【初月無料キャンペーン中】gooドクター

フランス語の読み方・意味を教えてください!
(1)Nun's Scourge
(2)Amour en cage

あと、
(3)サネカズラ
(4)ヒツジグサ
(5)マンダラケ(チョウセンアサガオ)
(6)オトギリソウ
のフランス語の綴りと読み方(カタカナ)が
分かる方がいましたら、教えてくださいm(_ _)m
よろしくお願いします

gooドクター

A 回答 (2件)

(1)Nun's Scourge は フランス語ではありません。

英語のようですが、英語でも
使われていないようで、日本で生まれた都市伝説のようです。
フランス語では、epinard chinois [エピナール・シノワ] または、
Amarante tete d'elephant [アマラント・テット・デレファン]

(2)Amour en cage [アムール・アン・カージュ] ホオズキの比ゆ的表現ですが、
直接的には (l')alk?kenge [ラルケカンジュ] または coqueret [コックレ]

(3)サネカズラ Kadsura japonica ←学名です。
フランス語名なら、Kadsura du Japon [カヅラ・デュ・ジャポン]
フランス人にとってラテン語を基にした学名は、古語で、日本人よりハードルが
低く、日本よりもそのまま使う場合が多く(フランス語 Wiki も)、一般人に
なじみのない外国の動植物は 学者さんかその分野を好きで知っている人以外は、
通じません。もちろん、学名だけでなくフランス語名も同じですけどね。

(4)ヒツジグサ nenuphar nain [ネニュファール・ナン]
le lis de l'eau は スイレンです。
http://www.jardindupicvert.com/4daction/w_partne …

(5)マンダラケ(チョウセンアサガオ)
metel [メテル] または stramoine bubescente [ストラムワンビュブサント]

(6)オトギリソウ
St John's wort は、西洋弟切草の英語名です。そのフランス語は
millepertuis perfore [ミルペルテュイ・ペルフォレ] で、日本の弟切草は
millepertuis Hypericum erectum [~・イペリクム・エレクトゥム] か
millepertuis au Japon [~・オ・ジャポン] くらいですが、前者は学名を
後ろにつけて正確ですが、後者の「日本の」がわかりやすいでしょう。


ついでに食虫植物 ( Plante carnivore ) も

(1)ウツボカズラ Nepenthes de Raffles [ネパンテ・ド・ラフル]

(2)モウセンゴケ Drosera a feuilles rondes

(3)ハエトリグサ Dionee attrape-mouche

(4)ムジナモ 学名は Aldrovanda vesiculosa ですが、
知っている人は Aldrovanda[アルドロヴァンダ]だけで通じるでしょう。
ただ、一般のフランス人は なじみがないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなってしまいました!申し訳ありません!
食虫植物の方までお答えいただきありがとうございます!

お礼日時:2009/04/13 10:40

(1)と(2)を日本語にすると



(1)Nun's Scourge
ナン・スクールジュ
修道女の災い

(2)Amour en cage
アムール・アン・カージュ
檻の愛


(3)から(6)をフランス語にすると

(3)サネカズラ
Japonica Kadsura
ジャポニカ・カドゥスーラ

(4)ヒツジグサ
Le lis de l'eau
ル・リ・ドゥ・ロ

(5)マンダラケ(チョウセンアサガオ)
La pomme de l'epine
ラ・ポム・ドゥ・レピーヌ

(6)オトギリソウ
St-John' s-wort
ストゥ・ジョン・ウォルト


となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
翻訳サイトでは出てこなかったので助かりました!!

お礼日時:2009/03/24 14:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング