【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

1級建築施工管理と2級建築士
どちらが取るのに難しいと思われますか?
感覚的でかまわないので、大体で教えていただければ助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#2です。


なんだ既に1級建築施工管理技師資格をお持ちなら2級建築士ではなく1級建築士を目指して下さい。
今年から1級建築士の学科は1科目増えて5教科、製図試験では、構造及び設備に関する問題が増えます。
当然の事ながら試験時間も1時間増えています。
試験教科は、「計画」「構造」「法規」「施工」「環境設備」です。
「施工」に関しては、1級建築施工管理技師ですので特別に勉強しなくても大丈夫でしょう。
残りの教科は、それなりの努力が必要です。

二次試験の「製図」に関しては、日頃からの練習がかかせません。
試験用のA2判の製図板とT定規、勾配定規等を買ってきて手書きの練習が必要です。
勾配定規にはつまみが付いていて下手な三角定規より使い勝手が良いです。
施工図くらいは引っぱった経験もあるでしょう。
後は、専門書の売っている本屋さんへ行って各種問題集を買ってきて、勉強時間を作って勉強する事が大事となります。
仕事が忙しくてうんぬんは、理由になりませんよ。

建築士試験に関する関係URL
(財)建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/
上記のサイトは、試験の実施機関です。
受験申込及び資格制度などの大事な情報が書いていますので目を通すようにしましょう。

私が受験したころは、パソコンの無い時代でしたので、製図には苦労しませんでした。
今の時代、図面はパソコンが主流ですので、試験対策には昔以上の練習が必要です。
では、頑張って1級建築士を目指して下さい。
ご参考まで
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
他の方にも書いたのですが、1級はどうかなと。
この歳で受かっても別にビル建てるわけでもないし。
でも2級は仲間内でも受けている奴もいるし、うかっていないけど(笑)
もう現場で20年以上やっているんで、いきなり1級やって頭がヒートしちゃうと日頃の仕事にも影響するんで。(笑)
2級がもし受かったら1級はその時に考えてもいいし。
もう老眼入っている年齢だから。

お礼日時:2009/03/29 22:52

私は、一級建築士と同施工管理技士を所有しています。


二級建築士と一級建築施工管理技士とでどちらが難しいかと言うと
私的には、二級建築士と思います。
現場施工に慣れていれば、施工管理技士は容易に取れると思います。
学科試験は、4択で、答えられる設問を選んで回答するところがおもしろい。
実地試験には経験記述があるのは点を稼がせるためです。

施工管理技士資格の本音は、役所の工事をする監理技術者に建築士資格がなかなか取れない人のために作れらた資格だと、かつての上司が言っていたのを憶えています。

とりあえず、経験記述は現場の施工に係わったことで、学科は多少あまいところはありますが建築士試験同様に勉強は必要です。

まもなく、申込ですか?とにかくやってみましょう。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ま、とりあえず受けてみてからですね。
学科も見てみるとやはり法規が難しそうです。
現場じゃやらないですからね。法規は。

お礼日時:2009/04/05 11:17

#3のcyoi-obakaです。



私は、もうすぐ現役引退(還暦)です。
本来、定年は無いのですが、自分で決めています。
昨年、無謀にも構造設計一級建築士に挑戦しました。
現実は厳しく、返り討ちに合いましたヨ! 完敗という訳ではないのですが、半敗でした。
この結果には、ある程度予想はしてましたが、ショックでしたヨ!
このサイトでも、#2,3のriver1さんに励まされて、また次回挑戦しようと思ってます!
20年実務から離れてますから、きっとダメでしょうが………ネ?
私の場合は、隠居する前の最後の「勲章」にしたいな~なんて思ってました(他の受講者の方々には失礼な話ですが……スミマセン!)。
river1さんも、50歳を過ぎた方(私の計算では54歳かな~?)ですが、構造設計一級建築士に挑戦してますヨ!今結果待ちですが……
別に、資格取得の挑戦に年齢は関係無いでしょう!
2級建築士の勉強も、1級建築士の勉強も、やる事は同じです(どちらも簡単ではありません)。
であれば、高資格に挑戦すべき!と私は思います。
river1さんに聞いたんですが、1級建築士の資格取得をライフワークにして、頑張っている方がいるそうです(私より年上)。
試験に失敗したら、不足分を勉強する! 
この繰返しで、自ずとスキルが向上して行くと思います。
そこで、私は先に言いましたが、隠居前の最後の勲章を訂正し、「死ぬまでの挑戦」とする事にしました!!
あなたも、そんな気持ちで 楽な気持ちで挑戦して下さいヨ!
挑戦は高い目標のがいい!!と思います。

以上、参考意見です。
river1さんの名前を勝手に使ってしまいました事、スミマセンでした!
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり色々と考えても2級からはじめるべきかなぁと。
とってから考えてもいいですしね。

お礼日時:2009/04/05 11:14

二級建築士の方が難しいですよ。


難しいと言うよりもしんどいと言う感じでしょうか。
セコカンはその名の通り施工系の分野中心ですから
現場経験のある方ならそれほど苦労はないはずです。
二級建築士の方は奥は深くなくても幅広い知識が必要なので
日頃関わらない設備や計画、法規の線引き等
0に近い状態からスタートしなければならない
分野が多いはずです。
とは言え学科は所詮過去問の暗記勝負なので
暗記量的にはどっちも大して変らないと思いますが
二級建築士の場合は製図が結構しんどいですからね。
セコカンはほとんど独学者かと思いますが
二級建築士、特に製図は予備校の世話になる方の方が
多いと思います。
難易度と言うよりもそれだけ大変だと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに私も従来そうかなぁと思っていました。
製図がどうかなぁと。もう老眼入っているし(笑)
セコカンは独学です。あれは学校はないでしょ?
あとは技術士とか施工関係や電気、ガス程度しかありません。
正直設計は一度もやったことないです。CADも。
どうかなぁと。
たぶん学科はなんとかなるとおもう。管工事もしていたし結構色々と現場内の職種は経験しています。
ま、実地と学科は違うので、実地はこうだけどなぁというのがありますので、そこは再確認という事で。
製図はま、一回やってみてそれからうからなそうだったら2回目も学科免除らしいので、1回目落ちた時に考えるって感じでやろうかなと。

お礼日時:2009/03/29 22:45

今日は cyoi-obakaです。



一級建築施工管理技士の資格を持っていいるならば、やはり一級建築士の取得を目指すべきでしょうね!
あなたの申す通り、学科はレベル的に同等ですから問題無いですよ!
問題は製図ですが、木造設計もその他のRC造等の設計も基本的には相違はありません。
あなたの専門が施工管理であるならば、RC造等は得意でしょう?
いろんな設計図を見て来たと思います。
それらを参考にする事と建築法規(基準法及び施行令まで)を理解すれば、一級建築士の方が合格し易いのでは?
私は、そのように思いますけど………いかがでしょうか?
無謀な事では無いですよ!
挑戦して下さい!!

以上、参考意見です。
 
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
正直1級はどうかなと。
この歳で1級とってビルの設計するわけでもなく、こじんまりとした2階建て程度の家が主流です。建てて2階建てのアパート程度ですから。
1級とっても使う場所がないし。仲間内から先生とか言われて仲間はずれにされるかもしれないし(笑)
でも仲間内でも2級を目指す人はそれなりにいるので、じゃ自分もと。
大体大学は通信制程度の学力なんで。
正確な構造とかは従来道理設計の先生に任せます。
大手の下請けの時に現場を知らない若い建築士の現場監督に対抗する程度ですから

お礼日時:2009/03/29 22:36

1級建築施工管理技師の受験資格で1級建築士の資格があると学科免除です。


2級建築施工管理技師の受験資格では、1級建築士の資格があると講習を受けるだけで資格が貰えます。
2級建築士の資格があっても2級建築施工管理技師の受験で学科免除はありません。
当然の事ながら講習も受けられません。
したがって1級建築施工管理技師の資格の方が2級建築士より上位となり難しいと言う事です。
お分かりいただけたでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1級建築士を目指したい所ですが、
ちょっと難しい感じがして、この間2級建築士の問題を本屋でみたら
筆記はたぶん大丈夫だろうなぁと思うレベルでした。
だったら設計ぐらいなのかなぁとおもって。
現場しかしらないので、製図がどうかなぁと。見るのはできるんですが、書くのはね。
1級セコカンはあるんで、いっちょうやってみるかなぁと思います。
1級建築士を取ってからセコカンを取りたかったですが、現場からのたたき上げで現場経験での受験資格なんで。
先生にちょっと違うんじゃないと言いたい現場とかあるけど、素人の癖にっていわれるし。

お礼日時:2009/03/29 12:58

難しいのは1級建築施工管理技師です

    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
じつは1級セコカンは持っていて、この間2級建築士の問題を見たら
できそうな感じがあり、あとは製図かなぁとおもっています。
受験資格はあるので、やってみようかなと。

お礼日時:2009/03/29 12:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一級建築士と一級建築施工管理技士

昨年、主人が1級建築士の資格を取得しました。せっかくなので次は一級建築施工管理技士を受験しようかと考えているようです。

学科試験が免除されると聞きましたが本当でしょうか?また二次試験が論文と聞きましたが内容は難しいのでしょうか?

ちなみに主人の仕事はスーパーゼネコンの大型現場で施工図関係をしています。

一級建築士は恥ずかしながら取得までに3年もかかりました。同じくらいの難易度だとしたらちょっと考え物です。また独学でも頑張れる内容でしょうか?一級建築士の学費はめちゃめちゃ負担だったので・・・やはり何か受講しないと難しいのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

こんにちは。
僕も建築士取得の後1年おいて施工管理技士を取得しました。(学科免除と云うのがうれしい)経験から言わせてもらいますと建築士取得後出来るだけ早いほうがいいですよ。なぜなら僕が受験したころは(H.8)建築士受験で勉強した事が結構出題されましたから、頭に残っているうちの方が勉強時間短縮の上でいいかも。学費は殆どいらないんじゃないかなぁ。過去問集みたいなもの本屋にあると思いますから、または講習会等あればその時の教本みたいなもの、それやればいいのです。後はご主人の実務での経験をもう一度思い出して、安全管理や工程管理なんかを文章にする練習で十分受かる可能性ありますよ。正直僕は忙しくて結局1週間くらい前から勉強?はじめました。学費の心配はありませんから心配ご無用。(建築士受験で我が家の家計と家族一緒の時間に大きなダメージを与えてしまいましたから、奥さんの気持ちよーく分かります。しかし、やはり早めに取っておいて良かったと今思います。そして一級建築施工管理技士資格はかなり重要な資格ですから難易度から考えると取っておいて損はありません。)もし現在の試験内容と違っていましたら申し訳ありません。

こんにちは。
僕も建築士取得の後1年おいて施工管理技士を取得しました。(学科免除と云うのがうれしい)経験から言わせてもらいますと建築士取得後出来るだけ早いほうがいいですよ。なぜなら僕が受験したころは(H.8)建築士受験で勉強した事が結構出題されましたから、頭に残っているうちの方が勉強時間短縮の上でいいかも。学費は殆どいらないんじゃないかなぁ。過去問集みたいなもの本屋にあると思いますから、または講習会等あればその時の教本みたいなもの、それやればいいのです。後はご主人の実務での経...続きを読む

Q2級建築施工管理技士について

この度、無事2級建築士に受かることができました。
そこで次の目標に2級建築施工管理技士の資格を取ろうと考えているのですが、できる業務の範囲がどこまでか良く理解出来ません。2級建築士ではできない業務も2級施工管理技士だとできること等あるんでしょうか?
詳しい方いましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

建築士と建築施工管理技士の業務範囲は違います。

建築士の業務は、建築物の設計・監理などを行うことであり、建築施工管理技士の業務は、その名の通り建築物の施工の管理(品質管理、工程管理、安全管理、などなど)を行うことです。

建設業の許可を受ける場合、建築士は、建築一式工事や大工工事など建築物全般に関わる専任技術者にしかなれませんが、建築施工管理技士であれば、それに加え、左官工事、鉄筋工事、板金工事、塗装工事、防水工事など専門工事の専任技術者にもなることができます。

あなたが建築設計に携わっているなら、他の人の回答の通り一級建築士を目指したほうが良いと思いますが、建築工事をされているなら、建築施工管理技士も必要な資格です。ただ、二級建築士をすでに取得されたので、受験資格が満たせば一級建築施工管理技士を直接受験されたほうが良いと思います。一級建築施工管理技士の学科試験は、二級建築士の学科試験と、かなり範囲が重複し、かつ、少しだけ易しいと思います。

建設業の許可の専任技術者の資格一覧は、下記をご参照ください。
http://www.ins-ss.com/tamaken/sikaku.html

建築士と建築施工管理技士の業務範囲は違います。

建築士の業務は、建築物の設計・監理などを行うことであり、建築施工管理技士の業務は、その名の通り建築物の施工の管理(品質管理、工程管理、安全管理、などなど)を行うことです。

建設業の許可を受ける場合、建築士は、建築一式工事や大工工事など建築物全般に関わる専任技術者にしかなれませんが、建築施工管理技士であれば、それに加え、左官工事、鉄筋工事、板金工事、塗装工事、防水工事など専門工事の専任技術者にもなることができます。

あなたが建築...続きを読む

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Q建築士と建築施工管理技士の違いって何でしょう?

建築士と
建築施工管理技士は
どういった所が違うのでしょうかわかる方是非教えて下さい!
どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

建築士は、建物の設計をする(意匠設計)。構造計算をする(構造設計)。建築設備設計をする。等をおこなうことが法的に認められており、施主の代理人として行政に建築確認許可申請等の手続きをすることが出来、同時に設計図どおりに施工がなされているのかを客観的に評価し、問題があれば修正方法も含めて具体的な指示を出す等々の業務をやる資格があります。

建築施工管理技士は、建物の設計業務を法的にできる資格ではなく、建築士が設計した建物を設計どおりに工事をおこなうように管理する業務を担っています。簡単に言ってしまうと、品質管理、原価管理、工程管理、安全管理、環境管理(負荷低減)の5項目を担います。設計者(施主)、行政、外注業者(職人さんも含め)、近隣居住者等々の人たちの間に入りもろもろを調整したりして工事の進捗を進めていく業務をやることができる資格です。

Q2級建築士の勉強方法について。

はじめまして。よろしくおねがいします。

去年、独学で受けたのですが、全く駄目で今年もうけようと思ったのですが、自信がなく来年にしようと思っています。

今まで独学で勉強をしてきたのですが、各学科をある程度までは理解ができたとしてもある一定期間1学科をして(例えば法規かた計画へなど)次に違う学科をしても忘れてしまって、なかなかうまくいかなんです。

みなさんどのように繰り返し勉強されているのでしょうか?

また過去問は最低何回されていますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

学科試験は基本的に問題集を解きましょう。一日時間くらい毎日やれば大丈夫でしょう。試験問題を覚えるくらいやれば通るでしょう。

例えば、AはBである。という問題が一度出たとします。しかし、その次の年以降に、AはBではない。とい問題が出ることも有るのです。つまり、焼き直しがよく出るのです。ですので♯3さんの言うとおり何度も解きましょう。そうすれば通りますよ。

頑張ってください。

Q1級建築士に独学で受かった方。(独学でなくても受かった方)

1級をできれば独学で取得したいと思ってます。

独学なんて自分にはとても無理、とはわかってますが、
学校に行く時間確保が現実無理なので、
独学でチャレンジしてみようと思いました。

Q1:独学・学校、どちらでしょう?
Q2:何年目で受かりました?
Q3:一日何時間勉強してましたか?
Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベストだと思いますか?
Q5:学習時間確保のために工夫したこと
Q6:オススメの勉強方法、参考書、問題集、など。

その他アドバイスご意見お願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

設計の仕事をしている者です。一級建築士です。
Q1:独学・学校、どちらでしょう?
   N建学院に通学しました。
Q2:何年目で受かりました?
   1年目で学科合格、2年目で製図合格です。
Q3:一日何時間勉強してましたか?
   平日は夜9時頃から深夜2時頃まで(4~5時間)
   休日は学校の授業を合わせて、12時間程度だったと思います。
   勉強を開始したのは、試験年の前年の10月ごろだったと思います。
Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベストだと思いますか?
   量より質だと思います。でも、最低3時間程度、1年間は勉強しないと無理かな・・・。頭のいい人はもっと短くても大丈夫でしょう。
Q5:学習時間確保のために工夫したこと
   仕事を早く終わらせる工夫を色々考えました。
   凝り性なので、図面製作等に時間が掛かっていたのですが、受験勉強中は効率最優先で仕事をしてました。
   また、プライベートで遊びに行くことはまったく無かったです。勉強漬の2年間でした。
Q6:オススメの勉強方法、参考書、問題集、など。
  予備校の問題集が良かったです。たぶん3~4回したと思います。
  それから、〈一級建築士受験〉スーパー記憶術 重要事項600 / 原口秀昭 も試験前に読みました。ゴロあわせで、試験の重要項目を暗記できます。勉強に飽きた時や、通勤時間等でも効率よく勉強できるので、お勧めです。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31381172

設計の仕事をしている者です。一級建築士です。
Q1:独学・学校、どちらでしょう?
   N建学院に通学しました。
Q2:何年目で受かりました?
   1年目で学科合格、2年目で製図合格です。
Q3:一日何時間勉強してましたか?
   平日は夜9時頃から深夜2時頃まで(4~5時間)
   休日は学校の授業を合わせて、12時間程度だったと思います。
   勉強を開始したのは、試験年の前年の10月ごろだったと思います。
Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベストだと思いますか?
   量より質だ...続きを読む

Q日建学院か総合資格学院か…迷っています。

経験者や詳しい方に質問です!
実際の学校名をあえて出しています!
この2校が一級建築士の通学講座では抜き出てると思うし実際私はこの2校で迷ってるからです。
私の説明から…2006年に受験資格(建築系大学卒→実務経験2年)に達する今は設計事務所でアシスタントとして働いています。

最近教えてgooで一級建築士の勉強について質問しました。その中で私なりに調べて行って通学で学校に通うなら日建学院or総合資格学院か?というところまで考えています。
が!どちらの学校もお互いの悪口をいったりして…正直ちょっと解らなくなっています。
学科&製図のセットにしようと思うのですが基本的な事は営業の方に聞いて知っているつもりです。自分でも見学にもいきました!
けどやっぱり経験者の方等に良いアドバイスを貰いたくて質問しています!
私は関西(仕事は大阪のミナミ方面です)ですのでその辺も踏まえて、ぶっちゃけ私の条件だとこの2校に絞られると思います。自分ではやる気あるのでどちらにいっても合格を目指せると思うのですが…(両方の営業の方に最後はやる気、みたいな事いわれました)
日建も資格学院も準備講座(本講座前の基礎固めらしいです)が始まるのでそれまでに決めたいと思っています。長々となりましたが大事な事だと思いますので解る方お願いします!!!

むしろどちらかの営業の方もこれをみたら書き込んで下さい!!!

経験者や詳しい方に質問です!
実際の学校名をあえて出しています!
この2校が一級建築士の通学講座では抜き出てると思うし実際私はこの2校で迷ってるからです。
私の説明から…2006年に受験資格(建築系大学卒→実務経験2年)に達する今は設計事務所でアシスタントとして働いています。

最近教えてgooで一級建築士の勉強について質問しました。その中で私なりに調べて行って通学で学校に通うなら日建学院or総合資格学院か?というところまで考えています。
が!どちらの学校もお互いの悪口をいったりして…正...続きを読む

Aベストアンサー

この2校は、現在どちらがトップといっても間違いではないくらいの実績はありますね。

私が聞いたところによると、学科では、Nは、DVD講習。Sは、講師による講義だそうです。
Nの利点は、多くの専門家がチェックし、漏れのない間違いのない講義が受けられること。欠席しても同じ条件でDVDが見れること。などが上げられます。
Sの利点は、講師による講義なので、分からないところの質疑がその場でできること。講師の持っている裏情報が生の声で聞けるなどです。しかし、常識のない生徒が同じクラスにいると、授業が進まず、最後まで終わらずに終了になることがあると聞きます。

2次試験は、担当の講師次第ですね。どちらも条件は同じだと思います。学校の仲間と両方に分かれ、情報交換しながら課題をこなすとさらにレベルアップするのではないでしょうか。

以前私が通っていた頃は、Sは借り教室だったので、欠席して宿題をもらうのに、次の授業まで受け取れないのに対して、Nは固定教室を常駐しているので常に事務局があり、そこに行けばいつでももらえるという違いがありましたが、最近はどうなのでしょうか?

どちらにしても頑張ってください。

この2校は、現在どちらがトップといっても間違いではないくらいの実績はありますね。

私が聞いたところによると、学科では、Nは、DVD講習。Sは、講師による講義だそうです。
Nの利点は、多くの専門家がチェックし、漏れのない間違いのない講義が受けられること。欠席しても同じ条件でDVDが見れること。などが上げられます。
Sの利点は、講師による講義なので、分からないところの質疑がその場でできること。講師の持っている裏情報が生の声で聞けるなどです。しかし、常識のない生徒が同じクラスにいると、...続きを読む

Q1級建築施工管理の独学方法

今年の6月12日に学科を受験を致します。合格された方に独学法を教えて下さい。
地域開発の技術検定試験問題解説集録版2011年と各テキストを購入をしました。
問題集を何回もしていけば良いのでしょうか?問題集が手配して1ヶ月掛かり昨夜
届き勉強スタ-トがかなり遅れています。効率良く合格に向けて良き勉強法を
アドバイスお願いします。私は専門業種(建具工事)に従事しています。41歳で
23年経験です。(営業、工場業務管理、現場施工代理人としてます)
仕事上、今回初めての受験でどうしても合格が必要です。合格された方どうぞ
良きアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

それでいいですよ。
セコカンの試験は選択性なので構えて臨むわりに実際は結構簡単であっけないです。
ほとんどの人が独学でその問題集で勉強する人が多いと思います。
また、その問題集で勉強すれば合格できるようになっているといっても過言ではないと思います。
2次試験は現場経験があれば特に問題ないです。
また、経験記述は当日にならないとお題がわからないので勉強しようがないですが
土木施工のように長文を書く必要がないのでこれも意外とこなせます。
問題一つ一つは二級建築士よりも少しレベルは高いのですが
終わってみると意外とあっけなかったと感じます。
但しこれらは合格レベルに達しているものとしての話しです。
一級建築士の場合は合格レベルに達したものの中から篩い分けされる感じで
当日の運もかなり左右されてしまいます。合格枠が少ないので1点のミスが命取りになってしまうので。
セコカンはレベルに達すれば合格枠が広いので終わってみればあっけなかったという感じです。
合格レベルに持っていくにはひたすらその問題集を解いて理解するデス。
問題を解くだけではなく理解するデス。
4択の中で解答を出すのではなく4肢全部を理解するデス。

それでいいですよ。
セコカンの試験は選択性なので構えて臨むわりに実際は結構簡単であっけないです。
ほとんどの人が独学でその問題集で勉強する人が多いと思います。
また、その問題集で勉強すれば合格できるようになっているといっても過言ではないと思います。
2次試験は現場経験があれば特に問題ないです。
また、経験記述は当日にならないとお題がわからないので勉強しようがないですが
土木施工のように長文を書く必要がないのでこれも意外とこなせます。
問題一つ一つは二級建築士よりも少しレベルは高い...続きを読む

Q皆さんの資格手当て教えてください。

現在の二級建築士の手当てが2,000円しかありません。現在の法律で請負契約に建築士が必要になり、役割が重要になり、負担も増えたと思うのですが、安すぎると思います。
会社に言うと、妥当という解答しかかえってきません。
皆様の会社はどうでしょうか?
ちなみに、私の会社は、九州を中心にやっている500人規模の注文住宅の会社です。

Aベストアンサー

知人が全国展開している住宅メーカーに
勤めており以前聞いた事ありましたが、
二級建築士で5,000円~8,000円
一級建築士で10,000円~13,000円
管理建築士ですと上記+10,000円
という事でした。
(役職に応じてちがうそうです)
あとは、500人くらいとのことですが
そのうち設計に従事する方と
そのうち建築士有資格者数がどのくらい
いるかにもよりますよね。

当然、会社によって規模や経営方針など
またこういった不況下のこと踏まえて
それぞれ経営状況が違いますので
一概には否定できません。

貴方様が少ないと思っているのであれば
ダメもとでもどんどん言った方がよいと思いますよ。
但し、自分が経営者だったらどういう回答をするか
どういう内容の嘆願書がよいのか相手(経営者)の立場になって
みるべきだと思います。
もっと事前の情報を仕入れる事と
同じ境遇の仲間を作るべきだと思います。
がんばってください。

Q35歳から、建築士をめざすには?

35歳から、建築士をめざすには?

お世話になります。
建築関係とはまったく別の世界で生活しています。
が、建築士になりたい!と漠然と思い始めました。
(色々考えていく過程で、その漠然たる思いを
確かなものへ固めて行こうと思っています)

来年で35歳です。
かなりハンデがあると思いますが、頑張ります。
今の仕事を続けながら、資格取得を目指したいのですが
出身学部も違うため、もう一度大学に入り
直さなければいけないのかな?と思っています。

「急がば周れ」だとは思いますが、資格取得まで
効率の良いルートは何だと思いますか?

もしアイデアがあればアドバイス頂けると助かります。

Aベストアンサー

自分は42歳で二級建築士を取得し、さらに一級を目指しましたが
幸いなことにある会社を任されることになって
勉強する時間がなくなって今に至っているんですが

今からでも充分大丈夫ですよ。
実務経験が無いのなら一番早く一級になれるのは
工学部等で建築科を卒業し、卒業後実務一年で一級建築士を受験出来ます。


二級建築士からなら実務経験4年で一級を受験できます。

要はやる気と能力があれば大丈夫です。

頑張ってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング