ちょっと変わったマニアな作品が集結

資本金と資産(現金・預金)はどう違うのでしょうか?
どちらも、会社が会社の運営する為に自由に使って良いお金ですよね?
資本金を会社の運営する為に資本金を使えば、当然資本金が減るのに決算書の資本金の欄の金額は実際の額と一致しなくても良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

・資本金と資産(現金・預金)はどう違うのでしょうか?



現金・預金については資産項目
資本金については資本項目になります。

・どちらも、会社が会社の運営する為に自由に使って良いお金ですよね?
・当然資本金が減るのに決算書の資本金の欄の金額は実際の額と一致しなくても良いのでしょうか?

会社を設立した時に間すっとばしますけど
預金 / 資本金
って仕訳を起こします。
でもって預金から仕入等の支払いをした時には
仕入 / 預金
ってなります。
要は資本金として支出した預金を運用していくので資本金という勘定科目自体は増資等しなければ変動はありません。
ただ資本金として支出した預金の金額が減少しているので資本金が減っているって言う考え方もできます。
もちろんこれだと資本金とあわなくなってきますがその合わない差額については利益や損失になります。
    • good
    • 2

借方、貸方の考え方はご存知ですか。



複式簿記では、資本金(貸方)に見合う借方の勘定科目は最初は現預金という「資産」ですが、その現預金を使うことで在庫になったり有形固定資産になったりします。

「お金を使う」というのは、現預金という資産が何か他の資産に振り替わる事です。あるいは費用として使えば損失に変わります。
いずれにしても資本金という科目は変わりません。
    • good
    • 2

資産=負債+資本(資産-負債=資本)です。


資本(金)は純財産ですが、資産には負債など(同じ現金でも銀行等からの借入金など)も含みます。
    • good
    • 2

まず、資本金がお金状態であると考えてはいけません。



資本金2000万円で会社をスタートさせ、銀行から1000万円を借りたとします。
(資本金2000万円+借入金1000万円=3000万円)

商品を1000万円分購入し、事務所などの保証金が1000万円で、社用車が300万円、現預金700万円。
(資産3000万円)

資本金がそのまま現金で残っているとは限りません。
(商品などに化けます)

さてさて、会社運営で1000万円売り上げて、1200万円の経費がかかったとします。

すると資産は200万円減りますし、連動して資本金の部でも未処分損益として200万円減少します。
(決算書では「2000万円でスタートしたよ(資本金)。200万円損したよ(未処分損益)。だからトータルで1800万円の元手(資本)があるよ」という書き方をします。)
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本と資産の違いについて

資産=資産+借入金などの負債

資本=資産-負債

で合っているのでしょうか?

また、
資本には社用車のような有形の資産、
貸付金のような無形の資産も含まれるのでしょうか?

ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>資本には社用車のような有形の資産、貸付金のような無形の資産も含まれるのでしょうか?

 貸借対照表を念頭に置くと理解しやすいと思いますが、資本金は、資産や負債と違って資本の場合は「これがそうだ」と指をさせる対象ではなく、常に帳簿の中の計算の結果にすぎない存在だということです。

 例えば現金300万円だけを資本金として会社を始めた場合、当初開始残高

現金 300万 資本 300万

でスタートしたとします。100万円の価値の社有車を所有した場合、

現金 200万円
車両 100万円  資本 300万

と変化し50万円を貸付金として支出した場合、

現金 150万
貸付金 50万
車両 100万  資本 300万

事業用に借入金100万円を起こしてその利息1万円を支払った場合

現金 249万  借入金 100万
貸付金 50万 損失 1万
車両 100万  資本 300万

資産や負債の中身は刻一刻変わるのに、資本金の額は一定です。このように資産や負債の内容と資本の関係はバランスをとりながら全体が変化していきます。資本とはあくまでもこのバランスの一方として存在する数字であり、何らかの具体的な実態を対象として指し示すものではなく資産は資産、資本は資本で別だと言うことです。

>資本には社用車のような有形の資産、貸付金のような無形の資産も含まれるのでしょうか?

 貸借対照表を念頭に置くと理解しやすいと思いますが、資本金は、資産や負債と違って資本の場合は「これがそうだ」と指をさせる対象ではなく、常に帳簿の中の計算の結果にすぎない存在だということです。

 例えば現金300万円だけを資本金として会社を始めた場合、当初開始残高

現金 300万 資本 300万

でスタートしたとします。100万円の価値の社有車を所有した場合、

現金 200万円
車両 100万円 ...続きを読む

Q損益勘定について

ズバリですが、損益勘定自体が分かりません汗これは、何のために、どのように使うものなのでしょう。付随して、仕分けを「仕入」「繰越商品」のように小分けして仕分けする仕方も意味もよくわからないのですが、親切な方がいらっしゃったらご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期繰越ではなく損益勘定を使用し、時期に繰り越さず、損益勘定に集合させ、そこででた利益ならば財産である資本金にプラスしよう!というのが損益勘定の役目です!
なのでその期の収益費用は全部、損益勘定に移動してまいります。売上も消耗品費も給料も...そして仕入れも..
それでは仕入勘定の説明にうつります。まず仕入れとは商品の在庫室と考えてください。去年ののこりが今20円分あるよ!というのが期首繰越商品!今年は40円買ってきたよというのが当期仕入れ!そしてその間、商品を売って残った在庫が10円あるよ!が期末繰越商品!
じゃあ今年はいくら在庫が減ったでしょうか?20+40-10=50ですね!この50円何のために買ったのでしょうか?もちろん商品を売るため!商品を売るためには10円のものを10円では売りません!15円で売ったりと利益をつけますそのとき利益は5円ですよね!原価は10円
では決算のときも同じ。先ほどだした50円は...売上原価なのです!!これはりっぱな費用!ですので損益勘定へ移動します!
もちろん費用とし損益勘定に移動しないと、売上は15円のまま..ほんとの利益は5円なのに..おかしいですよね!
教えることに不慣れなものでこんな説明ですみません..少しでもお役に立てればうれしいです!

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期...続きを読む

Q減価償却費と減価償却累計額について

現在簿記3級の勉強をしております。
固定資産の売却の仕訳と勘定記入(間接法)の問題を解いておりますが
どうして減価償却累計額は貸方に記入して
減価償却費は借方の方に記入するのでしょうか?
できるだけわかりやすく教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の3級ということでしたら、仕訳の対象については、
・収益
・費用
・資産
・負債
・資本
この5つが発生したり、増減したりするものだという
ところまではわかっていますよね。

仕訳で

減価償却費 / 減価償却累計額

というのは、借方で「減価償却費」という費用が発生し、
貸方で「減価償却累計額」という負債の増加を示したものです。

減価償却費は、固定資産を1年間使い、1年分使い古した
費用のことです。それに伴い、資産取得してから、累計で、
これだけ資産の価値が目減りしてきてますよというのが、
減価償却累計額のことです。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Qプリント画面の丁合いとはなんですか。

宜しくお願いいたします。
プリンターによって違うとは思いますが(当方EPSON PM-890C使用)例えばエクセルで書類を作りプリントを
選択するとプリント画面が出てきます。その中に丁合いという文字がありチェックが入っていますが丁合とは何のことですか。

Aベストアンサー

丁合とは、印刷業界用語からきたものです。
簡単に言えば、ページ揃え(ソート)です。

5ページあるものを5部印刷すると、普通は
1111122222333334444455555
となりますが、丁合させると
1234512345123451234512345
(フェイスダウン排紙の場合)
または
5432154321543215432154321
(フェイスアップ排紙の場合)
のようになります。

Q年商とはつまり何ですか?

そのまんまです。
年商=売り上げではないですよね。
年商=年収ではないですよね。

Aベストアンサー

年商は会社(法人)の一年間の売り上げです。
年収は主に個人の一年間の収入です。
どちらにしろ、一年間の入金額合計です。個人だと年商で会社(法人)だと、年収になります。

Q財務表の三角マーク(△)は?

財務諸表で数字の隣にみうけられる「△」「▲」「▽」「▼」マークについて教えて下さい。何を意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

(4番の補足)

エクセルで 書式→セル→表示形式→数値→負の数と順に開いてみてください
(1234)-1234 △1234 ▲1234 などと並んでいるはずです。ここでは増減ということは考えず すべて 負の数 であると考えてください

さて、貸倒引当金は負債ではなく資産のマイナス勘定といいます。単に貸倒引当金では 数を加えてしまう恐れがあります。
 500-15≠500+15

すると、貸借のバランスが崩れること(左と右の数字の合計が異なる)になります。債権から控除(マイナス、-)する形式で表示するため、-や△が付くことになります。

Q減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

意味は、備忘価額だと思っていたのですが、あってますでしょうか?
また、『取扱』ですが、1円はいつ償却するのでしょうか?
除売却や廃棄時のみなのでしょうか?

おぼろげな記憶で申し訳ないのですが、
以前、小額減価償却資産の年割りの時
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
>  また、取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

最終年度では、差額で1円も償却したような記憶があります。
この規定と、減価償却では、1円の最終的な取扱が違うのでしょうか??

すこし混同しております。。
お詳しい方に、背景なども合わせて教えて頂けると非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計上(貸借対照表上)も税務上も償却性資産の残存価額 1円は、企業内にその資産が存在している限り、償却しません。
すなわち、備忘価額です。
除却や廃棄のように資産が存在しなくなったときに、オフバランスします。


一方、税務上の少額減価償却資産の一括償却資産の損金算入の規定では、残存価額 1円を残さず、全額を3年で償却します。


これは、3年後に必ず除却されるという仮定があるのでしょう。

過年度に一括償却を選択している場合には、その後の事業年度にも継続して一括償却の計算が実施されます。
このとき、3年を経過する前に譲渡もしくは除却等をし、資産が企業から存在しなくなった場合でも、一括償却計算を続けます。

ここに、一括償却を選択した段階で、3年で必ず除却することを仮定しており、必ず除却するという仮定の下での計算であるのだから、備忘価額は残さないのでしょう。


人気Q&Aランキング