忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

If I were you という表現は過去でも現在でもIがyouということはあり得ないので、仮定法過去完了でもIf I had been youとは言わないと聞きました。それでは If I were a lion とか If I were rich(今も貧乏だとすると)という表現も仮定法過去完了の中で使うことができるのでしょうか。If I were you というのは慣用表現だから他の表現はだめだという意見もありますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

このテーマに付いてはネイティブも議論しています。

例えば
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t= …
http://www.englishforums.com/English/IfIHadBeenY …
一部反対意見もあるのですが、多くの人は If I had been you に異議を唱えていません! むしろ自然だと言うのです。

If I were you と言うと現在のことと感じる、その後の主文で would + 完了形が出てくるとそこでは過去と感じる、すなわち混乱する、といった (If I had been you 擁護の) 意見もありました。

ただ、こんな複雑な言い方でなく、もっと易しい言い方があるだろうという意見がありました。

日本の英語の先生だけが必死に異議を唱えておられます。おそらく古い時代の文法なのではないかと想像されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど勉強になりました。またお願いします!

お礼日時:2009/04/02 15:13

>それでは If I were a lion とか If I were rich(今も貧乏だとすると)という表現も仮定法過去完了の中で使うことができるのでしょうか。


できますよ。
(例)「If I were rich, I would have bought that Ferrari we saw yesterday.
But I am not currently rich and that is why I didn't buy the Ferrari yesterday. 」
http://www.englishpage.com/conditional/mixedcond …
をお読みください。

>If I were you というのは慣用表現だから他の表現はだめだという意見もありますが。
http://blog.livedoor.jp/eg_daw_jaw/archives/5049 …
を読めば納得できるでしょう。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ばっちり納得しました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/02 15:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qannoy, bother, irritate の違いは?

annoy, bother, irritate の違いは?
annoy, bother, irritate の違いと、よく使われる表現などがありましたら
教えてください m(_ _)m

Aベストアンサー

annoy:基本的に「不快にする」
bother:基本的に「面倒をかける」
irritate:基本的に「苛立たせる」
です。

したがって、「May I bother you for a moment?(ちょっと面倒をおかけしていい?)」とは言えますが、「May I annoy you for a moment?(ちょっと不快にしていい?)」とか「May I irritate you for a moment?(ちょっとイラつかせていい?)」なんて言うのはとんでもない話です。

一方で、パソコンのケーブルがこんがらがっちゃって、時間をかけてほどく必要が生じたとしますよね。そういう時には「This is so annoying.(これって不快だあ)」とも言えるし、「This is such a bother.(これ、面倒くさっ)」とも言えるし、「This is so irritating.(これってイラつくぅ)」とも言えるわけです。

なお、例文をもっと知りたい場合には、英語圏のyahooなどの検索エンジンで単語を検索してみるといいですよ。

QI will be ~ingのニュアンスと使い方を教えてください!

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)I'm going to have dinner with him tonight.
* I am ~ing 確実にやると分かっている事 
例)I'm doing my homework after supper.

「I will be ~ing」は上記3つとニュアンス、使用状況等、どういう違いがあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)...続きを読む

Aベストアンサー

この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. と表現することができます。

Q「桜が舞う」を英語で言うとどうなりますか?

Cherry blossoms flutter.
では、
「flutter」
━━ v. 羽ばたきする; 翻る, 翻す; ひらひら飛ぶ; (胸が)どきどきする, (脈が)弱く不規則に打つ; (まぶたなどが)ぴくぴくする; 動揺する; あわてさせる; うろうろする ((about)).

となり、イマイチぴんときません。

「dance」では、何か安っぽい感じがします。
「舞え、桜よ」
という表現も合わせて教えていただければ、助かります。

Aベストアンサー

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

桜が舞う、と言う日本語の表現を英語で示す為にcherry blossom/blossomsと言う表現を使ってしまうと、枝についたままの桜の花が、と言う誤解をされたりしてしまう事を覚悟しなくてはなりません。

これは、あくまでも、枝から落ちた桜の「花びら」が宙に舞う、と言う暗黙の了解で書かれた表現である事に気がついて欲しいと思います。

早くお風呂に入って寝てください、といわれても、まさか、お風呂の中で寝てください、といっているわけではない、と言う理解と同じようなものなわけです。

よって、swirlやdanceと言う単語の持つ「舞う」「舞い乱れる」と言う単語は非常に良い表現の元になる動詞としてよく使われます。 Cherry blossom petals swirl/dance aroundと言う表現を使う事で、いかにも花びらが舞いまわっている状況を出す事ができるわけですね。

The petals of cherry blossoms fall like snowとかfloat gently from aboveというような表現もできますね。

要は、このpetalsと言う「花びらが」と言う表現にすることで、枝についている花が枝ごと揺れているというようなフィーリングを感じさせないわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

桜が舞う、と言う日本語の表現を英語で示す為にcherry blossom/blossomsと言う表現を使ってしまうと、枝についたままの桜の花が、と言う誤解をされたりしてしまう事を覚悟しなくてはなりません。

これは、あくまでも、枝から落ちた桜の「花びら」が宙に舞う、と言う暗黙の了解で書かれた表現である事に気がついて欲しいと思います。

早くお風呂に入って寝てください、といわれても、まさか、お風呂の中で寝てください、といっているわ...続きを読む

Q受動態で完了進行形 は結構使われますか?

受動態で完了進行形、
...have been being 過去分詞...
というのは高校レベル参考書には見当たらなかったのですが意味ないのでしょうか?殆ど使われないのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問:
<受動態で完了進行形~殆ど使われないのでしょうか?>

文法的には可能ですが、殆ど使われないと思います。理由は以下の通りです。

1.進行形は「動作」がずっと進行している形になります。状態は「動作」ではないので通常は進行形にはなりません。

2.現在完了形で、「進行」の用法が可能とすれば、「継続」の用法が考えられます。「結果」「経験」「完了」の用法は、動作は完了していますから、「進行形」は矛盾します。

3.「継続」+「動作の進行」とは、その動作が休みなくずっと続いていることを意味します。「完了進行形」とはある意味、「継続」の用法の強調です。
例:
I have been studying English since this morning.
「今朝からずっと英語を勉強している」(継続の現在完了進行形)

English has been being studied since this morning.
「今朝からずっと英語が勉強されている」(上記の受け身)

4.両方の英文とも文法的には可能ですが、下の受け身の文は「進行形に必要なbe動詞」beenと、「受け身に必要なbe動詞」beingが連続するため、語感的に好ましくないため、あまり一般には用いられないのです。

5.現在完了の受け身の文なら、「継続」に進行のニュアンスをダブらせ、「進行形」を省略させるのが一般です。
例:
English has been studied since this morning.
「今朝からずっと英語が勉強されている」(上記の受け身)

現在完了の受け身の継続だけで「進行」のニュアンスが可能なのも、「受け身」は本来、能動的な動作を受け身にすることで、一種の「状態」に転じる要素があるからです。

上記の例文でも、能動の「勉強する」が「動作」を強調するのに対し、受動の「勉強される」は能動性が薄れ、「状態」の要素を帯びています。

6.状態が「ずっと~している」はhave beenで十分表すことができるのです。
例:
A battery has been moving the machine since 2000.
「ひとつの電池が、その機械を、2000年以来ずっと動かし続けている」
The machine has been being moved by a battery since 2000.
=The machine has been moved by a battery since 2000.
「ひとつの電池で、その機械は、2000年以来ずっと動かされ続けている」

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問:
<受動態で完了進行形~殆ど使われないのでしょうか?>

文法的には可能ですが、殆ど使われないと思います。理由は以下の通りです。

1.進行形は「動作」がずっと進行している形になります。状態は「動作」ではないので通常は進行形にはなりません。

2.現在完了形で、「進行」の用法が可能とすれば、「継続」の用法が考えられます。「結果」「経験」「完了」の用法は、動作は完了していますから、「進行形」は矛盾します。

3.「継続」+「動作の進行」とは、その動作...続きを読む

Qas is(was) ... は文法的にどう解釈すればよいのでしょうか?

例を挙げると、英辞郎に、

As is often the case with victims, she doesn't want ....
被害者にはよくあることだが...
As was pointed out at the time, he was no longer ....
すでに指摘されたように...

などの例文がありますが、
この最初の "as is(was)" を文法的にどう解釈するのか分かりません。

as が 主語なのでしょうか?
それとも何らかの主語が省略された表現なのでしょうか?

英検3級止まりの英語力でも分かるように説明していただけたら助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない

as にはいくつかの意味があります。そのうち「ように、ような」で訳せるもののいくつかの例ですが、(1)(2)は接続詞、(3)(4)は関係代名詞と「されています」。

また(1)(3)は as の後ろから「~ように、~ような」ととり、(2)(4)は主節の内容を受けています。

(2)「彼女が言ったこと」→「川が鱒であふれていたこと」
(4)「被害者によくあること」→「…したがらないこと」

これらの用法の as は

・自分自身(asの導く節)が「~ように、ような」
・相手(主節)の内容を指して「そのように、そのような」

という働きをもち、いずれも中核にあるのは「同じように(な)」というイメージです。

ここからは「文法のための文法」です。

「接続詞」とされるもの
(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
では as 節の動詞 do, say はこれだけで用が足りる動詞(つまり自動詞)と辞書で定義されています。つまり完全な文を率いているので「接続詞」であってもいいのです。これはどういうことかと言えば、

「関係代名詞」とされるもの
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない
においては as 節の動詞 look up to は「他動詞」とされており目的語をとらなければなりません。is には主語がありません。このままでは不完全な文になりますから、as を関係代名詞ということにするのです。

関係代名詞は「文をつなぐ働き」と「主語、目的語、補語」の働きを兼ね備えたものです。

This is the man whom I saw.
whom は文をつなぎ、また saw の目的語になっています。
This is the man who spoke to me.
who は文をつなぎ、また spoke の主語になっています。

まとめれば、働きやイメージは同じか似通っていますが、あくまで文法的観点からは別の品詞と扱われているのです。

なお、#3でおっしゃっているように、様態というより注釈的な使い方ではコンマを使い主節と区切るのが一般的です。

(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない

as にはいくつかの意味があります。そのうち「ように、ような」で訳せるもののいくつかの例ですが、(...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング