出産前後の痔にはご注意!

こんにちは。
戦艦の対空砲火の威力について教えて下さい。
太平洋戦争において、大和、武蔵をはじめとするわが国の戦艦のほとんどが米軍機によって沈没させられましたが、

1.わが国の戦艦は対空砲火(高射砲・機銃)によって具体的にどの程度の米軍機を撃墜できたのでしょうか(○○作戦において大和は米軍機○機を撃墜した等)

2.かりにわが国戦艦が、マリアナ沖海戦で米軍が使用したVT信管(砲弾が外れても目標物が近くにあれば自動的に炸裂する)を使用していれば、様相はかなり変わったのでしょうか。

3.わが国戦艦が使用した三式段によって実際に米軍機が撃墜された戦闘はあるのでしょうか。あるとすると実際に何機を撃墜したのでしょうか。

4.大和、武蔵などほとんどの戦艦が魚雷によって沈没させられていますが、接近する魚雷を戦艦からの機銃掃射によって爆破させることはできなかったのでしょうか。

軍事には素人ですので、どうぞ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

1) 戦艦大和他の第二艦隊が撃滅された「坊の岬沖海戦」の場合、米軍の損害は「艦載機10機」であるようです。


この海戦の場合「母艦への着艦が夜になったため多数の飛行機が着艦に失敗して失われた」といった事情がありませんので、
米軍の損害10機=第二艦隊が対空砲火で撃墜した機数
となるでしょう。

2) 様相はあまり変わらなかったとする論者がいます。
なぜ敗れたか日本海軍 光人社NF文庫
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/31828766
に「VT信管は化け物か?」と題して、質問者さんの疑問(2)を考察し、結論として「否」としています。
主な理由は
「対空射撃式装置の性能がアメリカは桁違いに優れていた」
ということで詳細に説明されています。
筆者は、防衛大学校を卒業して護衛艦に乗り組んでいる際に、米軍が第二次大戦中に主用していたのより性能の劣る米国製対空射撃式装置で対空射撃訓練を行い、5インチ速射砲(第二次大戦時の高角砲に相当)に「時限信管」を使用した対空砲弾を使用して、飛行機が曳く吹流しに名中断を与えているとのことです。

なお、筆者によりますと、5インチ(12.7センチ)高角砲の命中率は
アメリカ 30%~50%
日本 0.3%
と、100倍以上の差があったと言います。

また、VT信管は「高角砲弾が目標の20メートル以内を通過した時に炸裂する」ものでしたが、日本の対空射撃式装置の性能があまりに悪いため、実戦では「どこを撃っているのか分からない」状態であり、そもそも米軍機の20メートル以内に高角砲弾を通過させることができず、VT信管があってもなくても同じだったろう、と筆者は言っています。

上記の本は質問者さんの疑問の多くを解いてくれると思いますので、ぜひお読み下さい。

3) 日本側では、マリアナ沖海戦やレイテ沖海戦で、戦艦の三式弾射撃で何機かの米軍を撃墜している、と言っています。
一方、ウィキペディアには
「米軍側の資料には『パンパンと破裂するがまるで花火のようで、実際の被害は少なかった』との記述も存在し、対空射撃での確実な戦果は、ほとんど確認が無いとされる」
と書かれています。

米軍の飛行機が日本の飛行機より工作精度が良く頑丈で、燃料タンクや乗員の防御も優れていたことを考えますと、
「三式弾の焼夷弾子は、日本機には有効だったが、米軍機には威力不足だった」
ことがあったことは有り得ます。

4) 軍艦の対空機銃は、水面に向かって射撃することも出来ました。
太平洋の戦闘、大西洋の戦闘で、「自艦に向かって来る魚雷の航跡を発見して機銃で射撃した」という話はいくつか聞いた記憶がありますが、その射撃で魚雷を破壊できたという話は聞きません。
ただ
「飛行機が、敵の潜水艦が発射した魚雷を上空から発見し、魚雷に体当たりして魚雷を破壊した」
という話はあります。

そもそも、魚雷を発見した軍艦は急転舵して魚雷に艦首を向ける運動をし、魚雷の命中を避けようとします。魚雷に艦首を向ければ、艦首を左右に分ける波ができますので、そこに敵の魚雷が来てもどちらかに流れてしまい、命中しません。戦史でも「敵の魚雷を発見して急転舵して艦首を向けたが、艦首に魚雷が命中した」例はありません。

急転陀する軍艦から、自艦に向かってくる魚雷を狙い撃ちして命中させるのは不可能と思われます。
「水中の物体は海水という分厚い盾に守られていますから、撃てたとしてもなかなか破壊はできなかったでしょう」
ということもありますが、それ以上に
「魚雷が自艦に迫っているという状況下で、物理的・心理的に、魚雷に機銃弾を命中させることは難しい」
ということではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

懇切丁寧なご回答ありがとうございます。
米軍機撃墜について正確な数字をご教示頂き、ありがとうございます。予想されたとはいえ、戦艦1隻沈没と航空機10機撃墜ではあまりにも損害が違いますね。悔しいことです。
また、ご指摘の書籍はぜひ読ませて頂きます。
米側の対空射撃装置の能力が日本のものより格段に優れており、高角砲の命中率が100倍以上の差があったとのご指摘ですが、これは「弾丸(VT信管)」の問題ではなく、「射撃装置」の問題であったとのことで、弾丸と発射装置のどちらについても日米に相当技術力の差があったのですね。太平洋戦争では日本の技術力は相当あったと考えていましたが、日本をはるかに上回っていたとは、本当に米軍の技術力はあなどれないですね。大変参考になりました。

お礼日時:2009/04/09 09:08

6番の者です



>太平洋戦争開戦時の日米GNP比が1:7というのを見たことがあります。
>その信憑性は不明ですが、かりに真実だと考えると、単純計算で米側は日本の7倍の航空機や空母を生産できたということですね

 GNPと生産能力は違うと思いますが…
 俗に言われる「日本の戦闘機のエンジンの馬力は1000馬力、
 アメリカは2000馬力」と言われ、日本の戦闘機は
 低馬力を補うため極度の軽量化、つまり、防弾板をつけなかったり
 ゼロ戦のように急降下に耐えられない機体になってしまいました。
  
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4843404.html

 太平洋戦争中の自動車生産台数という質問がありますが 
 日米でのあまりにも生産台数違いますね…
 
 他には5番の回答者さんの言うように通信機がなかった
 あっても役に立たなかった為、日本の戦闘機は巴戦しか
 できなかったということもあります。
 
 国力の差だけでなく、レーダーに対する認識不足
 陸軍と海軍の仲が悪かった、仮想敵国がそれぞれ別であった
 ことなどを考えるととてもじゃないが、勝つ前に
 戦争を継続していくことさえ、難しかったのではないでしょうか?

>「短期決戦」、すなわち、「緒戦で華々しい戦果を挙げて
>米側の戦意を喪失させ、停戦に持ち込む」しかなかったように思われます

 相手の本土の一部でも占領しないととてもじゃないが
 停戦に持ち込むのは不可能では?
 生産設備が充分にある、つまり、空爆などで身も心も
 疲弊させないと簡単に戦争終結にはならないでしょうね。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
また、停戦について、米国本土の一部占領が不可欠とのご意見、大変興味深く拝見しました。
太平洋戦争を如何に終戦に持ち込むべきだったかという問題については小生が長らく頭を悩ませている問題です。

「リメンバー・アラモ」「リメンバー・パールハーバー」という言葉に象徴される通り、アメリカ人には受けた屈辱の仇を必ずとるといった執念深い一面があるように思えます(真珠湾攻撃については、わが国はハーグ陸戦法規に基づき宣戦布告をする予定だったのが、事故で遅れてしまったに過ぎないのですし、米側も他の戦争では宣戦布告しないことが多いので、アメリカ人が真珠湾を屈辱と考えるのは日本人にとって迷惑な話ですが、それはともかくアメリカ国民はそう思ったということです)。この執念深さは、かつて古代世界で大帝国を築き上げたローマ人についての「カディウムの屈辱」や「ポエニ戦争」のエピソードを彷彿とさせるところであり、もしかすると、大国となる国の国民にはそういった資質が必要なのかとも思ったりしています。それはともかく、このような執念深さを考えると、アメリカ人はたしかに負けたままでは絶対に引き下がらないような気がします。

他方、アメリカ国民(政府ではなく)については、現代においてすらモンロー主義的な孤立主義がいまだに色濃く残っているような気がしており、ベトナム戦争のように、不利な状況がある程度長く続くと、撤退論・反戦論が国内で強力に発生してくる傾向があるように思えます(今回のイラク戦争でもそういった面があるのではないでしょうか)。そう考えると、モンロー主義が現在より強く残っていた当時、かりに真珠湾攻撃が予定通り宣戦布告後に開始され、米国民が政府のプロパガンダに乗せられて激高することがなかったとしたら、そして、真珠湾攻撃の結果、戦艦だけでなく、空母や燃料タンクまで爆撃・破壊して戦況が更に一層日本側に有利になっていたとしたら、英仏のような直接的利害まで有しない米国がどこまで頑張っていたか、考えると興味は尽きません。

いずれにしても、この問題は歴史上のイフの問題であり、答えが決まっている訳ではありませんが、今後いろいろと専門家の書籍などを読んで勉強していきたいと思っています。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/13 13:56

>>おおおっと、間違いがあるので突っ込んでおきます。


>太平洋戦争において、大和、武蔵をはじめとするわが国の戦艦のほとんどが米軍機によって沈没させられましたが
>>第二次大戦(含ヨーロッパ&地中海戦線)を通じて「作戦行動中」つまりいつ敵機に襲われるか分からない状況で航空機によって沈められた戦艦はプリンスオブウェールズ、レパルス、武蔵、大和の4隻だけです

つイタリア戦艦「ローマ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC% …(%E6%88%A6%E8%89%A6)
忘れちゃだめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
イタリア海軍の戦艦について全く知識がなかったのですが、更に驚いたのは、この戦艦がドイツ軍の「誘導爆弾」なる爆弾で撃沈されたという事実です。誘導爆弾という存在をはじめて知りました。「高高度から射出され、目標到達時には音速近く(1,035km/h)という速度まで加速して敵艦に命中するフリッツXの威力は絶大であり」とありますが、素人考えでは、仮にかかる技術が当時のわが国にあれば、太平洋戦線でもっと善戦できたのではないかと残念に思えてしまいます(高度5000-8000mで母機から投下し誘導するとありますが、敵戦闘機に妨害されて効果は期待できなかったでしょうか)。

お礼日時:2009/04/13 12:16

最後の戯言として聞いてください。


ほんのちょっとでも今後の参考になればと。

>必要に応じて戦艦すら輸送艦代わりに使うくらい米側は柔軟かつ合目的的な思考をしていたことを考えると、
日本も必要に応じて戦艦すら輸送艦代わりに使っています。
実際に大和や武蔵、長門、伊勢、日向、山城などが輸送物資や陸海軍の人員を運んでいます。

>過去の経緯にとらわれずにもてる生産力を全て航空機や空母生産に投入したことと思いますので
日本も可能な限りの生産力を航空機に投入しています。
しかも過去の経緯にとらわれず、空母生産すら抑制しています。


柔軟かつ合理的な思考のハードルは案外低いものなのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々のご回答本当にありがとうございます。
伊勢、日向については、北号作戦で輸送船代わりに使われたことを知っていましたが、大和、武蔵、長門、山城については初めて知りました。
大橋武夫・元陸軍参謀の書籍で、「難しいことは新戦法を導入することではなく、旧戦法を捨てることである」という趣旨の文を印象深く読んだことがあります。わが国海軍は日露戦争における日本海海戦での大成功後、艦隊決戦主義にとらわれ、太平洋戦争において柔軟な戦法を駆使することができなかったとのイメージがありましたが、わが国上層部の考えが想像以上に合理的だったことが分かって勇気付けられました。

お礼日時:2009/04/13 11:54

すごい蛇足ですが。



珊瑚海海戦で祥鳳に攻撃をかけたのは艦爆53機、艦攻22機で命中が魚雷7発で爆弾13発と言われています。
これだけみたら魚雷の命中率は30%以上ですね。
魚雷命中により速力低下もあってこの数字なのでしょうが、それを言ったら全て(大和や武蔵も他の艦も)当てはまるでしょうね。


>戦艦が戦艦を沈める場合には、主砲による砲撃によると思うのですが、砲撃もミサイルと同じで喫水線より上部の上部構造物を破壊するのみで、致命的なダメージを与えられないような気もするのですが、如何でしょうか

砲弾の落下角度的にほとんど船体上部に当たります。
角度的に喫水線下にはあたりづらいので浸水をさせにくいわけです。
勿論戦艦に限った話ではなく、巡洋艦だって駆逐艦だって同じ話ですね。


なんというか、「戦艦を沈没させられるだけの攻撃隊を出せるか」という話になるのでしょう。
出せればマレー沖やレイテ沖みたいに沈むし、出せなければ欧州・地中海の英独伊戦艦、沖縄戦の米戦艦みたく生き残るだけの話です。
また、空襲は基本的に防げないものです。
当たらないかもしれませんが、それは結果であって「一方的に攻撃されている」ことに変わらないのです。
第二次世界大戦の戦艦の行動を見ればわかるかと思われますが、基本的に敵空襲圏内(敵空母や敵基地飛行場)で戦艦は行動していないのです。
しているとすれば、味方に空母がいる時なのです。

つまり、沈む沈まない、当たった当たらなかったは大した問題じゃないのです。
ちゃんと命中例があるように水平爆撃も脅威であると認識していますし、急降下だろうが水平爆撃だろうが当たれば損傷しますし、至近弾を食らうだけでどっかが壊れます。
少数の攻撃隊で戦艦(巡洋艦や駆逐艦も)が損傷を食らった例があるように、空襲とは脅威なのです。
少なくても「沈ませるには大量の航空機が必要だから大丈夫」なんてノンキな事を当事者達は思っていなかったでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
「戦艦を沈没させられるだけの攻撃隊を出せるか」、一見単純に見えて大変深い真理をついているお言葉です。そして米側はそれができたということですね。
以前、どこかのサイトで太平洋戦争開戦時の日米GNP比が1:7というのを見たことがあります。その信憑性は不明ですが、かりに真実だと考えると、単純計算で米側は日本の7倍の航空機や空母を生産できたということですね(わが国に対する絨毯爆撃の結果などを考えると、戦争末期にはその差は更に開いていたと思われます)。しかも、必要に応じて戦艦すら輸送艦代わりに使うくらい米側は柔軟かつ合目的的な思考をしていたことを考えると、過去の経緯にとらわれずにもてる生産力を全て航空機や空母生産に投入したことと思いますので、時間の経過と共に両国の差が拡大し、まさに戦争末期には「戦艦を沈没させられるだけの攻撃隊」を簡単に出せるようになっていた訳ですね。
そう考えると、わが国の勝算としてはやはり「短期決戦」、すなわち、「緒戦で華々しい戦果を挙げて米側の戦意を喪失させ、停戦に持ち込む」しかなかったように思われますが、かりに対米宣戦布告が予定通り真珠湾攻撃前に行われ、米国民が激高することがなかったとして、それが現実にどこまで可能だったかは今後勉強していきたいと思います。

お礼日時:2009/04/11 00:10

#5です。



空母艦載機による戦艦への空襲のデータがないので対武蔵、大和がどうだったのかわかりませんが、「やっぱり勝てない?太平洋戦争」という本に珊瑚海海戦から南太平洋海戦までの主だった空母機動部隊同士の対戦データが載っています。これによると、雷撃命中率は日本軍13%、米軍6.7%(珊瑚海海戦における空母祥鳳への命中を除く)となっています。
艦爆命中率が日本軍18%、米軍20%となっています(全て急降下爆撃によるもの)。この数字をどう考えるかはお任せします。たぶん、「想像していたより当たらない」なのではないかな、と思います。
そしてその他のデータも丹念に見ていくと、航空攻撃を阻止するのは対空砲火の存在より護衛戦闘機の存在のほうが重要であるということです。野球でいえば、戦闘機が投手、対空砲火が内外野の守備というところでしょうか。いくら鉄壁の守備陣を持っていても、投手がぱっかんぱっかん打たれたら意味がないということです。
そもそも雷撃機は、目標に向かって超低空を直進するわけです。これは戦闘機にとってはカモ以外の何物でもなく、さらに重い魚雷を積んでいるのですからまさに「カモネギ」です。もし守備側に充分な護衛戦闘機があれば、雷撃機は目標に近づけもしないでしょう。

海軍の一般常識として、「戦艦を沈められるのは戦艦のみ」といわれておりまして、たぶんそれは今も変わらないと思います。なぜなら、現代のミサイルも喫水線から上に損害を与えるものであり、現代のミサイルの大きさからよほど数多く命中させないと戦艦に致命的ダメージを与えられないのです。大戦中にドイツ軍はフリッツXという誘導爆弾を戦艦に命中させているのですが、イタリア軍はダメージコントロール能力が評論にも値しないので除外して、このフリッツXは重さ1トンを越える超大型爆弾なのですが、英海軍のウォースパイトに命中しまして、ウォースパイトは曳航されるほど大破しましたが、沈没はしませんでした。
ただし、武蔵にしても大和にしても、米軍はそれこそ日の出から日の入りまでひっきりなしに空襲ができるほどの航空戦力を持っていたからまさに「蟻の群れが巨像を倒す」ことができたのだと思います。米軍があれほど圧倒的な航空戦力を持っていなければ、大和や武蔵の進撃を食い止めることはできなかったのではないかと思います。とはいえ、大和の沖縄特攻では延べで戦闘機も含めると400機近くに空襲されて、被撃墜10機程度ですから損害率は3%程度となり、これは戦争として考えれば「ほぼ損害なし」というレベルだと思います。

(蛇足・嫌なことを書けば、米軍による日本本土空襲も損害率は高くて3%、低ければ1%程度で、戦後調査したアメリカの戦略爆撃調査団も「損害はなきに等しい」と結論づけています。ちなみに大戦を通じて最も米軍が血を流したドイツ本土空襲ではひどいときには損害率が50%を越えており、これによる米軍の戦死者は2万人(日本の神風攻撃隊による戦死者は約2千人)を超えていて、そのほとんどがドイツ軍戦闘機によるものです)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度のご回答大変ありがとうございます。
雷撃命中率と艦爆命中率の具体的数字はとても参考になりました。この数字を見ての第一印象は、「日本軍が結構善戦している」というものでした。これまでの皆様のご回答を見て、日本軍が米軍に対し、技術力でかなり差をつけられ、数字的にも苦しい感じでしたので、特に雷撃命中率が米軍の倍近いのを見て勇気付けられました。
また、「戦艦を沈められるのは戦艦のみ」という言葉、とても重い言葉です。現代のミサイルをもってしても戦艦に致命的ダメージを与えられないのですね。他方、戦艦が戦艦を沈める場合には、主砲による砲撃によると思うのですが、砲撃もミサイルと同じで喫水線より上部の上部構造物を破壊するのみで、致命的なダメージを与えられないような気もするのですが、如何でしょうか(戦艦の主砲の方が、現代のミサイルよりも破壊力は大きいのでしょうか、それとも、主砲の場合は放物線をえがいて落ちてくるため、場合によっては喫水線より下部を破壊することができるということでしょうか)。
いずれにせよ、戦艦が想像していた以上に強力であったことが分かり、大変勉強になりました。

お礼日時:2009/04/10 11:48

雷撃機からの魚雷命中率は詳しいことは分かりません。



大和の場合ですと(リンク先の中央を見てください)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C_(%E6%88%A6%E8%89%A6)#.E6.88.A6.E6.AD.B4

戦闘機180機・爆撃機75機・雷撃機131機による波状攻撃で
10本の魚雷が命中したとあります。
もっとも日米間での命中本数に差があるようですが…

戦艦の耐久性について

一言で言ってしまうと大和・武蔵だからある程度持ちこたえられた
ということですね。他の巡洋戦艦から戦艦へ改装されたものだと
装甲の面で厳しいかと思います。

もっとも大和・武蔵でも
機関部さえやられなければ
ある程度回避運動を行なえるでしょうが、現実的には対空砲火は
望みが薄く、ジリ貧という結果になってしまうでしょうね。

もっとも大和・武蔵級の戦艦を沈めようと思えば
それなりに大部隊を編成する必要があるのは言うまでもありませんが
やはり戦艦側は不利なのは否めません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
雷撃機131機が波状攻撃したとありますので、かりに各機が1本の魚雷を搭載していて、すべての雷撃機が魚雷を発射したとすると、単純計算で131本の魚雷が発射され、うち10本が命中、命中率は7.63%ですね。もちろん、131機といっても述べ数にするともっと多数になるでしょうし、逆に攻撃参加機の全てが魚雷を発射したわけではないのですが、大和は魚雷を結構かわしたように思えます。
それにしても、以前は大和は航空攻撃で簡単に沈没させられたように思っていましたが、聞けば聞くほど戦艦、特に大和がかなり強力な艦船だったことが分かるようになりました。

お礼日時:2009/04/10 11:15

おおおっと、間違いがあるので突っ込んでおきます。



>太平洋戦争において、大和、武蔵をはじめとするわが国の戦艦のほとんどが米軍機によって沈没させられましたが

第二次大戦(含ヨーロッパ&地中海戦線)を通じて「作戦行動中」つまりいつ敵機に襲われるか分からない状況で航空機によって沈められた戦艦はプリンスオブウェールズ、レパルス、武蔵、大和の4隻だけです。第二次大戦で初めて航空機によって戦艦が沈められたのは英軍によるイタリア戦艦への攻撃であったタラント夜襲ですが、このタラント襲撃と真珠湾攻撃は軍港に停泊していた戦艦に対するものです。特に、タラントのイタリア海軍ときたひにゃたった魚雷1発か2発当たっただけで沈没する絶望的なダメージコントロール(受けた被害を最小限にする能力)の低さです。ちなみに、武蔵は両舷から魚雷を受けたので20本以上の魚雷が命中しています。また、その他はビスマルク追撃戦のように航空攻撃と戦艦による共同戦果によるものです。

そもそもの誤解として、いうほど戦艦は航空攻撃によってダメージを受けないのです。というのは、当時の急降下爆撃機は馬力のある米軍機(ドーントレス)は500キロ爆弾を積めましたが、馬力不足の九九艦爆だと250キロ爆弾しか積めず、250キロ爆弾では戦艦の分厚い装甲に跳ね返されてしまうのです(500キロ爆弾でも有効なダメージは与えられない)。となると、大型の爆弾で水平爆撃するしかないのですが、これは停泊している船にも当たらないほどで、ましてや動いている艦船に命中する確率はもうゼロと断言していいくらいです。
実際問題、あのレイテ海戦では栗田艦隊に対して米軍は執拗に航空攻撃をくり返しましたが、栗田艦隊を食い止めることはできませんでした。レイテの輸送艦隊が損害を受けなかったのはあくまで栗田艦隊が「謎の反転」をしたからです。また、その栗田艦隊は航空攻撃で武蔵を失うものの大和を始め他の大型艦艇は全て帰還しています。戦艦が本気になったら、航空機には止められないのです。

またVT信管ですが、これは元々レーダー技術を応用したものです。開発のネックとなったのは、発射のときのものすごい衝撃に装置が耐えられないということでこの問題のクリアにさすがのアメリカも苦労しています。しかし開発に成功したのはひとえにアメリカの高い技術によるものでした。開発力そのものもそうですが、そういった繊細な技術を大量生産する技術も持ち合わせていたのです。
米軍は、この技術がドイツに漏れることを恐れ、ヨーロッパ戦線では使いませんでした。対日戦で使ったのは、海で使うから弾丸は海に落ちるので敵の手に奪われる心配がないからです。
そもそもレーダーを含めて日本の通信技術というのはお話にならないほど遅れていました。太平洋戦争が始まる昭和16年には、ドイツとイギリスの間でいわゆるバトルオブブリテンが行われていますが、このときドイツとイギリスは敵のレーダーをごまかすためにアルミ箔をばら撒くというような技術戦をしています。日本軍は、大戦を通じて信頼できるレーダーはもちろん使える通信機すら作れませんでした。
それの何が問題かというと、実はあのミッドウェー海戦のときに、米軍の爆撃機が艦隊の上空に来ていることを多くの水兵が気づいていたのです。ところが、艦隊護衛の零戦はその直前に来た雷撃機の迎撃のため高度の低いところにいて爆撃機の存在に気づかなかったのです。米軍ならここで無線機を使って戦闘機を呼び戻すのですが、日本軍の無線機は全く使えなかったのでただ「パイロット、気づいてくれ」と祈るしかなかったのです。

他の方も指摘していますが、マリアナ海戦頃となると米軍の迎撃体制は鉄壁ともいうべきものとなります。各空母は高いダメージコントロール能力を身につけ(実戦のノウハウが豊富に投入されたエセックス級空母は大戦を通じて同型艦は一隻も沈むことがない不沈空母となりました)、その空母の周囲は対空装備が強化された戦艦かもしくは防空巡洋艦が警備を固めていました。レーダーはあのおなじみの円形の画面となりどの方面から敵機が近づくか明確になりました。
防空戦闘機隊は空母から無線で指揮を受け、敵機がやって来る方向をリアルタイムで知っていたのでやってくる日本軍機を待ち伏せすることができました。

なお、日本軍の対空砲火ときたひにゃ「お寒い」の一言です。ただし、これについてはあの高い技術力を持ったドイツも実はあまりたいしたものではなく、対空砲火の技術においてはアメリカがとてつもなく飛びぬけていた、つまり相手が悪すぎたとしかいいようがないと思います。
変な話ですが、実はアメリカは対日戦を「本気で」やっていません。アメリカが本気になる相手はナチスドイツであり、対独戦が終了するまでは日本に対して攻勢しない予定だったのです。それをあのマッカーサー(と日本ではほとんど無名のキング提督)が政治力を使って対日戦も攻勢するようにねじ込んで、結局アメリカは「片手間仕事」で対日戦に勝利しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
作戦行動中の航空機攻撃によって撃沈したわが国の戦艦が大和、武蔵だけとのことは大変意外でしたので、自分でも調べてみましたが、たしかに仰る通りですね(下記の通りでした)。大変勉強になりました。なお、航空機による爆弾攻撃は当たらないとのことでしたが、魚雷攻撃は如何でしょうか。一般には、大和、武蔵に数多く魚雷が命中して沈没したため、「魚雷恐るべし」というイメージがありますが、実際には魚雷もやはり命中率は低かったのでしょうか。

(太平洋戦争に参加したわが国戦艦12隻の運命)
大和 1945年 4月 7日 米軍機の攻撃により沈没
武蔵 1944年10月24日 米軍機の攻撃により沈没
長門 唯一生存(1946年7月29日 終戦後原爆実験により沈没)
陸奥 1943年 6月 8日 停泊中に爆発、沈没
伊勢 1945年 7月28日 空襲により大破着底
日向 1945年 7月24日 空襲により大破着底
扶桑 1944年10月25日 敵艦隊の魚雷により爆破・沈没
山城 1944年10月25日 敵艦隊の砲撃及び魚雷により沈没
榛名 1945年 7月28日 空襲により大破着底
霧島 1942年11月15日 敵戦艦砲撃等により沈没
金剛 1944年11月21日 潜水艦攻撃により沈没
比叡 1942年11月13日 重巡攻撃による被害を受け自沈

お礼日時:2009/04/09 09:58

基本的に第二次大戦時の軍艦の対空砲火は「敵機を撃墜するため」ではなく「敵機を威嚇して近寄らせず、また攻撃の照準をそらすため」のモノだと思って下さい。


(もちろん撃墜するに越した事はありません)
日本海軍の対空砲火は既に皆様が指摘しておられるように、威力面では米海軍と雲泥の差がありましたが、大戦後半の日本艦隊攻撃時に米艦載機の乗員が「対空砲火の弾幕に乗って歩くことが出来る」と表現する程激しい弾幕が展開されており、それなりの効果はあったと思われます。
ただ圧倒的な戦力差の前には、どうしようもなかったと言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
第二次大戦時の対空砲火についての基本認識、ありがとうございます。本来的には撃墜よりも、攻撃の照準をそらすことを目的としていたということですね。航空機を十分撃墜できなかった日本軍の激しい対空砲火もかかる観点からは一定の効果があったといえるわけですね。

お礼日時:2009/04/09 09:11

1.


具体的かつ信頼できる撃墜数は不明ですが、多数襲来した敵機のごく一部を撃墜、もしくは撃破できた程度ではないかと思います。
戦艦クラスともなると、それこそハリネズミのような高角砲や対空機銃が装備されてはいますが、実際には高速で動く航空機にはなかなか命中させることが難しく、弾切れも頻繁におきるので、なかなか効果的な弾幕を張ることは難しかったようです。
※なにぶん小口径の対空機銃ですらベルト給弾で長期間撃ち続けられるようなものはまだなかったのですから。

2.
VT信管が開発されていて、しかも大量生産されていたと仮定しても、若干敵機の被害は上がったかもしれませんが、態勢を覆すほどにはなかなかならなかっただろうと思います。VT信管が日本軍機に効果的だったのは、命中率もさることながら、当たればすぐ燃え上がる防弾性の欠如にあったからです。防弾がしっかりしていた米軍機は、ダメージこそ受けたとしても、なかなか墜ちなかったのではないでしょうか?

3.
三式弾については、確か伊勢か日向が使って、敵編隊をごっそりと削いだという証言がありますが、実際にどの程度墜としたのかは記録がありません。
どのみち接近前の敵編隊にしか効果的に撃てない対空弾ですから、接近されてしまえばあまり役にはたちません。

4.
ほとんどの高角砲、対空機銃は、その名の通り空に向けて撃つものです。水平方向までは撃てますが、射角的に海面に向けて撃てるものは少なく、また水中の物体は海水という分厚い盾に守られていますから、撃てたとしてもなかなか破壊はできなかったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
対空機銃が長時間撃ち続けられないということははじめて知りました。頻繁に弾切れ・給弾を行わなければならなかったとすると、それだけでも航空機に対抗するのは難しくなりますね。
また、VT信管よりも、航空機側の防弾の問題が重要だったことがわかりました。かりに日本軍機が米軍機に近い程度に防弾性を強化していれば、マリアナ沖のような大被害は相当程度防げたように思われますが、米軍機並みの防弾性強化は当時技術的に困難だったのでしょうか、それとも技術的には可能だったけれど、別の観点(軽量化、攻撃力強化など)のため犠牲にされたのでしょうか。
いずれにしても勉強になりました。

お礼日時:2009/04/09 09:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧日本海軍の対空砲火

旧日本海軍の特に機動部隊の対空砲火について教えてください。

よく旧海軍機動部隊の対空砲火の威力というか弾幕密度が、アメリカのそれより貧弱で「米雷撃機が日本軍の凄まじいまでの対空弾幕に阻まれ・・・」という事は寡聞にして聞き(読み)ません。
しかし、太平洋戦争開戦頃ならまだしも、ミッドウエー海戦以降であれば日本軍も対空兵装を強化して、「これ以上はもう搭載するスキマが無い。」という位、全艦針鼠のような状態ではなかったのでしょうか?
それともアメリカは門数は1艦隊当たり日本と同等でも、単位時間内での発射弾数などが多いので密度が違うのでしょうか?
でも、それほど日本とアメリカで単位時間発射弾数が違うとも思えませんが。

ずっと気になっていたので質問させていただきました。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず対空砲の射程の問題があります。
雷撃機は高度2~3000メートルで接近し敵艦を発見し次第に高度を下げ高度を海面上10メートル前後までさげないと魚雷を投下できません。  これは海面での衝撃で魚雷の破壊や爆発を避けるためです。

この距離ないし接近中に早期に射撃して雷撃機を撃墜するには日本軍の対空機銃は射程が不足でした。
雷撃機は約2000メートルまで目標に接近すると魚雷を投下し離脱するものです。

従ってこれを撃退するには目標艦より距離2000メートルの海上に護衛艦を配置する必要があります。
日本軍は護衛艦が少数でしたから有効な弾幕を張ることは困難でした。

アメリカ海軍の輪形陣はこの点強力な防御体形でした。
射程の長い対空砲は射撃も種々の理由で制限があったことは他のご回答に示されています。

急降下爆撃機の場合は高度3000メートルくらいから急角度で降下しますから加速度もあり爆弾投下高度まで急速に接近します。
この間の対空射撃は対空砲が有効ですが発射弾数が少なく適当な距離での爆発を設定する事は困難です。
日本軍の対空射撃の有効射程を知っておればその圏外で爆弾を投下して離脱できます。

戦艦や空母は大型ですから至近弾でも損害を与えることが可能です。
これを迎え撃つ機銃座は暴露状態ですから死傷者が続出し対空能力が低下せざるをえません。

アメリカ軍のVT信管、40ミリ機関砲、20ミリ機関砲の組み合わせは極めて有効な弾幕射撃が可能でした。
しかも攻撃地点に近い場所に配置されていましたから雷撃、爆撃、特攻攻撃も困難ないし犠牲者を生むだけでした。

まず対空砲の射程の問題があります。
雷撃機は高度2~3000メートルで接近し敵艦を発見し次第に高度を下げ高度を海面上10メートル前後までさげないと魚雷を投下できません。  これは海面での衝撃で魚雷の破壊や爆発を避けるためです。

この距離ないし接近中に早期に射撃して雷撃機を撃墜するには日本軍の対空機銃は射程が不足でした。
雷撃機は約2000メートルまで目標に接近すると魚雷を投下し離脱するものです。

従ってこれを撃退するには目標艦より距離2000メートルの海上に護衛艦を配...続きを読む

Q太平洋戦争当時日本軍が三八式銃を使用していた理由は

三八式銃とは、明治38年 に発明された旧式の銃らしいですが、
これを太平洋戦争当時でも使用していたそうです。
戦争中の兵器の進歩は日進月歩なのが普通なので、
これは不思議なことです。
使用し続けた理由は何でしょうか?

大量に余っていたとしても新式に鋳直せばよいだけのことです。
現に戦闘機などはどんどん改良を重ねています。
なにか特別なことがあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られていますね。
新しいともいえませんが、それほど古いともいえません。つまり、ボルトアクション式では、すでに三八式は「決定版」ともいえる代物だったのです(No12の方が言っているように日本人にとって扱いやすいのも大きい)。
決定版なので、それ以上のものは戦術的転換がないかぎりは不要です。現在でもピストル、小銃などは50年以上前の設計の物だって十分現役で使っている国もあります。これらは現代の戦術では決定版足りえる代物だからです。

さて、先ほどから「戦術」という言葉を使っていますが、これが、三八式におきた一つ目の悲劇です。
時代は第1次大戦、火器は「小銃による打ち合い(砲は補助的)」から「重砲と機関銃(小銃は補助的)」による戦術に「転換」しました。

つまり三八式の作られた時代の戦術概念と第2次大戦では大きく様相が変わったのです。
基本的に新しく作られた戦術というのは、前に使われていた戦術よりも優れています(優れているから採用される)。
つまり、三八は世界的な戦術である、火砲、機関銃の大量使用による弾幕戦と戦うようには対応していません。
諸外国のようにそれらの「補助兵器」として使うならば十二分の性能だったでしょう。

当時の戦術において勝利を決めるのは火砲、機関銃、戦車といった兵器で、小銃はすでに勝利を左右する兵器ではなくなっていました。
しかし、日本軍にはそれらで力のある兵器はありません。

勝利を左右する兵器を持っていない軍隊と、勝利を左右する兵器を大量保有している国が戦えば・・・どうなるかはわかりますね?

日本軍が、(あくまでボルトアクションから進歩した存在であり、補助兵器の域を出ない自動小銃はともかくとして、です。諸外国がこれの更新を遅らせたのは、他に国力を注いでいたためです)火砲や機関銃の大量配備を嫌ったのは、塹壕戦による経験が薄かったために有効性を信用しきっていなかったのもありますが、最大の理由は、工業力がこれらの兵器を「全軍にいきわたらせて、かつ戦えるだけ」の力を持ち合わせていなかったことです。
国力と軍事力の兼ね合いが著しく悪いとも見れます。海軍でもいえますが、国力以上の軍事費は維持費や更新費用の面で国家を破綻させます。弾薬についてもそうです。自国の国力でまかなえる以上の弾薬を使う軍隊を持てば、補給にひずみが生じて、供給が追いつかなくなります。
かといって軍隊を減らすわけにもいかない状態ですし、そのおかげで更新(つまり戦術転換)に使う国力もない。新しい戦術では弾薬を多く使うので、転換したところで維持できるだけの国力もない(諸外国は生産量を増やしたのですが、日本ではそれができるだけの国力すら残っていなかった)。
日本軍が抱えていたひずみとかゆがみが、小銃にも現れているのです。

もう一つの悲劇が、1つ目の後半とかぶりますが日本の工業力の低さです。
当時、日本の技術力はとにかく欧米に追いつけということでタッチアップを図っていましたが、まだまだ追いついていません。
よく「日本の技術力は世界一だった。アメリカに物量で負けた」なんていう人がいますがこれは大間違いです(空技廠から上がってきた航空機の図面で、「この部分は鋳型をつかった鋳造で」となっていても金型が作れずに削り込み部品にしたというのはよく聞く話です。つまり当時の技術はその程度)。
中でも惨憺たる分野が重工業全般の中でも最重要分野の鉄鋼業でして、製鉄も自国では補完できない、鋳型技術も低い状態です。
さらには、精密機械技術が発展途上でして、とにかく精度が悪い(戦前の日本兵器において「統一規格」はありません。というより作れなかったのです。精度が維持できないのですね)。そのため小銃ですら調整しないと命中精度が維持できない上、部品の互換性がない。これは前線において問題です。
別々の箇所が壊れた銃をばらして一つの壊れていない銃にするというのは、軍隊ではある程度普通ですが、日本ではこれが出来ない。つまり不経済な状態です。
また、弾薬の製造精度も悪いため、弾詰まりが多い。これは自動小銃のほうで批判されますが、こちらについては「吐き出す量が多いためハズレに当たる確率が高い」だけなのです(まあ、自動小銃のほうが若干弾詰まりを起こしやすいというのはありますが・・・)。

ながくなりましたが、結局は日本と日本軍の構造上の問題なのです。
日本において三八式が評判が悪いのは、本来的に責任はない三八式に、日本の抱える問題を添付してしまっているからです。結局問題は日本自体にあるのです・・・
というわけで、三八自体の設計は優秀ですし、ボルトアクション式小銃の決定版でもあります。

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られてい...続きを読む

Q四式戦闘機、五式戦闘機、紫電改どれが最強だと思いますか?

四式戦闘機(疾風)、五式戦闘機、紫電改どれが最強だと思いますか?私は急降下速度と20ミリ機銃胴体装備の点で五式だと思うのですが・・・

Aベストアンサー

私の持っている本に、No.3の答えの記載とおなじで、「戦後の米軍の調査で日本の陸海軍戦闘機中で四式戦(疾風)が最優秀と評価された」と書かれています。
五式戦、紫電改の生産機数がそれぞれ約400機に対し、四式戦は約3300機と多く、実戦を経て改良が良くなされている為と思われます。
性能的にはたいした差はないでしょう。

Q第二次大戦中に現代の自衛隊を投入したら

くだらない質問ですが、気になったので書いてみます。

第二次世界大戦末期の1945年1月1日時点に、現在の最新鋭の自衛隊(航空・海上・陸上)の全戦力を日本本土に投入したら、日本軍は勝てるのでしょうか?兵器の生産設備などは投入しないものとします。

いくら最新鋭の戦力を持っていても核と資源がないのでアメリカが多大な犠牲を出しながらも勝つだろうという見方もできるし、当時の日本はインドネシアを占領していたので資源不足を克服し日本の勝利という考え方もあると思います。

Aベストアンサー

戦争に「絶対」は無いですから必ず勝てるとは言いませんが、面白い勝負にはなるでしょう。

近代軍では補給が重要な要素を占めるので、どれだけの弾薬や燃料、整備、補給品を保持しているかで、戦い方も変わってきます。自衛隊のそうした物資の正確な保有量が不明なので、推測するのは困難なのですが、とりあえず・・・

1945年1月の時点なら、できるかどうかは分かりませんが、まずは自衛隊の戦力を秘匿します。
2月の米軍による硫黄島攻略あたりで航空自衛隊の全力出撃です。
この次期、米艦隊は正規空母12隻、護衛空母17隻を含む大艦隊を出撃させてきており、このうちの正規空母12隻、護衛空母4隻が日本近海に現れ本土空襲を行っています。これを狙います。ちなみに、この当時の米艦隊の正規空母の数は14隻ですから全部撃沈できれば、後がかなり楽になります。
F2攻撃機、約80機を中心とする対艦ミサイル攻撃で、空母を撃破します。現代の対艦ミサイルを当時の米軍艦艇がそれほど迎撃できるとは思えないので、うまくいけばかなりの空母を撃破できるのではないかと・・・
また、B29への迎撃にもF15を出撃させます。最大で4発のミサイルを別々の目標に連続発射できるF15の戦闘力に、B29の部隊は大打撃を受けるのではないかと・・・
さらに海上自衛隊の潜水艦部隊によるハワイの真珠湾攻撃を行います。ハープーン対艦ミサイルは対地攻撃にも転用可能とという事なので、ハープーンで真珠湾の燃料施設や艦艇補修設備などに攻撃を行い、打撃を加えます。
要は自衛隊の進んでいる兵器を一挙に出して大打撃を加えるとともに、米軍にショックを与えます。
これでうまくいけば、アメリカは空母艦隊とB29の部隊とハワイの後方施設に大打撃を受け、直ぐには大きな作戦をできなくなるのではないかと思います。

その後は、まずシーレーンの確保です。九州から中国沿岸、そして台湾海峡を通ってシンガポールへの海上交通路の守備に海上自衛隊のP3C対潜哨戒機の部隊や、一部航空自衛隊の戦闘機部隊を派遣します。輸送船団には海上自衛隊の護衛艦隊も付けます。航空部隊の根拠地の設営は大変でしょうが、部隊が稼動すれば米潜水艦隊の脅威へ大きな力になると思います。日本の輸送船の撃沈された半数は、米潜水艦隊の通商破壊戦によるものだそうですが、当時の旧式な潜水艦なら現代の対潜哨戒機と護衛艦でかなりの確率で防ぎ、逆に戦果をあげられるのではないかと思います。
日本本土の防空は航空自衛隊の戦闘機とPAC3ミサイル部隊と、陸上自衛隊の高射特科団(改良ホーク地対空ミサイル部隊)が守ります。
攻撃には海上自衛隊の16隻の潜水艦部隊を使います。潜水艦隊で通商破壊戦を行います。第二次大戦末期のドイツで建造されたUボート21型は連合軍の対戦哨戒部隊にも察知されにくかったそうです。それよりさらに技術の発展している現代の潜水艦なら数は少なくとも大きな戦果を期待できると思います。
未だフィリピンの日本軍の抵抗は続いており、米陸軍20万人が投入されている時点で、米空母艦隊が大打撃を受け、さらに通商破壊戦を仕掛けられたら・・・米軍は楽勝とはいかなくなるでしょう。

米軍としてはこうした進んだ技術の兵器対策に苦慮する筈です。簡単には有効な対抗策は出てこないのではないかと思います。まずは打撃を受けた艦隊の再編と、戦略爆撃部隊の戦術の見直し、フィリピンへの海上補給路の守備を固め、真珠湾の設備の再建をしなければなりません。
建造中のエセックス級空母の建造を急いでも、半年以内に戦闘に参加させる事ができるのは5隻です。
大西洋から部隊を回す必要も出てくるかもしれません。

一方、自衛隊を除く日本の連合艦隊の状態はよくありません。
戦闘可能な空母は小型の鳳翔1隻ですし、戦艦は2隻、巡洋艦も数隻、駆逐艦も二十数隻というありさまです。
南方から資源が入ってきたら、まずは艦隊の増強が急務でしょう。まずは空母で建造途中の伊吹、天城や損傷状態の龍鳳、準鷹、葛城を戦闘可能な状態にしなければなりません。
他にも損傷を受けている戦闘艦艇があるので、大至急修理が必要です。
また、輸送艦の建造も急務です。1945年1月から終戦時までに約180隻の輸送船が建造されています。
しかし、同じ期間に実に700隻が沈められているのです。
まあ、自衛隊の参戦で、その数は減るでしょうが、しかし、1944年だけでも約970隻の輸送船が撃沈されています。
日本の造船所はとにかくフル稼働しなくてはならないでしょう。
また、航空機パイロットの育成や、戦闘機などの生産も必要でしょう。
時間は幾らあっても足りないくらいです。

こうした中で、日本の潜水艦隊がどれだけアメリカに打撃を加えられるかが重要だと思います。
そしてフィリピンの米軍を孤立させ、ハワイを孤立させる事ができれば、新たな展望が開けるかもしれません。
時間が立てば、連合艦隊の戦力もある程度は回復してきます。そうなれば、新たな作戦を立てる事も可能となるでしょう。

なお、そのうち満州にソ連軍が侵攻してくるでしょうが、これについては航空自衛隊の支援を受け、東満山地で持久戦を行えば、かなりの機間、持ち堪える事ができるのではないかと思います。

戦争に「絶対」は無いですから必ず勝てるとは言いませんが、面白い勝負にはなるでしょう。

近代軍では補給が重要な要素を占めるので、どれだけの弾薬や燃料、整備、補給品を保持しているかで、戦い方も変わってきます。自衛隊のそうした物資の正確な保有量が不明なので、推測するのは困難なのですが、とりあえず・・・

1945年1月の時点なら、できるかどうかは分かりませんが、まずは自衛隊の戦力を秘匿します。
2月の米軍による硫黄島攻略あたりで航空自衛隊の全力出撃です。
この次期、米艦隊は正規空母12隻、...続きを読む

Q旧日本軍はどうして潜水艦を強化しなかったのでしょうか?

第二次世界大戦もののDVDを観て思ったのですが、
潜水艦の役割は重要です。
攻撃にしろ、防御にしろ威力絶大と感じました。
とくに太平洋に飛び飛びにある島の防衛などは、潜水艦を配備していれば強化できたと思います。
日本の潜水艦のことはあまり聞きませんが、
海軍は、どうして潜水艦の開発に力を注がなかったのでしょうか?
海を制したかったら潜水艦が不可欠ではないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本海軍は、甲標的艦を完成。実戦に投入しました。
2人乗りの水中高速型の潜水艦の開発に成功していたのです。

この事実に米軍は驚愕しました。

時の水上機母艦は、甲標的艦母艦として即座に改装可能なように設計、建造されていました。

潜水艦に対し相当力を注ぎ込んでいたようです。

日本軍では潜水艦とは、
隠密行動を取り、単独で侵入し、敵艦船を攻撃する為の兵器でした。(特攻に近い思想)

艦隊戦では、艦隊の前で哨戒に当たらせ、
平時は、敵の基地付近の哨戒任務に付かせました。

一方、米軍の潜水艦は日本軍のそれよりはるかに劣ります。
酸素魚雷の開発もまだでした。

米軍は、
潜水艦を3隻一組とする狼狽戦法で弱い輸送船団を襲う事に専念します。
彼らは、日本軍の海防艦が、殆ど使い物にならない木造船である事を知っていました。

日本軍は
駆逐艦を重雷装する事により重巡洋艦と匹敵する戦力としようとします。
重巡洋艦は、重雷装させ、戦艦と互角で戦える事を目標としました。

その結果、被弾に対しては極めて脆く火災、誘爆が多かったのです。

米軍は、無理な雷装や、無理な作戦より、
より効果的な運用方法を目指しました。

追い詰められ、
潜水艦に戦艦が沈められるようになると、
日本海軍も、もう終わりだな。
こう言う空気が流れます。

潜水艦に対する防御、発見方法、攻撃方法などが確定していないと言う、根本的な問題でした。

>とくに太平洋に飛び飛びにある島の防衛などは、潜水艦を配備していれば強化できたと思います。

潜水艦は、常に最前線に投入され、後方は無視されました。

>日本の潜水艦のことはあまり聞きませんが、
海軍は、どうして潜水艦の開発に力を注がなかったのでしょうか?
海を制したかったら潜水艦が不可欠ではないでしょうか?

上層部は、敵艦隊を攻撃する事しか頭にありませんでした。後方、補給よりも、最前線でした。
援護の無い、単独攻撃は、犠牲も大きかったようです。

日本海軍は、甲標的艦を完成。実戦に投入しました。
2人乗りの水中高速型の潜水艦の開発に成功していたのです。

この事実に米軍は驚愕しました。

時の水上機母艦は、甲標的艦母艦として即座に改装可能なように設計、建造されていました。

潜水艦に対し相当力を注ぎ込んでいたようです。

日本軍では潜水艦とは、
隠密行動を取り、単独で侵入し、敵艦船を攻撃する為の兵器でした。(特攻に近い思想)

艦隊戦では、艦隊の前で哨戒に当たらせ、
平時は、敵の基地付近の哨戒任務に付かせました。

...続きを読む

QB29の迎撃に活躍した戦闘機

B29の迎撃に活躍して
最も多くのB29を撃墜破した戦闘機は何でしょうか?
月光ですか?
屠龍ですか?
それとも雷電でしょうか?
またどのような性能がB29の迎撃に適していたかも
教えて下さい

Aベストアンサー

普通に考えたら陸軍の三式戦飛燕だと思います。
 
 飛燕は稼働率も低く、不慣れな水冷エンジンのためもてる性能を発揮できず、速度では一式戦より速いですが格闘戦では一式戦の方が優れているため、米軍のパイロットから見ると一式戦の方が三式戦より手強い相手だったそうです。初の三式戦装備の68、78両戦隊はニューギニアでほぼ全滅で解隊するというかなり厳しい戦歴でした。
 B29が本土に飛来するようになると、日本機の中では高高度の性能が比較的良く、速度も日本機の中では速い飛燕が活躍するようになります。小林照彦戦隊長率いる244戦隊は部品の補給、整備も行き届いていたため他隊に比べ稼働率も高く、また攻撃精神旺盛なためB29の迎撃に活躍しました。震天制空隊による体当たりをはじめ、通常の攻撃でもB29を撃墜しています。小林戦隊長自らB29に体当たりで撃墜し、生還するなど244戦隊は敗戦までに撃墜84機(うちB29 73機)撃破94機(同92機)と言う戦果を上げました。
 
 水冷エンジンについては工業力が追いついていないのを無理して使ったというのが一般的ですが、ただ単に今までの日本機のほとんどが空冷エンジンであったため整備員が不慣れであったと言う話も聞きます。同じく水冷エンジンの彗星を装備した芙蓉部隊は整備員の努力により高い稼働率を維持していました。
 
 B29の迎撃に必要な性能は高高度での飛行性能、速度、高い上昇力、加速性、火力など格闘戦性能より一撃離脱に適した機体が良かったと思います。

普通に考えたら陸軍の三式戦飛燕だと思います。
 
 飛燕は稼働率も低く、不慣れな水冷エンジンのためもてる性能を発揮できず、速度では一式戦より速いですが格闘戦では一式戦の方が優れているため、米軍のパイロットから見ると一式戦の方が三式戦より手強い相手だったそうです。初の三式戦装備の68、78両戦隊はニューギニアでほぼ全滅で解隊するというかなり厳しい戦歴でした。
 B29が本土に飛来するようになると、日本機の中では高高度の性能が比較的良く、速度も日本機の中では速い飛燕が活躍するよう...続きを読む

Q第二次世界大戦時で最も優秀な戦車は?

ドイツのタイガー戦車が強力で有名ですが、
ソ連軍のT-34という戦車がそれを打ち負かしたということを知りました。
さらにタイガー戦車より最新のパンター戦車というのもあるらしいです。
総合的に見て最優秀の戦車(一対一で勝てる)は何だったのでしょうか?

又日本は戦車の開発には関心が薄かったようですが、
それはどうしてでしょうか?
中国戦線では大活躍すると思うのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

兵器の優秀さというのは、1対1で強いかとかカタログデータで決まるものではないのですね。別に兵器に限った話ではないのですけれど。
1対1で単純に強いといったらドイツのタイガー2(キングタイガー)だったと思いますが、じゃあキングタイガーは無敵で前線の兵士から歓迎されたかというと、前線の兵士の評判はあまりよろしくないのですね。なぜかというと、これはまあドイツ軍重戦車の宿命でもあるのですが故障しやすくて部品ひとつひとつがやたらと重い。つまり整備が大変だったからです。

1対1で強い戦車があれば戦争に勝つかというとそうでもないのです。例えば1940年のフランス電撃戦のとき、ドイツ軍の持つ戦車は3号戦車と4号戦車(前期型)が中心で、武器としては機関銃しか持っていない2号戦車の数もまだまだありました。
一方のフランス軍にはシャールB1という重戦車があり、イギリス軍にもマチルダ2という戦車がありました。カタログスペックだけ見たら、B1戦車もマチルダ2も3号戦車や4号戦車より優れているのです。しかも、その数はドイツ軍に比べると英仏連合軍のほうが多くの戦車を持っていたのです。
しかし、戦争にはドイツ軍が勝ちました。その勝因は、戦車を集中して運用したからです。

プロ野球でも、ものすごい4番バッターがいたら優勝するかというとそうではないですよね。チームとしての全体のバランスが重要です。サッカーもそう。軍隊(戦争)もそうなんです。
第二次大戦のときのアメリカ軍の主力戦車はM4シャーマンです。カタログスペックだけ見ると、ドイツ軍の4号戦車よりちょっと優れている程度です。だからドイツ軍のタイガーやらパンターやらには直接対決では勝てなかった。でも、アメリカ軍はそれでよかったのです。アメリカ軍にとってM4戦車は歩兵支援用です。だから、それ用のための性能を重視しました。そして、ドイツ軍の強力な戦車には、航空機などの戦車の苦手な手段で当たればいいと考えていたのです。これぞアメリカ人の超合理主義。「戦車の相手は戦車がしなきゃいけないと誰が決めたのだ」というわけです。

戦車というのはですね、基本的に消耗品なのです。いくら優れた戦車でも1両だけじゃどうしようもない。それなら平凡な性能の戦車が10両あったほうがいいのです。
これが基本的に理解できなかったのが日本軍。理解できなかったというか、受け入れられなかったというべきでしょうかね。基本的に貧乏な日本軍では、お金のかかる戦車を大量に用意して消費しながら戦うなんて贅沢な戦い方はやりたくてもできなかったのです。

日本軍悲劇の戦車チハタンこと九七式中戦車は、カタログスペックだけを見ると同時代の戦車、例えばドイツの3号戦車初期型とほぼ同等の性能を持っています。3号戦車初期型が37ミリ砲を搭載していたのに対して、チハタンは57ミリ砲を搭載していたので、カタログ上は上です。
しかしこの、「カタログ上は」ってのがネックで、実はチハタンの57ミリ砲、初速が遅くて徹甲弾の性能が低かったので対戦車砲としては使い物にならなかったのです。これは日本工業力の限界。
そしてなによりエンジンの性能が低かった。3号戦車が300馬力のエンジンを持っていたのに対してたった170馬力しかなかった。だから、改良を加えたくても性能に余裕がなかったのです。

日本軍は戦車の開発に関心がなかったわけではないです。ただ中国軍にはほとんど戦車はなかったし、アメリカ軍も第二次大戦前にはほとんど戦車を持っていませんでした。しかしソ連軍は戦車を大量に持っていたので、ソ連軍への対抗上戦車への関心は持っていました。
しかし、ソ連軍が戦車を「大量に動員する」という戦い方をしてきたノモンハン事変を目の当たりにして、「あんな戦い方は(貧乏で戦車を揃えられない日本には)とてもムリ」となったのです。
戦車は戦車単独で存在しているわけじゃなくて、修理をする整備兵や、補給をするトラックなども必要ですよね。ところが当時の日本人にはそもそも車の運転ができる人がいなかった。自動車運転は「特殊技能」扱いです。ましてやそれの整備ができる人となるともっといない。だから運用にも限界があるのです。国に車が行き渡っていて、当然自動車修理工がいっぱいいたアメリカとの違いです。

兵器の優秀さというのは、1対1で強いかとかカタログデータで決まるものではないのですね。別に兵器に限った話ではないのですけれど。
1対1で単純に強いといったらドイツのタイガー2(キングタイガー)だったと思いますが、じゃあキングタイガーは無敵で前線の兵士から歓迎されたかというと、前線の兵士の評判はあまりよろしくないのですね。なぜかというと、これはまあドイツ軍重戦車の宿命でもあるのですが故障しやすくて部品ひとつひとつがやたらと重い。つまり整備が大変だったからです。

1対1で強い戦車があ...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q旧日本海軍の潜水艦について

旧日本軍に潜水艦はないものと思っていましたが、ネットで検索してみるといろいろとあったようです。

戦艦が有名すぎで、潜水艦はあまり話題にならないようです。
そこで質問ですが、潜水艦の性能・実力のほどはどうだったのでしょうか?活躍はしましたか。
Uボートに比較してだいぶ劣るのでしょうか?
戦艦の技術が優秀なので、潜水艦も優秀であったと想像します。

Aベストアンサー

日本海軍が潜水艦だけで沈めた大型艦は、空母ワスプと重巡洋艦インディアナポリスだけだそうです。ここで『大型艦』とは巡洋艦以上の大きさの軍艦を、単独とは純粋に潜水艦からの攻撃だけで沈めたことを意味しています。ちなみに、アメリカ潜水艦は日本の大型艦を七隻以上、ドイツ海軍は英海軍の大型艦四隻以上を単独で沈めています。

日本の潜水艦が余り活躍できなかった原因として、用兵思想の誤りとアメリカ海軍の優れた対策、そして技術格差(潜水艦の建造技術とは別の面での)があると思います。

既に指摘があるように、第二次大戦で潜水艦が最も戦果を上げたのは対商船攻撃でした。潜水艦の任務について、ドイツは最初から対商船攻撃に絞って莫大な戦果を上げ、アメリカも太平洋戦争開戦後から潜水艦の主目標を商船に切り替え、開戦前600万トン以上もあった日本の商船を4年弱の間にほとんど0にしてしまうほどの大暴れをしています。一方、日本海軍は最後まで軍艦攻撃にこだわり、アメリカ軍の優れた対潜対策が充実して行くにつれ片っ端から沈められていく運命をたどりました。護衛の比較的弱い(ソフト・ターゲット)商船団を狙ったアメリカやドイツと、護衛の固い(ハード・ターゲット)軍艦にこだわりすぎた日本の差と言えるでしょう。無論、日本海軍には軍艦攻撃にこだわらざるを得ない事情があったわけですが。

アメリカ軍の優れた対策としては、アクティブ・ソーナーの標準装備、護衛専門の空母(2年間で100隻以上も新造)と駆逐艦の大量建造と護衛船団方式による対潜護衛の実施、護衛駆逐艦がペアを組んだハンター・キラー戦術(一隻が追い回し、待ちかまえているもう一隻の懐へ追い込む)の採用などが上げられるかと思います。また、英海軍が行ったOR(オペレーションズ・リサーチ)の成果から、夜間浮上中の潜水艦をレーダーを利用して集中的に狙う戦術を採用したことも大きく功奏したとされます(おかげで日本潜水艦は昼間浮上せざるを得なくなり、今度は飛行機に狙われた)。

技術差について言えば、アメリカの潜水艦が昭和17末年の段階でレーダーによる魚雷照準装置を実用化していたのに対して、日本海軍は最後まで潜望鏡による目視照準であったようです。また、対潜兵器について言えばアメリカ軍はヘッジフォッグと呼ばれる投網のような対潜砲を実用化していました。また、日本の潜水艦はエンジン/モーターの音を静音化できず、アクティブ・ソーナーのみならず水中聴音機によっても簡単に探知されてしまうと言う欠点を持っていました(ドイツの技術者から『ドラムを叩きながら潜っている』と酷評されています)。飛行機を搭載できたことは、日本潜水艦の優位性でしたが、逆に船体が大型化することで、アクティブ・ソーナーによる探知に弱くなる結果を招いたとの説もあります。

先程述べた多数の護衛空母の哨戒と探知・攻撃における技術格差によって、日本の潜水艦は簡単に発見されるようになり、飛行機や駆逐艦によるハンター・キラー戦術とヘッジフォッグなどの効果的な対潜兵器により、手も足も出ない状況へ追い込まれていったと言われます。

参考文献として、以下のようなものが手頃です。興味があればご一読なさるとよろしいかと。

NHK取材班 『太平洋戦争 失敗の研究』角川書店 ; ISBN: 4041954126~
三野正洋『日本軍の小失敗の研究』光人社 ; ISBN: 4769822596
大井篤『海上護衛戦』学習研究社 ; ISBN: 4059010405

日本海軍が潜水艦だけで沈めた大型艦は、空母ワスプと重巡洋艦インディアナポリスだけだそうです。ここで『大型艦』とは巡洋艦以上の大きさの軍艦を、単独とは純粋に潜水艦からの攻撃だけで沈めたことを意味しています。ちなみに、アメリカ潜水艦は日本の大型艦を七隻以上、ドイツ海軍は英海軍の大型艦四隻以上を単独で沈めています。

日本の潜水艦が余り活躍できなかった原因として、用兵思想の誤りとアメリカ海軍の優れた対策、そして技術格差(潜水艦の建造技術とは別の面での)があると思います。

既に指...続きを読む

Q99式艦上爆撃機は何故あんなに命中率が高かったのですか?

本屋で本を読んでて気になりました。
第二次世界大戦では零戦や戦艦大和など有名なのが
ありますが、99式艦上爆撃機とはあまり知りませんでしたが、命中率が8割を超える精度だったとありました。

実際99式艦上爆撃機とはどんな所で作られ、何故あの時代にあれだけの精度が出せたのですか?

Aベストアンサー

99式艦上爆撃機は昭和11年に海軍省から試作を命じられた中島と愛知の両メーカーが競作した航空機で、結果的には愛知が競作に勝利し昭和12年12月に試作第1号機が完成し、昭和14年に制式化されました。

当時愛知はドイツからの今で言うライセンス制作で、いくつかの艦爆機を作っていましたが、この99艦爆は日本独自のオリジナル設計による艦爆機で、これが日本における艦爆の嚆矢となった機体で、日本最初の全金属製の低翼単葉艦爆でもあります。

99式は終戦まで各型あわせて1294機が作られ、日本海軍の主な作戦のほとんどで使用されています。

80パーセントを超える命中率は開戦当初の戦歴で、その戦歴は相当無理な急降下にも耐えうる機体の頑丈さと優秀さもありますが、当時の厳しい鍛錬を積んだ搭乗員の技術によるところが大きかったといえます。

ただ急降下という敵に肉薄せざるを得ないような攻撃方法のため、艦船からの対空砲火に食われる確率が他の攻撃機よりも格段に高いものでした。

99式のもっとも華やかな戦歴はインド洋海戦といわれ、このとき99式は英空母ハーミスと巡洋艦コーンウォール、ドーセッシャーを撃沈しており、ソロモン海戦あたりが99式の栄光の絶頂だったといえます。

ただその後は経験豊富な搭乗員の消耗が激しくなるにつれ戦果も目立って少なくなり、マリアナ海戦を最後に第一線機としての名誉を彗星に譲っています。最後は特攻作戦にも使用されるようになりました。

99式艦上爆撃機は昭和11年に海軍省から試作を命じられた中島と愛知の両メーカーが競作した航空機で、結果的には愛知が競作に勝利し昭和12年12月に試作第1号機が完成し、昭和14年に制式化されました。

当時愛知はドイツからの今で言うライセンス制作で、いくつかの艦爆機を作っていましたが、この99艦爆は日本独自のオリジナル設計による艦爆機で、これが日本における艦爆の嚆矢となった機体で、日本最初の全金属製の低翼単葉艦爆でもあります。

99式は終戦まで各型あわせて1294機が作ら...続きを読む


人気Q&Aランキング