よく電気製品に片方はプラスに、もう片方はアースをとる?つなげる?という言い方がありますが、アースについてどなたか詳しくご教授下さい。常にマイナス側がアースなのかetc...

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「アース」という言葉は通常、二つの意味合いで使われます。


(1)接地、すなわち地球に埋め込んだ電極(および、それにつながった導体)
(2)地球にはつながっていなくとも、電位の基準にとる大きな導体(箔、板、箱など)

電位の基準は習慣的にマイナス側を取りますが、プラス側をアースと定めても物理的には本質的な違いはありません。
ただし実際問題としては、例えば二つ以上の機器を接続する場合、プラスアースとマイナスアースが混在するとショートの可能性があるので、よほどの理由がないとプラスアース構造にはしないようです。

「片方はプラスに、片方はアースに」というのは(もしマイナスアースであれば)「片方をプラスにもう片方をマイナスにつないで電気を流す」というのを少し別の形で記述している、と考えればよいかと思います。
    • good
    • 2

簡単に言うとアース(earth)で地球に繋ぐことですよ。

どこかに電気を逃がすところを作ってあげないと、その電気製品に電気が溜まってばちばちしたら大変なことになっちゃいますよね。

そこで電気を逃がす道筋を作ってあげなければ行けません。
アースの先をどこか地球に繋がっている金属(水道管が良いですね)につなげてあげるとか、直接地面に銅製の棒を埋め込んでそこにつなげても良いです。さいきんはコンセントにアース着きがあります。
普通のコンセントの差込口にもう一個まるい穴が空いているところ。
それとか緑のせんが出ているのがアース!!
電気の逃げ道です。
    • good
    • 2

概念的な説明をすると、アースというのは「基準電位」のことです。


電気で言うところの電圧とは、2点間の電位の差で表されるので、
例えば「電圧が1.5V(ボルト)」というのは0Vを基順にすれば1.5Vという
ことになりますが、100Vを基準にすれば101.5Vとなり、この2点間について
言えばどちらも1.5Vとなります。
では、この違いはどこから来るかといえば、その他の電位、すなわち身近な
ところで言えば地面の電位(何Vという定義は出来ませんが)を仮に0V
として、これをアースとします。携帯機器などでアースが取れない場合は
一番大きな金属部分を仮にアースとします。先に述べたように電圧とは
電位の差なのでこれでも問題は無いわけです。
また、一番低い電圧を基準にしているわけではないので、アースよりも低い
電位も存在します。例えば、乾電池のプラス側をアースとするとマイナス側
は、-1.5Vと表されます。
イメージが掴みにくければ電池2本を直列につないで、その接続点を0Vと考えて
ください。そうすると、+側は+1.5V、-側は-1.5Vとなるでしょう。
電池などは電位がアースから絶縁(隔離)されているので、アースとつないだ
ところが基準電位となるので実際に実験することが出来ます。
もし、電源装置などを用いて実験する場合はアース(回路上ではGND(グランド)
と呼ぶ場合があります)に注意する必要があります。

この質問の例であれば、アースは-極と考えて差し支えありません。

また、余談ですが、通常使う用語として「アースをとる」とは、片方を接地
することを指し、「アースする、アースにつなぐ」と同義です。
また、回路上でGND(=アース)を使う場合、接地することをグランドに落とす
という表現を使う場合もあります。このとき、回路図上で接続されていない
アースの記号同士も接続してやる必要があります。
    • good
    • 1

 質問が家庭のコンセント(交流100V)を使う電気製品か自動車など直流電源を使う物か明らかでないので回答が交錯してしまっているようです。


 交流の話でしたら参考URLの所で詳しく議論されているので参考になると思います。
 ただし家電製品は通常プラスマイナスの区別なくコンセントに突っ込んでアースは第3の端子につなぐので質問は直流電源の電気製品の話でしょうか?
それならばUmadaさんの(2)やymmasayanさんの(1)のように普通は電源(バッテリー)のマイナス端子をつないだところ(車のシャーシなど)をアースと呼びますね。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=48086
    • good
    • 0

#1のUmadaさんの回答はその通りです。


ただ、直流回路についてしか記述されていませんので交流回路を
含めて補足します。
接地(アース)には大きく分けて4つの目的があります。
(1)電線を1本節約する。
  車でご存じのようにシャーシが(-)側つまりアースです。
(2)安全のためにアースする。
  柱上トランスのところで100ボルトの片線がアースされています。
  洗濯機やクーラーの外箱をアースするのも同じです。
(3)電気ノイズを防止する。
  電気ノイズを出したり、または受けやすい機器の外箱をアースします。
(4)放送用または受信用のアンテナの性能を上げる。
  中波や短波ではアンテナの下端をアースするとアンテナが地面に
 (鏡のように)映り、2倍の長さのアンテナとして効率よく働きます。

電気屋(電波屋)の世界では、アースとノイズほど難しい物はありません。 
  
    • good
    • 1

電気製品のアースは感電防止の為です。

電気は高い所から低い所へ流れます。しかも、抵抗の少ない所へ流れます。仮に洗濯機が漏電していたとします。アースを取っていれば人体より抵抗が少ないため、アースに流れて感電しないですむわけです。 質問の意味違いました?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアースって何?

アースの意味がよく分かりません。
洗濯機や電子レンジにはアースがありますが、冷蔵庫のアースはつなげなくてもよいと説明を受けました。
海外のコンセントにはアースがついて?3本の差込のものがあります。
カーオーディオは、アースをボディーにつながないと動きません。
車のバッテリーあがりの時につなげるブースターケーブルの説明には、片方をボディーアースするように書いてありますが、直接つないでもできます。
・・・等等、いったいアースって?
乾電池に豆電球をつなげる程度の知識しかない私にはボディーアースの意味もよく分かりません。
直流と交流の違いもなんとなくしか・・・。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

電気関係で「アース」といわれているものには大きく分けて2通りあります。家電製品で「アース線をつなぐ」ようになっているのは、下のお二方の回答にもあるように 接地で基準電位をとることによって漏電による感電を防ぐためで、つながなくても普通に使えるので重要性があまり感じられませんが、万一何か想定していなかった不具合や事故などが生じた時、感電や機器の破損などにつながる恐れがあるのできちんとつないだほうが安全です。「つなげなくてもよい」というのは、本体などに漏電対策がしっかりしてあるからという根拠かと思われます。パソコン関連の機器は不定の電位変化に弱いものが多いので、アースはつけておくほうがよいと思います(なので、OA 機器用のコンセントは普通の2本の電極にアースを加えた3本ピン仕様になっているものがよくある)。

もうひとつは、#2 さんの回答の中にもあるように、電気回路の配線の中で 帰りの経路を省略するために機器の金属ケースや車のシャーシ(骨組み)などを電線代わりに利用するもので、この「アース」は確かに回路内での基準電位点を与える役目ではありますが、地面の電位に接地しているわけではありません(ので 漏電対策という意味合いはありません)。

> 車のバッテリーあがりの時につなげるブースターケーブルの説明には、片方を
> ボディーアースするように書いてありますが、直接つないでも
できますが、ボディアースを使うことをお勧めします。なぜかというと、直接電極に付けに行くと火花が飛んで引火の可能性があるからです。

電気関係で「アース」といわれているものには大きく分けて2通りあります。家電製品で「アース線をつなぐ」ようになっているのは、下のお二方の回答にもあるように 接地で基準電位をとることによって漏電による感電を防ぐためで、つながなくても普通に使えるので重要性があまり感じられませんが、万一何か想定していなかった不具合や事故などが生じた時、感電や機器の破損などにつながる恐れがあるのできちんとつないだほうが安全です。「つなげなくてもよい」というのは、本体などに漏電対策がしっかりしてある...続きを読む

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む

Q電気アースはなぜ必要なのか

電気分電盤にアースが必要なのは
なぜですか?
家電自体にはアース取り付けなくても
何も問題なく使えますよね
よろしくお願いします。























Aベストアンサー

電気主任技術者です。

>電気分電盤にアースが必要なのはなぜですか?
●分電盤にアースは必要ありません。

>家電自体にはアース取り付けなくても何も問題なく使えますよね
●家電機器に故障等の事故がない限りは問題なく使えます。
もし、機器に漏電があった場合に感電事故する恐れがありますので、これを防ぐために筐体をアースを施しますが、法的には水気のある場所では義務づけられていますが、そうでない場所ではアースは必須ではありません。
たとえば、洗濯機やエアコン屋外機などはアースを取り付けます。

なお、オーディオ関係でアースすることを勧めるひとがおりますが、遮蔽効果はアースとは関係ありませんので不要です。

Qアース線とは何ですか?

PCのコードに「アース線をしてください」とタグがくくり付けてあるのですが(1)木の床の隙間に突き刺しておけばよいのでしょうか?
(2)アース線は静電気を逃がすイメージなのですが、そのイメージで良いのですか?
(3)木の床にアースをした場合、電気を逃がすので火事にはなりませんか?

Aベストアンサー

とりあえず、アースについてはこちらを見てもらうとして。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A5%E5%9C%B0

PCの場合、基本的に「筺体に流れる電気と大地の電位差をゼロにして
感電を防ぐ」事が目的で、静電気をどうこうするものではありません。

「地面に十分に突き刺さった導電性の棒」から引き出した電線(アース線)
がないとアースは取れず、そうでないならする意味はありません。また、
「使用電圧が交流対地電圧150V以下の回路で使用するものを乾燥した場所
に施設する場合」は感電の危険が少ないので、アースは取らなくても大丈夫
ということにもなっています。

なお、ちゃんとした「アース線」の工事は「電気工事士」じゃないと出来
ないことになっています。

Qアースが正しく取られているか確認する方法は

通信機器(ルーター等)の電源と接地について困っています。

機器の仕様では、電源電圧 100-240V -5% +10%
第3種(D種)アースが必要です。

この機器はアースが正しくとられていないと動作が不安定になるので
本当に正しく接地されているのか確かめる方法はありませんか?
工事業者に聞くと、正しく接地されているので問題ありません、
と言われますが、何か数値で判断する事は出来ないのでしょうか。
どなたか教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

当方第一種電気工事士です。

専門家として一言言わせて下さい。
下記で皆さんが答えていらっしゃる様な事は実際にはなさらないようにして下さい。
一般家庭に送電されている電源は、柱上に設置されている変圧器で6600Vの高圧を100Vと200Vの低圧に降圧されます。
変圧器の接続されている低圧配電線には電圧線と中性線があり、中性線は大地に接地されております。
1次側に6600Vを使用する変圧器は、内部コイルの損傷の際の漏電対策として、外側ケースは中性線と結束されて共同接地されています。
高圧の配電線は各電力会社のエリア内を何千Kmという総長で結ばれています。
電気は1秒間に地球を7周半できるスピードで走り抜けます。
ですから、どんなに遠くでもエリア内のどこかで配電線事故や落雷があっても一瞬のうちに全家庭に異常電圧が入るのです。
それをどれだけ防げるかは柱上変圧器の接地抵抗にもよるし、高圧配電線に取付してある避雷器の性能にもよります。
また、そのようなこともあるため、一般家庭毎での対策も重要になってくるのです。

ですから素人が保護具無しで、その辺で売っているような安物のデジタルカードテスターのリード棒を、コンセントの穴に挿すような事は大変危険ですのでやめて下さい。
ましてやANo.3の人の様に電圧線と大地間に電球を入れて点けるなどとは論外です。とても知識のある人のする事とは思えません。
感電や火災の恐れもありますし、第一普通はELB、漏電遮断器が働いてたちまち停電します。

一般家庭に引き込まれている電線のうちの1線はあくまで中性線であり、接地線とはなり得ません。
一般家電製品はそのほとんどがエネルギー変換効率100%に遠く及ばないのです。
引込線の電源線を通して受電した電源も、負荷機器で全て消費できるわけではないので、中性線を介して柱上変圧器に戻して、大地に逃がされているわけです。

そのことから、中性線は0Vではありません。
柱上で接地されているとはいえ、保安アース等でもありません。
正確なアナログテスターできちんと大地間との電圧を測定すると、それなりの電圧が発生します。

正しい接地工事が行われていないと、そこに繋いだPC関係やAV機器には異常な電位差が発生してノイズの原因になります。
つまりはちゃんとアースさせれば機器類は安定動作します。

残念ながら接地工事の状況を簡単に測定する方法はありません。
近くの信頼できる電気工事店にお願いして測定や改修をお願いして下さい。

当方第一種電気工事士です。

専門家として一言言わせて下さい。
下記で皆さんが答えていらっしゃる様な事は実際にはなさらないようにして下さい。
一般家庭に送電されている電源は、柱上に設置されている変圧器で6600Vの高圧を100Vと200Vの低圧に降圧されます。
変圧器の接続されている低圧配電線には電圧線と中性線があり、中性線は大地に接地されております。
1次側に6600Vを使用する変圧器は、内部コイルの損傷の際の漏電対策として、外側ケースは中性線と結束されて共同接地されています。
高圧の配電...続きを読む

Q交流の接地側とは何でしょうか?

家庭用交流回路には、接地側(白線)と非接地側(黒線)があり、「白線は安全」、「黒線は感電の危険あり」ということになっています。私の疑問は、「交流とは、プラスとマイナスが交互に入れ代わるもの」と記憶していますので、「接地側も、非接地側も交互に入れ代わるのでは?」と思った次第です。この辺りを理解したいのですが、よろしく御願い申しあげます。

Aベストアンサー

>高電位のトランスを接地させる=ショート…

#3です。
通常は片側しか接地しませんから、接地された側が大地と同電位になるだけです。電流は電位差のあるところに流れるのであって、同電位のところには流れません。したがってショートするとは言いません。
なお、その接地したところ以外で、電線が垂れ下がったり、機械の絶縁が壊れたりするとショートします。これを地絡事故といいます。

>電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れている…

一般に電気は抵抗の少ないところに流れます。アースの抵抗は、電線の抵抗に較べればはるかに大きいものです。通常は、抵抗の少ない電線の中ばかりを流れ、アース線に電流が流れることはありません。
ただ、電線も負荷機械もすべて絶縁してありますが、人間の作るものに完璧なものはありません。どんなに丈夫な絶縁を施しても、ごくわずかな電流は漏れます。ふだんはこのわずかな漏れ電流が、電柱のアース線を通って、電源へ帰って行っているのです。

Qアースを取り付られない場合の応急方法

 アースの取り付けの必要な食器洗い乾燥機を買ったのですが、アースがありません。工事を頼むのも面倒なんですが、アース工事を行わずに放電させられる方法はありませんか?。

Aベストアンサー

#3です。

 延長専用ではないですがアース線は電気屋さんで売ってますよ
 緑色の線が多いですね。
 値段も数百円です。

 接合部分をねじり合わせてビニールテープで繋げばしばらくはもつでしょう。
 (永久ではないです)

 早めに電気屋さんで工事してもらいましょう。

Qコンセントの危険性

ふつうの家庭にある100V電源のコンセントの片側に、
銅製の細い線を入れたら感電するんでしょうか?
昔聞いたのでは、二つある穴の左側はアースだから感電しないとか・・・
実際の所どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

すれ違いがおきてるようなので、フォローします。
まず、感電は、100ボルトのかかっている2本の線に人体が接した時
起こります。(人体が電球?の代わりをする)
コンセントの左側(穴の長いほう)は安全の為、柱上トランスの所で、
接地(アース)してあります。
コンセントの2本の線を仮にH(Hot:接地されていない右側)と
E(Earth:接地されている左側)とします。
人がHを触ると足から床、地面、柱上トランスのところの接地線を
通ってトランスに帰る通路が出来ます。(これはEとつながっています)
これで人体に電流が流れ立派に感電します。
空気も床も壁も絶縁物には違いはないですが、空気の絶縁抵抗は非常に大
きいのと、床、地面は面積(体積?)が大きいので四方八方に電流が流れ
絶縁抵抗はかなり小さくなります。
条件が悪いと(良いと?)100ボルトでも充分死ねますのでお気を付け
下さい。

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q交流回路のアース

初歩的な質問ですみません
AC100Vは一般的に片側がアースされていますよね。
交流回路に抵抗がひとつあり、スイッチをいれると+-交互に電流が流れます。しかし片側がアースされていると、交流電源に戻らずアースに電流が逃げてしまうのでは?アースの抵抗が大きくてアース側に電流が流れないのなら感電時人に流れずアースにながれるのはなぜですか。すいません教えてください

Aベストアンサー

 直流で解りやすく説明すると乾電池に抵抗の負荷が繋ないで、電池のいずれか一つの極を接地しても抵抗にしか電流が流れません。ここで電池の±極を交互に反転しても、同じです。即ち、交流でも同じと言うことになります。
これは接地した側がループになっていないからです。接地してない側(線)に触ると、人体から地面を介して接地を通り電源に帰ります。ここで凄く絶縁のいい靴を履いて触った場合は感電しません。(常に電流は電源側に帰ります、大地に行きっぱなしと云うことはありません、流れないようにすれば感電しません)また、接地した側を触っても感電しません。なぜなら電位差がないので。
 鳥が高圧電線に止まっても感電しないのは、回路がループを形成しないからです。(この場合空気が絶縁物になっています)
 それでは接地しない方が感電しないでいいのではとなりますが、電気技術基準とか漏電が検知しやすいとか色々あって接地してますね。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報