写真データをグループ10人程度で共有したいと思っています。
フォルダをアップしてそのフォルダ自体にパスワードをかけられるような機能のあるグループウェアはないでしょうか?

Aフォルダは、10人の写真
Bフォルダは、7人の写真(パスワード設定)

または、見せるメンバーを指定できたり・・・

などで、度々チームにわけることなくできると便利なのですが・・・

いろいろ調べては見たのですが、ログインしてしまえば全て共有されてしまうものがほとんどです。
写真のデータ意外(予定表、メール、etc)の機能は特にいりません。

どうか、ご存知な方教えてください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


Skydriveはどうですか。

この回答への補足

遅くなりました。ご回答ありがとうございます。

早速Skydrive試してみました。
こちらは1つのフォルダに7人見れるようにユーザを設定
もうひとつには10人見れるように設定と言う具合ですね?
ただユーザ権限が作成した人物のみなのが、すこしやりとりしにくそうです。

説明不足だったかと思いますが、10人登録するとグループができ、フォルダをアップできたり、なおかつパスワード(そのフォルダ又はファイルのアクセス権限を設定)し許可されたフォルダ・ファイルにアクセスできるようなものは存知ではないでしょうか?

補足日時:2009/04/07 00:47
    • good
    • 0

こんにちは。

#1です。
>説明不足だったかと思いますが、10人登録するとグループができ、フォルダをアップできたり、なおかつパスワード(そのフォルダ又はファイルのアクセス権限を設定)し許可されたフォルダ・ファイルにアクセスできるようなものは存知ではないでしょうか?
ないようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。度々ありがとうございます。
色々探してみましたが、ありませんでした・・(^^;)
ですのでSkyDrive を利用したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/13 13:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットワーク共有フォルダにパスワード

ネットワーク上にあるOSがXPのPCの共有フォルダにパスワードをつけて特定の人しか見れないように設定するのはどうしたらよいのでしょうか。98SEだと簡単にパスワードがつけられるのですがXPだと複雑なネットワーク設定が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

すいません、追記です。(知っておられたら、すいません)
先に解答した設定を行った後、クライアント(ファイルの無いPC)からファイルにアクセスする方法は以下の通りです。

エクスプローラのメニューバーから、「ツール」→「ネットワークドライブの割り当て」、ドライブから割り当てたい任意のドライブを選択、フォルダにパスを入力する。

\\コンピュータ名¥共有名

となっていますので、「コンピュータ名」と「共有名」は、ご自身で設定されたものを入力して下さい。
これで、フォルダ(ファイル)の共有は完了です。

Q会社の共有ネットワーク内で、特定の席のPCだけ共有フォルダにアクセスできません。

現在会社で12台のPCを一つの共有に繋げて作業しています。
最大同時接続数が5台までというのは聞いていたので、必要な作業の時以外は共有フォルダに触らないようにしてあります。

ところが、特定の席(3箇所)のPCからは何度アクセスしても「接続数が最大に達しているためこのリモートコンピュータに接続できません」というエラーメッセージが出ます。

念のため、全てのPCの作業フォルダを閉じてからアクセスしても開かず、その隣のPCはすんなり開きます。
インターネットは繋がるのに、共有ネットワークにだけ繋がらないという状態です。

OS:Windows XP Professional
セキュリティソフト:King Soft(無料版)


どなたか対処法わかる方いましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

XPのProfessionalをサーバとしてご利用なのでしょうか?

Professionalの場合、最大接続数は10台です。
(HOMEが5まで)

で、多分以下の辺りが参考になるのではと思います。
ご一読ください。

http://support.microsoft.com/kb/314882/ja

Q共有フォルダが共有できない

家庭内LANを構築しています。(XPとMe)
Me側の共有フォルダはきちんと共有されてXPのPCにフォルダが表示されていますが、XP側のPCの共有フォルダが共有されません。

共有したいフォルダを右クリックして「共有とセキュリティ」をクリックして、「ネックワーク上でこのフォルダを共有する」にチェックをいれさらに、ファイルの変更を許可するために「ネットワークユーザーによるファイルの変更を許可する」にもチェックを入れました。

適用をクリックすると「共有ドキュメントを共有しているときにエラーが発生しました。サーバーサービスが開始されていません。今回は共有リソースは作成されませんでした。」と出ました。

なぜでしょうか?解決方法を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考えられるのは、「Server」というサービスが開始されていないのだと思います。コントロールパネルの中に管理ツールというのがあって、その中にサービスという項目があります。そのサービスの一覧に「Server」というのがありますので、それが開始されているかどうか確認して、開始されていなかったら開始してください。

Qフォルダ共有でフォルダが消えてしまいます

WinXP Pro2台がLANで接続されていて、フォルダ共有をしようとしてますが、特定のサブフォルダ以下が見えなります。
テストでいろいろやっていると、以下の条件で必ず見えなくなりました。

1.ネットワークドライブの割り当てを行う
2.jyoyuuというフォルダを作る
3.jyoyuuの下にmusumeというフォルダを作る

これ以後、何というフォルダをjyoyuuの下に作ろうとエクスプローラから
見えなくなります。ちなみに、リモート側のPCにはフォルダが作られて
います。

何か設定で逃げられるのでしょうか。

Aベストアンサー

念のため補足しますと、回答のためいろいろテストもしたのですが、どうしてもうちの環境では現象を再現することができませんでした。

質問者さんはPCを2台お持ちなわけですが、その2台でサーバとクライアントの役割を交代しても同じように現象が発生するでしょうか。(発生しないんじゃないかなーと想像しています。)

また、別の共有フォルダを作成しても、同じ現象が発生するでしょうか。

もし「別の共有フォルダを作成すると現象は発生しない」のであれば、いったん今の(現象が発生している)共有フォルダの内容をどこかに退避して、共有フォルダを削除→再作成し、改めて共有設定を行うと、同じ現象が発生するでしょうか。

※おそらくOSの異常動作であって、原因追求は無理かと感じています。上記手順は原因追求のための予備テストではなく、局所的な異常動作であればこのような操作で異常状態を解消できるのではないかという思い付きです。

Qグループウェアの必要性

「そもそも、グループウェアって何のために必要だと思う??」

という質問を上司にされました。 僕はこう答えました。というよりも、答えることが出来ませんでした。

「情報の共有を簡略化出来る。」←漠然としてますね・・・。
デメリットとしては、紙での承認という重みが薄れる様な気がします。捺印とか。

他にも挙げてみたのですが、返される言葉は、「紙でも出来るだろ」・・・。


そこで、こんな馬鹿を助けて下さい。

そもそも、グループウェアを使うメリット、またそのデメリットは何なのでしょうか?? 僕の考えは漠然としているけど、間違っていないと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

kztさん、こんにちは。
かなり難しい問題提起を受けてますネ。
この提起されている内容は、本当に奥が深く、いろいろな回答をその上司の方に
話しても蹴り倒されそうです。 (笑)

参考になるかどうか不明ですが、まだ私が若かった頃、某メーカー
においての研修で、(その頃世の中にはじめてグループウエアが紹介
された頃です)何度も何度も教育されました。

それは「距離と時間やその他の隔壁を越えたコラボレーション(協調作業)」

なんのこっちゃい!と思いました。(苦笑)
その後、実際にクライアントにそのシステムを構築しても、同一のフロア内
でそれらを処理しておりました。  (紙や会議で充分じゃないのかな?)
その頃は、目に見える範囲の中でしか(同一LAN上)やりとり出来なかった
のですから。
後ろの人、別の部門でも、ちょっと足を伸ばせば‥。だったのですから。
しかし、その後の年月は、これらの見方を変えさせてくれました。
貴方の「情報の共有を簡略化出来る」は、その内容の集大成だと
思いますヨ。
今では、私もこれらがないと、仕事がまったく先にすすまない状況ですが
この頃、先の言葉がほんの少しの意味が分かりかけてきました。
(もう、少しばかり、遅いかもしれませんが‥)

ある目標物(成果物)を得るために多くの人の協調作業が必要ですが
そこには、距離(本店・支店・研究所、顧客)が離れています、そして
流れが必要です(自社部門から自社他部門へ)。
そしてこれらの協調作業が時間を超えて、有機的に結びついてこそ
いち早くその成果物を享受できるのだという事を。
「いかに早く」「いかに正確に」そして時間を無駄にせず、これらを伝達
する事、更に、それらをいかに有機的に結合するか。

SFぽくなるかも知れませんが、今後ますます進化して、共有意識と
までの表現になるかもしれませんネ。
(実を言うと、私の心の中には、この言葉は根付いていますが‥)

とりとめの無い話しになってしまいましたが、何かの参考になれば
幸いです。

kztさん、こんにちは。
かなり難しい問題提起を受けてますネ。
この提起されている内容は、本当に奥が深く、いろいろな回答をその上司の方に
話しても蹴り倒されそうです。 (笑)

参考になるかどうか不明ですが、まだ私が若かった頃、某メーカー
においての研修で、(その頃世の中にはじめてグループウエアが紹介
された頃です)何度も何度も教育されました。

それは「距離と時間やその他の隔壁を越えたコラボレーション(協調作業)」

なんのこっちゃい!と思いました。(苦笑)
その後、実...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報