今後の日本スポーツの在り方は企業なくしてどのように展開されていくのだろうか???
ふと疑問に思いまくっているので、こんな無知なワタシに知恵を!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は、スポーツがプロ化すれば良いと思っています。


と言いますのも、日本のスポーツは、一部を除き、
その頂点が『実業団』と言う、企業のクラブ活動として
行なわれて来ました。プロ野球なども、プロとは名ばかりで
体勢自体は、実業団の、なんら変わりはありません。

私は、あくまでもスポーツチーム自体が、1つの企業として
成り立って行くのが理想だと思っています。
と言いますのも、私は元々、自転車レースの人間でして、
レースでは、自転車に限らず、自動車やバイクなどでも
『実業団』と言う存在は一般的ではありません。
自転車で実業団が存在するのは、日本と、それを真似した
韓国だけなのではないかと思います。それ以外では、
だいたい、個人がチームを作り、スポンサーを募って
資金援助を受けてレースに参加している状態です。
以前、日本とオランダに『Panasonic』と言う自転車
チームが存在しており、両方とも、同じ様なデザインの
ユニフォームを着ていました。ただ、違うのは、日本の
方は、選手全員が『パナソニック』の社員であり、
オランダの方は、とあるオランダ人の監督の個人チームに
パナソニックがメインスポンサーとしてついたものです。
数年後、パナソニックが撤退した時にどうなるかと言うと、
日本の実業団の方は、選手は引退して一般社員に戻るか、
他のチームに移籍するかの選択になってしまいますが、
オランダのプロチームは、監督が新しいスポンサーを
見つける事ができれば、チーム名だけが変わって、
同じ体勢のまま、レースを続ける事も可能です。
F1レースなんかだと、もっとチームの企業化が進んでいます。
例えメインスポンサーが『Marlboro』から『West』に
変わっても、マクラーレンはマクラーレンな訳です。
あくまでも、チームは1つの企業であり、選手も1つの
個人企業の様なものです。もし成績が悪ければ、いつ
契約を解除されるか判らない。そんなプレッシャーの
中で戦っている訳です。チームをクビになっても、
社員として会社に残れる、実業団とは違います。

まぁ、もちろん日本のプロスポーツでも、野球にしても
サッカーにしても、成績が悪ければクビになるのは
同じ事なんですが。
それにしても、サッカー選手なんかを見てると、スポンサー
に対する姿勢が、ぞんざいに感じてしまうのは私だけ?
自転車だと、アマチュアチームでも、もうちょっと
スポンサーに対する考え方について、厳しく仕込まれる
と思うんだけどなぁ。まぁ、チームにもよるんだろうけど。
    • good
    • 0

arc-kouさんのお答えにもありますように、企業のようなある程度資金力のある団体がバックに付かないと難しいですね。


ただ、その貢献の仕方は選択肢があると思います。
スポンサー(資金提供)であったり、施設提供であったり、その企業の生産物の提供であったり・・・

しかし、市民というかファンを取り込む形でないと、これからのアマチュア(?)スポーツが成り立たないのもまた事実でしょう。
ファンクラブのみならず、一株株主やファンクラブより強固なサポーターズクラブの編成を行なう必要性はあります。

そこまでいって、ようやく行政なんかのカネや施設の無償提供を少し期待できるということでしょうか。

バレーボールの新日鉄が、市民クラブの堺ブレイザーズになったり、状況はそっちへ進みつつありますが、前途多難、いかに話題作りとファンに貢献できるかを考えて、スポーツの新しい枠組みを考えなければいけないでしょうね。
    • good
    • 0

私の考えですが、


最低でも、資本となる企業のバックアップは必須でしょう。
いくら地域密着型なんてきれい事をいっても、地域住民で
運営できるほど、スポーツの世界は甘くないです。
サッカーにおいても、ヨーロッパの地域密着型を真似ようとしても
人気や知名度が違いすぎると思われます。地域密着型といっても
かなりのスポンサーがついています。
やはり、企業がいくつか集まり、スポンサーとしてつく形になるのでは?
企業なしではやっていけませんね。
県や市町村のお金では無理でしょう。

この回答への補足

早速回答ありがとうございます!!!

今後スポーツの在り方、存在の仕方についてのアレコレを自分なりに
まとめて、あるいはそれらを語っていくHPを作成していきたいので、
皆さんの御意見も参考にさせてもらいます。

また、参考になるURL等ありましたら教えてください。

補足日時:2001/03/07 01:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q試合会場がうるさいスポーツ・静かなスポーツ

例えばサッカーワールドカップなんかはすごい応援ですよね。
応援によってアウェイの選手はプレッシャーを受けたりして
サポーターは12人目の選手とか言われますよね。

私は卓球やバドミントンをやっております。
これらのスポーツってプレー中はあまり声をかける事は無いんです。
先日、試合で相手選手の応援が、ひどい大きな叫び声で
こちらはイライラしてしまいました。

時には皮肉の様な事を言う時もあり、内容的にはいい試合だった
のですが、勝った後でも後味がすごく悪かったです。
私の方からもう少し声を小さくしてもらえるよう2回も応援席にお願いした
のですが直らず、結局審判にも注意してもらったのですが
応援席は「関係ねーべや」とか言って最後まで声が納まる事はありませんでした。

後から考えてサッカーや野球のように絶えず大声で応援を
される種目もあるし、応援する人の権利だっていわれれば
そうなのかなあ?注意した私が悪かったのかな?
なんて思いましたがどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

サッカーや野球では、応援は、なくてはならないものになっています。応援がなかったら、何か物足りないかもしれません。しかし、あまり過激になってしまうと、問題が生じます。

韓国で行われたワールドカップサッカーの試合では、スタンド全体が、韓国のサポーターのユニフォームの色、一色で埋めつくされて、ちょっと異様な雰囲気を漂わせていました。相手チームのミスを喜んだり、相手チームのファインプレーにブーイングしたり、このような応援の仕方は、あまり感心できるものではありません。お互いに、相手に対する敬意を忘れてはいけないと思います。

また、日本代表が勝利した試合の後、川に飛び込んだり、木に登ったりして、大騒ぎするサポーターがテレビに映し出されていました。たまには、羽目を外すことも大事でしょうが、あまり加減を知らないようでは、少々問題があります。自分たちが楽しければいいという考えでは、周りの人は白けてしまいます。

Q20代スポーツ経験なし。おススメのスポーツは?

20代スポーツ経験なし。体力はないですが運動神経は悪くありません。最近、太ってしまい服がキツキツで格好もやばくなってしまいました。着れなくなる前に、なんとかダイエットしたいと思っています。
ただ痩せる為だけにすると言うのも格好悪いので、続けて趣味にしたいのですが、、何かおススメのスポーツはありませんか?
私は性格は飽きっぽく、準備に時間の掛かる物は嫌いです。けど、嵌れば苦になりません。あと嫌いな事はしないです。ワガママですがよろしくお願いします。

希望条件は、
月謝が5千円以下
道具に費用が掛からない物
プール以外です

Aベストアンサー

バランスボール。
なれたら部屋の中でテレビ見ながらでもできます。
多分数千円ですので、2か月分の月謝を考えればおつりがきます。
お近くのフィットネスクラブで講習会をやってることもあります。

Qよくスポーツ選手が スポーツネックレスを使用してるのを見ますが どのような効果がえられるのですか?

よくスポーツ選手が スポーツネックレスを使用してるのを見ますが どのような効果がえられるのですか?

Aベストアンサー

HP+100、MP+50、力+4、素早さ+2、体力+2、運+4

Qなぜ力士は何度も塩をまくのか?

 塩を無駄にするな!なにいったりきたりしとんねん!はよやらんかい!」と思っているホモサピエンスの一人なのですが、なぜああものんびりとしているのでしょう?競技全体時間を長引かせるための時間稼ぎなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。

先日、舞の海氏の講演会があり、そこでもやっぱりその話が出ました。

儀式としての意味合いはほかの方が書かれているので別の話を・・・

相撲って、NHKで中継していますよね?その中継は6時ジャストで終わらなければならない。少しの調整なら注目の取り組みのVTRなり、解説陣の話でつなげる、しかし、時間があまり過ぎると困る。というわけで、あの塩撒きの時間で調整していると言っていました。

つまり、競技時間全体を長引かるため、正解のようです。

Q相撲で塩をまくのはなぜ?

相撲で、塩をまくのは、なぜですか。
教えてください。

Aベストアンサー

相撲はもともと神事だったため、
取り組みの前に清めの塩がまかれます。
大一番の時などはより多くまかれたりするみたいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報