落葉や落果の離層形成・成長の促進、休眠の誘起などに働く物質ってなんですか?

A 回答 (3件)

akiyamaharukaさんの回答で正解「アブシシン酸」です。

高等学校の生物の教科書には確かにこう記述されています。が、エチレンの研究が進むと「エチレン」もこの作用があるということです。
 水分の蒸散を防ぎ,種子形成を調節するアブシシン酸
 フラッカは正常体の10~30%程度しかアブシジン酸(ABA)を含んでいない,ABA合成異常の突然変異です。そこでフラッカにABAを与えて遣りますと,正常体と同じように気孔を閉鎖することが出来ます。
 他の植物においても,同様の突然変異が知られています。このようにABAは,気孔の閉鎖のために必要なホルモンです。普通の植物においても,水不足状態(水ストレス)に置かれますと,直ちに葉又は根においてABA合成の速度が高くなり,葉組織のABA含量が短時間に上昇して気孔が閉じ,植物体からの水分の損失に対応しようとします。ABAは植物体の水分のホメオスタシス(恒常性)を調節するホルモンであると云えます。
 種子の形成は胚の発達,貯蔵物質の蓄積,完熟に伴う乾燥化に対する耐性の獲得など,一連の生理・生化学的過程からなり,これらはABAによって調節されています。種子の発芽は,種子中において形成された胚の生長の再開ですが,普通種子が親植物体上にあるときは発芽は起こりません。しかし,親植物から離脱する前に発芽が始まってしまう突然変異体があり,このような現象を胎生タイセイ発芽と云います。生長を抑えますので,種子にABAが多量に含まれていますと,播種してもABA含量が低下するまでは発芽出来ません。種子の休眠の原因が,種子(特に種皮)に含まれるABAである場合も多い。この場合は種皮を除去してやれば発芽出来ます。
 とあります。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1419.htm
    • good
    • 0

akiyamaharukaさんの回答がありますが、「休眠の誘起」に関しても「ABA」ではないのでしょうか?



以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「アブシジン酸(ABA)に関する研究」

更に、
http://pdb.sci.yokohama-cu.ac.jp/pdb-res.int.J.h …
(アブシジン酸(ABA))
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/11/1105.htm
(植物生理学)
http://www.affrc.go.jp:8001/mugilink/mol/kouen2/ …
(種子の休眠と発芽生理)
http://arabi4.agr.hokudai.ac.jp/Research/SeedPro …
(アブシジン酸に関する突然変異の効果)
http://web.sapmed.ac.jp/HAMB/hCircular/Circular9 …
(シロイヌナズナを用いた種子登熟過程の遺伝学的解析)
ABAとシロイヌナズナとの関連?
http://www.nogyo.tosa.net-kochi.gr.jp/saibai/kaj …
(自発休眠、多発休眠)
ABAでも「休眠」への関与も確定していないようですね?

ご参考まで。
    • good
    • 0

この文章からしますと、アブシジン酸(ABA)という答えになると思います。


しかし「現在は器官の離脱はABAの直接の作用ではなく、エチレンの働きである事が知られています。」と参考URLにありました。
理由は離層細胞のエチレンの感受性が高まりセルラーぜ等の分解酵素の誘導が起きるようです。

植物ホルモンの研究室のHPを紹介します。

参考URL:http://www.comp.metro-u.ac.jp/~koshiba/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いち早くのご回答ありがとうございました

お礼日時:2001/03/23 16:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物ホルモンの分泌場所は?

ホルモンは血液に分泌されるものですが、植物には血液がないので植物ホルモンはどこに分泌されるのかな、と勉強していて思いました。

何か図が載っているサイトでもお教えください。

Aベストアンサー

おはようございます

植物生長調節物質に対して、広く「植物ホルモン」という呼び方をされていますが、これは誤解を招きやすいものだと考えています。

脊椎動物では、特定のホルモンを産生する細胞または組織と、それに対する受容体を持つ細胞、組織または器官など(ターゲット)が限定されています。

しかし、維管束植物の「植物生長調節物質」は、産生する細胞も限定されたものではなく、その受容体を持った特定の細胞もありません。つまり植物生長調節物質は「分泌」されるものではありません。

維管束植物の細胞は、あるレベルでつながっていて、植物生長調節物質の濃度勾配や濃度変化のタイミングをお互いの情報伝達の手段としている、とイメージした方が良さそうです。次のキーワードで調べてみて下さい。

シンプラスト アポプラスト プラスモデスム

Q被子植物と裸子植物の配偶子はどのように形成されるのでしょうか?

被子植物と裸子植物の配偶子はどのように形成されるのでしょうか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

高等植物では始原生殖細胞が減数分裂して配偶子が形成されます。
配偶子の雄性配偶子(花粉)と雌性配偶子は同じ個体の同じ器官(花)で作られる「両性花(雌雄同花)」、別の器官(花)で作られる「雌雄異花」、別の個体の器官(花)で作られる雌雄異株」の3タイプがあります。
被子植物の多くは両性花、裸子植物の多くは雌雄異株の形態をとります。

より詳しく知りたいのなら、再度知りたい箇所を質問してください。
漠然としすぎて、何が知りたいのかよくわかりません。

Q大きな画像で見れる植物図鑑はありませんか?

大きな画像で見れる植物図鑑はありませんか?
ネット上で見られる植物図鑑はたくさんあるのですが、高解像度の画像で、植物の細部まで鮮明に見られるようなネット上の植物図鑑をどなたかご存知ないですか。

Aベストアンサー

こんなウェブサイトがありました。

知多半島植物図鑑
http://chitanavi.co.jp/picturebook/

ブラウザいっぱいに高解像度の植物の写真を表示します。
植物図鑑と言うには、掲載されている植物の数が少ない気もしますが、見た目は非常にきれいです。
あと、ズームレンズ機能みたいのも付いていますので、写真を部分的に拡大して見ることも可能です。

Q形成層の機能

形成層の機能は茎・根の肥大成長というのがありますが、木部や師部を分化させる
ということがよくわかりません。形成体としての役割を担うということでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何方もお答えにならないので渋々登場します。

まず,「形成体」とはどのようなものを言うのでしょう。もう一度復習してみましょう。形成体は他の細胞をあるものに分化させる誘導能を持った部位を言います。重要なことは他に命令を下すわけです。中には「死ね」といったものもありますが…

形成層は外側に師部を形成する師部母細胞と内側に木部を形成する木部母細胞からなります。形態的には全く見分けが付きませんから一緒にして形成層と呼びます。

形成層の細胞は「形成体」ではなく,反対に何かの誘導を受けて師部母細胞や木部母細胞になるのではと思います。命令する側でなく受ける側です。何がそうするのかは,私は知りませんが,おそらく詳しくは解っていないのではと思います。【解っていたら何方か教えてください。<(_ _)>】

形成層の細胞は,組織分化能力(全能性があると教わったかも知れません。)が高いために組織培養等に利用されます。つまりこれも命令を受け取る側である証明になります。

最後に,ここに質問する前に,生物学辞典等を買い求めて勉強する方が速いしあなたの為になるのではと思います。老婆心ながら…

何方もお答えにならないので渋々登場します。

まず,「形成体」とはどのようなものを言うのでしょう。もう一度復習してみましょう。形成体は他の細胞をあるものに分化させる誘導能を持った部位を言います。重要なことは他に命令を下すわけです。中には「死ね」といったものもありますが…

形成層は外側に師部を形成する師部母細胞と内側に木部を形成する木部母細胞からなります。形態的には全く見分けが付きませんから一緒にして形成層と呼びます。

形成層の細胞は「形成体」ではなく,反対に何かの誘導を...続きを読む

Q【植物の水やりの時間について】植物の水やりは、これから日が暮れる午後9時に与えるべきか、これから日が

【植物の水やりの時間について】植物の水やりは、これから日が暮れる午後9時に与えるべきか、これから日が昇る午前6時に与えるべきかどちらが良いのか教えてください。

日中には上げたくないです。

Aベストアンサー

日が明ける前の4時ごろから、日が明けた7時までに水遣りしてください

もちろん、植物によって水遣りの時間は違いますが

Q高校生物 I 形成層の問題です。

空所補充の問題でわからない問題があります。
問題文 陸上植物には、根・茎・葉の区別が明確なシダ植物と種子植物、および、それらの区別が不明確な(ア)がある。シダ植物と種子植物では維管束がよく発達している。維管束は、師管からなる師部と道管または(イ)からなる木部からなる。双子葉植物や(ウ)植物の維管束では師部と木部の間に分裂組織の(エ)が発達し、根や茎はこの組織の働きにより肥大成長する。
答えは、ア:コケ植物、イ:仮道管、エ:形成層、だと思います。ウは裸子しかないと思うのですが、今まで、裸子植物は木本で双子葉植物に含まれると理解していたので???です。お判りの方、教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

植物の分類をもう一度分類表で確認してください。裸子植物門・被子植物門…被子植物門に双子葉植物綱・単子葉植物綱と分かれます。答えは全て良いんじゃないですか。

形成層は植物の進化から見たら裸子植物が原点です。形成層の発達した裸子植物から形成層の発達した被子植物の双子葉植物が進化しました。つまり裸子植物という木から被子植物の木が誕生したのです。その被子植物の木から形成層が木本ほど発達しない被子植物・双子葉植物の草が生まれました。さらに双子葉植物の形成層をほとんど持たなくなった草から単子葉植物の草が生まれました。ですから単子葉植物は形成層を持ちません。

Qよく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すこと

よく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すことができたのですか?
自然選択によって毒を持つ個体が生き残ってきた事は知っていますが、1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのかを教えて欲しいです。

Aベストアンサー

>1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのか
共進化の一例ですが、初めの個体は非常に弱い毒しか持たなかった、それも他の機能の副作用として偶然現れた。いかに弱い毒でも生存競争の中で他の個体より有利な群れが出来た、群れが出来ると交配でかなり取食者が嫌う毒の遺伝子を複数持った個体が出来る、理由は染色体の交差による。ここまででやっと一段昇った、次の変異が起きるまで待たねばならない、それは木村資生先生の中立説が主張するところで、様々な弱毒植物ができるがほとんどが脱落する。だから猛毒に至るまでにはとてつもない時間がかかった筈だ。

Q緑色の光下で生物の成長が促進される現象について

緑色の光下で生物の成長が促進される現象について、なのですが
ある一定の成果が認められているようです。
(たとえばヒラメの養殖など)
この件に関して詳しく記述してあるサイトまたは掲示板などはないですか?もしあれば2chとかでもいいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

研究内容はネットに載せる性質のものではありません。あくまでも極秘です。最近の学生さんは内容をペラペラとこのサイトでも話しておりますが… ですからご希望のサイト等はあるはずもないことと思います。
植物に関しましては「LED 緑色光 生長(植物用語は生長です。成長は動物用語です。)」等で検索をかけてみてください。緑色光は形態形成(色々な器官の発達)に重要な要素であることが解ってきました。幾つか文献を上げておきます。
○岐阜大学 実験室風景
http://www1.gifu-u.ac.jp/~tanakai/lab1.htm
○緑色光のフルエンスレートに対するコムギの発育および形態的形質の変異
http://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/223/0/192/_pdf/-char/ja/
○植物の生長・発育と光質の関係
http://www.nodai.ac.jp/journal/research/amaki/050708.html

Q種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい あとそれぞれの植物で代表的

種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい
あとそれぞれの植物で代表的な植物ってなにがありますか?

Aベストアンサー

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イチョウなどです。

被子植物は、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に存在する植物です。他の動物を利用して受粉する種が多く、めしべの先端についた花粉が受粉管を延ばして受精します。果実を作って種を運ばせることもします。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
広葉樹、草などの多くの種。

さらに光合成のタイプによってC3、C4、CAM植物といった分類があります。

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イ...続きを読む

Q石灰岩の層が形成された当時の環境を示しているのはどれか。次から選び記号

石灰岩の層が形成された当時の環境を示しているのはどれか。次から選び記号で答えなさい。

ア.暖かく、浅い海
イ.暖かく、深い海
ウ.冷たく、浅い海
エ.冷たく、深い海

分かりません。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石灰岩の中の化石には、サンゴ、アンモナイト、三葉虫、ウミユリ、コノドント、ストロマトライトなどがあります。
これらを調べてどのような環境であったか推測してみてください。


人気Q&Aランキング