ちょっと変わったマニアな作品が集結

大きな歯車に小さな歯車を噛み合わせて大きな歯車を回すと、
小さな歯車は大きな歯車に対してたくさん回転しますよね。
これを利用すれば「電力発電」が可能になるのではないでしょうか。

・できるだけ大きな歯車とできるだけ小さな歯車を用意し、噛み合わせる
・歯車大にモーターを取り付ける
・歯車小に発電機を取り付ける
・歯車大に取り付けたモーターを回す
・歯車小がたくさん回転する
・発電機はモーターに対してたくさん回転するため、大きな電力が得られる

この特許をとれば、常温超伝導体の発見よりもはるかに高い利益を得られるのではないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不可能です。


各ロスの件もそうなんですが、そもそもモーターのエネルギー以上の発電を行う事は出来ませんよ。
エネルギーってものは力*移動量なんです。
テコの原理を思い出してください。
小さな力で重い物を持ち上げられますね?
でも、小さな力で済みますが手を移動させる量は増えてますね?
重い物の持ち上がる高さはそれに比べて減っていますね?
歯車も同じことが起きるんです。
大きな歯車で小さな歯車を回すには、大きな力が必要になるんです。
例えば5:1の大きさの歯車があったとします。
大きな歯車を1回転させれば小さな歯車は5回回転しますが、そのためには小さな歯車をただ回す時の力の5倍の力が必要になるんです。
結局全てがロスのない理想の状態にあったとしても、同じエネルギーしか取り出せないんですよ。100W入れても100Wしか発電できません。
平ったく言うと20Wのモーターじゃ力が足りないので100Wの発電機は回せないんですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど。自転車のペダルが重くなるあれですね!
とてもわかりやすく教えていただきありがとうございました!

お礼日時:2009/03/26 15:14

残念ながらそれでも得られる電力が投入した電力ことはない上に, そのアイデアは「電動発電機 (MG)」として実用化されてます... というか「既に廃れてる」わけですが.


そもそも「回転数が多い」からといって「発電量が多い」わけじゃないと思う.
ちなみにこれは「永久機関」の一種であり, (審査する人がちゃんと見抜けば) 日本において特許が与えられることはありません. 「永久機関」=「熱力学の法則に反する」=「自然法則を利用したものではない」=「特許の範囲外」だから.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですか…
変圧器のようなあれですね。

お礼日時:2009/03/26 15:21

>この特許をとれば、常温超伝導体の発見よりもはるかに高い利益を得られるのではないでしょうか。


そのアイディアを使用した商品が売れれば利益を得られますね。

コイル式のモーターや発電機って効率がもの凄く悪いってしってますか?だから常温超伝導が期待されているんです。

それに、そういうものを「永久機関」といってダビンチの時代から色々なアイデアは出ています。歯車を使って…というのは最も古い方のアイデアになるでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
よく考えると、歯車ってコイルよりよっぽど原始的ですね。
そう考えると常温超伝導ってすばらしいですね。

お礼日時:2009/03/26 15:09

・歯車が回転する際の摩擦によるロス


・歯車通しが接する際の摩擦によるロス
・発電機による発電の際の運動エネルキーの変換ロス
・発電機からモーターへの電気を泣かす際の通電によるロス
により
・モーターが最大の歯車を回すエネルギーを得ることはできない。

ちなみに、
>この特許をとれば、
特許は「アイデアを保護する」ことが目的であり、その内容が正しかろうとデタラメだろうとお構いなし。
「特許料」はその特許を利用して実際に製品が作成されなければ発生しない。
特許を取ったから利益が生まれるわけではない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、ロスが大きすぎますね。
特許についても教えていただきありがとうございます。
参考になりました!

お礼日時:2009/03/26 14:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタービンに歯車をつけて、発電効率を上げたいです。

こんばんは
MTの車やマウンテンバイクなどのように、歯車の大きさを変えることで動力の歯車に繋がっている
もう一つの歯車の回転数が変わりますよね?

大きな歯車(20個の歯)と小さな歯車(5個)の場合、大きな歯車を1回転させる間に小さな歯車は4回転します。

そこで考えたのですが、水力発電の水流や火力発電の蒸気をタービンに直接当てるのではなく、大きな歯車のついたプロペラに当てて、タービンに小さな歯車を取り付ければ
元々1回転だったものが上記の例で言えば4回転になると思います。

さらに言えば、大きな歯車(20)の周りに4つ小さな歯車(5)をつけその全てに発電装置を取り付ければ、大きな歯車を1回転させたとき、16回転分になると思います。
大きな歯車の歯をもっと多くすれば1回転する間に何百回転分にもなると思います。

大きな歯車のついたプロペラを1回転させるためには膨大な力が必要になってくると思いますが、
車のようなギアチェンジ機能をつけて、回転の力が付くまでは弱い力でも歯車が回るように作ればその問題も解決できるような気がします。
また、一度動き始めれば大きな力を使わなくても回転を維持することができるとも考えています。

このことを思いついた時はすごいことを発見したと思いましたが、こんな簡単なこと、既に使われているんじゃないかと思うようになりました。
もし、この方法が使われていない場合、なぜ採用されないのか、何がどうなれば利用できるのか(音エネルギーへの変換を無くすなどの無茶なこと)

こんばんは
MTの車やマウンテンバイクなどのように、歯車の大きさを変えることで動力の歯車に繋がっている
もう一つの歯車の回転数が変わりますよね?

大きな歯車(20個の歯)と小さな歯車(5個)の場合、大きな歯車を1回転させる間に小さな歯車は4回転します。

そこで考えたのですが、水力発電の水流や火力発電の蒸気をタービンに直接当てるのではなく、大きな歯車のついたプロペラに当てて、タービンに小さな歯車を取り付ければ
元々1回転だったものが上記の例で言えば4回転になると思います。

さらに...続きを読む

Aベストアンサー

>歯20と歯5がかみ合った器械があり、歯20にクランクをつけて、ぐるぐると回すと、歯5がうるさい音を立てて高速回転する。と想像しているのですが、どの部分の力が4分の1になるのでしょうか?

歯車5単体で回す力。

クランクを回すときの力と、回転数が増えて力が減った歯車5が行える仕事量は同じ。
ということになります。
# 摩擦が増える分だけ減りはしますが。

歯車20の1回転で巻き上げられる重りがあります。
歯車5で巻き上げるには4倍の回転が必要になります。
つまり仕事率は同じ。

じゃあ、歯車5を別の歯車20にくっつければ4分の1回転で1巻きできるじゃん。
となるかもしれませんがそうすると最初の歯車20を回すときに必要な力が増えます(つまり重くなります)。
最初の歯車20は4分の1回転で済みますが、そこまで回すのに必要な力が増えることになりますね。
# 自転車の変速ギアを変えるとペダルの重さが変わりますよね?

Q発電機とモーター

はじめまして。
発電機とモーターについて教えて下さい。基本的な構造が同じである事は知っているのですが、なにか決定的な違いはあるのでしょうか?

先日、友人に「発電機とモーターは別モノだよ。モーターを発電機として使うのはものすごく効率が悪いんだよ」という内容をボロカスに言われたので、その道に詳しい方がいらっしゃれば、教えていただきたいと思います。

仮に、1kwの電力で毎分50回転するモーターがあるとしたら、そのモーターを外部の力で50回転/分の速度で回したときに、1kwの電力が得られるのでしょうか?(何の知識もないので数字はいいかげんなモノです。)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まぁ、感情論とかはともかくとして、
発電機とモーターは(電動機)は、同一の物です。これは断しておきます。
確かに、モーター用として設計された物を発電機に使ったり。
発電機に設計した物をモーターに使用すれば効率が悪く
実用には出来ない場合があります。しかし、実用と理論とは別なので効率が多少悪くても使用は出来ます。
確かに、身近には電動機なら電動機と専用に設計された物が多く、友人のおっしゃるような感覚で物を言われておられると推測されます。

しかし、大工場や揚水発電機等の大型機械や、小型でも頻繁に電動機、発電機を切り替える・・・。
クレーンの巻上げ用電動機や、電車の電動機などはどちらにも使用できるようになっております。

たとえて言うなら、自動車は前進するように設計し、製作されているため、後退運転では非常に効率が悪い・・・。
こう言ったことを言いたいのだと思います。

後半部分の
>仮に、1kwの電力で毎分50回転するモーターがあるとしたら、そのモーターを外部の力で50回転/分の速度で回したときに、1kwの電力が得られるのでしょうか?(何の知識もないので数字はいいかげんなモノです。)

確かに、その通りです。但し機械である以上損失という物が存在し、
電動機では、 電気的入力-損失=機械的出力
発電機では、 機械的入力ー損失=電気的出力となるため
厳密に言えば質問者の言われる50回転にはならないこととなりますが、
損失を考えないと条件を付ければ質問者の意図通りとなります。
ご参考までに。

まぁ、感情論とかはともかくとして、
発電機とモーターは(電動機)は、同一の物です。これは断しておきます。
確かに、モーター用として設計された物を発電機に使ったり。
発電機に設計した物をモーターに使用すれば効率が悪く
実用には出来ない場合があります。しかし、実用と理論とは別なので効率が多少悪くても使用は出来ます。
確かに、身近には電動機なら電動機と専用に設計された物が多く、友人のおっしゃるような感覚で物を言われておられると推測されます。

しかし、大工場や揚水発電機等の大型...続きを読む

Q水撃ポンプの原理?

水撃ポンプとは、どのような仕組みを言うのでしょうか?

動力を必要としないポンプらしいコトは解ります。
基本的な仕組みや、一般的な用途、どの程度の汲み上げ能力があるか
知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問も簡単ですから、回答も簡単に...。

(1)水道管を地中や壁に固定せずに蛇口を付け、
 水を出してから止めると特有の衝撃があります。
 この衝撃を利用した揚水です。
 先の方が詳しく説明してくれています。
(2)騒音が苦にならない、動力が手に入らないとこ。
 ほんの少しの水の流れと、流れの距離が必要です。
 ちょろちょろな流れでも10mあればいいです。
(3)流れに沈めたパイプの長さの半分くらいに、
 水量の1/4を揚水できます。

日本でも水撃ポンプを利用している所はあると思います。
私も興味があったので作っていましたが、
用途がなくて挫折しました(笑)。

Q廃材をただ同然で手に入れる方法はないですか?

よく、おしゃれなインテリア雑誌などで、廃材を手に入れ、木工家具を作ったりとお金をかけないで家具を作ったりとかしていますが、私もそれをしてみたくて廃材を手に入れて作ってみたいのですが、何とかただ同然で廃材を手に入れる方法を教えて頂けないでしょうか?
同じように廃材で家具等を作っておられる方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

製材所出身の材木屋です。
取りに来てください~
ドアや床やクロゼットや下駄箱なんかもザクザク不良在庫があります。
工務店から「すまんやっぱりもう1サイズ大きいのにしてくれ、客が変更された」ってのが毎日です。
家の柱に仕えないようなひねったり曲がったりした材木もあります。
持っていってください。

リンク先は「こうやって売る人もいるんだなぁ~」ってのが感想です。
僕にはただの端材にプレナ-をかけたとしかみえませんでした。

参考URL:http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/45071303


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング