今度オーストリア、チェコ、ハンガリーに行きます。
ホテルのコンシェルジュにミュージカルやオペラのチケットをとってもらおうと思っていますが、チップはどの程度払うべきなのでしょうか。
例えばチケット料金の10%位渡した方がいいのでしょうか?
経験のある方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

レストランのチップと違い金額は関係ないと思います。


このようなチップこそまさに気持ち次第でいいのでは。

*手配した切符を受け取る時に1ドル単位で払う
*チェックアウトの日にまとめて払う(受けたサービスに応じて)
*日系、米系のホテルであれば、宿泊客への当然のサービスとして、チップは前提 になっていないと思いますが断定は避けます。

女性なら最高の笑顔で有難うといえばOKの場合もあります。

例外として欧州の格式あるホテルに宿泊したり、あなたが芸能人、政治家などであれば、チップを奮発すべきでしょう。チップはあくまで謝礼ですから、余った小銭をあげたりすることは避けるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
残念ながら私は男性ですので、嫁さんに笑顔を書かさないように言っておきます(笑)。

お礼日時:2001/03/08 10:01

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「サービス料金」

更に、
http://www.saipan-web.com/info/basis.html
(サイパンの基礎知識)
http://www.newyork-spot.com/spot/information/inf …
(「ミスター○○、食事はいかがですか?」)
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8938/t …
(心づけを渡す基本的考え方)
http://www.s-ssp.co.jp/etra_toshi/eur/czh/c_kuni …
(チェコ)
http://www.s-ssp.co.jp/etra_toshi/eur/aus/index. …
(オーストリア)
http://www.s-ssp.co.jp/etra_toshi/eur/hun/index. …
(ハンガリー)

Hqve a nice trip!

参考URL:http://www.appleworld.com/expert/oldquestions/ol …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなサイトのご紹介ありがとうございます。
役に立ちました。

お礼日時:2001/03/08 10:03

コンシェルジュには、大きな荷物を運んでもらったとか、特別世話を受けない限り、チップは不要です。

カウンターで部屋を手配する人とか、ルームサービスにクリーニングを頼んで払うようなもんです。

ましてやアメリカならともかく、東欧ですから、チップは不要の方向に向かってるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/08 10:03

ホテルのコンシェルジュは、まさにチケットのブッキングが仕事ですので、このケースではチップは不要です。



一般的には、通常の仕事の範疇を越えたサービスを受けた場合に、それに感謝して渡すのがチップです。従って、コンシェルジュがチケットを予約した場合は不要ですが、ベルボーイが手伝ってくれたとしたら、多少のチップをあげましょう。(でも、何故かレストランではサービス料を取っていてもチップを渡す習慣がある場合もあるので不思議です。)

ただ、コンシェルジュも人間ですから、「取りづらいチケットを取ってもらった」とか「特定の座席を確保してもらった」なんてことが有れば、現金ではなく「和紙で折った折り紙」とか「日本から持っていった飴やお菓子」みたいなものをお渡しすると、喜ばれるし受け取ってもらえると思います。

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お金以外のものでも喜んでもらえるというのは、新しい発見でした。

お礼日時:2001/03/08 10:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチェコかハンガリー12月におすすめの国は?

急に時間ができたので、年末にチェコかハンガリーへ1週間くらいですが、訪れようと考えています。

女一人で、英語もままならない状態ですが、
小物や街散策、建物見学などを基本楽しみたいと
思っています。
それぞれの国でお勧めの街などもありましたら、
伺いたいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 先日チェコから帰ってきました。
 プラハが気に入っていて,チェコは2回目です。(2回とも12月)プラハは寒い時期が趣があってよいように感じます。
 今回はプラハからバス(3時間くらい)でチェスキー・クルムロフという歴史地区に行きました。とてもすばらしいところです。

 それでは,よいご旅行を!

Qロンドンのミュージカルチケットについて

夏休みに初めてロンドンに行く予定です。

娘(9歳)の希望で、現在ロンドンで公演されている「メリーポピンズ」を観たいのですが、英語に自信もないので、事前に日本の海外のチケットを代理購入してくれるところで先に購入しようと思っています。(旅行代理店は残念ながらこのチケットは扱っていませんでした。)

ネットで調べたのですが、料金に結構差があって、どこで頼めばいいのか迷っています。
海外だとダブルブッキングもけっこうあるとききました。娘をがっかりさせてくないので、少し高くてもきちんとしたチケットを扱っている、安心できるチケット購入代理店を是非教えて下さい。(日本の代理店を希望しています)

是非お知恵をお願いいたします!

Aベストアンサー

日本の代理店をということなので、何のお力にもなれないかもしれませんが。

一番確実なのは劇場のボックスオフィスで買うことで、その次がロンドン劇場協会の公式チケット販売元であるTicketmasterで買うことではないかと思います。

予約・購入はWeb上でできます。簡単な英語ですし、座席表や座席番号も確認できます。

Arts & Theatre→Musicalとクリックして進んでください。手数料は£2.50程度です。
劇場によっては海外でもチケットの現物を郵送してくれるところもありますが、チケットの受け取りは当日劇場のチケット売り場に、購入の時に使用したクレジットカードと確認メールのプリントアウトを見せればOKです。

購入時に座席番号つきで発券され、郵送可能な状態で封筒に入って劇場の窓口に置かれていますので、ダブルブッキングになるとは思えないです。

確かに日本の代理店ではプレミアム料金で予約できますが、チケット現物を日本で受け取れるならいいでしょうが、チケットバウチャーしか発行されないなら、結局当日劇場のボックスオフィスなどでチケットと交換することになるのでどこで買っても同じような気がします。

今まで数十回Ticketmasterでチケットを買いましたが、受け取りなどでスムーズに行かなかったことはありません。そんなに心配することもないのでは?と思います。

参考URL:http://www.ticketmaster.co.uk/

日本の代理店をということなので、何のお力にもなれないかもしれませんが。

一番確実なのは劇場のボックスオフィスで買うことで、その次がロンドン劇場協会の公式チケット販売元であるTicketmasterで買うことではないかと思います。

予約・購入はWeb上でできます。簡単な英語ですし、座席表や座席番号も確認できます。

Arts & Theatre→Musicalとクリックして進んでください。手数料は£2.50程度です。
劇場によっては海外でもチケットの現物を郵送してくれるところもありますが、チケットの受け取りは当...続きを読む

Qオペラハウスのカウントダウンチケット

今年の年末に家族でシドニーへ行きます。シドニーでの、年末年始の過ごし方をネットで調べていましたら、オペラハウスで鑑賞した後、オペラハウスのテラスからカウントダウンの花火が見れるチケットがあることを知りました。私たち家族もぜひそのチケットを購入して、ショーと花火を満喫したいと考えています。
しかし、購入の仕方が分かりません。
経験のある方、詳しい方おられましたらチケットの購入方法を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経験は無いですが。
チケットの購入はオーストラリアオペラのホームページからできます。まだ今年の分は発売されていないと思いますが、もうそろそろではないでしょうか。オペラハウス ニューイヤー イブ ガラ などで検索すれば経験者の話なども出て来るのではないかと。英語なら Opera Australia New Year's eve Gala かな。

参考URL:http://www.opera-australia.org.au/whatson/NYE

Qハンガリーのガイドブック

ハンガリーに個人旅行に行くのでガイドブックを探しているのですが、地球の歩き方が在庫切れで、新刊は8月下旬に発売なので、私の旅行には間に合いません。

ほかに個人旅行向けのハンガリーのガイドブックはないでしょうか?

Aベストアンサー

旅行に持って行くのは歩き方かロンリープラネットで決まりだと思いますが、
その他に日本で読んでいくと楽しいのは以下の2冊。

・「ハンガリー―“千年王国”への旅」(日経BP社 旅名人ブックス)
 (写真と文章半々くらいで、内容が丁寧です)
・「ハンガリーを知るための47章―ドナウの宝石」(明石書店)
 (文章主体でハンガリーの歴史・政治・社会・文化等について多角的に紹介)

旅行に語学ガイドを持って行こうかと思われるなら、「旅の指さし会話帳〈49〉ハンガリー」(情報センター出版局)がとてもよくできています。

Qドイツとオーストリアのクリスマスって・・・

こんにちは。
12月5日から12日間ほど、ドイツとオーストリアのクリスマス市に行こうと思っています。
留学も経験したことがあるので海外旅行自体に不安はないのですが、今回は祖母(今年75歳)と2人での旅行なので普段よりも貴を引き締めなければならないかな、と思っています。祖母も旅行慣れはしていますが、やはり体力的には心配な年なので(::)
ツアー参加なので特に問題はないと思いますが、ドイツとオーストリアのクリスマス市や冬場に旅行に行ったことのある方で、これは持って行ってよかったな、と思ったものや気をつけることがあれば教えてくださいっ!!あと、ブーツで行くのは無謀ですかね??
英語でも大丈夫かどうかなど・・・ドイツ語は全く分からないので(>_<)挨拶ぐらいはマスターして行こうとは思っていますが、日常会話などは全くわからないので。。。
何か経験談などがありましたら、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

お祖母さまと旅行!いいですね~。
私が行ったのは、ミュンヘンとフライブルクとバーデンバーデン(以上ドイツ)とウィーンだけなのですが…。
まず、天候に関してですが、ミュンヘンはかなりの大雪でした。空港に着陸した時は「よく無事に降りられたなぁ。」と関心するほど吹雪いてました。
フライブルク(スイス・フランス国境に近いドイツ南部の町です。フランクフルトの空港に行くよりも、バーゼル空港(スイスの空港なんですがフランス領にある)の方が近いところ)では「雪なんて殆ど降らない地域なのに一昨日大雪が降った。ここ数年積もるほどの雪なんて見たことがない。」と友人の友人に言われ、雨女ならぬ雪女呼ばわりされました…。
でも、雪は降らなくても、寒いことは寒いらしいです。

ツアーでクリスマス市となると、ドイツではニュルンベルク、シュトゥットガルト、ローテンブルク、ウルムあたりでしょうか?
ツアーでのご旅行ならば、ブーツも無謀とは思いませんが、石畳のところが結構多く、思ったより足が疲れた記憶があります。
万が一に備えて、スニーカータイプのものも用意された方がいいかもしれません。
そして、石畳は「底冷え」がして、特に女性の場合、冷えが原因で膀胱炎になることも多いとききました。
お祖母さまはご年齢的なこともありますし、こまめに水分を摂って、お手洗いもこまめに行かれるように心がけられた方がいいですよ。

使い捨てカイロは、本当に必需品です。
靴用のもあると便利です。
あまったら、現地のガイドさんにプレゼントしてもOK。
そして休む時は、「休足○間」のような、足を冷やして疲れを取るようなシートを貼っておくと、温度差で疲れが取れやすいです。

帽子もあった方がよかったですね。

あと、私の必携品は「湯沸しポット」です。
クリスマス市で売っているグリューワインを楽しみ、そのカップを持ち帰り、ホテルの部屋で温かいお茶を飲む(茶葉は、緑茶やほうじ茶を「お茶パック」(100均で50枚入りくらいで売っている、ダシパックのような紙製品)に入れて、それをジッ○ロックなどに入れて日本から持って行きます。「お茶パック」に入れてあれば、茶葉の始末も楽です。旅行用の粉末のお茶なんてもったいなくて買えません)。
あ~、ほっこり。(失礼しました。)
日本人がツアーで利用するホテルには、ポットが置いてあるところも増えているようですから、ご確認されるといいかもしれません。

英語は微妙でした。地域、場所によって違っていました。(というより、私は英語すら苦手…。同行の友人がドイツに留学していたのでよかったのですが、結構スパルタで、買い物は自分でさせられました。)
私が覚えて言ったのは、カタカナ表記でいきますとこんなカンジになって、実際これで通じました(#1さんや#2さんには笑われてしまうレベルでしょうが)。
・おはようございます…グーテン・モルゲン(よくガイドブックには『南部ドイツやオーストリアでは「グリュース・ゴッド」という』と書いてありますが、私の場合は「グーテン・モルゲン」で大丈夫でした。)
・こんにちは…グーテン・ターク
・さようなら(お店を出るときなど)…アウフ・ヴィーダーゼーエン
・ありがとう…ダンケ・シェーン(「ダンケ」だけでも大丈夫だそうです)
・ごめんなさい…エントシュルディグング
・(レストラン等で)お勘定をお願いします…ツァーレン・ビッテ
何かを頼む時は、「○○,ビッテ」とつけるといいようです(英語のpleaseと同じ感覚ですね)。
数字もなんとなく覚えていきましたが(法則を覚えてしまえば簡単でした)、レジではレジスターや電卓で額を表示してみせてくれましたので、心配することはありませんでしたし、レストラン等でも伝票に数字が書いてあるのを示してくれました。
なお、クリスマス市でお祖母さまの分と2杯分のグリューワイン(赤)を頼む時は、「ツバイ・ロート・グリューワイン・ビッテ」といえば大丈夫だと思います。
赤しかないところも多いので、ロート(赤)はなくても大丈夫かもしれません。

あ、話は戻りまして、ブーツで行かれるとして、飛行機の中ではどうされますか?
以前、ウィーンに行った際、出発空港で「厚底のロングブーツ」を履いていたお嬢さん(家族旅行のようでした)をお見かけしたのですが、飛行機内でスリッパにはきかえられたところ、飛行機を降りる段になってブーツがはまらず、お母様と喧嘩なさっていましたから(笑)
飛行機の中でブーツは不便ですし、エコノミークラス症候群も心配ですよね(ファーストクラスに乗っていてもなるそうですから)?
それを思い出し、ちょっと気になってしまいました。

お祖母さまと旅行!いいですね~。
私が行ったのは、ミュンヘンとフライブルクとバーデンバーデン(以上ドイツ)とウィーンだけなのですが…。
まず、天候に関してですが、ミュンヘンはかなりの大雪でした。空港に着陸した時は「よく無事に降りられたなぁ。」と関心するほど吹雪いてました。
フライブルク(スイス・フランス国境に近いドイツ南部の町です。フランクフルトの空港に行くよりも、バーゼル空港(スイスの空港なんですがフランス領にある)の方が近いところ)では「雪なんて殆ど降らない地域なのに一...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報