SBI証券の日興-インデックスファンドTSPを16日に5万、17日に5万の計10万買いました。
今日売却しようとしたところ評価損益が+8205なのに注文可能額が102796円です。
解約手数料もないですし、なぜ10万に評価損益を足した額と注文可能額にこんなに差があるのですか?
注文可能額は概算なのでしょうか?

A 回答 (1件)

>注文可能額は概算なのでしょうか?


そうですね。普通の投資信託はブラインド方式という「今日の基準価格」や「明日の基準価格」で取引します。注文する時にはわかりません。
SBIは口座がないので詳しくわかりませんが、投資信託の場合は
1.解約(買取請求)したい金額を指定する。例、10万円で買ったうちの5万円を指定すると口数は自動計算して5万円になる。
2.全部解約(買取請求)する。
3.解約(買取請求)する口数を指定する。
のどれかを選択するのではなかったかと思います。

>102796円
これは、口数じゃないでしょうか?

この回答への補足

SBI証券のヘルプに以下のような記載がありました。
「当社で審査に使用する基準価額は、発表時間等の関係で前営業日の基準価額となっております。当社では、投資信託の売却(解約・買取請求)の際には、この基準価額をもとに算出した受渡金額に5%差し引いた金額を概算受渡金額として審査させていただいております。なお、約定反映日は、約定日の翌営業日となりますので、そのタイミングで決定された受渡代金にて買付余力に反映されます。
」お騒がせしました。

補足日時:2009/03/26 20:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
全額買取にしたのですが102796円と10万に評価損益をたした108205円と大分差があったので。

お礼日時:2009/03/26 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般預かりと特定預かり

本日、イートレード証券の口座が開設出来たのですが
取引のときの預り区分の「一般預り」と「特定預り」はどう違うのですか?

Aベストアンサー

昨日も同じ質問が出て、回答したのも同じ人(私以外)。

推測ですが、イートレード証券は、特定口座から一般口座へ移動できないので、最初に選ぶようになっているのでしょう。他社では、特定口座を申し込んであれば、特定口座がデフォルトになっていますから。

Q複数のバランス型投信への投資

現在バランス型の投信を検討しています。
世界経済インデックスファンドとSBI資産設計オープン、世界…は新興国株式、債券が含まれており、SBI資産…は新興国ではなく国内外リートが含まれています。
長期で考え1,2万円から積み立てではじめてみようと思うのですが、どちらかに絞ったほうがよいのでしょうか?
それとも両方に投資するという選択肢もあっても良いと思いますか?

投資に答えはないとは思いますがこの時期からはじめるタイミングや商品選びの考え方、どのようなことでもアドバイスをいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方に投資する選択肢は有って良いと思います。
(年齢、投資余力、投資目的などは記載がないので、それらの点には配慮できていません。)

<全体的な回答>
バランス型投信は積み立てに適しています。資産の組み合わせにより分散されているため、値動きの幅が小さく、タイミングを計って投資する商品ではなく、コツコツ買い続けて、資産を成長させる目的に適しているからです。
また、挙げられた2商品は、インデックス運用を組み合わせたファンドで、比較的コストも安く、選択に問題は無いと思われます。

<両方に投資するか否か>
ただし、両方に投資した場合、「各資産、つまり日本株や外国株などにどの程度投資しているか」が分かりにくくなるデメリットが有ります。それぞれのファンドで重複する資産があるためです。

<たとえばの考え方>
新興国にも少し投資してみたい、と考える場合は世界経済インデックスファンドだけを、1万円か始めてみてはどうでしょうか。新興国の今後の成長をイメージできる場合、納得して投資できそうです。
そうではなく、基本的に世界中のベーシックな資産に分散したい場合、SBI資産設計オープンを選ばれてはいかがでしょうか。

<慣れてきたら>
より目が肥えてきたら、自分の好きな割合で資産を選びたくなるかも知れません。その際にはあらためて、資産別にインデックスファンドを購入されても良いかも知れません。

両方に投資する選択肢は有って良いと思います。
(年齢、投資余力、投資目的などは記載がないので、それらの点には配慮できていません。)

<全体的な回答>
バランス型投信は積み立てに適しています。資産の組み合わせにより分散されているため、値動きの幅が小さく、タイミングを計って投資する商品ではなく、コツコツ買い続けて、資産を成長させる目的に適しているからです。
また、挙げられた2商品は、インデックス運用を組み合わせたファンドで、比較的コストも安く、選択に問題は無いと思われます。
...続きを読む

Q投資信託の売却額が評価額より低い

SBI証券で投資信託を保有していますが、ポートフォリオの「評価額」に対して
売却する際の「注文可能額」が低いのはなぜでしょうか。
計算したところどうやら5%低いようです。
いくつかの投信を持っていますが、いずれも5%引かれます。

どの投信も解約手数料なし、信託財産留保額は0か0.3%のものです。
なぜでしょう?
信託報酬も1%未満ですし、まだ1年も保有していません。
毎月積み立てて7ヶ月程度です。
消費税?だとしたら売るときに取られるのはなぜ?

どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

投資信託を解約・売却する際には、注文の時点で価額が決まっているのではありません。多いのは翌営業日の基準価額で売却となり、注文からまる一日以上たたないと、受け取れる代金が確定しないのです。
「評価額」は過去(たぶん一日前)の基準価額で計算されますが、売却すればいくらになるかは未定のため、5%ほど低めに見積もっているのだと思います。

実際に売却の注文を出されたら、あらかじめ定められた日(例えば翌営業日)の基準価額で売却です。5%引かれた などということにはなりません。

以前東電の社債の件で質問された方ですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報