近頃、遠藤周作氏の作品群を貪るように読んでおります。
氏の作品は、深い河の大津に代表されるように、神の教えに従い生きる人間が、(世間の人々の価値観では)報われずに死んでいくという結末が非常に多いです。これは、キリシタンで、苦悩の中死んでいった氏の母を投影したものとも考えられます。
他方、神により救われる、といった結末が描かれた作品はあるのでしょうか?一読のため、ご存知の方いらしたら、ぜひお教え下さいませ。

A 回答 (1件)

そう意味での作品なら、


遠藤周作以外で、曽野綾子、武者小路実篤はどうですか。
曽野綾子はクリスチャン。武者小路は後年、「新しき村」を創設しました。「この道より吾を生かす道なし、この道を行く」といった言葉見たことないですか。
神の存在を信じようと信じまいと一度は読んで損はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼遅れまして、申し訳ございません。武者小路実篤、非常に興味があります。物思いに耽る一冊と出会えることが、非常に楽しみです。

お礼日時:2009/04/15 19:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遠藤周作さんの作品は、いつごろ青空文庫で読めるようになりますか。

遠藤周作さんの作品は、いつごろ青空文庫で読めるようになりますか。

Aベストアンサー

青空文庫に収められている作品は、著作権の保護が終了した作品です。
日本では小説の著作権は作者の死後50年間保護されます。
遠藤周作さんは1996年9月29日に亡くなられていますので、その50年後の2046年9月29日まで著作権が保護され、それ以降に青空文庫で公開できるようになります。

参考までに、ウィキペディアでの関連項目ページを下記します。

遠藤周作:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E8%97%A4%E5%91%A8%E4%BD%9C

青空文庫:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E7%A9%BA%E6%96%87%E5%BA%AB

著作権の保護期間:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E3%81%AE%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%9C%9F%E9%96%93

Q遠藤周作の『沈黙』

この小説にはいろいろな動物や昆虫がでてきます。
例えば、カラス、鳥、鶏、馬、犬、猫、ラクダ、セミ、ハエなど
この動物はただたんに登場しているのではなく、遠藤さんが
意図して登場させ、二重三重の意味を表していると聞きました。
だけど、何度読んでもその登場させる意味がわかりません。
この動物達の登場させた遠藤さんの意図を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私自身は「沈黙」を読んでいないのですが、兼子盾夫という方が書いた「遠藤周作の世界 シンボルとメタファー」によりますと、キリスト教図像学における象徴として以下が挙げられるようです。
魚→イエスキリスト、鳩→聖霊、蝿→悪魔的な行為(罪)を伝播する、蛇→悪魔、龍→悪の象徴・サタン、トカゲ→悪又は悪魔、犬→用心と忠実、ネズミ→悪、雄鶏→警戒と用心(鶏鳴は悔恨)、かえる→悪・異教徒、蝶→復活、蝉→復活、貝→洗礼・聖母マリア、ホタテ→使徒性ヤコブ、白百合→純潔・処女性、ポプラ→十字架、オリーブの枝→平和・和解、イチジク→現在・肉欲、リンゴ→現在、イチゴ→心正しき人・聖母マリア、瓢箪→リンゴと一緒なら復活、光→キリストの神聖、雲→紙の乗り物、風→神の息・聖霊
 
 また他にも幾つかの暗喩があるようです。
黒ずんで沈黙する海→「神の沈黙」の暗喩
キチジローの分かり難さ→「隠れキリシタン」の暗喩
「日本という沼地」→「多神教的風土」の暗喩

 色はキリスト教的に色々な暗喩があります。↓に載っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E7%A5%AD%E6%9C%8D
 兼子さんは横浜女子短大の教授をされていて、遠藤周作研究会、三田文学会、周作クラブの会員だそうです。上に挙げた内容は大学で発表された論文を1つにまとめた物だそうです。必ずしも遠藤さんと一致しないかもしれませんが、研究者の本ですのでかなり近いと思います。尚↓に本の詳細を挙げておきます。他にも「海と毒薬」「深い河」などが載っています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31946012

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。私自身は「沈黙」を読んでいないのですが、兼子盾夫という方が書いた「遠藤周作の世界 シンボルとメタファー」によりますと、キリスト教図像学における象徴として以下が挙げられるようです。
魚→イエスキリスト、鳩→聖霊、蝿→悪魔的な行為(罪)を伝播する、蛇→悪魔、龍→悪の象徴・サタン、トカゲ→悪又は悪魔、犬→用心と忠実、ネズミ→悪、雄鶏→警戒と用心(鶏鳴は悔恨)、かえる→悪・異教徒、蝶→復活、蝉→復活、貝→洗礼・聖母マリア、ホタテ→使徒性ヤコブ、白百合→純潔・処女性、ポプラ→十字架、オ...続きを読む

Qジャック・ヒギンズ氏の作品で、リーアム・デヴリンが登場する作品を全て読

ジャック・ヒギンズ氏の作品で、リーアム・デヴリンが登場する作品を全て読みたいです。教えてください。よろしくお願いします。ショーン・デイロンシリーズは、読み終わりました。鷲は舞い降りた・飛び立った以外の作品をお願い致します。

Aベストアンサー

かなり古いので新刊で入手できるかどうかはわかりませんが・・・

「テロリストに薔薇を」ハヤカワ文庫1991年発行。
「黒の狙撃者」ハヤカワ文庫1992年発行。

古本でいいなら結構安く売られてるので入手は容易です。

Q西村京太郎氏、赤川次郎氏の作品で

外国が舞台となっている作品を教えてください。
以下のものは既読です。
西村氏 オリエント急行を追え
    パリ東京殺人ルート
赤川氏 三姉妹探偵団9,10(ドイツが舞台だったような気がする)

Aベストアンサー

「韓国新幹線を追え 」
西村京太郎
十津川警部と亀さんのお話しです。

Q西村京太郎氏の作品で・・・。

こんにちは。
西村京太郎氏の作品で、
「何か日本の伝統文化の類(おそらく、能)を演じる日本人青年ともう一人日本人青年が登場し、アフリカかどこかの国の砂漠で、広大であらあらしい自然をまえに繊細な日本文化をどのように表現するかに悩むが、最終的に答えを見つけ砂漠の中で能を演じる場面で終わる(確か)」
このような作品をどなたかご存じないでしょうか?あいまいな点が非常に多く、また表現が乏しくまことにすみません。

Aベストアンサー

「太陽と砂」という作品ではないでしょうか・・・

参考URL:http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1822772


人気Q&Aランキング

おすすめ情報