【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ペントバルビタール(ネンブタール)50mg/mlをマウス(20~30g)に3・10・30mg/kgを投与するときはどのよう計算をすればいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前同様の質問をされた際に回答した者です。

その時の回答はご覧いただけたでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4839123.html

計算の手順はそこに書いておいたのですが、どの部分がおわかりにならないか、補足説明をいただけると少しは手助けできるかも知れません。

この回答への補足

ネンブタール50mg/mlを使用するのですが…。。。計算としては、以下のようでいのでしょうか?1mg/kg(3,10)/50=希釈する液量+1mlネンブタール=各濃度の希釈液という考えでいでしょうか?コントロールであれば,生食を同様量を投与するというかたちでいいものでしょうか?よろしくお願い致します。

補足日時:2009/04/03 17:17
    • good
    • 0

同じ内容の質問をいくつも投稿したり、前の質問を締め切らずに関連した内容の質問をしたりするのは規約違反です。

ご注意を。

何度もこの内容について質問しているわけですから、回答するのにどんな情報が必要かお分かりだと思います。情報を小出しにされると回答できません。必要な情報を全部書いて質問してください。

希釈の方法として ANo.1 への補足には
>希釈する液量+1mlネンブタール=各濃度の希釈液

と書いてありますが、「希釈する液量」と「各濃度の希釈液」という部分にどういう値が入るのかが問題なので、こういう書き方をされても正しいかどうか判断できません。
希釈の方法は、

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4641684.html

この質問の ANo.1 を参考になさったのでしょうが、作りたい希釈液の濃度がわかっていなければ希釈する液量が求められません。今までの質問を見ても希釈液の濃度の求め方が理解できているのかわからなかったので、そこから回答します。

上記の質問ではマウスの体重 10 g あたり 0.1 ml を投与するとありますから、今回もそういう条件であるものとします。

「体重 10 g あたり 0.1 ml を投与する」や「体重 1 kg あたり 3・10・30 mg 投与する」はマウスの体重あたりの分量ですが、10 g あたりと 1 kg あたりという具合に基準となる体重が違うので、この基準を同じ値にする必要があります。どちらに合わせても良いですが、とりあえず 10 g あたりの方に合わせます。

たとえば 10 mg/kg の場合。
10 mg/kg = 10 ug/g = 100 ug / 10 g
(ug はマイクログラムと読んでください)
マウスの体重 10 g あたり 100 ug の麻酔薬を投与することになります。

投与する液量は 0.1 ml / 10 g ですから、投与する溶液の濃度は
100 ug / 0.1 ml = 1000 ug/ml = 1 mg/ml

ですから 10 mg/kg の場合は 1 mg/ml の溶液を準備します。
希釈の方法はあなたが参考にしたやり方を使えば

50 mg/ml を 1 mg/ml に希釈するには
50/1 = 50 → 50 mg/ml を 1 ml とって、生食を 49 ml 加える。

しかし希釈液を 50 ml も作る必要はないでしょうから、作る量を適当に調節してください。50 mg/ml を 100 ul とって生食を 4.9 ml 加えるのでもいいし50 mg/ml を 200 ul とって生食を 9.8 ml 加えるのでもご自由に。これは上記質問の ANo.2 に書かれているのと同じ事です。

あとは希釈した麻酔液を体重 30 g のマウスには 0.3 ml 投与するだけです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q計算!!!

ネンブタール(50mg/kg)を1・3・10mg/kgの濃度でマウスに使用したい場合は、50/1=50なので1mlのネンブタールに対して50mlを入れれば,1mg/kg という考えでいいのでしょうか?(50/3=16.666…≒16.7mg/mlと50/10=5mg/kg)というものでいいでしょうか?この場合は、10gに対して0.1mlを掛けた用量を投与すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

混乱されているようなので、整理しましょう。

まずネンブタールの濃度は、「50mg/kg」と書かれていますが、「50mg/ml」の間違いではないでしょうか?

マウスの体重 1kg当たり、3種類の濃度、1mg、3mg、10mgを投与する時に、それぞれ 50mg/mlのネンブタールを何ml投与すればよいかというご質問という解釈で説明してみます。

まず、1mg/kgの投与の場合を考えると、1mgは、50mg/ml のネンブタールで、1mg÷50mg/ml=0.02mlになります。つまり、投与量としては0.02ml/kg となります。マウスの体重を kgでは表しにくいので、gに直して、併せて容量を ul(マイクロリットル)に直すと、0.02ul/g となります。マウス 10g当たりで表したい場合は、0.2ul/10g となります。

3mg/kg の場合は 上記の3倍で 0.6ul/10g、10mg/kg の場合は 10倍で 2ul/10gとなります。

ただし、これではかなり微量になるので、ネンブタールを滅菌生理食塩水などで希釈して投与するのが適切だと思います。

混乱されているようなので、整理しましょう。

まずネンブタールの濃度は、「50mg/kg」と書かれていますが、「50mg/ml」の間違いではないでしょうか?

マウスの体重 1kg当たり、3種類の濃度、1mg、3mg、10mgを投与する時に、それぞれ 50mg/mlのネンブタールを何ml投与すればよいかというご質問という解釈で説明してみます。

まず、1mg/kgの投与の場合を考えると、1mgは、50mg/ml のネンブタールで、1mg÷50mg/ml=0.02mlになります。つまり、投与量としては0.02ml/kg となります。マウスの体重を kgでは表...続きを読む

Q希釈(麻酔)m(__)m

希釈のことなのですが…ペントバルビタール(ネンブタール50mg/ml)を「(1)原液のまま0.1ml投与する場合」と「(2)10倍希釈して,0.1ml投与」するのでは何か違いはあるのでしょうか?
また,(1)と(2)を3段階くらいで投与したいのですが,どのように計算して考えればいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

投与対象は何ですか?

「(1)原液のまま0.1ml投与する場合」と「(2)10倍希釈して,0.1ml投与」するのでは何か違いはあるのでしょうか
投与量が10倍ちがいますので、(1)は5mg、(2)は0.5mg投与となります。

(1)と(2)を3段階くらいで投与したいのですが,どのように計算して考えればいいのでしょうか?
(1)と(2)の間を3段階ですか?(1)と(2)を3段階というのは、
ちょっと意味がわかりにくいのですが。

人に麻酔投与する量ではないですね。

Q希釈

注射用ペントバルビタールナトリウム(50mg/mlを含む)を以下の濃度になるように生理食塩水で希釈する。(1)12.1mg/ml(2)10.1mg/ml(3)8.4mg/ml(4)7.0mg/ml(5)5.9mg/ml(6)4.9mg/ml(7)4.1mg/mlと7つに合わせるのですが…希釈が分かりません。
また、対比の差が0.08で公比が1.2というのもイマイチわかりません。

(体重10gにあたり0.1mlを腹腔内投与します。)
基本的なことから教えて頂きたいです。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

希釈をするときに便利な考え方があります。
50mg/mLの原液を12.1mg/mLに希釈するとき、50と12.1と言う数字に注目して、
例えば12.1 mLの原液に溶媒を加えて50 mLにします。容積比が保たれればいいので、1.21 mLを取って5 mLにしても242 uLをとって1 mLにするのも自由です。
同じように、10.1 mg/mLなら原液10.1体積にたいして50体積に、、、、、と、すべて原液から希釈して作るのが一つの方法。
希釈列を作るときの原則に従って、順次希釈(一段階前の希釈液から次の希釈液を作る)を行うなら、12.1mg/mLに希釈した液を0.834体積とって1体積に(例えば834 uLとって生食を166 uL加える)、希釈液をまた0.834体積とって1体積に、、、、、を繰り返せばいいでしょう。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q実験動物技術師の資格

大学の研究室で働いています。『実験動物技術師』という資格があると聞いたのですが、どういったことを勉強すれば良いのでしょうか?また、どのような問題がどのような形式で出題されるのか、ご存知でしたら教えてください!

Aベストアンサー

 私は実験動物技術師の資格を持っている者です。
 実験動物技術師には1級と2級があります。試験は社団法人日本実験動物協会が行っています。受験資格は、2級は4年以上の実務経験があるもの、または高等学校卒以上で1年以上の実務経験があるものとなっています。1級は2級の認定を受けた後、4年以上の実務経験があるもの、2年以上の大学で生物系の課程を修め、その後1年以上の実務経験があるものとなっています。 
 試験範囲は実験に用いられる動物についての関連法規、解剖、生理、病気と衛生、育種、繁殖、栄養と飼料、施設と環境、飼育管理、実験手技です。
 試験は筆記と実技があります。
 筆記は総論と各論があり、総論は上記の範囲ですが、各論は犬と猫、マウス(ラット、スナネズミ、ハムスター含む)、サル、豚鶏、ウサギとモルモット(あと1つあったと思いましたが忘れました)の中から1つ選択します。
 実技は実験に使う道具が並べてあり、それらの名前を記入するものでした。生まれて間もないマウスの雌雄を見分けるものもありました。あと、筆記試験の各論で選択した動物についての実技もあり、保定などの扱いを行います。私はマウスでしたが、ハムスターの経口投与、雄雌を区別しながらマウスのケージ交換を行いました。2級はそれほど難しくはないのですが、1級は難しいそうです。
 ちなみに、受験料ですが、2級は3万ですが1級は確か、10万以上かかったと思います。(1級は数日間の講習会があるので。)試験は年に1回、12月にあります。
 詳しくは社団法人日本実験動物協会に問い合わせてみてください。
*アイソレータ装置に関する問題はよく出題されますよ。

 私は実験動物技術師の資格を持っている者です。
 実験動物技術師には1級と2級があります。試験は社団法人日本実験動物協会が行っています。受験資格は、2級は4年以上の実務経験があるもの、または高等学校卒以上で1年以上の実務経験があるものとなっています。1級は2級の認定を受けた後、4年以上の実務経験があるもの、2年以上の大学で生物系の課程を修め、その後1年以上の実務経験があるものとなっています。 
 試験範囲は実験に用いられる動物についての関連法規、解剖、生理、病気と衛生、育...続きを読む

Qmlをmgに変換方法

きなこの食物繊維を測る場合、mlをmgになおす方法を教えてください。
2293mlをmgになおしたいのですが、方法が分かりません。
また

Aベストアンサー

水(1ml=1g)であれば、1ml=1g=1000mgですので、2293ml=2293000mgとなり、これにきな粉の比重(単位体積当たりの重さ:水は1)を掛ければ良いのですが、きな粉の比重は、その状態(含水量、詰まり具合)によって変わると思うので・・・どう算出するのか、または一般的な比重があるのかどうか、申し訳ありませんが分かりません。

Qエクセルでのシグモイドのカーブフィット

エクセル2000を使用しています。
あるデータを散布図にしたところシグモイドであることがわかりました。
カーブフィットして,式を出したいのですがどうすればいいのかわかりません。
シグモイドの関数はわかっているので係数が出せればいのですが,やり方がわからず困っています。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

シグモイド関数というのは、
f(x)=1/(1+exp(-x))
というものでしょうか?

Y=AX+B という形で

Y=f(x)
X=1/(1+EXP(-x))
とおいて
エクセルの分析ツールの回帰分析で求められませんか?

はずしていたらごめんなさい

Qマウスへの皮下投与量

担癌マウスへの皮下投与実験を行う予定です。投与量はどの位が普通なのでしょうか?50μLで行おうとしたら、少なすぎると言われました。(でも、その人は専門外です)通常の実験での溶液量を知りたいと思っています。薬剤のサンプル量は調整できます。どなたか、一般的な投与量を教えて下さい。よろしくお願いいたします。
(手持ちの本には載っていませんでした。)

Aベストアンサー

投与する液量に関するご質問と思いますので、それに対して回答しますが、実験動物学会や日本実験動物協会ではマウスの体重10gに対して、0.1-0.2mlを目安とすることを推奨しています。
ただ、投与するサンプルに刺激性があったりするときは、もう少し少なくする必要があるかもしれません。

Q希釈倍率について分かりやすく教えてください。

農薬の希釈倍率についての質問です。例えば、希釈倍率が100倍と表示されていたとします。すると2つの考え方が頭に浮かびます。

1、水99ml+溶媒1mlとして最終的な液量を100mlとする方法。

結果として、1/99+1=1/100としての分数としての希釈倍率をだす考え方。

2、水100ml+溶媒1mlという方法。
100÷1=100倍として計算する考え方。

この考え方を1において2の考え方で、2においては1の考え方でやると・・・

1、99÷1=99
これでは99倍の希釈倍率になってしまう・・・。

2、1/100+1=1/101
これでは希釈倍率が101倍になってしまう・・・。

このように、どうしても希釈倍率と聞くと混乱してしまいます。

この2つの考え方は、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと思います、または両方ともおかしいかもしれません。この考え方について指摘などあればよろしくお願いします。また、希釈倍率についての基本的な正しい考え方など教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

前の方も書かれていますが、ここは「農学」のカテとして考えると、100倍にするときは、水100に農薬1を加え、1000倍にするときも水1000に農薬1を加えることが多い遠見ます。
 実際の農家は、100L。200Lの単位で薬液を作りますので、1000倍液を作るのに、999+1で1000倍。それを200L作るとはしていないと思います。(誤解があるといけませんので、もちろんきちんとされている農家もあると思います。)
 これが、化学や数学の計算であれば事情は異なると思います。

Qアセチルコリンの子宮における平滑筋収縮について

何度も勉強しているのにいつもいつも忘れます。おそらく根本的に理解できてないと思うのですが、教科書をみても疑問がはれないので教えてください。まず、アセチルコリンってどういうふうに働くのでしょうか??副交感神経ではムスカリン作用を示す。と書かれていたのですが、子宮は副交感神経支配は弱いはずですよね?それなのにムスカリン作用をしめすのですか?
アセチルコリンを入れると子宮は収縮するのはどうしてなのでしょうか?
他の部位での平滑筋は弛緩するのに…なんか混乱しています。
基本から教えてください!
もうひとつ教えていただきたいのが、塩化バリウムは子宮収縮作用があると思うのですが、作用機序を教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

神経終末より遊離されたアセチルコリンはシナプス後膜にある受容体と結合し生理作用を起こします。
受容体にはニコチン受容体とムスカリン受容体があり、結合するとそれぞれニコチン様作用、ムスカリン様作用を示します。
ニコチン様作用は骨格筋や神経節における刺激作用で、ムスカリン様作用は副交感神経支配器官における刺激作用です。

アセチルコリンを投与すると、通常遊離されるアセチルコリン以上のアセチルコリンが受容体に結合するわけですから、副交感神経が弱くても、副交感神経が優位に働くのでムスカリン様作用が出るのだと思います。静注したアセチルコリンは直接受容体に結合し、副交感神経が興奮したような反応が見られます。

アセチルコリンの作用についてですが、血管には内皮細胞があるため、少し混乱しがちです。

血管では、まずアセチルコリンは血管内皮細胞のムスカリン3受容体に結合します。

ムスカリン3受容体刺激→Gqタンパク活性化→ホスホリパーゼC活性化→イノシトール3リン酸生成→CaプールからのCa遊離、CaチャネルからのCa流入→Ca濃度上昇→カルモジュリンCa複合体形成→NO合成酵素活性化→LアルギニンからのNO遊離

この反応が血管内皮細胞内で起こります。ここで生成されたNOは血管平滑筋に移動します。

NO→グアニル酸シクラーゼ活性化→cGMP生成→プロテインキナーゼG活性化→Ca排出ポンプ活性化、Kチャネル開口によるCaチャネルの閉口→Ca濃度低下→血管平滑筋の弛緩

子宮平滑筋では、アセチルコリンは子宮平滑筋のムスカリン3受容体に結合します。

ムスカリン3受容体刺激→Gqタンパク活性化→ホスホリパーゼC活性化→イノシトール3リン酸生成→CaプールからのCa遊離、CaチャネルからのCa流入→Ca濃度上昇→子宮平滑筋の収縮

ちなみにCa濃度が上昇するとカルモジュリンCa複合体というものが生成され、これがミオシン軽鎖キナーゼを活性化し、ミオシンとアクチンの結合が起こるので筋肉が収縮します。

Ca、Kはそれぞれイオンと思ってください。NOは一酸化窒素です。

血管では内皮細胞ではCa濃度が上がっているけど平滑筋では低下するので結局血管平滑筋は弛緩するので血管は拡張します。子宮以外では弛緩ではなく、血管以外では収縮するという考え方のほうがいいと思います。

アセチルコリンは心臓しも作用しますがムスカリン2受容体に作用、Giタンパクを介した反応経路なのでまた反応は違います。教科書みれば分かると思います


塩化バリウムは解離したバリウムイオンが細胞内に流入して平滑筋内Ca貯蔵部位に作用し、Caを遊離させることによってCa濃度を上昇させるため子宮は収縮します。Caとバリウムイオンが置換するイメージ
でいいと思います。

細胞内のことについてはいろいろややこしいので薬理学の勉強ならこれでいいと思います。

神経終末より遊離されたアセチルコリンはシナプス後膜にある受容体と結合し生理作用を起こします。
受容体にはニコチン受容体とムスカリン受容体があり、結合するとそれぞれニコチン様作用、ムスカリン様作用を示します。
ニコチン様作用は骨格筋や神経節における刺激作用で、ムスカリン様作用は副交感神経支配器官における刺激作用です。

アセチルコリンを投与すると、通常遊離されるアセチルコリン以上のアセチルコリンが受容体に結合するわけですから、副交感神経が弱くても、副交感神経が優位に働くので...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング