AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

 磁石のN極を上向きに床面に敷きます。
 また別に、箱の底に磁石のN極を下向きに設置します。
 床面の上に、その箱をおろして、下からはもちろん、横や上からの支えなしに、床から(たとえ数cmでもいいから)浮いている状態を作りたいのです。
 実験材料として、ホームセンターで販売している丸ボタン型の磁石の同じものを多数購入しました。磁石は直径2cm:平らな面が磁極。フェライトだと思いますが材質はよくわかりません。磁力は手の甲に載せた磁石と手のひらにある磁石がなんとか引き寄せられて落ちない程度です。
 方法として、床面にテープで無理矢理近接させて並べて貼り付けました。一方様々な形、大きさの磁石をその上に同じ磁極が向き合うようにして、磁石がひっくり返らないように箱の底面にテープで貼り付け、置いてみようとしたところ、外に逃げたり、床の磁石と磁石の間に引き寄せられてしまったりと、うまくいきません。床面の磁石の並べ方を円状に並べてみたり、くっつけて並べてみましたが、同様にうまくいきません。
 なんとか浮いた状態で安定させたいのですが、いい方法、アドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。
 場合によって、床面はかごのような形でもかまいません。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アーンショーの定理は磁場そのものの性質に起しているので、単に磁石の配置を工夫しても解決しないと思います。

(反磁性体を使えばできますが)

磁気浮上を研究している人は結構沢山います。アーンショーの定理と磁気浮上に関しては参考URL(英語)が詳しいです。

実際は、U-CASのようにあっと驚くアイデアで磁気浮上を実現することもできているわけですから、新しい方法を考えることは有意義だと思いますが、磁石の配置方法以外のプラスアルファが必要ですね。

参考URL:http://www-hfml.sci.kun.nl/levitation-possible.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答に対して、お返事が遅くなって申し訳ございません。
 U-CASの解説URLも探して読んでみました。絶妙なバランスで浮いているようですが、遠心力でつり合いを取っているので、半永久的は無理なようですね。
 教えていただいたURLも読んでみました。磁界のくぼみの位置を認識して、磁力の強さを絶妙に釣り合うようにコントロールでき、離れそうなら磁力を強くして、近づこうとするなら磁力を弱くコントロールするセンサーとプログラムが可能なシステムにするか、U-CASの原理の逆で、床面の磁石を常に回転させるか、振動を常に起こすようにしないとできないということがよくわかりました。
 単純に何のエネルギーも与えずに、静的に浮かすことはできないのですね。
 よくわかりました。あきらめます。ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/05 18:24

いえ,結局ちゃんと浮かせることは出来ませんでした.


遊びでしたので,それ以上追求することはしなかったです.
遊びなりに余った磁石で工夫をしてはみたのですが,
アーンショーの定理と言うものがあるのですか・・・
では単純に#2程度では無理なのかも...
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 どうもありがとうございます。
 磁力を可変してバランスを調節するか、なんらかの方法で磁石を常に動かすかしてバランスを調節しないと無理なようです。
 そういえば、昔、どこかのメーカーで「浮く地球儀」なるものが販売されていたことを思い出しました。現在インターネットで探してみましたが見つからないので原理がわからないのですが、北極・南極の延長線上の枠上下にそれぞれ磁石が付いていて、地球儀にも磁石が極方向についていた様に思います。たしかコンセントが付いていたので電磁石を利用して外に逃げないようにバランスを取っていたのかなと思いますが、結構高度な装置が必要なようです。どなたかご存じの方いますかね。
 First_Noelさんのお礼の欄をお借りして、ご回答いただいたみなさんにお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/03/05 18:39

しばらく前にはやった「U-CAS」というおもちゃのように回転させたり、反磁性体を使わない限り、必ず浮かせようとする磁石がひっくり返ってしまうはずです。



実は、何の支えも無く磁石(強磁性体、一般には常磁性体)を安定に空間に浮かせることは不可能であることが証明されています。(アーンショーの定理)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ガーン!アイデアが不可能なものだったということを教えて下さり、ありがとうございました。ウ・ウ・ゥ
 そうなんです。浮かせようとする磁石を上から押さえつけても、ひっくり返ろうとするか、逃げて落ちてしまうのです。 
 ところで、アーンショーの定理というものでは、一組の、相、対する磁性体について適用されるのでしょうか。面に固定された複数(組)の磁性体についても適用されるのでしょうか。
 ご回答いただいた内容からすると、仮に、浮かせようとする物体がある程度大きく、物体の底一面に並べて貼り付けた磁石であっても、床面の磁石と反発してひっくり返ろうとして物体が逆さ・もしくは横向きに落ちてしまうのでしょうか。

お礼日時:2003/03/01 16:46

私は学生時代,カスプ磁場を作るのにSmCo(サマリウム・コバルト,サマコバ)磁石を


使ったことがありますが,ついでにちょっと遊んでみたことがあります.

1.回転対称とする.出来れば底は円(に近い形)にすると良いでしょう.
2.例えば内側をフェライト磁石,外側をサマコバ磁石とかにする.
  外側に強い磁石を使うことで,等磁位の形状をお椀のように中心程低くする.

サマコバは大量に業者から仕入れると,1cm×1cm×2cmの直方体で
1個500円位ですが,ハンズ等で買うと700円から1000円くらいするかも知れません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> ついでにちょっと遊んでみたことがあります
 First_Noelさんは、実際に浮かせてみたことがあるのでしょうか?
 もし浮かせられるのであれば、私も何とかやってみたく思います。
 希望を下さり、ありがとうございます。
 First_Noelさんのお話だと、外側の強い磁束密度の磁力線で外に逃げるのを防ぎ、中心部の弱い磁束密度の磁力線で反発させて浮かせるイメージ(下図)ことでよいのでしょうか。同じ磁束密度のものを使ったので上の磁石が逃げてしまったのでしょうか。
        磁石
←↑→   ←↓↓→  ←↑→
 ↑↑      ↓     ↑↑
←↑↑→ ← ↑ → ←↑↑→
↑↑↑↑ ↑ ↑ ↑ ↑↑↑↑
強磁性体 弱磁性体 強磁性体 
図 側面から見た磁性体の磁力線イメージ

 ただ、磁力線は、一方の磁極から対する方の磁極に向かって流れるので、磁石を密に並べないと、磁石の間の下がる磁力線に引っ張られて落ちてしまいそうです。
 実験してみます。
 ありがとうございました。
     

お礼日時:2003/03/01 17:06

一番簡単なのはドーナツ上の磁石数個と、その穴に通るくらいの棒を用意し、


同極を合わせた形で棒に入れることでしょうか?
上の箱の4隅にその棒が通るくらいの穴をあけて、下の箱側と上の箱のそこに
ドーナツ上の磁石を向き合わせておけば、反発力で箱は浮くと思います。

ただの平面ではズレたときに磁力の弱さや、反対の極からの磁力によって
くっつく事があるので、横方向にズレないように支えが必要だと思います。

薄っぺらいシールのような磁石がいっぱいある場合なら、
頂点と上に向けた三角柱の上面2枚に上方向をN極としてレール上のものを作り
上に載せる台車として、ヘの字の形をしたもので、内側にN極がくるように磁石を
貼り付ければ、リニアモーターカーのように反発力で浮上する模型は完成するでしょう。

図: /\
  /\/ 台車とするもの
  ↓↓  磁力の向き

  ↑↑  磁力の向き
  /\/
 | |/

この回答への補足

なんど工夫してやってもできませんでした。
他の方の回答では難しいようです。
ありがとうございました。

補足日時:2003/03/05 18:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速の回答をありがとうございます。
 リング磁石を棒に刺して反発力で浮かす方法は、別の模型として応用してます。
 なお、今回は、支えなしの物を作りたいのです。
 下記案ですと、上に載せる台車の重さと磁石の磁力とを絶妙なバランスでそろえないといけないので、ちょっと大変そうです。また、お椀を床面にしてボールで試してみましたが、ひねって落下してしまいました。ボタン磁石だからかもしれません。この方法もそんな気がしますが、取り急ぎ実験してみます。シート状の磁石は持ってますが、メモ貼り付け用の磁力の弱い物しかないので、大きい方形の磁石を並べてやってみます。後日ご報告いたします。

お礼日時:2003/02/28 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強力な電磁石の簡単な作り方

普通の磁石と同程度の磁力を持った電磁石の作り方を教えて下さい。
あるいは方法を紹介しているURLを教えて下さい。
材料はホームセンターで簡単に手に入るものに限定します。
電磁石を使ってアラゴーの円盤(電磁誘導)を実現するのが目的です。
(ネットで色々調べ、電池一個で強力な磁力を発生させているものも見かけましたが、
形状・サイズなど都合の良い材料がなかなか見つかりません。)

Aベストアンサー

(実験した事はありませんので、おそらく最大になるだろうという考察です)

まず、コイルは内径が大きく、外径が小さいほど良いです。
次に、コイルの幅は狭い方が良いです。
電流はたくさん流れる方が良いです。
巻き数は多いほうが良いです。

つまり、層は少ない方が良いが、巻き数は多い方が良いので相反しています。適度な巻き方を探す必要はあります。
次に、電池(電源)の内部抵抗と同じ抵抗のコイルを作る必要があります。(その時電力が最大になります)
電池だと直流のため、導線の抵抗値のみを考えればいい事になります。(コイルのインダクタンスは無視できる)
導線の抵抗値が1m辺り何オームなのかを測り、電源の内部抵抗を調べ、同じ抵抗値になる長さを切り出します。
なるべくコンパクトに巻きます。

次に鉄心です。
棒状の鉄心よりはE型のような形状の鉄心の方が磁束が逃げにくいため強力になると思われます。
Eの内側中棒にぎゅうぎゅうになるようにコイルを巻いた時が最大になると思います。

以上より、
1.途中までねじがきってある太目の鉄製のボルトにコイルをぎちぎちに巻きます。
2.鉄のお猪口(状のもの)の中心に先ほどのボルトがしまるねじをきります。(出来れば1のコイルの太さにぴったりの内径)
3.1と2をくっつけます。
コレで最大になるんじゃないかと思います。

無理ならコの字型の鉄材の真ん中にねじを切り、鉄心もダイスでねじをきり、コイルを巻いて取り付けます。
コの字の鉄材はレールのようなものをカット、鉄心は鉄の棒をカットすれば良いと思います。

電磁石をON,OFFするのなら鉄は焼き戻す作業が必要になります。
コレをしないと鉄が磁石になってしまいます。

棒状の磁石なら、コイルを端に巻く事が重要になると思います。
がんばってください。

参考URL:http://www.osaka-c.ed.jp/sog/kankoubutu16/kenkyuu16/pdf/b01/2.pdf

(実験した事はありませんので、おそらく最大になるだろうという考察です)

まず、コイルは内径が大きく、外径が小さいほど良いです。
次に、コイルの幅は狭い方が良いです。
電流はたくさん流れる方が良いです。
巻き数は多いほうが良いです。

つまり、層は少ない方が良いが、巻き数は多い方が良いので相反しています。適度な巻き方を探す必要はあります。
次に、電池(電源)の内部抵抗と同じ抵抗のコイルを作る必要があります。(その時電力が最大になります)
電池だと直流のため、導線の抵抗値の...続きを読む

Q解説いただけませんか「永久磁石で磁性体浮上」

「永久磁石で磁性体浮上」というニュースが数日前に流れました。
でもどうしてもよくわかりません。報道によれば、
「物理学では、磁性体(鉄など)は永久磁石にくっつくか、反発して離れ落ちると考えるのが常識で、発見者の名を取り「アーンショウの定理」とされる。村上教授は「一見単純だが磁気の根本定理を覆し得る画期的な発見」と指摘する。」
とあります。
 素人なので恐縮なのですが、単純に、鉄球の重さと、磁力との釣り合いで浮いているのではないのでしょうか。
 すみません。よろしくお願いします。

引用ニュースURL:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031225-00000001-khk-toh

Aベストアンサー

重力も磁力も、近づけば近づくほど強くなっていくということが重要です。

(ここでは縦書きが書きにくいので、時々、首を右に傾けて見てください)

鉄球が地面にある場合を、

下:地面←(重力)←← 鉄球               :上

という状態で示します。

鉄球の上、10cmの所に磁石を持ってきます。

下:地面←(重力)←← 鉄球    →(磁力)→  磁石  :上

重力(←)の方が大きいので、鉄球は動きません、

磁石を鉄球に近づけ、磁力を増します。

下:地面←(重力)←←鉄球  →→(磁力)→ 磁石     :上

重力と磁力が釣り合いましたが、鉄球は動きませんので、地面と接触したままです。

ほんのわずか、磁石を鉄球に近づけます。

下:地面←(重力)←← 鉄球→→→(磁力)→磁石      :上

磁力(→)の方が強くなったので、鉄球は地面を離れ、磁石に引き寄せられます。
すると、磁石と鉄球の距離はさらに短くなり、磁力はさらに強くなります。

下:地面←(重力)←←   鉄球→→→→→磁石      :上

鉄球が磁石にどんどん近づくにつれて、磁力もどんどん大きくなり、ついには磁石と鉄球がくっついてしまいます。

人間は、「力の釣り合い」を考えるとき、ついつい、バネのようなもの(遠い方が力が強い)を考えてしまうので、「釣り合う点がある」と思ってしまいます。

しかし、重力や磁力は、近づけば近づくほど強くなるので、「下り坂のようなもの」と考える方が良いのです。
鉄球を、重力と磁力の釣り合う点に置くというのは、下の図のように、非常に鋭くとがった山の上に丸い物を置くようなもので、不可能に近いのです。
(下の図は、MSゴシックのような等幅フォントで、首を横にしないで見てください。)

      鉄球
      /\
 重力坂 /  \ 磁力坂
    /    \
   /      \
 地球        磁力

参考URLで見ると、問題のニュースは、どちらかというと、
「強い磁石で引きつけ、弱い磁石で反発させて、鉄球を浮かせたもの」で、私には、「重力は関係ない」ように思われます。

アーンショウの定理を知っているわけではありませんが、「1つの磁石」に限定した話ではないでしょうか。
複数の磁石を使っていいのであれば、どうということは無い現象のように思えます。

(どこまでご理解頂けたのか、他の方の回答も含めて、何らかのお礼か補足をいただけるとありがたいのですが)

参考URL:http://www.iwate-np.co.jp/news/y2003/m12/d25/NippoNews_9.html

重力も磁力も、近づけば近づくほど強くなっていくということが重要です。

(ここでは縦書きが書きにくいので、時々、首を右に傾けて見てください)

鉄球が地面にある場合を、

下:地面←(重力)←← 鉄球               :上

という状態で示します。

鉄球の上、10cmの所に磁石を持ってきます。

下:地面←(重力)←← 鉄球    →(磁力)→  磁石  :上

重力(←)の方が大きいので、鉄球は動きません、

磁石を鉄球に近づけ、磁力を増します。

下:地面←(重力)←←鉄球...続きを読む

Q浮遊レビトロン、ファンタジーユニバース、そして、、

浮遊おもちゃってワクワクします。

上下に磁石があり、その間に浮く地球儀もありますが、なんと言っても土台のみがあって、その上に
浮くものは、不思議感が倍増します。

20年程まえに見つけたレビトロン。(下記URLは最近の商品)
http://homepage3.nifty.com/kusudadb/kyozai/levitron/levitronzero.htm
磁石の入った土台と、磁石のコマ。土台中央のある高さの位置に安定な点ができるように磁石が
配置されていると推測しますが、磁石はN,S両極あるので、一方の向きで磁石の反発力と重力が
釣り合ったとしても、すぐにひっくりかえって、土台にくっ付いてしまいます。その姿勢をコマを回転
させることにより安定させるというのが、原理と理解してます。
強力磁石の土台の上で磁石のコマをひっくり返らないように回すコツ、コマの重さ、土台の水平度
の厳密な調整、うまく浮遊させるにはかなり苦労しましたが、空中浮遊の難しさを学びました。

ところが、最近見つけたファンタジーユニバース。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/trend_tamago/tt_199.html
これは、回せば回りますが、止まっていてもひっくり返りません。上記URLの動画で簡単な説明も
ありますが、簡単過ぎて原理がわかりません。レビトロンであんなに苦労したのに何故?と思います。
本商品も安定位置を探すのに少し苦労しますが。

そして、上記URLを探す過程で見つけたLevitation Arts。
http://www.levitationarts.com./
これは何でしょう!? 安定点探すのも全然テキトウそうですし、動画の後の方では、土台を垂直に
しても落ちません!

これらの原理について、教えて頂ける方、お願い致します。
以上

浮遊おもちゃってワクワクします。

上下に磁石があり、その間に浮く地球儀もありますが、なんと言っても土台のみがあって、その上に
浮くものは、不思議感が倍増します。

20年程まえに見つけたレビトロン。(下記URLは最近の商品)
http://homepage3.nifty.com/kusudadb/kyozai/levitron/levitronzero.htm
磁石の入った土台と、磁石のコマ。土台中央のある高さの位置に安定な点ができるように磁石が
配置されていると推測しますが、磁石はN,S両極あるので、一方の向きで磁石の反発力と重力が
釣り合ったとしても、...続きを読む

Aベストアンサー

動画見ました。わくわくしますね。

動画内の説明でもありましたが、
センサーで上に浮かせている物体の位置を読み取って、
仕込まれている電磁石の強弱を変化させているのだと思います。

おおよそ制御は
http://www.youtube.com/watch?v=uERF6D37E_o&feature=related
の様な感じでしょうか。
上記の場合、アクチュエータでプレートを傾けてますが、
ファンタジーユニバースの場合は、電磁石を使っていると。

あとは、センサーですが・・・
正直分かりません。
光センサーが一番簡単なはずですが、手に反応するはずですし・・・
あとは、磁力の変化ですかね~

Q磁気を遮断するもの

10mmくらいの間隔を置いて磁石が固定されており、お互いに引っ張りあっているものの間に、何かの物質により磁力を遮断することは可能でしょうか。
その磁力を遮断する物質は何でしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

磁石の磁極は2種類(N極とS極)あり異種の磁極が引き合い、同種の磁極は反発しあいます。
また、一個の磁石は、必ずこの両極を持っています。

いま2個の磁石があり互いに引き合っているのですから、一つの磁石のN極と、もう一つの磁石のS極が引き合っていると思います。

一般に磁気を遮蔽するには、No.1,3の方の回答にありますように普通は透磁率の高い(磁石で付きやすい)金属を使うのですが、これは磁石が1個のときに、その磁石のN極の磁気とS極の磁気とを通りやすい物質でつないで、外に出ないように封じ込めます。
ところが、今回は磁石が2個なので、引き合っている間に透磁率の高い物質を入れると、それぞれの磁気がこの磁石で付きやすい物質を引きますので、遮断できないと思います。

>お互いの磁力が作用しなくなりそれぞれの糸がたるみ、磁石が落ちる。といった構造にしたいのですが。
このような作用をさせたいとすると、遮蔽する考えでなくて反発させるのが良いと思います。
つまり、シート状で両面が極になっている磁石を使用します。
2個の磁石の間にN極にはN極が、S極にはS極が向くように入れます。
これで、2個の磁石は、同極に相対しますから反発されるので落ちると思います。

もし馬蹄形の磁石でしたら、少し複雑になりますが、このシート状の磁石を2枚使って、それぞれの足で逆な極性にすることになりますね。

磁石の磁極は2種類(N極とS極)あり異種の磁極が引き合い、同種の磁極は反発しあいます。
また、一個の磁石は、必ずこの両極を持っています。

いま2個の磁石があり互いに引き合っているのですから、一つの磁石のN極と、もう一つの磁石のS極が引き合っていると思います。

一般に磁気を遮蔽するには、No.1,3の方の回答にありますように普通は透磁率の高い(磁石で付きやすい)金属を使うのですが、これは磁石が1個のときに、その磁石のN極の磁気とS極の磁気とを通りやすい物質でつないで、外に出な...続きを読む

Qリング状の磁石のN極とS極はどこ?

棒状の磁石のN極S極ははじっこですよね。U字型の磁石も切れ端の所が
N極S極ですよね。じゃあリング状の磁石の場合はどうなるんだろう?
と考えてみてもわかりません。教えてください。
よければT字型、X字型、H字型とかについても教えてください。

Aベストアンサー

丸い磁石は、円柱のどちらかの面がN極、反対側の面が
S極になります。

磁石の中で無数の原子磁石が整列し、全体として磁石になっています。磁石の中央部では各原子磁石のN極とS極が打ち消し合い磁極は表れませんが、磁石の端では、打ち消し合うことができなため、磁極が表れます。
ドーナツのように丸い場合には端も丸いので磁極は無くなります。

Q磁石でリニアモーターカー!!

小学生ですが、磁石でリニアモーターカーの様なものを作ろうと思います。しかし、磁力が弱くてうまくいきません。どうすればうまくいきますか?ちなみに、磁石に電流を流したら、どうなりますか?

Aベストアンサー

リニアモーターとは、浮上することではありません。
回る部分がないモーターのことです。
走るものには普通の車輪があればよく、それを動かすモーターに回転部分がなければ、それで「リニヤモーターカー」なのです。
英語で「リニヤ」は「直線」の意味ですから、「直線状のモーター」ということです。

プロペラを回して進むのでは、それはリニヤモーターカーではありません。
大きな間違いです。

東京や大阪をはじめ、神戸や福岡など全国各地で、この「車輪式リニヤモーター地下鉄」が走っています。

小学生にはちょっとむつかしいかもしれませんが、幼児のころに遊んだ自動車か電車のおもちゃを出してきて、車体の裏に永久磁石を両面テープではります。

つぎに、エナメル線と乾電池で電磁石を作ります。
同じものを 5つか10個ほど作り、机の上にまっすぐ並べ、その上にボール紙で線路を造ります。

電磁石のスイッチを、端っこから順に入れてすぐ切れば、車体がスイッチの入り切りに合わせて動くはずです。

これが「リニアモーター」の原理です。

Q磁石の吸着力が強いほど、磁石同士の反発力も強い?

 (ネオジム)磁石の吸着力が強いほど、磁石同士の反発力が強いと考えて差し支えないのでしょうか?

 電磁石とネオジム磁石の磁力(反発力)を利用した雑貨を企画しています。
 できる限り低コストで強い反発力を得られる磁石はどの形状、厚みなのだろうかと頭を悩ませていたところ、ネオジムキャップは磁石の価格1円当たりの磁力が通常のネオジム磁石よるずば抜けていることがわかりました。(調べてみたらヨークというようですね。)

 そこで疑問が生じました。単純に磁力が大きい磁石は、反発力も同様に大きくなると考えてもよろしいのでしょうか。

Aベストアンサー

ネオジウムキャップはNS極の間の上の少しの距離しか強力な磁力は発生しません。
http://www.26magnet.co.jp/webshop/cart.php?FORM_mode=view_goods_detail&FORM_goods_id=CNR02
ここでイメージ図の磁力線が書いてある部分だけで強力な磁力が発生します。

間に板があって、コイルで反発力を発生させようという方法はネオジウムキャップの有効な使い方にはなりません。
電磁石コイルを使うのであれば、ネオジウムキャップのNS極と同じ直径になるような鉄心キャップを製作して非常に近距離になるように板に埋め込むような設計にしないと性能は発揮できません。
強力な磁気力が必要な場合は、磁力線、磁気回路をある程度勉強して製作しないと期待通りの結果は得ることができません。
磁気回路に付いて、知識のある人に相談されることをお勧めします。

Q磁石の作り方

電気の授業で電磁石の話の時にふと思ったのですが
磁石って何から出来ていてどうやって作られているんですか?
なんでN極とS極があるんですかねえ@
変な質問してしまってすみません。
もしとっても優しい方がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

磁石は、フェライト、アルニコ、ネオジウム、サマコバ、希土類など
色々な磁性体(を混合して)を鋳造したり焼結して作られています。

しかし、不対電子の働きがわかって来たことから、プラスチックの
有機ポリマー磁石を作る事に海外の大学の研究チームが成功し
ています。(まだ、マイナス262℃でないと磁石にならないが)

磁力と保持力はトレードオフの関係にあるから、用途によって磁石
を使い分けたりします。

なぜN極とS極があるかですが、これがわかれば宇宙の生い立ちを
解き明かす鍵になると思います。
現在は、不対電子や電子スピンによって説明されていますがその
原理などは解明されていないと思います。


参考URLに磁石を製造している会社のHPを入れておきますので
参考にして下さい。

参考URL:http://www.26magnet.co.jp/qa/index.html

Q磁石の反発力

教えて!gooの質問・回答で、永久磁石のN局同志を向かい合わせにしても、簡単には宙に静止できないと知りました。
現実には静止しませんが、理想的にバランスがとれた場合、磁石の反発力と重力がつり合う位置を計算する方法を教えてください。
(例として、フェライト磁石、φ10×5mm,残留磁束密度(Br):200mT,比重:5g/cm3)

Aベストアンサー

フリーの磁場計算ソフト(有限要素法)と,簡易的な磁場計算ホームページを紹介します。

もし参考になりましたら。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se078148.html, http://www.hitachi-metals.co.jp/product/magnet/mindex.htm

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。


人気Q&Aランキング