝統」という考え方があって、選挙王制などを大切にしたことが大きいのかもしれません。または諸侯の勢力が西フランクの地域よりは拮抗していたのでしょう。

そのために、ドイツの統一の方法はフランスと異なり絶対君主が出にくい状態で経過したため、各諸侯は自分達の先祖から数えた番号を大切に扱ったのだと思います。そして諸侯の中にはドイツにもフランスにも入らずに諸侯領を死守した人たちもいて、ベルギーとかオランダなどはその名残がありますし、ルクセンブルグやモナコなどはいまだに諸侯領のまま維持しているわけです。

ですから国家という単位であることはまあ基本としても、日本人の感覚だと「なにをもって国家とするのか」が問題点になってしまいます。
諸侯領も国家の範囲ですし、そこから大きく発展して王朝を持った家系なら家系=王朝として数えられるわけですし、そういう点でいえばフランスは国家が家系を越えて存続したために、ローマ皇帝がもつカエサルと同様に番号がカロリング朝から数えられるようになったのでしょう。

非常に蛇足ですが、フランスとドイツは仲が悪いですね.フランスは10世紀にはフランスの原型が出来ていて、王様の番号もそこから数えている「由緒ただしき国」なのに隣のドイツは「東ローマ帝国の名残」とか「フランク王国時代の領地を取り戻す」と言って、フランスにちょっかいを出し続けていたわけで、これらの違いも君主国が成立しているのか、諸侯領の集りなのか、と言う違いが大きいのかもしれません。
ま、フランスもイギリスにちょっかい出し続けて仲が悪いですけどね。

#2です。お礼ありがとうございます。

>けっこういい加減ということなんでしょうか。
いい加減ということはないでしょうが、かなり複雑であることは間違いないでしょう。

お礼の内容でいえば、まず東フランク王国はカロリン朝ルートヴィヒ4世で系統が断絶し、一代限りのフランケン朝を経由してザクセン朝になります。

この王朝を「東フランク王国の継続」とみるかどうか、だと思います。
で、もうひとつの問題が王朝をつくる「王」と皇帝そして教皇の関係性がこの時代非常に不明確である、ということも頭に...続きを読む

Q日本の作家で、復讐劇が面白い小説でオススメありませんか。 暗い、重いお話だと尚いいです。人生のテーマ

日本の作家で、復讐劇が面白い小説でオススメありませんか。
暗い、重いお話だと尚いいです。人生のテーマなど考えさせられるような小説教えてください。

Aベストアンサー

東野圭吾「さまよう刃」「夜明けの街で」
薬丸岳「虚夢」
岡嶋二人「99%の誘拐」

Qルイ・ヴィトンの「ルイ」

ルイとは何語でどのような意味があるのですか?また、発音も日本人の読みで「ルイ」と発音しているのですか?

Aベストアンサー

http://www.righttitle.com/brand/vuitton/biton.html

創始者の名前のようです。

LOUIS
http://www5d.biglobe.ne.jp/~ros/pan/p_km/louis.htm
フランス語でルイ。
有名な,高名な、という意味だそうです。

Qプロ作家と新人作家の境界線

ここに投稿すべきか迷いました。

プロの作家と新人作家は、どのように分けられますか?
短く、単純な質問ですが、お願いします。

Aベストアンサー

すみませんが、なぜそういう質問をなさるのか、意図が読み取れません。

新人であっても、「プロ」意識を持っていれば、プロ新人作家です。
また、作家活動を本業としていなければ、「プロ」ではないということもあります。

なぜ「プロ」という言葉に拘るのか、そのあたりのニュアンスを展開していただけますか?

もし、あなたが文筆業で身を立てたいと考えているのであれば、自分がプロであるかそうでないかが分かるのは、死ぬ間際でそう。

Qルイ・コスタを一目見るためには・・・?

今回のEURO2004でルイ・コスタの大ファンになりました。
そこでルイ・コスタを生で見てみたいと思うのですが、
どうしたら見ることができるでしょうか?

ミラノへ行ってACミランの試合を見るしかないのでしょうか?

日本に来ることはないのでしょうか?

一度でいいからルイ・コスタの生のプレーを見てみたいのです!

Aベストアンサー

日本でルイ・コスタですか?

今年はおそらく無理ですよね。
来夏の親善試合に期待するか、世界クラブ選手権(←これ実際どうなるか分かりませんが)に出てくるのを期待する位でしょうか?

ただ本人もそう若くはないですし、移籍も考えうるし、日本に来日するのをじっと待っていて「いつのまにか引退」なんてことも十分考えられますから気をつけてください!


もし#1さんがおっしゃるように、ミラノまで見に行ってルイ・コスタが試合に出場しなかった場合は、ミラネッロ(ACミランの練習場)まで足を運んだらどうでしょう?
プレーこそ見られませんが(遠くから練習が見られる可能性あるかも)、ひょっとすると本人に会えますよ。
ルイは親切で陽気なので、運がよければ、わざわざ車を降りて話してくれたりもするようです。

Q女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関

女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関係ボロボロなどが、いいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

湊かなえ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報