AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

ワードでHPを作成して、WEB上にアップロードをするところまでは
出来ましたが、アクセスカウンタを付けたいと思います。

HP作成のHPからアクセスカウンターのタグをHTMLにコピーし、
WEBアカウントを書き換えてアップロードしましたが、うまく表示で
きません。
コピーしたタグの内容が画面上に表示されてしまいます。
どのような原因が考えられるのでしょうか?

A 回答 (1件)

WordってMS-Wordですか?


MS-Wordで作成したHTMLは、ローカルでのみ使用してください。
ネットで公開するのなら、Wordではなく、ちゃんとしたHTMLエディタを使用して作ってください。

で、アクセスカウンターのタグをWordの編集画面に貼り付けてたりしませんか?
Wordの編集画面にタグを貼り付けても駄目ですよ。

ちゃんと、HTMLソースの方に貼り付けてください。
Wordで吐いたHTMLファイルをテキストエディタ(メモ帳とか)で開いて、カウンタを入れたい位置に、カウンタのタグを貼り付ければカウンタが表示される筈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
WORDを開いて、表示でHTMLソースにしてカウンタのタグを入れたのがよくなかったのでしょうか?
(HTMLに色々のものが付加されているみたいですね)

お礼日時:2009/04/10 18:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QカウンターのHTMLソースを教えてください。

WIN98SE
macromediaのDW4を使って
単純なHPを作っています。
hoops.ne.jpのサーバーを使っています。

あるページで以下の条件を満たすカウンターの
HTMLソースに挑戦しましたが苦戦しています。

時計のプログラミングからヒントを得ようともしましたが、
うまくいきません。

htmlで書きたいのですが、アドバイスいただけると助かります。

仮に「count.html」とします。

1:count.htmlページにアクセスしたら直ちに
0からスタートして毎秒3づつ値が増える。

2:10進法で9999万9999まで行ったら次は0に戻り再びカウントを続ける。
「,」などの区切りは必要ありません。

3:表示する数字は同じディレクトリ内に置いた0.gif~9.gifを使う。
およそ3分の1秒に1つ、数字が増えます。

4:少なくともNN4.7、IE5.5以上のブラウザに対応する。

以上です。

回答、アドバイス、ヒント、参考URL、etc...
詳しい方、どうかお願いします。

WIN98SE
macromediaのDW4を使って
単純なHPを作っています。
hoops.ne.jpのサーバーを使っています。

あるページで以下の条件を満たすカウンターの
HTMLソースに挑戦しましたが苦戦しています。

時計のプログラミングからヒントを得ようともしましたが、
うまくいきません。

htmlで書きたいのですが、アドバイスいただけると助かります。

仮に「count.html」とします。

1:count.htmlページにアクセスしたら直ちに
0からスタートして毎秒3づつ値が増える。

2:10進法で9999万9999ま...続きを読む

Aベストアンサー

文章だけの説明では難しいと思いますので、ソースを載せます。
(IE5.5/NN4.7/NN6.2 動作確認済み)

<HTML>
<HEAD>
<SCRIPT language="JavaScript"><!--
var numgif = new Array(10);
var count = 0;
var keta = 8;  // ここで桁数を変えられます。

// 画像の初期表示
function counter_draw() {
  for (i=0; i<keta; i++)
    document.write('<IMG name="num'+i+'" src="0.gif" border="0">');
}

// 画像先読み&カウントアップ開始
function init() {
  for (i=0; i<=9; i++) {
    numgif[i] = new Image();
    numgif[i].src = i+".gif";
  }
  setTimeout("count_up()", 333);
}

// カウントアップ&画像再表示
function count_up() {
  count++;
  if (count >= Math.pow(10,keta))
    count = 0;
  var str = "" + count;
  while (str.length < keta)  // keta桁の数字文字列を生成
    str = "0" + str;
  for (i=0; i<keta; i++) {
    var n = str.charAt(i) - 0;  // 数値化
    document.images["num"+i].src = numgif[n].src;
  }
  setTimeout("count_up()", 333);
}
//--></SCRIPT>
</HEAD>
<BODY onLoad="init()">
<SCRIPT language="JavaScript"><!--
counter_draw()
//--></SCRIPT>
</BODY>
</HTML>

各関数などについては、参考URLのサイトで確認されると良いでしょう。
※上記コードには、見やすさのために全角スペースを入れていますので、コピーされる場合は、それらを半角スペースやタブに変換して下さい。

参考URL:http://tohoho.wakusei.ne.jp/js/index.htm

文章だけの説明では難しいと思いますので、ソースを載せます。
(IE5.5/NN4.7/NN6.2 動作確認済み)

<HTML>
<HEAD>
<SCRIPT language="JavaScript"><!--
var numgif = new Array(10);
var count = 0;
var keta = 8;  // ここで桁数を変えられます。

// 画像の初期表示
function counter_draw() {
  for (i=0; i<keta; i++)
    document.write('<IMG name="num'+i+'" src="0.gif" border="0">');
}

// 画像先読み&カウントアップ開始
function init() {
  for (i=0; i<=9; i++) {...続きを読む


人気Q&Aランキング