位置情報で子どもの居場所をお知らせ

このカテゴリで白点病について色々と読みましたが、まだよくわからない点があるのでいくつか質問させてください。

幅51センチ水槽でカクレクマノミを3匹飼っていましたが、一匹がトリコディナ病と思われる症状で亡くなりました。

続いて他の2匹が白点病にかかったので、現在ミニ水槽でメチレンブルーの薬浴させており、2日目に入りました。

1.2リットルしか入らない小さな水槽なので毎日水替えしています。

水替えの際、ミニ水槽やエアレーション、ヒーター類は熱めの湯でよく洗い、再セットしています。

夜、観察すると白点が数カ所付いているのがわかるのですが、昼間はヒレに付いているのがわずかに認められる程度で、
体には付いていないように見えます。

白点病の虫はいったん魚から離れ、分裂してまた付くそうですが、このように離れている間に、なぜ薬で死なないのか
不思議です。
1.2リットルの水に一滴のメチレンブルーを投下しています。

1.メチレンブルーの量が少ないのでしょうか

2.薬浴は何日したらいいでしょうか?

3.11リットル水槽をトリートメントタンクとしてメチレンブルーを投下した場合、濾過装置内を掃除し直さないと薬の
影響が残りますか?

4.元いた水槽には殺菌灯を設置し、日夜常灯しているのですが、白点病の虫は残りますか?

以上、よろしくおご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



ヒコサンZ、この薬はあまりお勧めしません。
確かに病気に対しての効果は大きいですが、その分薬としての影響力が強すぎて体力の落ちた魚や元々軟弱な個体には毒になってしまいます。
我が家でも一番最初、まだ水槽を立ち上げて間もない頃は知らずにヒコサンZを使用したことがありました。
その結果、何匹かを☆にしてしまった経験があります...。

同じ薬浴での治療ならグリーンFゴールド(海水)グリーンF(淡水)がベストではないかと思いますね。
ヒコサンに比べれば効果も薄いし時間もかかるかもしれませんがあくまで自然体の状態での治療が望めます。
また、ヒコサンZのライブロック等への影響ですが、強力すぎてバクテリアまで殺してしまうこともあるようですよ。
「ICH X」については詳しく分かりませんが、脊椎に無害でも他の生態への影響が強いのかもしれませんね。

白点の治療で効果的なものを思い出しました。
個体がまだ元気(病気が初期の軽い状態)であれば短時間の淡水浴をさせながら綿棒で体を軽くこすってあげてみてください。
これである程度の細菌を落とせます。
はやく症状がよくなるといいですね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

ネットで調べると、グリーンFゴールドよりヒコサンの方がよく治るという印象だったのですが、おっしゃる通り、
あえなく☆にしてしまうことも多いようですね。

GFGは前に試したのですが、カクレが弱っていくようで心配になり、長くは続けられませんでした。
規定より少なめの薬剤で試したのですが、隔離した水槽が極小だったのも弱る原因だったかもしれません。

現在、2匹は11リットルと36リットルの水槽に別々に戻し、それぞれ元気でよく餌を食べてくれます。

家族が「強力な殺菌灯をつけたので、底砂をいったんリセットすれば白点病は根絶できる」と主張したので、今後も
薬剤の投入を見合わせることにしました。

昨日買ったヒコサンとICH X-tinguisherは今日返品(あるいは別商品と交換)に行くことにしました。

ご丁寧にアドバイス下さったお二人にお礼申し上げます。

補足日時:2009/04/04 13:08
    • good
    • 0

熱帯魚・海水魚の飼育経験者ですが、メチレンブルーというのは使用したことがありませんので参考程度に。



>1.メチレンブルーの量が少ないのでしょうか
どの薬にも使用方法や目安の分量というものは書かれているはずですのでそれに従えば問題はないはず・・・というよりそれに従って投入してください。

>2.薬浴は何日したらいいでしょうか?
個体や症状の状態にもよります。
ある程度個体が元気になるまで(餌食い、泳ぎ方など)が目安ではないでしょうか。

>3.11リットル水槽をトリートメントタンクとしてメチレンブルーを投下した場合、濾過装置内を掃除し直さないと薬の
影響が残りますか?
この薬自体、さほど毒性は高くないらしいのでそれほど強い影響が出るとは思えません。

>4.元いた水槽には殺菌灯を設置し、日夜常灯しているのですが、白点病の虫は残りますか?
100%除去するということはまず不可能ですので量はともかくとして残ることは残るでしょうね。

>1.2リットルしか入らない小さな水槽なので毎日水替えしています。
水槽の大きさにかかわらず、換水の目安は水質悪化・汚れが目立つ・水の腐敗のいずれかですよ。
いくら換える量が少なくてもそれが毎日だと個体にストレスを与えて発病の原因にもなりかねませんので気をつけたほうがよろしいかと。
水のまわりが悪く水質が不安定になりやすい小さな水槽は特に。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

ネットなどで調べた結果、メチレンブルーは効果なしと判断し、ヒコサン(メチレンブルー)を買ってきました。
「ライブロック、エビにも安心です」と書いてあったので、ライブロックの入っている水槽に入れようと思った
のですが、あとでよく調べたらイソギンチャクは不可とありました。
ライブロックにイソギンチャクも生えているので、これではダメですよね。

それで、無脊椎のいる水槽でも大丈夫というICH X-tinguisherも買いました。が、これもネットで調べてみると、
カニやシュリンプが次々☆になったという記事を見つけてしまいました。

なんだか混乱して、なにがなんだかわからなくなりました。
ヒコサンやICH X-tinguisherは実際のところどうなのか、おわかりでしたら、教えてください。

よろしくお願いします。

補足日時:2009/04/03 21:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング