仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

東大(文2=経済)を受けて今春から浪人する事になっています。合格自体は成績開示もありましたが十分に射程圏内にいたようです。

ただ今回海外に行くことがあり、そこで色々と感じることもあって、真面目に留学(今年の9月から)を検討してもいいんじゃないかと思っています。
もちろん、もう浪人は決定事項ですからこれを覆すには責任もあるし、(費用等含めて)手段も探さなければなりません。まだ決定でない以上はしっかり浪人として勉強するつもりなのですが、水面下で調べていこうとしています。その結果としてどちらの道を選ぶかは別問題として。

当初は大学の間に、と考えていましたが、高校卒業後すぐに海外の大学に行くことのメリット・デメリットはどうなのか?という事をお伺いしたいです。具体的な手段はまた別に検討するとしても・・・
具体的にはイギリス、オーストラリア等英語圏がいいだろうと思っています。ある程度日常生活に困らない程度の語学力はあるつもりですが、実経験がないので何とも・・・。

日本の学位をとっていた方が、というのはよく言われる事ではあるのですが、向こうの留学生を見て、日本の高校→大学というレールに必ずしも拘る必要はないと感じています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

オーストラリアやカナダは全く知識がありませんので皆目わかりませんが、イギリスはやめた方が無難でしょう。

Oxbridgeは2年間予備校に行きGSE-Aレベルを受験しなければなりませんし、Imperialなどの他の名門大学は1年間のFoundation Courseを受け、その成績次第で入れる大学が決まってしまいます。またイギリスは国立なので費用は全額自己負担です。
資金的にはNeed-BasedのFinancial Aidを留学生にも出す、一部のアメリカの名門大学留学を目指すのが正解だと思います。但し、2009年入学は間に合わないので2010年秋入学に向けて、今から準備して、かろうじて何とかなるというのが実情です。今までアメリカを目指して、着々と準備を重ねてきた新3年生とあなたとが競争することになりますね。

アメリカの名門大学合格にはTOEFL iBT100は必須で、その上にSAT Reasoning Testで高得点をとる必要があります。しかも2009年11月受験がラストチャンスです。合格率が高まるEarly Decision(Action)は10月締め切りなので、受験は6月がラストチャンスです。準備期間は、そうありません。

Harvardとはいかないと思いますが学年成績が上位5%以内なら、Williamas、Amherst、Swarthmore、Pomona、Duke、Cornellなどを目指してはいかがでしょうか。

スタンフォードのEPGYを受講するなどして自力でSATを克服してください。合格者はほとんど自力で克服しているはずです。

Blog「アメリカ名門大学50選」が参考になります。

Community Collegeに入り、UCLAやBerkeleyを目指すケースが多いのですが、UCLAやBerkeleyなどの学費は年間4万5千ドルで、CCの費用は最低でも年間100万円かかるようです。最短4年で1、100万円がかかります。Need-BasedのFinancial Aidを留学生にも出すアメリカの大学なら、家庭の年収に応じて学費が免除されます。Harvardは年収6万ドル(550万円程度)以下なら全額免除され、4年間無料になります。

道は険しく、迷いは多いと思います。適格な判断力が求められます。
    • good
    • 0

現在イギリスの大学1年生をしている20歳です。


高校卒業後すぐに(4月にですが)こっちに来ました。
経緯としては4~8月大学付属機関の英語コース⇒9~6月Foundation programme⇒9月~現在:学部1年生です。
高校在学中(3年時10月)に現段階のFoundation course(以下ファンデ)の入学許可をもらい、同大学に進んだためファンデ卒業がある種の大学入学条件でした。

私の留学動機は「不特定多数の人と同じ道を歩むなら、ちょっとでも少数派になってみたい」というものすごく不純なものでしたが、全く後悔はありません。
しかし同時に、強く勉強してみたい分野があり、その分野では今通う大学が世界でもトップレベルにあるのだからこの大学で勉強がしたいという思いも同じだけありました。
正直言ってしまえば、逆に後者の理由がなければ、今頃日本に帰ってたのではないかな…と思うぐらいそれなりの思いがなければ留学は続かないものだとも思っています。

メリット・デメリットに関しては個人差があると思いますが、私個人としては
同年代の子達が親元から大学に通う子が多い中、完全に親元も離れて生活し、また言葉も十分自由に使えない中一人で生きていく中で自立したとも思いますし、自分の甘さ、いかに周りに甘えていたか、ありがたみなどたくさんの事を考えなおし、再確認するいい機会になりました。
また、放任主義とは言いませんが日本以上に「自分でやらなきゃ誰も面倒は見ない」場所です。勉強しなくても誰も何も言いません。心配もしません。その代り簡単に落とされます。その分、自分で勉強に取り組む姿勢も今まで以上にできましたし、気分を害される方もいるかもしれませんが、よく友達と「日本の普通の学生とは比べ物にならないぐらい勉強してるよね」という話もします。勉強の割合については私の所属してる学部故…かもしれませんが。
ただ、卒業時期が6月~7月にかかる分、日本での就職を考えたら確かに不利かと思います。目に見えて何か資格が取れるわけでもありませんし、ただ「海外の大学にいた分人より英語が喋れます」程度に終わるかもしれません。普通に考えて同学年より1年就職が遅れます。(イングランド・ウェールズは大学が3年制のため)

総合的に考えて、私はイギリスに留学して後悔してませんし、国内と迷った結果こっちの選択をして正しかったと思っています。
今から準備をなされると今年9月のファンデ入学は厳しい大学もあるかと思いますが望みが全くないわけでもないのでは…と思います。
ちなみにうちの大学では願書提出時のIELTS又はTOEFLの点数によっては1月~9月のずれた時期でファンデを受けられる場合もあります(他大学は調べなかったのでわかりませんが)
そう言う気持ちが少しでもあり留学できる環境があるなら、留学を前向きに検討してみてもいいのではないでしょうか。(今ポンド安いですしね!!笑)
    • good
    • 1

メリット、ディメリットについての質問が今までもたびたび、こういうQ&Aで出ていますが、各人各様で、答えは簡単にはでないと思います。

それ以前に、そもそも、英語で4年間の大学生活を乗り切れる自信があるのか?を問うべきだと思います。聴き取り能力が、弱いなら、留学はするべきではありません。無理して留学しても得るものはないでしょう。
    • good
    • 1

日本の学位を持っていた方が国内企業への就職には有利かも知れませんが、世界がグローバル化していますので、外国の大学・大学院を出た方を積極的に求めている企業もありますので、あまりこだわる必要はないと思います。

安易な海外留学は身を破滅させますが、将来の展望を十分に考えられ、自らの人生に積極的に生かそうとするなら、海外留学はデメリットより、メリットの方が大きいと思います。同じ海外留学をされるなら、大学院まで進めれることを考えられるべきです。

「今回海外に行く」という意味が今一つ分かりません(ご家族が海外赴任される?)が、一つの手段として、短期の語学学校に行き、9月の大学入学を目指すのが、最も有効かつ手っ取り早い手段です。

この回答への補足

早速ありがとうございます。
今は単純に行きたい!という願望が強いですが制度・方法等を選べば将来にも十分生かせる可能性があるのでは、と考えています。
今度、国際交流センターで調べてみようと思っているのですが、留学の方法(利用できる制度等)や大学の選び方で注意すべきことはあるでしょうか?

少し語弊がありました。すみません。
数泊の短い間でしたが友人のツテがあって中国の方に行ってきました。そこで向こうの留学生に触れて、必ずしもレールに拘らなくてよいと考えるようになったのです。

ただ質問文の通り留学に関してはまだ検討中の問題で、来年も東大を受ける可能性もあります。何より予備校入学も決定して親にも負担をかけていますから、確実になるまでは水面下で調べて手段等も明確になった段階で話すつもりでおり、予備校の勉強を疎かにするつもりはありません。なので春から(?)語学学校に通うのは難しいです。
向こうに行ってから勉強する(向こうの語学学校・ないし大学内の留学生として勉強してその後に大学に)手段もあるかな、と思ったのですが・・・。

補足日時:2009/03/24 09:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校卒業後の進路に留学を考えてもいいのかどうか...

 高校1年の者です。
 昨年の6月ごろ、学校に置いてあったNCNの記事を見て、米国へ行きたいなあと思うようになりました。

 今の私の夢は日本語教師です。日本のことをいろんな国の人に知ってもらいたいし、いろんな国の人と友達になって、いろんな考えや文化に触れてみたいからです。
 学校の先生に自分の夢と米大の話をしたところ、現在日本語教師は日本の学校で学ばないとなれないという答えが返ってきました。そこで、一度は米大を諦めました。

 しかし、最近また興味が出てきました。毎日勉強に励む学生の姿勢と英語が話せるようになるということに魅力を感じずにはいられません。それから、米大で日本語学科があったら、米国にとっての日本を見ることができて面白いかもしれないとも思いました。

 しかし、一番の悩みはお金です。これが両親に相談できない原因でもあるのですが、我が家はごく一般の家庭で、下に妹と弟がいます。彼らのためにも国公立大学へ進学することを両親は希望しているし、私も日本の大学なら第一志望は国立です。私が留学することになったら、経済的な負担はすべて親にかかります。そう思うと、留学もどうしよう…と考えてしまいます。もし、NCNなどを利用するとなると、莫大なお金が必要ですよね?でも、NCNなどの機関を利用せずに留学することは容易なのでしょうか?

 それから、私は進学進路重点校に通っているので、生徒のほぼ100%が日本の大学への進学を希望しています。そんな中留学を考えてもいいのかなあと少し不安にもなります。
 長くなってごめんなさい。アドバイスがあればお願いします。

 

 高校1年の者です。
 昨年の6月ごろ、学校に置いてあったNCNの記事を見て、米国へ行きたいなあと思うようになりました。

 今の私の夢は日本語教師です。日本のことをいろんな国の人に知ってもらいたいし、いろんな国の人と友達になって、いろんな考えや文化に触れてみたいからです。
 学校の先生に自分の夢と米大の話をしたところ、現在日本語教師は日本の学校で学ばないとなれないという答えが返ってきました。そこで、一度は米大を諦めました。

 しかし、最近また興味が出てきました。毎日勉強に...続きを読む

Aベストアンサー

私の知人(日本語教師になりたい)の場合。

私と知人とはアメリカの同じ職場で働いています。二人とも大学院生です。普通、留学生は働いてはいけませんが、法律的にOKな仕事です。

彼女も質問者さんと同じように高校時代に進路を悩んだそうです。彼女は日本の国立大学を選択しました。そこで英語教育を選考したそうです。大学4年生のときにアメリカの大学へ1年間交換留学をしました。学校が提携している大学に、交換留学として行った訳ですから、授業料は日本の大学に払うだけでアメリカの大学に払う必要はありません。彼女曰く、日本の国立大学のほうがアメリカの大学よりも授業料が安いそうです。

そして、彼女は日本の国立大学で中・高の英語の先生の免許を取り、アメリカに大学院に入学するためきました。私たちの学校は、Graduate Assistantというポジションがあって、そのポジションで働くと、授業料が無料になり、しかも給料がもらえるという制度があります。私たちはそのポジションをもらえたおかげで、授業料を払っていないです。そして、来年から彼女は大学の日本語の授業で教壇にたつそうです。

私たちの学校には他にも現地の高校で日本語を教えながら大学院に通っているものもいます。もちろん、彼らの授業料も無料です。彼らも日本の大学で日本語教育について勉強してきてから、アメリカにきました。

大学からアメリカに来た子もたくさんいますが、卒業までにとってもお金がかかります。私たちの学校のinternational studentsには、奨学金(成績優秀者など)以外、大学生の授業料が無料になる制度はありません。

私の知人は日本の国立大学を選択したために、今まであまりお金をかけないでこれて、日本語教師の夢ももうすぐです。

とりあえず、国立大学に入って、大学時代に交換留学を目指してがんばったらどうでしょう?英語力をつけて、Graduate Assistantshipや奨学金をもらえる大学院を見つける。これが、一番リーソナブルな方法ではないでしょうか?

私の知人(日本語教師になりたい)の場合。

私と知人とはアメリカの同じ職場で働いています。二人とも大学院生です。普通、留学生は働いてはいけませんが、法律的にOKな仕事です。

彼女も質問者さんと同じように高校時代に進路を悩んだそうです。彼女は日本の国立大学を選択しました。そこで英語教育を選考したそうです。大学4年生のときにアメリカの大学へ1年間交換留学をしました。学校が提携している大学に、交換留学として行った訳ですから、授業料は日本の大学に払うだけでアメリカの大学に払う必要...続きを読む

Q高卒で留学するには・・・

私は今高校2年生です。高校を卒業してから留学したいと本気で考えています。私の考えでは、1年ほど現地で生活して慣れてから大学に入学したいと思っています。どこの国でも構いませんが、生活してみて行ってよかったなと思える国が良いです。お勧めの国や大学、留学までの流れや、留学に必要な条件、費用などについて何でも良いので教えて下さい。語学留学ではなく、看護か、教育学を学ぶ為に留学したいです。教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

大学留学経験者です。(アメリカ大卒です)

一年ほど現地で生活してなれてから大学へとのことですが、慣れるというのは語学の問題と生活上の問題の双方を想定していらっしゃる事と推察いたします。

私はアメリカの四年生の大学に留学していましたが、まずビザの問題があると思います。
何もビザがなく一年間生活に慣れるために滞在するというのは難しいかと思います。
留学生用のビザを取る為にはどこかの教育機関から留学生用ビザを取れるよう入学許可証を出してもらわなければなりません。
従いましてスムーズに留学を進めるには、大学へ進む気があるのであれば、再来年の1月を目処に、大学へ入学願書を出す必要があるかと思います。

よくアメリカにいるときに、日本から来る留学生で殆ど英語ができないのに(しゃべれないではなく、学力的にも弱い)アメリカに渡ってきてしまい、比較的授業料の安い現地のコミュニティカレッジ(短大とお考えになってよいと思います)へ入るものの、学力がつかずそのまま初志を貫徹できずに日本へ帰るのようなことになった人を実に多く見ています。
アメリカではコミュニティカレッジを含め、入学は難しくないのですが、卒業するのは大変です。海外へ行けば何とか実力がつくではなく、日本にいる間にしっかり英語力をつけておく、またもしも専門で勉強したい事があるのであれば、日本語で基礎知識をつけておくことをお勧めします。

例えば、TOEFLでのスコアが留学時には必須になると思われますが、これも今から日本で何度も受ける事により、点数がアップします。留学するのであれば550から、もしもできれば600くらい取れると楽ですよね。

もしも日本で看護か教育学で大学もしくは看護学校に進めるチャンスがあるのであれば、ここに一度進み、そこから「編入」の形でアメリカの著名な四年制大学へ進むということも考えられると思います。その場合は日本で取った単位も、勉強単位として組み込まれる可能性がありますから、卒業が楽ですし、ご自身が専門にしようと思う勉強の基礎は日本語でできているので比較的勉強がスムーズに進むかと思います。

また費用についてですが、正直、奨学金が取れるなどの条件がなければ生活費も含めてかなりかかるものと思った方が良いと思います。
留学ビザでの労働は禁止されていますので、日本にいて留学に必要なお金をセーブする意味も持ちつつ、英語をしっかり勉強して(日本から来る人でも、大学受験で有名どころには言った人などはしゃべれなくても語彙や文型が頭に入っているためスムーズにしゃべれるようになります)専門知識も日本語で身に付けてしまってからの留学が良いのではないかと思います。

もしも実際の大学での勉強の前に英語を飛躍的に伸ばしたいなどであれば、今の高校生のうちに、夏にホストファミリーになる、夏のみ海外へ留学するなどの短期技で刺激をえてみてはどうでしょうか。その期間だけでしゃべれるようになりませんが、英語をやろうという気合は入ると思いますよ。

私の専門は政治でしたが、友人が教育学で卒業しています。教員免許を取るのがネイティブではないのでかなり大変だったと言ってました。

大学留学経験者です。(アメリカ大卒です)

一年ほど現地で生活してなれてから大学へとのことですが、慣れるというのは語学の問題と生活上の問題の双方を想定していらっしゃる事と推察いたします。

私はアメリカの四年生の大学に留学していましたが、まずビザの問題があると思います。
何もビザがなく一年間生活に慣れるために滞在するというのは難しいかと思います。
留学生用のビザを取る為にはどこかの教育機関から留学生用ビザを取れるよう入学許可証を出してもらわなければなりません。
従いまして...続きを読む

Q日本大学法学部は私立大学の中で高学歴な部類ですか?

日本大学法学部は私立大学の中で高学歴な部類ですか?


2010年代々木ゼミナールの偏差値ランクは57なのですが、
私立大学の中で難関といえるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

2011年度 代々木ゼミナール最新偏差値データ
http://www.yozemi.ac.jp/rank/gakubu/index.html

面白い変化で言いますと、早稲田政治経済が私大1位を奪還しました。
69でトップです。
バブル期まではずっと私大1位で90年代は慶応法、早稲田法と横並びだった記憶があります。
2000年度頃から慶応法が約10年間1位だったはずです。
早稲田人気ですね。

次いで慶応法、慶応経済の68。

早慶以外だとICUの66が来ます。
65で上智、中央、64で同志社、立命。
日大法は56ですね。


これ考えるとトップの早慶と比べれば12ポイントも差がある。
国公立の事も考えれば、「真ん中ぐらい」と言えますね。
僕は評価してますけど。
まず立地がいい。だからバイトやサークル、授業などでマイナスが無い。
次いで
毎年
10人以上が司法試験に
100人以上公務員試験に受かってます。

学生数は多いけれどトップ3%程度をキープできれば、
十分に、トップ大学の学生以上の位置を確保出来ます。


これは早稲田などもそうなんですけど、マンモス大学は下位の70%ぐらいは最初から「捨て駒」にされて、切り捨てられるイメージです。
これは大学側も承知でそういうやり方をやってると思う。

独ソ戦で勝者ソビエトが取った戦略と同じです。ソビエトは勝ちましたが、
独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1128万人で、ドイツ兵500万人の2倍以上。
民間人の犠牲者をいれるとソ連は2000~3000万人が死亡してます。
ソビエトは人口1億人ぐらいしかいないので、これメチャクチャな数字ですけど。

問題は受験者や学生がそれを認識してるかどうかでしょうね。
してれば、そこにいるメリットはあるけど、
してない人が多いと思う。
誰でもタモリや大前研一になれたらラクだけどね。

2011年度 代々木ゼミナール最新偏差値データ
http://www.yozemi.ac.jp/rank/gakubu/index.html

面白い変化で言いますと、早稲田政治経済が私大1位を奪還しました。
69でトップです。
バブル期まではずっと私大1位で90年代は慶応法、早稲田法と横並びだった記憶があります。
2000年度頃から慶応法が約10年間1位だったはずです。
早稲田人気ですね。

次いで慶応法、慶応経済の68。

早慶以外だとICUの66が来ます。
65で上智、中央、64で同志社、立命。
日大法は56ですね。


これ考えるとトップの...続きを読む


人気Q&Aランキング