家族の一人が工事業を初めてはじめての確定申告をします。
私も計算のお手伝いをしていますが。
*仕事で使う工事用の3~4万程度のドリルや2千円程度の工具ですが雑費でよろしいのですか。

*また工事をするお宅で使う予定でしたが使用しなかった工具やペンキ、ハケ、材 木などはまたよそで使えるもの物は何になりますか。(仕入れですか?)

*いつも使う予定は無いのですが、たまに使う?使う先は決まっていませんが緊急 用の接着剤などが有りますが、使う所が決まっていないので雑費にしているので すが、それでよろしいですか(その接着剤だけでお金にはなりません)
                以上よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

勘定科目はどの業種も一律に決まっているわけではなく、


任意に科目を設定しても良いのです。

例えば、ドリルなど耐久消耗品は「工具費」、
ペンキや材木は「材料費」などと設定しても良いのです。

要は科目を分けることによって、大まかな経費の使い道がわかれば良いのです。
誤って違う科目につけてしまっても、経費として計上されているので問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日にちがなく、焦ってました、また問題がでてきましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/06 14:54

hidekawaさんが、更に補足してくださっているので、これ以上のことはありませんが、


完成工事に決算時に振替えるとか、貯蔵品にというのは、
現段階ではまだ、質問者には必要ないと判断したのですが。
また、資産勘定の「備品」をそのまま費用科目として使用するより、「工具費」と任意に設定するほうが、紛らわしくなくて確かにいいですね。
減価償却の必要な資産勘定を使用してもらうつもりはなかったのですが、誤解をうむような説明ですみませんでした。
    • good
    • 0

科目についてですが、通常10万円に満たない作業用工具などは、消耗品として処理するか、年間あたりの支出額が多いなら消耗品費から抜き出して工具費等の任意の科目を設定してもOKです。


また、工具以外の接着剤などについても同様ですが、決算期までに使い切っていない場合など、経費から抜き出して貯蔵品などの科目を使い、正しく期間計算出来る様にします。
また、一般的に材料は「仕入れ」、工具は「消耗品費」を
使います。工具を仕入れとしてもいいというのはあまり聞かない処理ですよ。
「未成工事支出金」という科目ですが、これは建設業で使用する科目ですが、少し誤解されやすい回答があるようです。決算期までに完成することが出来なかった工事分に使用していない仕入れ等を省いて、資産計上するために使う科目のことです。この場合、翌年に完成工事分として経費計上します。

それから、「工具・器具・備品」勘定は、減価償却対象の高額な(10万円以上のもの)工具や器具、備品を計上するために使う科目ですので、区別する方がよいでしょう。
ちなみに減価償却ですが、10万円以上20万円未満の備品などは、3年間で償却します。20万円以上になると、それぞれものによって違いますが(償却資産の耐用年数により変わります)対応する年数によって償却率を乗じて、その年分の減価償却費を計算します。
    • good
    • 0

工事業といっても、個人の大工さんのようなものと解釈してよろしいのですか。


一般に建設簿記と通常の簿記では勘定科目が異なる上、扱いも違います。
工具などを仕入れにするのは一般商店などで、これは売上原価にあたりますが、工事業で、建設簿記を使用する場合は、この工具が未成工事支出金という科目に振替え、これは資産勘定にあたります。
業種からして、ドリル、工具などは、そのまま主要道具に
なりますので、何にもあてはまらない時に使用する雑費は
不都合と思われます。
消耗品もしくは、備品(工具器具備品)などが適当と思われ、
使用しなかったが、別に流用できるものは、材料、商品
(売上原価として計算したいとき)
または、これも消耗品、備品でもいいでしょう。
緊急用に常備してあるものは、消耗品くらいで適当かと
思います
    • good
    • 0

*仕事で使う工事用の3~4万程度のドリルや2千円程度の工具ですが雑費でよろしいのですか。


「消耗品」がよいでしょう。

*また工事をするお宅で使う予定でしたが使用しなかった工具やペンキ、ハケ、材 木などはまたよそで使えるもの物は何になりますか。(仕入れですか?)
「仕入れ」でよいでしょう。

*いつも使う予定は無いのですが、たまに使う?使う先は決まっていませんが緊急 用の接着剤などが有りますが、使う所が決まっていないので雑費にしているので すが、それでよろしいですか(その接着剤だけでお金にはなりません)
これも、「消耗品」がよいでしょう。

正式には、これらの消耗品やペンキなどの材料が、年末に多量に残っているときは、金額を計算して棚卸品として計上する必要がありますが、それ程大量でなければ、何もしなくて宜しいです。  

不明な点は補足してください。            
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にしてがんばってみます、また解らないときはよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/06 14:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級 勘定科目一覧について

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえたと思うのですが、

2級については、上記のようなサイトが少なく
勘定科目一覧が見当たりません。

商工会議所のHPには以下のようなページもあるのですが、
pdfファイルの2ページめ、冒頭にありますように、
すべての勘定科目が掲載されているわけではありません。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_kamoku.pdf


そこで質問させていただきたいのですが、

市販の独学用のテキストで勘定科目一覧の載っているものは
あるのでしょうか。
ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいします。

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえ...続きを読む

Aベストアンサー

試験対策用として、「全て」の勘定科目の一覧表は、ないと思います。
なぜなら色々な業種があるので、多数の勘定科目があるからです。
もしも試験対策としての一覧表を作成するならば、
今までの出題実績から集めるほかにありません。

三級をすでに学習されたのであれば勘定科目が、
資産、負債、純資産と収益、費用と分類できることはご存知だとおもいます。
仮に始めて見る勘定科目であっても、どこに分類できるか、
推測することは容易ではないですか?

日商試験にでは、第一問が仕訳問題となっていますが、
勘定科目群より選択しなければなりませんので、
全てを暗記する必要もありません。
商工会議所の勘定科目一覧が理解できていれば、充分だと思います。

全ての一覧表はないのですが、
独学者用テキストでオススメなのは、
ネットスクール出版の『サクッと』シリーズで、
・サクッとうかるテキスト
・サクッとうかるトレーニング
があります。

お探しのものをお伝えできなくてごめんなさい。
少しでもお役に立てればと投稿させていただきました。

試験頑張ってください。

Q通信費と雑費の計上について

実務での話ですが…

普通預金帳をみたら入金の欄に
NTT受信料という摘要で入金されてたのですが
これは、どういうふうに伝票をおこせばいいのでしょうか?


あと、売掛金を回収する時に雑費を計上してるのですが…
これは何の費用なんでしょうか?

普通預金帳に振り込まれた金額と売掛金明細の金額との差額
で小額なら雑費かな~という曖昧な判断で計上してるのですが…
これの正確な対処の方法を教えてください。


出納帳や預金手帳、当座照合表から伝票を起こす時の注意点を教えてください。
そもそも、これは正規の手順なんですか?
簿記の勉強をしてた時の手順とは違うのですが…

お願いします。

Aベストアンサー

 ご質問の内容とずれているかもしれませんが、回答がないようなので、「枯れ木も山のにぎわい」とかいいますので少しだけ参加させてください。

>NTT受信料という摘要で入金されてたのですが

 NTT受信料の具体的な内容がわかりませんが、会社が主たる業務で行っているダイヤルQ2かなんかの入金だとすると(自信なしです)
普通預金/売上
とかになるのではないでしょうか。またなんらかの理由で通話料の戻りが入金されたのなら
普通預金/通信費
になるのではないでしょうか。この場合返金の元となった出費が通信費で処理されていることが前提になります。
「NTT通信料」という入金の具体的な内容がわかれば、はっきりすると思います。

>売掛金を回収する時に雑費を計上してるのですが

 相手が銀行に支払う振り込み手数料をさっ引いて振り込んでいるのだとすると支払手数料というアカウントを使います。1万円の売掛金が210円の振込み手数料を引かれて9,790円振り込まれていたとしたら、

普通預金  9,790/売掛金 10,000
支払手数料  210

となります。

 なかにはおかしな金額で振り込んでくることもありますが、相手方に確認するなどの手間が必要な場合もあります。(いきなり電話するのもどうかと思いますので内部できちんと調べてからですが)こちらが相手方に支払うべき何らかのお金を相殺しているという場合もあります。また値引きの話が経理まできていなかったりするといつまでも売掛金が残る結果にもなります。

 いろいろなケースが考えられますので差が少額でも必ず追求し具体的な内容を把握しそれを伝票上で解決しなければなりません。(それが経理の仕事と言ってよいと思います。)たいていは振り込み手数料ですが。

 以下は個人的経験に基づくアドバイスです。

 起票に際しての注意点ですが、絶対にダブルブッキング(二重記帳)や付け落としをしないと言うことです。そのための手順は各職場によって培われた方法があると思いますので、はじめのうちは、上司の指導を仰ぎ、その方法を極力尊重し実践することにつとめることが望ましいかと思います。

 経理の作業の一つ一つは仕事を溜めさえしなければ、非常に単純で誰にでもできます。しかしながら決められた手順を来る日も来る日も絶対に守るという、業務の徹底的な習慣化に関しては非常に難しいと感じます。

 仕事になれてきて職場内での立場があがった上でですがミスをなくすには極力作業手順を減らすことです。もっとも大事なのは領収書などの原始書類(証憑)です。伝票はメモにすぎないとも言えます。いかに苦労して伝票を作ったとしても証憑の内容と帳簿の内容が食い違っては何にもなりません。証憑のどこかに伝票番号を記すとか、貯金通帳からの起票の場合はどの銀行の口座の何冊目の通帳で何ページの何行目かということを記号化して摘要欄につけておけばあとで検索する場合に非常に楽になることもあります。たいへんですけどね。

 現金出納帳などから振替伝票を起票する際(私はしたことがありませんが)には、どういう方法をとるにせよ、必ず帳簿上の残高を実際の有高と毎日照合することです。人間の記憶があてになるのはその日一日だけですので、明日職場にきてからということではなく、毎日帰る前にすることをお勧めします。現金を照合する具体的な方法ですが、その日一日起票した振替伝票のうち、借方貸方のどちらかに現金が現れているものを集めます。前日の残高(これも確認してあるはず)にその伝票の借方の合計を足しさらに貸方の合計を引いたものが、実際の現金の有り高、現金出納帳のその日最後の残高とそれぞれ一致していればOKということになります。

 その作業を行っている間は現金の受け入れはできません。また営業がおつりを間違って渡してしまったような場合など不明な点があれば、その入金は封筒などに入れ保留し解決するまで処理しません。貯金通帳等に関しても同じ作業をします。そうやって毎日現預金の照合を行っておけば現預金に関しては問題が蓄積していく可能性は少ないはずです。

 会計処理にパソコンを使えばぐっと楽になりますが、部門や補助科目の設定の仕方、ファイルの扱い方やバックアップをとるタイミングなど独特の感覚が要求されます。初めてパソコンを導入する際はやはり一定期間、いままでの方法との平行稼働が必要でしょう。またパソコンを使う場合でも総勘定元帳や合計残高試算表、決算書などの作成過程が手作業でもできるスキルを身につけておくことが望ましいと言えます。

 ご質問の内容とずれているかもしれませんが、回答がないようなので、「枯れ木も山のにぎわい」とかいいますので少しだけ参加させてください。

>NTT受信料という摘要で入金されてたのですが

 NTT受信料の具体的な内容がわかりませんが、会社が主たる業務で行っているダイヤルQ2かなんかの入金だとすると(自信なしです)
普通預金/売上
とかになるのではないでしょうか。またなんらかの理由で通話料の戻りが入金されたのなら
普通預金/通信費
になるのではないでしょうか。この場合返金の元...続きを読む

Q日商簿記2級の勘定科目一覧

お世話になります、よろしくお願いします。

日商簿記2級の勉強を始めたばかりです。勘定科目の一覧が表示されておすすめのWebはないでしょうか?資産・負債・資本・費用・収益ごとに分かれているものが希望です。

また、よろしければ、簿記の勉強でおすすめのWebもお教えいただけるとうれしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

勘定科目一覧
http://minna-no.com/mkaikei/kamoku/kamoku.htm

学習
http://www.boki-community.com/2kyuu-gakusyuu.html

Q超初心者です!雑費について

いろいろ勘定科目がある中で雑費は「どれにも該当しないもの」を雑費にするとあるHPに書かれていました。
超初心者でよくわからないのですが、普通の企業とかで「例えばこんなものはよく雑費にする」という代表的なものを教えてください!
また写真の焼き増しの費用は雑費に入りますか?

Aベストアンサー

雑費は、費用のうち、既存科目に収まらないもの・既存科目のどれに入れるのか迷ったものについて、金額が小さく、頻発しないものに使っています。
だから、会社によってマチマチで、「普通の企業」の標準的なものがあるわけではないんです。

写真の焼き増し費用は、焼き増した写真が消耗品的要素を持つため「消耗品費」とするほか、写真の用途に合わせて勘定科目を決めてもいいでしょう。業種によっては売上原価になります。そう考えると、「雑費」の選択肢はなくなってしまいます。
もっとも、既存科目に分類し難く、代金も大きくないのでしたら、「雑費」でも構わないでしょうネ。(重要でないものはテキトーに処理してよい、という重要性の原則が根拠となります。)

Q【経理】 勘定科目は任意なの?決まっているの?

こんにちは。
起業1年目の者です。

本を読むと勘定科目は決まっているようで、
さらにいろいろな本を読むと勘定科目は任意なので好きに作れるとかいてあります。
なので勘定科目時点で基本を参考にして、あとは自分がわかりやすいように、分けたいようにしようと思ったのですが、
勘定科目の説明によっては、「10万円以上で」と書いてあったりします。となると決まっているようにも読めます。

勘定科目はこれを使わないといけないと言う決まりがあったりするのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 任意と言っても決まり事があります。例えば、未収金=未収入金のように、内容意味が含んでいなければいけません。

(例)営業権=のれん(暖簾) 預り金=従業員預り金 借入金=銀行借入金 仕入=商品仕入 消耗品費=事務用消耗品費 この程度の常時使用をする科目ならいいけど、あまり任意で処理すると、後任者・公認会計士・税務士が監査等をする場合、適切にそれらの科目を使用されていればいいのですが、あまり使用を違えると疑問や見直しと云った厄介な手数がかかる可能性があるます。

 あなたの事務所で関連事務の人が皆理解していれば決められた範囲での任意科目は使用していいのです。

 例えば10万円以上の工具・計器のようなものは1年以上使える物は一旦固定資産に計上します。よって簡単に科目を変える事は勧めませんね(^・^)せいぜい工具器具備品これなら科目として又固定資産として把握管理が出来ます。

Q雑費? 外注費?

会社に裏庭がありまして、雑草が生えています。放っておくと、茫々に生えて、収拾がつかなくなります。以前は、手の空いた社員が草刈をしていたのですが、最近は手の空くものが居らず、茫々になってしまった処、会社裏に住んでいる年金暮らしのおじさんが、
「忙しいんでしょ。刈っておいてあげるよ」と、好意で毎月1回くらい刈ってくれます。結構な広さなものですから、タダというのも、気が引けて、最初の2回くらいは、社長が自分フトコロから1万円を出して封筒に入れて「お礼です」と渡していました。ところが毎月となると、社長も大儀なようなので、会社の会計から支払って経費にしようと思うのですが、ご老人の好意でやっていただいているのに、領収書を出してくださいともいいづらい部分がありまして、悩んでおります。

このオジさんにやってもらうのは、専門の業者に頼むよりは、明らかに安いので、金額的には会社が大変助かるのですが、領収書が無くて、この様な性質の経費の場合は、どう処理してよいか迷っております。
適正と思われる処理を、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

外注費は建設業で塗装を外注にだすとか、車輌整備業で自社で加工できない部分を外注に出すとか、通常業務の一部分を委託することです。
自社の裏庭の草刈は一種の清掃費用でしょうから「外注費」には該当しません。まんま「清掃料」と付けるか、金額がさほどでないなら「雑費」が妥当です。

Q青色申告での勘定科目について教えて下さい。

青色申告での勘定科目について教えて下さい。

青色申告初心者で勘定科目がわからい事だらけです。
やよいのソフトを使っているのですが、勘定科目については税務署に聞いてくれと言われました。
みなさんは事細かに税務署に電話して聞いているのでしょうか?
それとも、わかりやすいサイト等で自己判断で処理されているのでしょうか?
またやよいの青色申告10の分かり易いサイトがありましたら教えて下さい。

もしわかる方がいらっしゃいましたら、2点この場でお聞きしたいのですが、
(1)業務委託で報酬代としてその都度、現金でお支払いした場合の勘定科目はどれに当たりますか。
(2)事業用の口座から親に仕送りの振込をした場合の勘定科目はどれに当たりますか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今回の質問の件以外ですが、仕訳 勘定科目の検索が、簡単に出来るHPがあります。
『仕訳 勘定科目.com』様…具体的な例や勘定科目の一覧表など、解説も詳しいので、
よろしければ参考になさってください。
リンクフリーということでアドレス張っておきますね。

参考URL:http://www.kanjyoukamoku.com/

Q「雑費」で処理することについて

費用を雑費で処理すると
「損金に参入できない」から
=損をする

で、あってますか?

あと
雑費で処理することの
メリットとデメリットを教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・一人当り5,000円以下の一定の飲食費が「交際費」の範囲から除外され、全額が損金算入できることとなりました。こうした費用は、実務上は「会議費」や「雑費」等に計上することとなりますから、「雑費」のすべてが損金に算入できない訳ではありません。

・実務上のメリット、デメリットとしては
 勘定科目の仕分けに困ったときにとりあえず雑費に入れることが出来る、ただし、安易に雑費に入れると損金算入できるものについて算入し忘れることがある、ということでしょうか。
 要は、雑費での処理というよりは、雑費でも損金算入できる物を把握しておかないと、損をすることになるということですね。

Qエクセルで勘定科目の集計、勘定科目の並び順について

現金出納簿をデータベース化して、勘定科目ごとに
集計をしたいと考えています。

日付 摘要 部門 勘定科目 収入or費用 金額

部門ごとに勘定科目の集計をとりたく、また摘要も
つけたかったので、ピポットテーブルを使ってみました。まあまあ、欲しい表は出来たのですが、勘定科目の並び順がランダムでした。
規則的に並び替えしたいのですが、どうすればいいでしょうか?
科目コードをつける?と思っても、その先どうすれば
いいのかわかりません。
関数で解決出来るのでしょうか?
関数の知識はあまりありません。マクロとなると全くありません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

[フィールドの設定]-[詳細]-[自動並べ替えオプション]で
[手動]を選択すれば、ドラッグで並べ替えることができます。

[自動]で並べ替えたい場合は、
[ツール]-[オプション]-[ユーザー設定リスト]の
[ユーザー設定リスト]で「新しいリスト」を選択し、
[リストの項目]に並べたい順に勘定科目を入力して、[追加]-[OK]。

Q未成工事支出金と完成工事未収金

当社は2月決算で先日ようやく決算の書類が出来上がってきました。
内容をすべて把握してる上司が先日入院してしまいました。出来上がってきた書類を見ると一つの工事に対して未成工事支出金と完成工事未収金をあげていたのですが、これは間違いではないんですよね?
例えば、請負金額が100万の工事に対して未成工事支出金として40万、完成工事未収金として60万というふうにはあげられるのでしょうか?
経理さえまだ初心者なうえに決算ともなるとパニック状態です・・・。
もうすでに決算書は提出済みなのでこれが間違ってるともなるともっとパニックになるのですが・・・。

Aベストアンサー

詳細がわからないので一般的なお答えとなりますが・・・

決して条件によっては出来ないことではございません。
請負契約であっても、一括請負で無く、出来高契約だとして、
一部完成引渡しでの収益認識をされていたとすれば、十分ありえることです。

それともうひとつは、会社として利益調整する必要があった場合です、
こちらの場合には、かなり危険が伴うこととなりますが・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報