慣用句だと思うですが,"language that would make a sailor blush"の意味がよく分かりません。

Longman Dictionary of Comtemporary Englishによると,"something that would make somebody blush"の意味として,"something so shocking that it would shock someone who is not normally easily shocked."とあります。普通なら簡単にはショックを受けない人にすらショックを与えるほどショッキングなこと,という意味だと思います。

それで,船乗りを赤面させるような言語って,かみ砕いていうとどういうことを表しているのでしょうか?日本語のウェブ辞書を見ても出てこないので,どなたか解説していただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「普通は人前で口にすべきではないような言葉」だろうと思います。


特に、子供や婦人の前では。
罵りの言葉、性器や性行為を意味する卑猥な言葉(four-letter word など)、など。
具体的には、現今の辞書には載っていたりしますが、かつては活字にされることがなかった言葉は、いくつかあります(伏字で **** となっていたり)。
普通は自分の前で口にする人間などいないような言葉を、自分の前で(自分に対して)口にされたとなると、ショックを受けるだろうと思われます。

余談ですが、なぜ sailor なのか興味が湧きましたが、ざっと調べただけでは分かりませんでした。sailor は口が悪い連中が多い、ということなのか、とも思いましたが、あるいは、船乗りと船酔いを結び付けて、その青白い顔が赤面してしまうほどのショックかとも思いました。しかし、また、sailor には、船員の被る帽子の意味もあるようで、帽子さえも赤面する、というところから来た表現だと考えると面白いな、とも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういうことですね。合点がいきました。質問のフレーズとfour letter wordで検索をかけてみたら、ずらずらヒットしました。ありがとうございました。ロングマンも、もう少し詳しく解説を書いてみてほしいところです。

お礼日時:2009/04/05 20:43

http://lyricsplayground.com/alpha/songs/m/myfair …
ミュージカル「MY FAIR LADY」の中の「I'M AN ORDINARY MAN」で
「all at once you're using language that would make a sailor blush,」
とヒギンズ教授が歌っていましたね。
さて、
>船乗りを赤面させるような言語って,かみ砕いていうとどういうことを表しているのでしょうか?
ですが、さしずめ次のような表現が該当するのではないかと思います。
「Come on, Dover!
Move your bloomin' arse!」(恥ずかしくて訳せません。LOL!)
これは、アスコット競馬場で主人公のイライザが発した言葉です。周りに居た貴婦人がショックで気を失いましたね。
http://www.script-o-rama.com/movie_scripts/m/my- …

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなにポピュラーな表現なのですね。googleでlanguageとa saliorをワイルドカードにして検索してもいろんなバリエーションの表現がたくさんヒットします。それでも意味がわからなかったので質問したのですが、すっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/05 20:47

 なかなか面白い表現ですね。

WEB検索してみると「sailor」の前にいろいろな語(句)を付けるバージョンもあるようです。

(1) make an old sailor blush
(2) make a veteran sailor blush
(3) make an average sailor
(4) make a drunken sailor
(5) make yesteryear's sailors blush

 おそらく「sailor」という言葉が持っている古いイメージとしては「日焼けや飲酒のために普段から赤ら顔をしていたり頑強な精神と肉体を持っていたりして、少しのことでは顔を赤らめることのない船乗り」というものだと思います。

 したがって、「language that would make a sailor blush」は「(少々のことでは動じない)船乗りさえも赤面させるような言葉」という意味で理解して良いと思います。ただし、問題は「そのような言葉」がどのような言葉なのかということですね。

 下記のリンク先は、「あるカトリック学校のシスターが全校集会において自ら下品な言葉を口にして、生徒たちにそのような表現を使わないように指導した」という内容の「This nun can make a sailor blush」という題名がついた記事です。

 その中では「Sister Kathy Avery won't put up with swearing on the playground at her school.」とか「Cuss words aren't the only things that set Avery off. She's also banned the words "stupid" and "boring."」という文章が使われています。

http://abclocal.go.com/ktrk/story?section=news/b …

 上記の英文の中で使われている「swearing(=汚い言葉で毒づくこと)」や「cuss words(=悪口雑言)」という表現が、「language that would make a sailor blush」の内容を表していると思われます。

 具体的に言うならば、一般的には「Damn!」、「Confound it!」、「 Deuce take it! 」などのような表現が考えられます。

 ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろな例を出していただいて、理解が深まります。ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/05 20:45

放送禁止用語に相当するような表現と考えたら良いと思います。


これを連発するディスクジョッキーへの取締り議論で使われたりしています。
下の使用例ではraunchy(淫らな)sexをlanguageに付け加えています。
raunchy sex and language that would make a sailor blush--though that can be funny too

他の使用例では、wouldがmayまたはmightで置き換えられているのも見られます。

大英帝国の初期の時代、船乗りは公認海賊の様なモノで、粗野な人の
代名詞でした。
その船乗りさえも赤面するということから来ていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様のご回答でもやもやが氷解いたしまいた。ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/05 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qanyone,anything,someone,somethingは関

anyone,anything,someone,somethingは関係代名詞の先行詞できた??

Aベストアンサー

可能です。
代名詞によっては先行詞になれないものがありますが、これらは大丈夫です。
関係代名詞は who, which よりも、that が好まれます。

Qwill,would,could,can・・・確証のニュアンスについて

技術者です.
英文を書く際,

将来必ずそうなる・・・will
まずそうなるだろう・・・would
やろうと思えばできない訳ではない・・・could
できる・・・can

と言うように助動詞を使い分けていたのですが,人によっては,
wouldはできないと言うニュアンスがある,とおっしゃる方もいらして,
他にもmayやmightもあります,ちょっと混乱し始めて来ました.

丁寧さのニュアンスに関して過去ログを拝読致しましたが,
上記については私の中で解決しませんでしたので,改めまして,
日常会話の点から,或いは,パズル的な論文執筆法の点から,
この「助動詞による確証のニュアンス」について,教えて下さい.

例えば,
It rains.
等,例示して頂ければ幸いです.

Aベストアンサー

アメリカに35年住んでいる者です.

これは、日本語よく知っている日で無いと言葉に表せないかも.

とにかくやってみますね.

It will rain. 将来降ります.、
It would rain. 多分降るだろう
It could rain. 条件が合えば、降るかも知れない.(降る可能性もありえた)
It can rain. 降る可能性がある.
It may rain. 降るかもしれない.
It might rain. もしかしたら降るかもしれない、50%以下の可能性で.

過去形にする事によって、可能性を低くする. 又、アメリカでは、(責任逃れのため(笑))mightはよく使われます.

ただ、この助動詞は次に来る動詞によって、推量から、能力/意思に変わりますので、注意しなくてはならないですね.

自分の動作を示す動詞であれば、そうなります.

能力を示すCANのバリエーションとして、be able toを使って、ニュアンスを変えます.

I can do it. 出来ます.
I could do it. やる気があります. できました。
I will do it. やりましょう。やるでしょう。
I will be able to do it. やれると思います.
I would do it. やるつもりだ. やるといって聞かなかった.
I would be able to do it. 出来ないはずが無いでしょう。
I may do it. やるかもしれない.
I may be able to do it. 出来るんじゃないかな.
I might do it. もしかしたら、やるかもしれない.
I might be able to do it. もしかしたら、出来るかもしない.

ここまで書いてきて、やはり、私には日本語力がないと思いました。

かえって、混乱させてしまったと思います. 感じでは、分かるんですけど、言葉に出していえない.惨めですね.

と言うのは、やはり、使う事情でまるっきり違う意味になってしまうのですね.

やっぱり、これは、文法の分類化をしないと出来ないかも. でも、それでも、日本語力と、動詞と、状況とで、変わってくるしな. ここでは、紙面か足りないと思う.

ただ、辞書で、一つ一つ見れば、かなり詳しく書いてあると思います!(他力本願になっている!)
答えになっていませんね. 申し訳ない.

アメリカに35年住んでいる者です.

これは、日本語よく知っている日で無いと言葉に表せないかも.

とにかくやってみますね.

It will rain. 将来降ります.、
It would rain. 多分降るだろう
It could rain. 条件が合えば、降るかも知れない.(降る可能性もありえた)
It can rain. 降る可能性がある.
It may rain. 降るかもしれない.
It might rain. もしかしたら降るかもしれない、50%以下の可能性で.

過去形にする事によって、可能性を低くする. 又、アメリカでは、(責任逃れのため(笑))mig...続きを読む

Q(It's)+感情表現+(that)+主語+動詞 例文: Damn shocking to me s

(It's)+感情表現+(that)+主語+動詞

例文:

Damn shocking to me she of all people's a pusher.

(人もあろうに彼女が麻薬の密売人であることは、私にはすごいショックです)

(市橋敬三著『話すための英文法 Step7』P. 132 より)

という形で、

「家から井の頭公園まで歩いて2時間半掛かる距離を今日も私はまた歩き切ることができなかった、くそっ、残念だ」

と言いたい場合、

Damn discouraging I could not walk up a distance that takes two and a half hours walking from my house to Inokashira Park again today.

でよかったでしょうか?

Aベストアンサー

It's a pity that I could not walk up a distance that takes two and a half hours walking from my house to Inokashira Park again today.

QMake it hot,hot,hot.の訳は?

子供の絵本で、ポップコーンを作る内容のものですが、
その中に以下の表現があります。

Let't make popcorn.
(1)Make it hot,hot,hot.
(2)Make it pop,pop,pop.

(1)と(2)を訳すことができません。何か省略されていたりするので
しょうか? 教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。

単純に言っちゃうと

(1). 熱くして(hot)
(2). 弾けさせて(pop) ですね。

make it 形容詞=形容詞の状態にする

make it easy=しやすく(簡単に)する
make you happy=あなたを幸せにする
make her cry=彼女を泣かせる

のような感じです。
なので
hotにする=熱くする
popにする=弾けさせる

ということです。ここの"it"はコーンですね。
コーンを熱くして
コーンを弾けさせて、、、

はーいポップコーンのできあがり! 

Qsomething like that

something like thatは「まぁ、そんな感じ」という意味ですよね?
これはどんな場面でも使えるのですか?
たとえば「カレとつきあってるんだよね?」と聞かれた受け答えに使っても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

大丈夫です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報