経済学専攻の中国人の彼女がいます。
日本語がかなり上手で、たぶん日本語能力は準1級もしくは2級相当程度だと思います。
日本語口語の会話にはかなり習熟していて、日本人の英語よりよほど自由に日本語で会話できます。

昨日、夏目の「こころ」を日本語で少し読んだけれど、あまりよくわからないと言ってました。
短編の日本語の本がいいと思いますが、なにがいいと思いますか?

条件
1:短編で比較的簡単なもの
2:青空文庫などネット上に落ちてるもの
この二つさえ満たせばいいです

彼氏としては、幸田文とか読ませたいんですけど、ネットにはないんですね;
梶井基次郎の檸檬なんかは日本語として難しすぎます。

ちなみに蛇足ですが、中国では、夏目漱石とか川端康成、三島由紀夫の翻訳があり、第三の新人は遠藤周作のみかろうじて中文のものがあります。村上春樹が中国で日文では人気なので、よく読まれています。
綿谷りさは出版されてます。楊逸はまだないです。
ほんとうは、こういううふうに中国で翻訳出版されているのがいいんですが、日本人の彼氏がいるから、なんとかなるかなwって思いました。

ということで、なにかいいものありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ハルキでなければ、ばななはどうですか。



よしもとばななさんは海外でよく読まれている作家の一人です。
(って英語みたいな言い回しですね)

もちろん青空文庫には入ってないはずですが(^_^;
文庫本で買えばそんなに高くないでしょう。
『不倫と南米』なんてどうでしょう。
短編集です。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E5%80%AB%E3%81 …
http://item.rakuten.co.jp/book/1582347/

南米にまつわる短編集ですが、登場人物は日本人。
日本の縁日のシーンが出てきます。
たこ焼きを買って食べる。
日本のカフェでデートするカップルも出てきます。
    • good
    • 0

日本人の若い女性が好んで読んでいるような著者のものを紹介してみてはどうでしょうか。


夏目漱石の小説で現代日本は分かりません。
    • good
    • 0

中島敦の「李陵」とか「山月記」はどうですか?


舞台が中国なので興味をもってもらえたり、中国でもよく知られている話を日本人が書くとこうなるのか、という比較もできるかもしれません。

幸田文ほどやわらかい文章ではないので、ちょっと難しすぎるでしょうか。
    • good
    • 0

青空文庫に、とありますが、著作権が切れているものなので古いです。


つまり文体が今の口語からは離れてきているので読みづらいです。

梶井基次郎だろうと夏目漱石だろうと、今の日本人の感覚からしても読みやすい文体とは思えません。

古本屋に行けば100円とかで本は手に入るので、もうちょっと新しいものを勧めてはいかがでしょうか?

あなたが読んで楽しいと思えるジャンルのものを勧めるべきだと思います。

女性なら、瀬尾まいこの本をお薦めします。「卵の緒」とか。
あ、これは100円ではないかも。

鉄板は、浅田次郎はどうですか?日本人ならじーんと来る話ばかりですが、中国人にも伝わると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の少女小説(川端康成、等)

今まで少女小説といえば、幼少の頃に読んだ
コバルト文庫、ビーンズ文庫などしか知りませんでした。
ですがWikipediaの"少女小説"の記述にて
>川端康成や吉川英治といった大家も少女小説を執筆しており
というのを見てそういう少女小説がぜひ読んでみたくなりました。

古典…とまでは言わないのかもしれませんが
大正や昭和といった時期に発表された少女小説で
ご存知のものがありましたらぜひ教えて下さい。

図書館や古書店で探して読もうかと思っているので
絶版になっていても構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吉屋信子の『花物語』
大正っぽい昭和初期のものだと思います。
子供のころ、母が古本屋で懐かしいと言って買ってきたもので、
すでに古色蒼然としていましたが、
いわゆる少女小説らしい作品だと思います。

Q日本語学習してる外国人にお勧め短編小説

お世話になります。タイトル通りですが、日本語力がかなりあり(日本語検定1級以上)、女性主人公ものの短編小説を探しています。
短編以外だと、少し読書では難しいのと、飽きてまいそうなのでという事です。なにか、お勧めがありましたら何でもよいので教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

 現在、活躍している女性作家の短編集でお勧めの作品をいくつか。

○よしもとばなな『デッドエンドの思い出』(文春文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E6%80%9D%E3%81%84%E5%87%BA-%E3%82%88%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%A8-%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%81%AA/dp/4167667029/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175960658&sr=1-1

○田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%81%A8%E8%99%8E%E3%81%A8%E9%AD%9A%E3%81%9F%E3%81%A1-%E7%94%B0%E8%BE%BA-%E8%81%96%E5%AD%90/dp/4041314186/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175961625&sr=1-1

○江國香織『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(集英社文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E6%B3%B3%E3%81%90%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%80%81%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%81%A7%E3%82%82%E9%81%A9%E5%88%87%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93-%E6%B1%9F%E5%9C%8B-%E9%A6%99%E7%B9%94/dp/4087477851/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175961702&sr=1-1

○柴崎友香『きょうのできごと』(河出文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%94%E3%81%A8-%E6%9F%B4%E5%B4%8E%E5%8F%8B%E9%A6%99/dp/4309407110/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175962021&sr=1-1

○角田光代『空中庭園』(文春文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%BA%AD%E5%9C%92-%E8%A7%92%E7%94%B0-%E5%85%89%E4%BB%A3/dp/4167672030/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175962812&sr=1-1

○夏石鈴子『バイブを買いに』
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%92%E8%B2%B7%E3%81%84%E3%81%AB-%E5%A4%8F%E7%9F%B3-%E9%88%B4%E5%AD%90/dp/4043604017/ref=sr_1_3/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175962923&sr=1-3

○平安寿子『素晴らしい一日』(文春文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E4%B8%80%E6%97%A5-%E5%B9%B3-%E5%AE%89%E5%AF%BF%E5%AD%90/dp/4167679310/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175963222&sr=1-1

○山本文緒『プラナリア』(文春文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%96%87%E7%B7%92/dp/4167708019/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175963351&sr=1-1

○森絵都『アーモンド入りチョコレートのワルツ』(角川文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%84-%E6%A3%AE-%E7%B5%B5%E9%83%BD/dp/4043791011/ref=sr_1_4/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175963709&sr=1-4

○恩田陸『図書室の海』(新潮文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E5%AE%A4%E3%81%AE%E6%B5%B7-%E6%81%A9%E7%94%B0-%E9%99%B8/dp/4101234167/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175964302&sr=1-1

 現在、活躍している女性作家の短編集でお勧めの作品をいくつか。

○よしもとばなな『デッドエンドの思い出』(文春文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E6%80%9D%E3%81%84%E5%87%BA-%E3%82%88%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%A8-%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%81%AA/dp/4167667029/ref=sr_1_1/503-1966748-3540708?ie=UTF8&s=books&qid=1175960658&sr=1-1

○田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%8...続きを読む

Qこの本の日本語訳は出版されているでしょうか?(あるいはこんな本を探しています)

A・E・ヴァン・ヴォクト著
「The War Against the Rull」
原作は1957年(か1959年:出典により記載が異なってます)の
作品ですが、’70年には、まだ翻訳されていなかったようです。
(・・・手持ちの書籍より)

知っている内容をいうと
1.ラル族(人)と人類の戦争
2.ラル族も宇宙船を持っているようです。
3.ある章で、エズオル(違う名前かもしれませんが)と
 呼ばれる人間の思考を読める猛獣がでてくる。
 この猛獣はカーソン惑星の出身。
(「第二の解決法」という短編を利用しているようです。)
くらいです。

Aベストアンサー

「The War Against the Rull」という作品集は出版されていないようですが、収録作品の殆どは翻訳されたことがあります。

A・E・ヴァン・ヴォクト邦訳作品
http://www.lares.dti.ne.jp/~hisadome/vogt.html

翻訳作品集成 A・E・ヴァン・ヴォクト
http://homepage1.nifty.com/ta/sfv/vanvogt.htm

Q夏目漱石の心を読んだ方

夏目漱石の心を読んだんですけど最後のKの自殺の直接の原因がよくわかりません。Kの自殺の経緯は“先生”の独白なので始めは恋愛が原因だと思ったのですがなんだかそれは本当ではないような気がしてきました。 なんでもいいので皆さんが考える原因を教えてください。もしよければその理由も教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。最近学校で習いました。
原因は↓のようなことらしいです。ちょっとまとめてみました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Kは、作品中に頻出する『道への精進』というものを大事に生きてきた人です。
道への精進』を大切にするということが、過去のKの生き方であり、これからのKの人生の目標なのです。
ですが、その『道』に反する『お嬢さんへの恋』をしてしまったKは、
 過去の自分や自分の理想 と お嬢さんへの恋 との両方を捨てることができず
自殺という行為により、道に反した自分に決着をつけたのです。

遺書については、
「先生にとられた」というより
先生のことを「お互い似た環境(家族と断絶)にいて
お互いの性質をよく知る友達」という思いの方が強かったし、
しかも、頼れる人が他にいない(他に友達もなく家族とも断絶)ので、
本当に自分が死んだ後のことを頼みたかったのです。
それに加えて、恋愛のことを言わなかったのは、
自分のことで、先生に苦しい思いをさせたくなかったからです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

長々と書きましたが、参考になればとおもいます(^^)

こんにちは。最近学校で習いました。
原因は↓のようなことらしいです。ちょっとまとめてみました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Kは、作品中に頻出する『道への精進』というものを大事に生きてきた人です。
道への精進』を大切にするということが、過去のKの生き方であり、これからのKの人生の目標なのです。
ですが、その『道』に反する『お嬢さんへの恋』をしてしまったKは、
 過去の自分や自分の理想 と お嬢さんへの恋 との両方を捨てることができず
自殺という行為により、道に反した自分に決着をつけたので...続きを読む

Q日本もしくは海外の心に残る短編を教えてください

短編もしくは超短編とよばれる作品で<表現方法><構想><タイトル>等、心にくい込む作品を教えてください。
できれば日本のものがいいのですが、海外のものでも参考になるのでしたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087201651/250-8916169-3988255
阿刀田高さんが書いた「短編小説のレシピ」という本があります。
なかなか面白そうですよ。

私としては、「松本清張」をおススメします。
http://www.timebooktown.jp/Service/clubs/00000000/collection7.asp


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報