『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

 お世話になります。
 プロ野球選手というのは遅くとも高校時代から、早ければ小学生低学年から野球を始めたと思いますが、体力、技術を使う実技面はともかく、ルールや連携プレイのフィールディングの勉強(座学ということになりましょうか?)はいつ覚えるものなのでしょうか?

野球というのは非常に複雑なスポーツであり、プロ野球ですらもしばしばルールを巡って混乱したりします。
野球に触れ始めた少年期ならなおさらだと思います。
特に初心者に解釈が難しいと思われるのは、
進塁義務の有無によるフォースアウトとタッチアウトの違い
アウトカウントの違いによる内外野の連係プレイ、カットプレイ
ではないかと思います。

投手の配球や打者の打ち分け(待球、ヒット、進塁打、犠牲フライ、送りバント、スクイズバントなど)は一球一球、ベンチからサインを出してそのとおりにすれば良いわけですが(サインどおりにできるか否かは別問題として)、走者ありで内外野に打球が飛んだときなど、打球の方向が同じであってもイニング、点差、打者の打順、走者の走力、アウトカウントなどを考慮すると、同じプレイをすればいいとは限りません。(簡単に言えば、得点を許していい場面と絶対許されない場面など)
さらに公式大会か、練習試合か、トーナメント戦か、リーグ戦かによっても変わってくるものと思われます。

こういう複雑なスポーツゲームにおいて、ルールやそれを合法的?に駆使したフィールディングの勉強(ドジャーズの戦法とか)というのはいつ行っているのでしょうか?

答えの予想
1 高校、中学、小学校とそれぞれの野球部に入部した段階で、野球経験のある者、ない者にクラス分けされ、ルールやフィールディングが理解できていない者については個別練習メニューの中に座学の時間が与えられる。
(さすがに大学の野球部や甲子園常連高校の野球部は経験者オンリーでしょうが)
2 座学の時間というものはなく、守備練習の中で体で覚える。それを繰り返すうちにどの場面ではどのように動けばよいのかが体にしみこむ。いちいち言葉で教えない。体で理解できないものはその時点でレギュラー選手の見込みなし。
3 座学の時間はない。たとえ小学生チームであっても
 「内外野の連携やボールカウントによる打撃のセオリー、フォースプレイとタッチプレイの使い分け」
 などはあらかじめ知った上で入部してくるのが野球界の常識であり、
 「ルールについては入部してから監督・コーチに教えてもらおう」
 などという超初心者は指導者にとって邪魔者以外の何者でもない。入部する前にルールブックは暗記すべき。
 それができない子供は三角ベースで我慢すること。
4 質問者が野球のルールを複雑に誤解しているだけで、打球の処理にイニング数やアウトカウントなどは必要ない。
実はどんな打球でも内野ゴロ、内野フライ、外野ゴロ、外野フライの4種類に分類されるだけで、連携プレイのフィールディングも4種類しかない。一見難しく見えるだけで野球選手は大して頭を使っていない。
5 そのほか。

春のセンバツが終わる前に誰か教えてください。
できれば野球選手経験のある方に教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今後はどうか分かりませんが・・・。



少なくとも、つい数年前までは、一年のうち半年は毎日のようにテレビで野球中継をやってましたし、家庭では父親や祖父が毎日それを見ていました。
運動盛りの男の子が、これで基本的なルールを覚えない方が「あり得ない」ってな話です。
子供たちがバットとボールを持って草野球をやる・・・なんてことは、「ドラえもん」を見れば分かるようにごく日常的な風景として見られたものです。
このことから、ルールを覚えることが障壁になることは、ほとんどなかったのでしょう。
まして、本格的に少年野球を始める子は、もともと野球に「興味を持っている」のだからなおさらです。
たとえば、ご質問にある進塁義務によるフォース・タッチアウトの違いなどは、細かい解釈まではともかく、ごくありふれた範囲で起こりえる程度のプレーについては「いちいち覚え直すまでもなく自然に身についているもの」です。

そのうえで、実際に野球をやるうえで必要な連携プレー、走塁の基本、投打のセオリーなどは、少年野球チームで「教えてもらう」ものです。
一死一塁でライトにフライが上がったとき、走者は塁間で待ってライトのエラーに備える。(一塁に留まってたら落球しても二塁で封殺です)
こういう、実際にやってみないと分からないことが野球には多々あります。
しかし、根本的なルールが分かっていれば、それらは一度覚えればあとは自然にできるものです。(町内の草野球でもやってますよね、こんなプレーは)

もちろん、高校生が本気で全国大会を狙うとか、プロを目指すというレベルになると、やることはまた違ってきますけども。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
好きなものは覚えるのが早いのは当然ですね。

お礼日時:2009/03/22 15:07

私は小4のころ野球を始めました。


きっかけは放課後学校ですでに野球チームに所属していた友達たちに交じって
毎日のようにやっていたところセンスがあったらしく、誘われるがままに入部しました。
遊びでやっていたころはとったら一塁に投げるとか、塁が詰まってなかったらタッチプレーとかそのくらいしか知りませんでした。

でゲッツーという言葉なんかは入部後初めて知りました。
言葉のみならずダブルプレーというものも初めて知りました。

通常座学というものはないと思います。
だからはじめからルールをマスターしている人なんかいません。

ルールについてはシートノックなんかで身につきます。
シートノックはシュミレーションみたいなものですから。
あとは場面ごとの練習ですね。
例えば少年野球で1、3塁の場合必ずと言っていいほど1塁ランナーは走ります。
この時のセカンドの動き。
たいていはピッチャーと2塁ベースの間に入ります。
こういう動きは経験です。

またランダウンプレー。
ランナー2、3塁で3塁ランナーが牽制ではさまれる、
2塁ランナーは3塁ベースに行く、
3塁ランナーも3塁ベースに戻る、
ここで二人のランナーが3塁上にいる。
なんて時練習してなかった方のチームがランナーだと、守備側が二人にタッチすると
ランナー達は二人ともアウトだと思って元からいた方も離塁したところを
再びタッチしてアウトなんてことになります。

あと野球を始めるとプロ野球を見るのが好きになると思います。
プロ野球解説者は小学生にもわかるような言葉づかいをしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>練習してなかった方のチームがランナーだと、守備側が二人にタッチすると
>ランナー達は二人ともアウトだと思って元からいた方も離塁したところを
>再びタッチしてアウトなんてことになります。

なるほど、練習してルールを熟知すれば試合に勝つ可能性が高くなる。ゆえにもっと練習してもっとルールを覚えよう、ということにつながるわけですね。教えてくれるのを待っているようでは選手失格ですね。

お礼日時:2009/03/22 15:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q小学生の子供等に野球ルールを教える方法

小学4年生までの子ども達に野球のルールを覚えさせる効果的な方法はありますか?
スポーツ少年団での指導者(低学年?担当)をすることになったのですが
団員も増えてきたのでジュニア試合も再来週からすることになり、ルールを教授することになった為なのです。

なかなか高学年の子たちとは違い、難しさを感じています。
とくに投手のけん制の仕方や、塁に出たときのランナーの動きなども。
個別にプロ野球TVを観ろといってもなかなかうまくいかないですね。
子ども達に試合に出ることの真剣さがないのかも知れません。
 
ご教授よろしくお願します。

Aベストアンサー

紅白戦っていいですよ~☆

競い合わせることで、野球の面白さがわかってきて真剣になってくるし、
チーム内のことだからその場面場面で試合をストップさせて皆を集めて
ルールや走塁のあり方、守備の仕方などを解説するんです。
そうすると興味のある子ほど覚えが早いし、
覚えた子は知らない子に教えてあげたりします。

子ども対大人という構図より
子供同士で教えあったり励ましあったりするほうが効果があがります。

真剣味を増すために罰ゲームなども取り入れると、負ける悔しさと勝つ喜びも同時に体感できると思います。

ゲームがあるという期待感で、朝のランニングとかトレーニングなどの
地味な練習も我慢するようになります。
また、ゲームの緊張感が礼儀や挨拶の仕方にも表れてきます。

是非、お勧めです☆

Q効率よく子供に野球を教える方法(親子ともに初心者)

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に私がこのままではいけないと思っている状態です。
我が家には父親がいません。
私は野球の簡単なルールは知っていますが、フォームがどうとか、専門的な事は全く分かりません。
が、子供が少しでも自信を持ってくれるよう、朝練(フルタイムで働きいているため、朝しか時間がとれません)をしようと決めました。
時間は30分から1時間弱しかとれません。
この度素人の私が、子供にキャッチボール、バッティングを効率よく教えるための手順、方法などありますでしょうか?
私は決して運動が得意とは言えませんが、子供と一緒に上達出来たらなぁと思っています。
無理難題申しますが、アドバイス、ご意見よろしくお願いいたします。

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に...続きを読む

Aベストアンサー

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで、
ルールなどはチームにいればこれから自然に覚えていくと思いますので、
今の段階ではあまり考えなくてもいいと思います。

練習方法としては、まだフォームやスタイルはあまり難しく考えず、
本人がやりたいスタイルでやらせてあげた方がいいと思います。

キャッチボールについては、まだボールに慣れていないのであれば、
無理に軟球とグローブを使用せず、柔らかいゴムボールで
キャッチボールをされた方がいいです。

小学校2年生くらいですと、まだボールに恐怖感をもつ子どもも多く、
ボールから体を避けてキャッチする子も多いです。
まずは柔らかいボールでボールへの恐怖感をなくすことにより、
キャッチングの基本である正面でキャッチするということが、身に付くと思います。
ボールに慣れてきた所で軟球に替えるといいでしょう。

またグローブについてですが、手の小さいうちから大きなグローブを使用すると
まだ握力と腕力が充分でないため、正しいキャッチングができないと思います。
手の平で捕るというより、大きなグローブにボールを入れるような
捕り方になってしまうこともあるので、
なるべく手の平にあった柔らかい小さなグローブを使用し、
素手感覚でキャッチできるような物を選ぶといいと思います。

普通にキャッチボールするだけでもいいですが、
時にはボールを少し高く投げてフライを捕らせるような練習や、ゴロを転がしてあげたり、
また、短い距離でかまわないので、お母さんが座ってキャッチャーになり、
子どもさんにピッチャーをやらせ、ストライク、ボールの判定をして
三振だ、フォアボールだ、とゲーム感覚でキャッチボールされるのもいいと思います。

バッティングについても、小学校高学年と低学年では筋力が違いますので
使うバットも無理に高学年の子と同じ物を使うのではなく、
軽くて振りやすいものを与えてあげるのがいいと思います。

とはいえ、慣れてないと細いバットにボールを当てるのも一苦労するとおもいますので、
慣れるまでは、バトミントンをやらせるのも一つの方法です。
バトミントンのラケットは軽く振りぬきやすく、またラケットの面積も大きいので
打ち返しやすく、シャトルも軽く腕にかかる負担が少ないです。

また、バトミントンの腕の振りは、キャッチボールのそれと動きが非常に似ていて、
正しいスローイングのフォーム作りにも繋がります。
まあそこまで意識する必要はありませんが、
なにより、打ち返すことの楽しさを身につけることができます。

バットを使った練習では、新聞紙をガムテープなどで丸めてボールにして
短い距離から緩いボールを投げてあげて打たせるなど、
まずは簡単に打ち返せるような練習をされるといいと思います。

新聞紙ならミートしても遠くに飛びませんし、
当たっても物が壊れることがありませんから室内でもできます。
ただ振り回すバットで物を壊したり、誤って怪我をさせてしまうことがありますから
室内で行うときはなるべく広いところでやってください。

道具については決して高価な物を買う必要はありませんが、
体に合った物を買ってあげるのが一番です。

そのうち大きくなるからといって、今の体のサイズに合わないものを買うと
それを使いこなせず、上手くならないこともありますし、
上手くならないことにより、野球が嫌いになってしまうこともあります。

長くなりましたが、まずは野球を好きになるようにすることを第一に練習してみてください。
野球が好きになれば、必然的にもっと上手くなりたいと思いますし、
そのためには何をしたらいいのか自分で考えるようになります。

その頃にはお母さんの手を離れて、チーム内の友人と競いあったり、
指導者からの指導やアドバイスにより、より良い練習方法を身につけていくことと思います。

他にも練習方法はいろいろあり、子どもの体格や技術に応じて練習方法は変わってきますが、
現時点では楽しんでできる練習を心掛けたらいいと思います。

まとまらない長文、失礼しました。
これからのお子さんの活躍が楽しみですね。
お母さんも無理なさらず、子どもと楽しんで練習をしていってくださいね。

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで...続きを読む

Q学童軟式野球のルール & マナー

教えて下さい。
長男(小5)が、今年から軟式野球をしています。一応エースピッチャーです。
先日の試合、息子が突然制球が乱れ、四球を連発。 満塁が続き、観客席から観戦をしていたのですが、思わず『振りかぶれ』と叫んでしまいました。
試合後、監督からベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと注意を受けました。

野球経験がない私。
保護者は、試合の際など、一切口出しは出来ないのでしょうか?

そのあたりのルールを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

この質問だけを読むと、色々な可能性が有ります。

監督が言った『ベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと』
が、連盟などの決まりであれば、保護者(観戦者)は口出しが出来ないこと
なります。

自分自身、色々な地域の決まりを知っていますが、当然どこでも野次は
禁止されています。

ただ、例えばライトの守備が上手くない場合、攻撃側の保護者などが
「ライトに(右に)打て」は問題ない地域も有りますが、これも禁止されている
地域も有るようです。

また、自分の子がエラーした場合「シッカリと守れ」や、ボール玉を空振った時
「ホールをよく見て打て」等も禁止されている地域が多いようですが
明らかにミスしたチーム側と分かれば、問題ない地域も有ります。

当然ファインプレイをした選手に「ナイスプレイ」等は全く問題有りませんが
今回の『振りかぶれ』は、ほめ言葉ではないですけど、基本的に問題のないレベルだと
思いますが、連盟で禁止されていれば、監督手して気になるかもしれません。

余計なことですが、満塁でファボールを連発していれば、ピッチャーは
厳しい立場にいる事になります。

この様なときは「落ち着け」等の方が良く、フォームの事を言われると
逆にパニックになる可能性が高いです。

家の方の地域では、監督がマウンドに行く事が許されていますので
この様な場合は、監督が間を取るのも有効ですね。

この質問だけを読むと、色々な可能性が有ります。

監督が言った『ベンチ外の保護者などのこのような発言は禁止されてるからと』
が、連盟などの決まりであれば、保護者(観戦者)は口出しが出来ないこと
なります。

自分自身、色々な地域の決まりを知っていますが、当然どこでも野次は
禁止されています。

ただ、例えばライトの守備が上手くない場合、攻撃側の保護者などが
「ライトに(右に)打て」は問題ない地域も有りますが、これも禁止されている
地域も有るようです。

また、自分の子がエラーした場合「...続きを読む

Qドアスイングを直すには

 どうしてもドアスイングになってしまいます。逆に前でうとうと意識するとミートポイントが前になってしまってタイミングがうまくあいません。どうしたらいいか教えてください

Aベストアンサー

こんばんは、
ドアスイングの悪い点は早い段階でバットのヘッドが下がり遠回りの軌道でヘッドが遅れて出てくることです。
当然速球に振り遅れたりする訳なんですが、これを改善するなら反対のことを意識することが大切です。

バットのヘッドの軌道を高い位置に置くように意識してみてください。
コツとしてはバットのヘッドを肩の高さより高い位置に出来るだけ保つことです。
そのために右打者でしたら左手の脇を締める意識が大切です、このとき肘まで体に付けたまま振ろうとすると窮屈になります。
左肘を出来るだけ体に近いところで動かすようにすると脇が開きにくくなります。
No2さんのおっしゃっている脇に何か挟んで素振りを行うのも効果的ですね。

私の場合ですとバットを右肩と耳の間を通すように振るイメージでした。
昔の練習方法だと壁を右斜め後ろに置いてバットがあたらないように振るなどの練習があります。
頑張ってくださいね。

Q試合中の声出し(かけ声)について

先日、社内の野球大会があったのですが、攻めの時はベンチからバッターに対して『いつものいつもの』とか『練習のみせれや!』『いい玉だけー』『なんでよけるんか!あたれや!』『ナイスカットー』とか声出ししています。

守りのときは守備位置からピッチャーに対して『ナイピー ええボール!』とか『ええよ、バッター(タイミング)あってないで!』と声を出しています。

ですが最近ワンパターン化しているので、もっといろんな声出し(かけ声)があれば、皆さんの経験や推奨でもいいので教えてください。活用させていただきます。

できれば下のような感じで、攻撃時、守備時に分けて回答いただければ幸いです。
(例)
【攻撃時】
・いつものいつもの

【守備時】
・ナイスボール!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(攻撃時)
 カウント別にいいますと
 S B
・0-0 初球ストライクから入ってくるよ!
・1-0 今ので球見切れたよ、次狙っていこう!
 0-1
 1-1
・1-2 バッティングカウントな、バッター有利だよ!
・1-3
・0-2
・0-3 ピッチャーストライク入らないよ。真ん中だけ狙って!
・1-3
(守備時)
・低め低め(ローボール!の方が格好いいかも)
・俺のとこ打たしていいよ!
・バッターびびってるよ、自信持って投げていけ!
・強気で攻めのピッチング!
・球走ってるよー!
・いいよー!ピッチャー乗ってきたね!

以上のような感じでしょうか。その時々によって違うでしょうが、特に守備時でピッチャーは孤独になりやすいので、出来るだけ周りで盛り上げて調子付けてあげてください。

Q野球(少年野球)のセオリーもしくは戦術について

友人の子供が少年野球をやっているということで、セオリー等を解説している本を探しています。
例えば、どういった場面でバントをするのか、どういった場面でヒットエンドランをするのかといったことを子供に教えたいそうです。
どなたか良い本をご存知の方おられましたら、教えていただければ、幸いです。

Aベストアンサー

下の方のとおりですね。確立の問題でしょう。当たり前ですが攻撃側は点を取る確立、守備側は点を取られない確立が高い作戦を取るべきです。セオリーについての解説本はみたことはないですね。あっても私は買いませんが。なぜなら少し考えればわかるし、作戦はチームによって異なるからです。

基本は、攻撃側の場合、ランナー1塁の時、
ノーアウトの時 バント
ワンアウトの時 エンドラン
ツーアウトの時 スチール

守備側の場合、ランナーなしの時、
ノーアウトの時 出塁警戒
ワンアウトの時 中間守備
ツーアウトの時 長打警戒
となるでしょう。
なぜこうなるかはわかりますよね?点が入るか入らないか確立の問題です。

ただし、イニング、スコア、ボールカウント、打順、選手の能力、天候等々の条件で色々と変わってきます。そこはどう作戦を取るかは、監督・選手それぞれが考えなくてはならないし、チーム内の意思疎通が重要になるでしょう。そこは普段の練習・ミーティングが必要となるということです。

Q低学年の試合出場について(少年野球)

今年に入って、小3の息子が少年野球チームに入団しました。
私も子供の頃野球をやっていたのですが、環境の変化に驚いています。

中でも一番違和感を感じているのは、低学年のうちから試合に出られる事です。
もちろん、高学年を上回る並はずれた実力があれば、試合に出るのは当然でしょうが、低学年大会なるものは、どうなんだろう?と思います。
まだボールやバットを扱える体力のない児童に試合をさせて、いったい何の為になるのかサッパリ理解できません。
当然、試合内容はボロボロですが、そんな中でも勝ちを求めるので、采配も相手の弱点をつくばかりで、得点の大半はミス絡みです。
はっきり言って、こんな野球の何が楽しいんだろうと疑問に思います。

確かに試合で成長することもありますが、あくまで基礎が出来ていての話でしょう?
無理矢理試合なんかしていると、逆に身体を壊すのでは無いかと心配にさえなります。

指導者によって違いはあるのでしょうが、これが今の少年野球では普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

息子2人(2年・4年)が少年野球チームに所属しています。2人とも1年生から入っていて2年生から試合をしています。

地域によっては、低学年は「Tボール」と言うものがあって、3年生以下はそのルールにもとづいて試合をしています。詳しくは分からないのですが、ピッチャーはなく、ティーにボールをおいてするものです。(詳しくは検索してみてください)

ただ、うちの地域では軟式野球をしており、たまに隣の県で試合すると3年以下チームはTボールのためつまらないみたいです。やはり生身のボールを打つのは楽しいらしいです。
軟式野球でも学年によって塁間も違うし、ピッチャープレートからバッターボックスまでの距離も違うので、考えていると思います。バットも軽いものもありますし、その辺は親がショップに行って選んであげるといいと思います。

体の面で気にされているのであれば、チームではなく、野球スクールへ行って基礎を学んで、高学年になったらチームに所属されるのもいいでしょう。探すと元プロ野球選手が教えている教室が結構ありますよ。

少年野球の場合、お父さんや地域の人がボランティアでやっている場合がほとんどなので、疑問を持たれたまま所属していると、不満がたまると思います。質問者様がどんどん参加されて「野球のどこがそんなに楽しいのか」見つけていったほうがいいとおもいます。

あえていいますが、大人が見ている以上に子供達は野球をたのしんでいますよ。たとえぼろぼろに負けたとしても。

息子2人(2年・4年)が少年野球チームに所属しています。2人とも1年生から入っていて2年生から試合をしています。

地域によっては、低学年は「Tボール」と言うものがあって、3年生以下はそのルールにもとづいて試合をしています。詳しくは分からないのですが、ピッチャーはなく、ティーにボールをおいてするものです。(詳しくは検索してみてください)

ただ、うちの地域では軟式野球をしており、たまに隣の県で試合すると3年以下チームはTボールのためつまらないみたいです。やはり生身のボール...続きを読む

Q小学5,6年生外野の練習方法を教えて下さい。

高校までの野球経験者(ピッチャー、ショート、レフト)で、今、5年間、小学生の指導をしています
(小学5,6年生)。


外野手の守備についてなのですが、

打球の判断が素早くできないため、

ワンバウンドで頭を越される選手や、

頭上を越えて捕れる範囲なのに取れない選手に対しての練習方法をお教え下さい。


今、私がやっている指導は一歩目を早くするため

ピッチャーが投げた球がバットに当たる瞬間をとにかくよくみること。


そして

選手と3メートルぐらい離れて、手で選手の真後ろにフライをなげ、

どちらかに体を切り、正面に入り球を捕るという練習をしています。


あとフライは数を沢山捕ることだとも思っていますので、

沢山ノックも打っています。


これ以外に何か、もっと効果的な練習方法がありましたら

お教え下さい。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

本人は取れると思ったのにワンバウンドで頭上を抜かれるのは小学生の定番ですね。
私の子供がお世話になったスポ少の監督さんがされていた練習を書きます。参考になれば幸いです。

主に外野守備では、上達途上のグループに対しては以下のような練習をされていました。

意図的に飛距離の短いフライやハーフライナーを打って、ワンバウンドで捕らざるを得ないような状況を作ります。そしてこれをオチンチンの前で、かつアンダーハンドで捕るように指示するのです。
胸の前で、かつグラブを立てる基本とされる捕り方とは全く違いますが、
「今日は、基本の捕り方で捕ったヤツは、100mダッシュのペナルテイがあるぞ。」などといってするわけです。基本的に綺麗に捕った子には「今日はそれはダメだろう!」と叱られますから、子どもはビビッてワンバウンドでチンチンどころか、ツーバウンドになったりする訳ですが、それは逆に「おおーええぞー。」とのこと。見ている我々は不思議なことをするものだと思っていたのですが、聞いてみると

「打球処理の基本は、球際での調整です。打球は、自身の予想道理に来るとは限らないので、予想とのズレに対して対応できるよう、初動作では余裕を持って反応し、最終的に球際で帳尻を合わせる。これはフライだけでなく、ゴロでもそう。(未熟な)子供は、「こう来るに違いない」と勝手に決め付ける。予想が当たることなんてあり得ないから、外れても対応できるようにするための練習です。それと、本能的に早くボールに近づきたいのが人情です。チンチンの高さで捕れと言っても、バンザイしたりするでしょう?チンチンで捕るつもりで身構えて、バウンドしてから少し前に出て胸で捕るのですが、子供ははじめから胸にくるものだと勝手に決め付けて失敗します。」

とのこと。

それから、選手を20m位の距離に立たせ、そこに向けて高いフライを投げます。ノンプロの投手経験者さんでしたから、肩がよく、本当に高~く上がって、落下点も選手いるところに正確に落下するのですが「後に「完全」に振り返って3mほど下がってから、ダッシュしながら捕れ」との指示でした。これも見極めの練習のようです。

逆に、絶対にノーバウンドで捕れない様な打球を打ち、「絶対に突っ込んで、飛び込んで捕れ!!!」と
いうのもしてました。

極端なことをするうちに、ノーバウンドで捕れるかどうかの判断力が身につくとのことで、「本当は沢山ノックをするのが上達には一番ですが、ノックをする大人が練習毎に大人数いるわけではないので効率よくやりましょう。」
と言っておられました。

体育館では、直線上にボールを転がし、それを選手はラインの右側に一度はみ出してから再度ライン上に戻ってくるようなことも繰り返しやってました。

キャッチボールの仕上げは、4人一組になり、挟殺プレーを想定したキャッチボールです。
「前進しながら、徐々に仲間との距離を詰めて、ランナーの逃げ場を狭めれば、簡単にアウトに出来る。ところが(未熟な)子供は、味方同士での単なるキャッチボールとなってしまっていて、いつまでも距離が縮まらないので、いつまでもアウトにできない。そうしているうちに、暴投や捕球ミスでセーフにしてしまう。本来、多くても3回ボールが行き来したらアウトに出来るのが挟殺プレーです。」
それと「投げまねをしながら、ランナーを追い込むのは?」と聞くと、「それも絶対にダメ。ランナーは偽投で騙せますが、味方も騙される。本当に投げた時にビックリしてとれないケースが多々あります。」
とのこと。

本当に全ての練習が理詰めで、守備の上手のチームを作られました。参考になればいいですが。

本人は取れると思ったのにワンバウンドで頭上を抜かれるのは小学生の定番ですね。
私の子供がお世話になったスポ少の監督さんがされていた練習を書きます。参考になれば幸いです。

主に外野守備では、上達途上のグループに対しては以下のような練習をされていました。

意図的に飛距離の短いフライやハーフライナーを打って、ワンバウンドで捕らざるを得ないような状況を作ります。そしてこれをオチンチンの前で、かつアンダーハンドで捕るように指示するのです。
胸の前で、かつグラブを立てる基本とされる捕り...続きを読む

Q中学生硬式用グローブのメーカーと種類で迷ってます

小6の子供が来月より中学生のボーイズチームに所属することになり、硬式グローブを買ってあげることになりました。
硬式グローブも沢山の種類がありますので悩んでおります。

小柄なのと内野(セカンド・ショート)が多いため内野手用は確定しております。

ミズノ、SSK、ZETT、久保田スラッガー等々。。。
◯◯のメーカーのこの種類はこういうところが他より優れて良いよ!や、
◯◯のメーカーはこんな理由で使わない方がいいなどありましたら教えて下さい。

高いから良いとか安いから悪いではなく、革が厚いや握りやすいなどの観点からご教授下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

好みの問題が有りますが、グレードがハッキリしていて
キャッチングポジションが良いと感じるのがミズノで、全体に無難です。

ミズノであれば、ミズノプロが一番良いのですが、中学生なら
グローバルエリートでもいい気がします。

因みに、価格はミズノプロが4万5千円,グローバルエリートが4万円
で差は5千円です。

一般にグローブは2割くらいの値引きが有りますので
ミズノプロが3万6千円,グローバルエリートが3万2千円と
その差は縮まります(価格は消費前抜きです)

革の質はミズノプロの方が上ですが、柔らかさはグローバルエリートの方が
柔らかいので、中学生でも型が付けやすいかもしれません。

ミズノで、セカンド,ショートならグローブのサイズが[9]がお勧めですが
セカンドなら[8]でも良いかもしれません。

http://mos.mizuno.jp/mos/include_html/baseball/images/grove-size1.gif
グラブサイズの目安表ですので、参考にしてみてください。

その他のメーカーですが、アシックス,SSKは、上手く説明できませんが
何となくシックリ来ない感じが有ります。

ゼットのプロステイタスも良いと思いますが、何となく同様な型が多く
バリエーション(選択肢)が少ないと思います。

久保田スラッガーは(以前ほどでは無い様ですが)革の当たり,外れが大きい様です。
また、湯揉みをするのなら、店舗によって上手い,下手が有りますので
微妙なところです。(型は良いのですけどね)

以上のことから、ミズノは選択肢が多く、無難な気がします。

もし、お住まいが東京,大阪近郊で有れば、東京にはエスポートミズノ,
大阪ならミズノ大阪店が有り、ここでは全てのグローブを見ることが出来ますので
可能なら実際にご覧になると良いと思います。

グローブの場合、買って直ぐに使うのは難しいですので、ゆとりを持って
買われた方が良いと思います。

最初はキャッチボールなどをして、オイルを塗りの繰り返しで自分に合った型が
出来てきますね。

好みの問題が有りますが、グレードがハッキリしていて
キャッチングポジションが良いと感じるのがミズノで、全体に無難です。

ミズノであれば、ミズノプロが一番良いのですが、中学生なら
グローバルエリートでもいい気がします。

因みに、価格はミズノプロが4万5千円,グローバルエリートが4万円
で差は5千円です。

一般にグローブは2割くらいの値引きが有りますので
ミズノプロが3万6千円,グローバルエリートが3万2千円と
その差は縮まります(価格は消費前抜きです)

革の質はミズノプロの方が上...続きを読む


人気Q&Aランキング