以前、2ヶ月ほどアルバイトをしていた会社が給料未払いの為、それに関する質問を今まで合計で20通ほどメールでやり取りしていました。

具体的な内容は、「いつになったら給料を支払うのか?」「なぜ給料を支払わないのか?」など、給料の支払いに関する質問。
また、来社して担当者と直接話し合うことになった為、「来社日程に関する質問」や「来社時には給料は支払われるか?」などの質問をしていました。

すると、ある日突然
「そちらからの一方的なメールによって、こちらの業務に支障が出ております。よって、威力業務妨害で告訴致します。また、今後は個人でのメールはご遠慮頂き、そちらの弁護士様から、こちらの顧問弁護士までご連絡を御願い致します。」
とのメールが届きました。
しかし、顧問弁護士の名前・連絡先はなく、文末にその給料未払いの会社の名前と連絡先が書いてあるだけでした。

この場合、私は威力業務妨害に当てはまるのでしょうか?
法律関係に詳しい方、ご回答を御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>ちなみに、威力業務妨害の具体的な基準はあるのでしょうか?



1時間の99通まではOKだが100通になったら突然違法というような基準はありません。

メールというものは了解なしに突然来るもので、電話もそうですが、もともと、他人の平穏を侵すものですし、業務の円滑な遂行には邪魔になるものです。

とはいえ、なぜそのようなメールを送るのか、送らねばならない事情、その事情を作り出した原因・背景、送っている内容などの事情も、やはり考慮して決まるわけですよ。

あなたのようなケースで、当然払うべきものを払わない会社に対して、正当な請求をその程度送っただけでは問題にはならないものの、会社のイントラネットのメールサーバーがオーバーフローしてしまうほどの本数ならば、正当な理由があってもだめですね。

また、メールの内容にもよるでしょう。通常の質問と回答の繰り返しであれば、かなりの回数でも業務妨害とは言いがたいものの、このメールを読んだら3分後に回答しなさいという内容をメールし、受信確認後3分30秒後に回答が遅いというメールを何度も繰り返せば、これはちょっとね・・・。

よって、具体的基準というのはなかなか難しいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メールや電話が他人の平穏を侵すもので、業務の円滑な遂行には邪魔になるものだなんて、よくよく考えてみれば最もかもしれません。

やはりメールの内容次第なのですね?
ちなみにメールの返信を催促することはなかったものの、先方から来社の依頼をしたのに、その具体的な日時を何度問い合わせしても確定しなかった為、その件については明確にするようにと要求のメールは送ってしまいました。
やはり、これも威力業務妨害に当てはまるのでしょうか?

お礼日時:2009/03/29 11:51

たびたびです。

#2,#3,#7 です。

今後の対応は、#9 のとおりでいいと思います。
ここでは、
 >そのことに関して、会社側が弁護士に追求されたり
 >するのでしょうか?
についてです。

弁護士さんは、依頼されたこと以外はしません。
悪事があっても、追求はしません。こういうのは、警察等の
仕事です。今回の場合、労働基準監督署が動く案件です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もご回答有難うございます!

今回は、とりあえずメールでの問い合わせを控えて、労働基準監督署へ相談に行こうかと思います。

お礼日時:2009/04/01 19:14

メールをやめさせるための警告です。


これで、今後法的な手続きを踏まない限り
だらだら交渉はしないというスタンスが伝わりましたので
こちらとしては法的手段に出やすいです。

給与債権の回収不能は労働基準監督署に相談すると場合によっては立替制度もありますので、代位取得と言って変わりに取り立ててもくれます。

返事が無く、誤送信の可能性を懸念して送ってしまった等であれば
その後メールを避けて 正式な内容証明郵便による質問状を一通送れば
良いと思います。

大変ショックを受け さらに迷惑している事も含めて伝えておくと良いでしょう。債務不履行に対する損害賠償の対象にもなりますから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・やはり、法的手段に出ることを検討した方がいいのですね?

わかりました。
これからは、メールを控えて、直接交渉に踏み切ろうと思います!

ご丁寧なご回答有難うございました。

お礼日時:2009/04/01 19:12

>ちなみにメールの返信を催促することはなかったものの、先方から来社の依頼をしたのに、その具体的な日時を何度問い合わせしても確定しなかった為、その件については明確にするようにと要求のメールは送ってしまいました。


>やはり、これも威力業務妨害に当てはまるのでしょうか?

私の回答からして、上記がなぜ「当てはまる」かご心配ないでしょう。私の日本語はそんなにわかりにくいでしょうか。当てはまるはずがないじゃないですか。

例えば、以下のように書いています。

>通常の質問と回答の繰り返しであれば、かなりの回数でも業務妨害とは言いがたい

来社して話し合いたいという要請に対して、何時行けばいいのかと質問し、その回答が来ないことに1度督促することが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

幾度ものご回答有難うございます!

当てはまるはずがないと聞いて、とても安心致しました。
私も会社側に何度問い合わせても上手く逃げられていたので、段々と腹が立って少々強気にメールを送っていたので、心配していたのです。

お礼日時:2009/03/29 12:17

話が、私の得意分野のほうに流れたので、追記です。



>しかし、訴えられたとして、3年以下の懲役又は50万円以下の
>罰金などとなったら不服ですね・・・

訴えられたからといって必ず罰せられるわけではないです。
刑法では、(一部の例外を除き)罪を犯す意思がないと罪に
問われません。質問のケースですが、
  週に2,3通程度のメールで、内容は未払い給料に関するもの
なのだから、業務を妨害する意図はないと判断されると思います。

なので、質問のケースでは、裁判はおろか、逮捕すらされないと
思います。

告訴する云々は、質問者さんを黙らせるための先方会社の
ハッタリでしょう。告訴したら、給料未払いがばれるのだから、
できるわけがない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすいご回答有難うございました!

私も告訴の件は、少々ハッタリなのだと疑っていた為、安心致しました。

確かに、告訴して会社の給料未払いが発覚したら、会社側にとっても不利なのでしょうかね?
そのことに関して、会社側が弁護士に追求されたりするのでしょうか?

お礼日時:2009/03/29 12:13

 


>期間は、去年の12月末頃から昨日までで、1日に多くて5通ほどのメールを送りました。
3ヶ月もかけて20通は量的な問題でなく、内容が問題なんでしょうね。

>給料を支払ってもらう為に、こちらで独自に証拠をつかんだことが何点かあった為、それを見せつけるようなものです。
給料の支払いを求めるのに新しい証拠もクソも無いでしょ。
イジイジとメールで細かい事を詮索するより労働基準監督局に相談に行くとか弁護士を立てるとか、早くけりをつけましょう。
相手の弁護士の名前など知る必要はありません、請求をするのは会社です、知るべき人の名前は社長です。
あなたの弁護士が社長に対して請求を出せば、相手の弁護士は勝手に名乗ってくれます。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます!

やはり、メールの内容は重要なのですね?

早くけりをつけたいのは山々ですが、こちらが不利になるような気がしてなかなか踏み切れません・・・。

業種が業種なので、実は社長の名前が不明なのです。

お礼日時:2009/03/29 12:03

まず妨害にはならないから当てはまらないでしょう。


給料の支払いに関する手続は本来の業務だし、「払う理由が無い」て言ってるわけじゃなさそうだから、債務の存在自体は認めてるんでしょう。
  
おもしろそうだから、からかって遊びたいですね、その会社。

【支払い督促をしたら裁判になり、これからどうなって行くか、また対処の仕方を教えてください - 教えて!goo】 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2676832.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
妨害にならないと聞いて、少し安心致しました。

確かに債務の存在自体は認めているみたいです。
ただ、何かと理由をつけて支払わない可能性があるので心配です・・・。

私にもおもしろおかしく感じてる余裕があったらいいのですが・・・。

からかって遊んだら支払うものも支払わなくなりそうな気配です。

参考URL有難うございます!

お礼日時:2009/03/29 11:58

>ちなみに、威力業務妨害の具体的な基準はあるのでしょうか?



何を何回やったら、威力業務妨害になるかの基準はないです。
ケースバイケースでの判断でしょう。

参考までに刑法の条文を添付します。

(信用毀損及び業務妨害)第233条 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
(威力業務妨害)第234条 威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。
----
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・ケースバイケースの判断ですね?

刑法の条文、とても参考になりました。
しかし、訴えられたとして、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金などとなったら不服ですね・・・

お礼日時:2009/03/29 11:42

2ヵ月で20通ほどのメールなら威力業務妨害にはならないでしょう。


そもそも、先方の給料未払いが原因なのだから、先方が訴えることが
おかしい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急なご回答有難うございます!

威力業務妨害とならないと聞いてとても安心しました。
ちなみに、威力業務妨害の具体的な基準はあるのでしょうか?

そうなんですよね・・・。
訴えたい気持ちはこちらの方が山々なんですけどね・・・?

お礼日時:2009/03/29 11:10

 


20通のメールをどれほどの期間に発したのか
また、内容はどんなか
これにより威力業務妨害になりえます

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても早急なご回答有難うございます!

期間は、去年の12月末頃から昨日までで、1日に多くて5通ほどのメールを送りました。

また、内容は、こちらの質問に対する回答が不明瞭で不親切に感じた為、その具体性を要求するようなものと、給料を支払ってもらう為に、こちらで独自に証拠をつかんだことが何点かあった為、それを見せつけるようなものです。

しかし、私は具体的な顧問弁護士の名前や連絡先がないことから、本当に告訴する気があるのかが疑問に感じます。

お礼日時:2009/03/29 11:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q偽計業務妨害罪で告訴された判例をいくつか知りたいのですが、誰かお分かりになる方はいらっしゃいますでし

偽計業務妨害罪で告訴された判例をいくつか知りたいのですが、誰かお分かりになる方はいらっしゃいますでしょうか?また、偽計業務妨害罪の定義を詳細に知りたいです。
どうかよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

http://www.mc-law.jp/keiji/19029/

Qフリーアドレスからのメール発信元の追跡方法

私は趣味のサイトを通じて、複数の匿名の方々と情報交換を行っています。
が、そのうち2名の人物が、実は同一人物で、別々のメールアドレスを使って、あたかも別人のように装って、ある方向へ情報誘導をしようとしているのではないかと疑い始めています。
あまりにも文体が似ていますし、言うこともそっくりですし。。。
その2名は、ともにヤフーのフリーアドレスを使用しています。
基本的にはパソコンから送信しているようなのですが、時々i-phoneから、ヤフーのアドレスを使ってメールが送信されることもあります。

そこで質問なのですが、フリーアドレスの発信元をある程度特定することは可能なのでしょうか?私は細かな情報まで特定したいわけではなく、おおおまかな情報、つまり発信された市町村名や、IPアドレスなど、同一人物からのメールであることがほぼ特定できればそれで十分です。
また、i-phoneからヤフーのアドレスを使って送信された場合、同じi-phoneから送信されたかどうかを特定することは可能なのでしょうか?

私がしたいことは、単純にこの2名が同一人物なのかどうか、ある程度特定したいだけであり、もし同一人物である可能性の裏付けが取れれば、その人物からのメールを無視するだけですので、警察やプロバイダーの協力を求めるつもりは毛頭ありません。
単純に、受け取ったメールから、ある程度の発信地の情報が得られればそれで十分です。

どなたか、アドバイスできる方がおりましたら、よろしくお願いします。
なお、私はIT関連の知識は浅いので、私のようにバカでもわかる御教授を頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

私は趣味のサイトを通じて、複数の匿名の方々と情報交換を行っています。
が、そのうち2名の人物が、実は同一人物で、別々のメールアドレスを使って、あたかも別人のように装って、ある方向へ情報誘導をしようとしているのではないかと疑い始めています。
あまりにも文体が似ていますし、言うこともそっくりですし。。。
その2名は、ともにヤフーのフリーアドレスを使用しています。
基本的にはパソコンから送信しているようなのですが、時々i-phoneから、ヤフーのアドレスを使ってメールが送信されることもありま...続きを読む

Aベストアンサー

なんだかとんでもない勘違いがあるようなので、もう一度回答します。

電子メールにIPアドレスなどというものはありませんよ。
ブログや掲示板に書き込むにはパソコンから直接行うので、その掲示板やブログのプログラム中にIPアドレスを検出するプログラムを埋め込んでおくか、サーバのhttpログを見れば分かります。
しかし、IPアドレスが分かったところで、人が分かる訳でもありません。
まして、その人が海外のプロバイダを使っていたり、そのプロバイダが海外にサーバを置いていれば、IPアドレスはその国のものになりますよね?
どの国かもわからんないのじゃないですか?
昔は、NICやJP-NICのIPアドレスの採番台帳が閲覧できたのでプロバイダ名まではわかりましたが、今は非公開になっています。
申請すれば台帳をもらえますのでプロバイダまではわかりますよ。
プロバイダが分かっても、そのプロバイダの本社がある街の名前までしかわからないですけどね。
http://www.nic.ad.jp/ja/


>私はブログを持ってますけど、読者のアクセス履歴を見ると、大まかな地域やIPアドレスみたいなのが表示されますよ。
>ブログごときでできるのですから、メールでできたとしてもおかしくないような気もしますが…

ブログはメールと違います。ブログはCGIですからね、サーバサイドプログラムなので、IPアドレスはhttpログに残ります。ただし上述したように、書き込み者プロバイダのが割り振ったIPアドレスですから、固定したものじゃないですね。同じプロバイダに何万人もの会員がいるので、その瞬間に空いているIPアドレスを割り振っただけです。次の日には空いている番号も変わるでしょう。
しかもproxyサーバを経由していたらどうなります? proxyサーバのIPアドレスしかわかりませんよ。

そのブログシステムがどのような仕様なのかわからないですが、書き込み者が書き込む時に県名を選択するか、会員制のものなら会員番号から会員登録台帳を検索して県名を表示できますよね。
ハンドル名だけで県名などわかるはずがないじゃないですか。

これでお分かりでしょうか?
ちなみに、私は大手企業のインターネットサイトを設計しているものです。

なんだかとんでもない勘違いがあるようなので、もう一度回答します。

電子メールにIPアドレスなどというものはありませんよ。
ブログや掲示板に書き込むにはパソコンから直接行うので、その掲示板やブログのプログラム中にIPアドレスを検出するプログラムを埋め込んでおくか、サーバのhttpログを見れば分かります。
しかし、IPアドレスが分かったところで、人が分かる訳でもありません。
まして、その人が海外のプロバイダを使っていたり、そのプロバイダが海外にサーバを置いていれば、IPアドレスはその国のもの...続きを読む

Q知人からの誹謗、中傷メールについて

知人から精神的打撃を与えられるような誹謗、中傷メールを受けた場合、法律的にはこの相手に制裁を与えることは可能でしょうか?もし可能ならばその方法を具体的にお教え下さい。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 刑法上には該当する罪がないように思われます。メールは個人間のやりとりなので、公然性がないため、名誉毀損罪・侮辱罪には該当しないでしょう。傷害罪ですが、これは他人の身体に異変有らしめた場合にのみ成立しますので、メールによって精神的苦痛を受け、病気に至った場合等は適用の余地があります。単に気分を害された、という程度では成立しません。
 
 メールアドレスを変える、などの自衛手段を試みた方がよいと思います。

Qこのクレームの違法性は?業務妨害になる?

 私、バス会社の事務所で働いております。

 お客様からの運転手への苦情はある程度仕方のない事(もちろん接客向上の努力はしています)ですが、あるお客様の一人はしょっちゅう電話をかけてきては、「(私のいる)○×営業所は○○バス営業所の中ではワースト1」だとか、「△△さんは態度が良くない」、など、今の職場に移ってから3年ほどになりますが2~3日に一度は電話をかけてきます。このような状態が配属以来ずっと続いています。おそらく3年以上前から続けいていると思います。

 またこの人物は「◇◇営業所が廃止されてしまったのは乗務員の質が良くないからだ、特に○△地域の運転手はガラが悪い」など、まさしく私のいる営業所だけではなく、他の営業所も同様に運転手相手にストーカー行為を行っているようで、「運転手の○○さんは##営業所から転勤して来た人だから、あの営業所の悪いところに染まって態度が悪い」など、言っていることは具体性が乏しく、とても客観的な意見とはいえないような内容です。
 また私の営業所だけでなく、他の営業所にも同様の電話をかけまくっていると、転勤してきた他の事務員も話しています。私だけではなく他の事務員も我慢の限界です。

 あまりにも度が過ぎるこのような電話って、業務妨害にならないのでしょうか?また警察など介入させてやめさせることとかできないのでしょうか?
業務妨害の定義というのはどのようなことを言うのでしょうか?
 いたずら電話を何千回とかけて逮捕されるという記事を良く見ますが、おそらく何千回もかけていると思います。
 何か電話をやめさせるいい案がありましたらよろしくお願いいたします。

 私、バス会社の事務所で働いております。

 お客様からの運転手への苦情はある程度仕方のない事(もちろん接客向上の努力はしています)ですが、あるお客様の一人はしょっちゅう電話をかけてきては、「(私のいる)○×営業所は○○バス営業所の中ではワースト1」だとか、「△△さんは態度が良くない」、など、今の職場に移ってから3年ほどになりますが2~3日に一度は電話をかけてきます。このような状態が配属以来ずっと続いています。おそらく3年以上前から続けいていると思います。

 またこの人物は「◇...続きを読む

Aベストアンサー

検討してみました。

>業務妨害の定義というのはどのようなことを言うのでしょうか?

 刑法上の業務妨害罪の業務とは、人(法人含む)が社会生活上、継続して行う事務です。そして、社会的活動の自由を保護するため、刑法は偽計業務妨害罪(行為態様は、偽計または虚偽の風説の流布だけ)と威力業務妨害罪(行為態様は人の意思を制圧するに足りる勢力を示すことのみ)をもうけています(軽犯罪としてのはここではおいておく)。

 皆さん投稿していらっしゃる方たちは、構成要件が規定している「行為」に該当するかどうかの判断が欠落しています。

 偽計とは、簡単に言うとはかりごとを用いて人の社会的活動を阻害することです。虚偽の風説の流布とは簡単に言えば、嘘を不特定多数の人に対して広めることです。

No1のかたの回答に対する補足で、質問者は「数多くのお客様からだいたい同じような内容の、苦情電話というのは良くかかってきます。」
と言われています。これらが、上記した行為定型に当たらないことはもちろんです。

 次に、「問題は同一人物が何年間もしつこく意味のない持論を展開していることで、この人物の「クレーム」はバカバカしくて報告書も作れません。決してないがしろにするということではなく、どこの会社でも「そんな意見ほうっておけ」といえるようなクレームがあると思います。」と言われている部分が問題です。

 本犯罪は、侵害犯と言われるもので、偽計・虚偽の風説流布により、法人の業務活動が「具体的に侵害された」と認められる「結果が生じた場合」に処罰される犯罪です。

 たとえば、苦情受付係において担当者が、クレーマーから、根拠のない嫌がらせのクレーム処理に数時間電話対応をしなければならなかったとしても、ではそれでバス会社としての本来の社会的活動の自由が阻害されたといえるどうか。ただちに言えないでしょう。
 次に、苦情受付活動も業務活動の自由の一環であり、いわれなきクレーマーによって、無意味な苦情対応を強いられた、その結果、対応業務を妨害されたという立論も考えられます。
 しかし、苦情受付は、根拠あるものと無いものとを選別精査するのが仕事であり、また、バス会社という公共性の認められる事業にあっては利用者からの声をできる限り聴取し、取り入れ、業務活動にフィードバックさせることが求められている部署のはずです。
 すると、バス会社の人からすれば、意味がないものと断定できる場合でも、わざわざ電話してくる利用者にとっては意味があると考えてしている場合もありますから、そこは業務活動に付随するリスクとして受け止めるべき部分が大きいと言えるのではありませんか。

 但し、端的に、その特定の人物の行為が、「偽計」「虚偽の風説の流布」に当たる場合には、放置しておく必要はありません。

 しかし、そのように判断できるかどうかというのは、当該事業所の規模・架電された電話の回数・業務中の時間全体に占める応対時間の割合・電話内容の言葉など、総合して判断しない限り、掲示板で簡単に結論は出せない部分だと思います。顧問弁護士いるでしょう?検討させたらいいと思います。

 なお、電話をやめさせるには、一度、正面から徹底的に応対して、相手の言い分を聴き、その上で、相手の言いたいことをすべて言わせたうえで、相手が分かるように説明してやることです。すべて録音を取り、記録を残す。一日で終わらなければ、2日かけてもいいと思います。2日で駄目なら、3日かける。会社側がそれをしたという証拠を残す。

 相手が会社側の真面目な対応で納得すれば、それでよしでしょう。納得しないで、さらに電話をしつこくしてきたら、業務妨害罪として被害届を出せるだけの裏付けを残してあるのですから、すべきでしょう。そこまで行けば威力の方で告訴出来ると思います。

検討してみました。

>業務妨害の定義というのはどのようなことを言うのでしょうか?

 刑法上の業務妨害罪の業務とは、人(法人含む)が社会生活上、継続して行う事務です。そして、社会的活動の自由を保護するため、刑法は偽計業務妨害罪(行為態様は、偽計または虚偽の風説の流布だけ)と威力業務妨害罪(行為態様は人の意思を制圧するに足りる勢力を示すことのみ)をもうけています(軽犯罪としてのはここではおいておく)。

 皆さん投稿していらっしゃる方たちは、構成要件が規定している「行為」に...続きを読む

Qフリーメール は本当に身元を特定できないのですか><?

フリーメールを作るサイトを多く見ますが。。

中には 氏名 誕生日 などの個人情報のみで アドレスを作ることができる サイトもあるようです。。。

この氏名 誕生日などを詐称されてしまった場合、フリーメールを作るサイト側は、 詐称を見抜ける=身元(個人)を特定できるのでしょうか><?

また できたとしたら どのようにするのでしょうか><?

そして、 そのフリーメールが使われてしまった場合、使われた側としては 相手を どのくらい特定できるのでしょうか><?

お知りの方 よろしくお願いします(o*。_。)oペコッ

Aベストアンサー

情報機関などは、相手先(発信元)は見つけることが出来ます。
テロの9・11事件ではネットカフェからの発信されているのを、見つけています。

ただ、アダルトサイト業界も含め一般の業者では探し出せるほどの、高性能コンピューターは持っていません。

それから、PC及び携帯での売春は警察がチェックしているので、すぐつかまります。

マスコミ報道で、携帯の出会いサイトで知り合った…等載っていると思います。

最後に、フリーメールは氏名、誕生日含め架空情報の登録を前提としていますので、何も問題起きないと思います。
(運営上問題はない)

Q1通の脅迫じみたメールで警察は動いてくれますか?

脅迫メールが 1通だけ来ました。IPを調べたらなりすましなどではないみたいです。
ドコモの携帯からで、私のことをよく知っている人みたいです。
内容は、子供が通っている園の裏事情から始まり、(3名の名指し)脅迫とされる部分ですが、「後ろには気をつけたほうがいいかも。」
「明日はおとなしく。」
といった感じのやんわりと脅迫している文章です。
ただ、同じ園の保護者だろうとは思うのですが、子供を通わせてる私としては、子供が心配でなりません。
この1通のメールで、警察に取り合ってもらえるか心配。

この、やんわり脅迫で(私は脅迫だと感じていますが)被害届けを出せるでしょうか?
出せたとして、相手がわかったら、どんな罰を受けるのですか?

詳しい方教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

心当たりがなければ悪質な悪戯でしょうが、
念のため脅迫メール文面(差出アドレスも見えるように)をデジカメで撮影しておきましょう。

警察は1通ぐらいで即被害届け受理まではいきませんし、全文も不明ですので脅迫かどうかもわかりません(質問内容では脅迫とは言いがたいです)、「相談」しておくことは重要です。
証拠写真のプリントを持って最寄の警察に行ってください。
その際、話の内容のメモや警察官の氏名などもメモしといてください。

後日同じようなメールが続くなら被害届けも受理されると思います。
その場合は、『脅迫罪』の捜査でしょう。

さて、子供さんの日常には注意をしておきましょう。
起こった出来事は詳細メモしておきましょう。
幼稚園への行き帰りは、送り迎えとも決まった順路を通らず毎日変化をつけましょう。

Qメールでの誹謗・中傷は侮辱罪か

2ちゃんねるで言いあいをしているのを時折見かけるのですが、その時に、これって侮辱罪じゃないのかなあ、というコメントがあります。
「殺すぞ」は脅迫じゃないのか「お前○○だろ(○には放送禁止用語が入ります)」は侮辱罪ではないか……
インターネット上では、自分が言わなければたいてい個人情報は漏れないと思うし、ネットでの誹謗・中傷は犯罪にならないのかと思いました。

そこで、タイトルの事を思いました。
メールは相手がだれかが分かっているわけですから、ネットとは違って侮辱罪に当たるのか、疑問です。

長々と書いてすみません、つまり↓ということです。
「メールでの誹謗・中傷は侮辱罪なんでしょうか?それとも、面と向かって人間に言わなければ罪ではないんでしょうか??」

Aベストアンサー

質問者にとってはそんな程度で侮辱罪になるんだ・・・。
ちゃんと働かないから、そんな甘い戯れ言を言うんですね。

社会経験を積めば、そんなくだらない発想もなくなるでしょう。
熟慮しましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報