沃化水素が光によって分解するという話を聞き、その反応を使用したいのですが、解離させるための光の波長が化学大辞典などで調べても載っておりません。

知っている方がいられましたら、文献もしくは波長を教えていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 例えば「Photolysis Hydrogen Iodide」をキーにしてインターネットで検索するだけで多くのページが引っかかってきます。



 例えば
http://www-wilson.ucsd.edu/research/papers/krw/p …

http://www.tlchm.bris.ac.uk/pt/ajoe/abstract32.htm

 上のほうには、266.2 nm なんて値ものっています。

 CASを使える環境ならば楽ですが、使えなくても載ってそうな雑誌の(J Phys Chem とか)のホームページから検索すればもっと見つかると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
今後の研究に役立てて行きたいと思います。

お礼日時:2001/03/07 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【水素電池の不思議なルール】 水素電池はプラス側が酸素でマイナス側が水素と決まっている。 なぜマイナ

【水素電池の不思議なルール】


水素電池はプラス側が酸素でマイナス側が水素と決まっている。

なぜマイナス側に酸素だと不味いのでしょうか?

どういう理由でどういう不都合があり利点は何なのか教えてください。

Aベストアンサー

電池とは、自発的に起こる酸化還元反応によって生じたエネルギーを電気エネルギーとして取り出す装置。

水素-酸素燃料電池では 酸素と水素を吹き込んでいるから、
水素が1価の陽イオン(電子を失う)、酸素が2価の陰イオン(電子を得る)になる。

簡略にリン酸型の場合の反応式を書くと
水素:2H2 →4H[+] + 4e[-]
酸素:O2 +4H[+] + 4e[-] →2H2O

電子の動きは水素→酸素になるから、電流としては、酸素→水素

だから、酸素が+側で、水素が-側。

Q原油蒸留残渣の水素化分解

原油蒸留残渣を温度は一定、反応時間は0分、120分、240分の3種類の条件別に水素化分解し、残渣、オイル、ガスを生成させました。それらをガスクロマトグラフィー(GC-TCDとDGC-FID)を用いて各留分収率を測定した結果、残渣、オイル、ガスの合計収率が100wt%を超えてしまいました。これは、分析誤差以外に理由としてなにがあげられるのでしょうか?
また、反応時間別に各収率を見ると、反応時間が長くなるほど残渣とガスは増え、オイルは沸点が低い成分は増えるが、沸点が高い成分は減りました。この変化の理由はなぜなのでしょうか?
少しでも、わかる方いらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

前半。ガスの測定精度を見てください。
後半。すいてんだから。すいてんの反応式からすいてんぶいを書けば(ここにかけない)わかるでしよう。

Q蒸気がエネルギー分解して水素(H)と酸素(O)になる?

550度×130atgの蒸気はエネルギー分解して、
ある部分は水素と酸素になると聞いたのですが、
これは本当でしょうか。

ボイラに供給される復水は脱気器で脱気してあるので、
基本的に溶存酸素はほとんどない状態と考えていましたが、
550度になると、蒸気のある部分は水素と酸素に分解するのでしょうか。
この分解した酸素で金属、カーボンパッキン等の酸化が起こりえるかについて考えています。

また、それについて説明のあるサイトがあればご教示くだされば幸いです。

宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

まず引用から:
http://www.con-pro.net/readings/water/doc0005.html
水の臨界点が374℃、218atmですから、550℃、130atmで水の酸素あるいは水素の原子ないし分子への「有意な」解離は考えなくて構いません。
大気圧下では赤熱鉄板(ホットストリップミル)に水をぶっかけると水素分子と酸素分子に解離し再度「爆鳴気」となって水に戻りますので、派手な音がします。
出典を示して頂けると、少しはまともなお答えができるのですけど。^^

QH2Oの生成熱、H2の解離熱、O2の解離熱はそれぞれ-241.84kJ

H2Oの生成熱、H2の解離熱、O2の解離熱はそれぞれ-241.84kJ/mol、435.14kJ/mol、497.90kJ/molである。H-O結合の結合エネルギーを途中式も含めて教えてください。有効数字五桁です。

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

 結合エネルギーとは,その結合を切る為に最低限必要なエネルギーです。

 求めるOHの結合エネルギーであれば、O-H の結合を切る反応を行わせる時に必要なエネルギーで、エネルギーをQとすると、その反応を模式的に書けば

 O-H + Q → O + H

ここで、与えられた条件を上の考えに当てはめると

 H2 → 2H   H2 + 435.14 = 2H (式1)
 O2 → 2O   O2 + 497.90 = 2O (式2)


ここで,H2Oは、H-O-H とみれるため、O-H 結合2つが重なっている事と同じであり、
 H2O の生成するのエネルギーをQと仮定すると熱化学方程式は、
 
 2H+O → H-O-H
 2H+O = H-O-H +Q となり、与えられた条件から

 2H + O = H-O-H + (-241.84) (式3)

とあらわされる。

ここで、式3へ式1、式2を代入すると、

(H2+435.14) + 1/2*(O2+497.90) = H-O-H + (-241.84)

∴H2 + O + 925.93 = H-O-H

 従って求めるOHの結合エネルギーは上記の半分となり、
 925.93 ÷2 =462.965 ≒462.97 KJ/mol

ヘスの法則でググれば色々判ると思います。

 結合エネルギーとは,その結合を切る為に最低限必要なエネルギーです。

 求めるOHの結合エネルギーであれば、O-H の結合を切る反応を行わせる時に必要なエネルギーで、エネルギーをQとすると、その反応を模式的に書けば

 O-H + Q → O + H

ここで、与えられた条件を上の考えに当てはめると

 H2 → 2H   H2 + 435.14 = 2H (式1)
 O2 → 2O   O2 + 497.90 = 2O (式2)


ここで,H2Oは、H-O-H とみれるため、O-H 結合2つが重なっている事と同じであり、
 H2O の生成するのエネルギーをQと仮定...続きを読む

Qオゾンの光吸収波長について

オゾンは260nm付近の紫外線を吸収しますが、それ以外でも吸収すると聞きました。(可視・赤外領域)オゾンの正確な光吸収波長を調べています。正確な波長がわかる方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

赤外領域では、習慣的に波数(cm-1)単位で表すことが多く、吸収の強い順に1042cm-1、2110cm-1、701cm-1となるそうです。
これをnm単位に直しますと、それぞれ9600nm, 4740nm, 14265nm となります。

可視領域に関してはわかりませんでしたが、オゾンの色が薄いことを考えれば、強い吸収はないように思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報