これからの季節に親子でハイキング! >>

持家を賃貸に出す際の火災保険と地震保険について教えてください。

10年前に購入した持家を、転勤のため賃貸に出しています。
火災保険については住宅公庫の長期の火災保険に入っています。
地震保険に関しては、火災保険に加入した時と同じ時期に加入し、
毎年更新という形になっています。地震保険には新価特約が
付いています。

今のところ戻れる予定はなく、このまま賃貸に出し続けることに
なりそうなのですが、火災保険や地震保険の契約を見直して
変更する必要があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>地震保険には新価特約が付いています。


??
地震保険ではなく、火災保険に新価保険特約
ではないですか?
地震保険には新価特約なんかありません。

この回答への補足

今、毎年送られてくる「ご契約カード」というはがきを
確認したら、特約事項のところが「新価 長期一括」となっていました。
これは火災保険の特約のことなんですね。

補足日時:2009/03/29 15:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大家が入る火災保険について

実家が昔ながらの大家さんで、不動産屋さんを通さずに貸家を何軒か貸しています。
実家の親が、実家にもこの貸家にも火災保険を掛けていないことを知り、加入を勧めたところ、「いい保険を探して」と言われて年寄りに代わって急遽勉強中です。
入居者さん(昔から長年住んでいる家が多いです)には、借家人賠責付帯の火災保険などへの加入は当方からは今まで言ったことはないそうで、今後も特にこちらからお願いする考えはないそうです。現在まで何事も無かったことは幸いですが、自然災害も多発していますので、当方でこれから掛ける保険はとても重要だと感じています。

こちらの書き込みや保険会社のHPで、火災保険・地震保険のしくみや個人住宅の保険についてはある程度理解できたのですが、大家さん用の保険というのがありそうでなかなか見つけられないでいます。世の中の大家さんは貸家にどんなふうに火災保険を掛けているのでしょうか。。

今のところの考えとしては、地震保険(特約)にも加入し、地域柄、「水害」「地震」「地震による火災」の順で重点を置きたいと思っています。貸家に掛ける場合はどんなことに気をつけて保険を掛ければ良いか、アドバイスを頂ければ幸いです。

実家が昔ながらの大家さんで、不動産屋さんを通さずに貸家を何軒か貸しています。
実家の親が、実家にもこの貸家にも火災保険を掛けていないことを知り、加入を勧めたところ、「いい保険を探して」と言われて年寄りに代わって急遽勉強中です。
入居者さん(昔から長年住んでいる家が多いです)には、借家人賠責付帯の火災保険などへの加入は当方からは今まで言ったことはないそうで、今後も特にこちらからお願いする考えはないそうです。現在まで何事も無かったことは幸いですが、自然災害も多発していますので...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に、建物そのものの保険は家主、中身の家財は借家人というのが一般的です。

複数軒お持ちなら、自分で保険の代理店をやって、借家人にも家財の保険に加入してもらう、ということで多少のお小遣い程度の収入を得られますよ。
資格試験に合格するなど、簡単にはいきませんけどね。

積み立て保険があります。
貸家といっても、定期的に外壁の塗装など、修繕が必要ですよね。そういう費用を、月々の保険料とともに積み立てておく、というプランです。どこの保険会社でも「積み立て総合保険」という名前で売っていると思います。

Q自宅マンションを貸すときの火災保険等について

転勤したサラリーマン大家が遠く離れた自宅マンションを他人に貸すときの火災保険等について教えてください。

1.鍵引き渡しの際(あるいはその直後)、借主から火災保険写しをもらうのは一般的ですか?
2.借主に加入させるのは当然として、別途自分でも入っておくという話を聞いたことがありますが、この点はいかがでしょうか。

(自分は転勤族で何度も家を借りたことがありますが、ほとんど鍵引き渡し前の火災保険写しの提出を求められました。でも、自分が貸すときにその点を不動産屋に依頼すると、「そんなことするの?そんなに急いで?」という態度を取られたため、気になって相談しました)

Aベストアンサー

#3で回答した者です。
質問文中で見落としていた部分があるので再度回答します。

1の質問については前回答の通りなので割愛します。

2については、「加入すべき」です。

理由の第一は、前回答に述べた、借主が火災保険に加入しないケースがあることです。
ほとんどの方は更新の手続きをされますが、一部にそうでない方がいます。この場合、火災保険未加入となってしまうのです。残念ながら保険未加入程度では、直ちに借主に明け渡しを求められませんので、リスキーな状態が生まれます。また火災保険は賃貸借契約に合わせて2年単位で加入してもらうことがほとんどですが、保険のシステム上、借主にそのつもりがあれば保険のみを途中解約することも出来てしまいます。※保険料の払い戻しも受けられます。

理由の第二は、貸主、借主が入る保険のカバー範囲の差です。
借主が加入する火災保険は通常、家財に対する保険が主体としてあり、そこに借家人賠償特約を付ける形をとります。借家人賠償は建物に対する保険ですが、これはあくまでも借主に事故責任があること(借主が火災の火元であるなど)が前提となります。ですから借主に関係の無い、隣家あるいは隣室などからの延焼の場合には借主に責任がありませんから、借主の家財に対する保険部分は適用できても、借家人賠償を利用することは出来ません。この様なケースをカバーできるのが貸主側で加入する火災保険ということになります。マンションであれば隣室が接していますから、一戸建てと比べれば、延焼の被害を受けやすい(消火活動の放水によるものも含めて)と言えるわけです。

一方、貸主が保険に加入していれば、借主加入の借家人賠償部分は重複することになります。しかし一般的に、貸主が火災保険に加入しているかどうかは、借主にとってなかなか確認できるものではありません。貸主が火災保険に加入するかは法律上の義務ではなく、あくまでも貸主の任意ですし、例え貸主が加入していないからといって借主の原状回復義務が免責になるわけでもありません。となると自らが保険に加入して、自分が火災等を起こすという万一に備える意味が出てきます。
加えていえば、貸主の火災保険では借主の家財はカバーされません。隣室からの延焼の場合には、自分で火災保険(家財に対して)に加入しておかないと住む場所に加えて自分の家財・荷物も、損害賠償できないまま失うことになります。この意味でも貸主の保険加入に拘わらず借主自らが保険加入する意味が出てきます。


なお他の回答に「借家人賠償は支払い事例がない」と書かれていますが、そんなことはありません。この方の回答は「失火法」における重過失のことを指摘されているものと思います。失火法は民法上の不法行為による損害を免責するものですが、借家人賠償特約は民法ではなく、貸主、借主間の賃貸借契約上の原状回復義務に基づくものです。従って他の住民に対する損害はともかくとしても、基本的に貸主に対する損害賠償義務は失火法によって免責されません。私の勤め先においても、借主が火元の火災等で、特に裁判などすることもなく借家人賠償は利用されています。

#3で回答した者です。
質問文中で見落としていた部分があるので再度回答します。

1の質問については前回答の通りなので割愛します。

2については、「加入すべき」です。

理由の第一は、前回答に述べた、借主が火災保険に加入しないケースがあることです。
ほとんどの方は更新の手続きをされますが、一部にそうでない方がいます。この場合、火災保険未加入となってしまうのです。残念ながら保険未加入程度では、直ちに借主に明け渡しを求められませんので、リスキーな状態が生まれます。また火災保険は賃貸借...続きを読む

Q住宅ローン中の家を賃貸に出すのはNGと言われました

よく似た質問は目にするのですが、私の場合に当てはまらないので改めて質問させていただきます。

現在、住宅ローンを支払っておりますが、この春に転勤となる可能性が高くなってきました。
しかし、現在の家のローンを支払いつつ赴任先での家賃を払う余裕はないため、銀行に”転勤に伴い、住宅ローン中の家を賃貸に出すことは問題ないか”確認したところ、それは出来ないとの回答でした。

ローンは住宅メーカーの提携銀行でのローンを使用しております。
契約まで銀行の担当者と会うこともなく住宅メーカーの担当者としか話をしておりません。
転勤が多いことも住宅メーカーの担当者には伝えたのですが、その時は家を賃貸に出すことも可能ですよ、と言われ、それを鵜呑みにしておりました。

現状、住宅ローンを支払いつつ赴任先の家賃を払う余裕はありませんし、もし、そうなれば自己破産?負債を抱える覚悟で売却?等ということしか思いつきません。

そこで質問ですが
(1)ローン契約時の私の認識が甘かったのは承知しておりますが、何か対応方法はないのでしょうか?

(2)ローン先は三井住友銀行です。大手ですし、かなりの住宅ローンも契約している顧客もいると思いますが、本当に皆さん、やむを得ず転勤などの場合は賃貸に出していないのでしょうか?
出している、あるいは出された方がいらっしゃいましたら、どのような方法で出されたかアドバイスいただけると助かります。

(3)例えば、金利面や諸経費の点で私にとっては不利なのですが、転勤時の賃貸を認めてもらえる銀行を探し借り換えを行うことも考えております。
この考えをちらつかせて、銀行に特例を認めてもらうようなやり方は有効でしょうか?

一部分でも結構ですので、アドバイスお願いします。
また、不愉快な表現・記載等もあるかとは思いますがご容赦下さい。

よく似た質問は目にするのですが、私の場合に当てはまらないので改めて質問させていただきます。

現在、住宅ローンを支払っておりますが、この春に転勤となる可能性が高くなってきました。
しかし、現在の家のローンを支払いつつ赴任先での家賃を払う余裕はないため、銀行に”転勤に伴い、住宅ローン中の家を賃貸に出すことは問題ないか”確認したところ、それは出来ないとの回答でした。

ローンは住宅メーカーの提携銀行でのローンを使用しております。
契約まで銀行の担当者と会うこともなく住宅メーカー...続きを読む

Aベストアンサー

転居までは認めても、賃貸まではなかなか認められないようです。
知人の例ですが、大手都市銀に賃貸にしたいと申し出たら一括返済を強く求められ、どうしてもできないと言うと、優遇金利を解除した上で転居までは認めるということでした。
賃貸にしたいなら投資用のローンに借り替えるよう勧められたそうです。
よほど破産間近という場合は返済額軽減など相談に乗るようですが、賃貸で回したいという余裕があるうちはなかなか同情はしてくれないという印象だそうです。
でもとりあえず銀行に泣きついてみることしかないのでは?
無断で賃貸にしても郵便物や火災保険でバレるし、そうなると約定違反ですから、かなり厳しい対応をされる可能性があります。


人気Q&Aランキング