お詳しい方、できればデジタル録音のもので、ベルリオーズの幻想交響曲のおすすめのCDをお教えいただけないでしょうか?
特に第4楽章の「Marche au Supplice」が、痛快に聞こえるものを聴いてみたいです。
現状では、ダニエル・バレンボイム指揮のものを聴いております。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あまりにも有名なものかもしれませんが、私のお奨めは以下の3点です。



●シャルル・ミュンシュ指揮/パリ管弦楽団(1967年)

個人的にはこれが一番好きです。全体的にスピード感と力感を感じます。第4楽章でギロチン
が落とされる前に「固定観念」の主題の最後がフッと消えるところや、第5楽章の「怒りの日」
の主題のあたりで鐘をクリアに強く叩かせているところが印象的です。


●アンドレ・クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団(1964年)

1964年の東京文化会館でのライヴ録音。ライヴなので瑕疵はあるし、野蛮で乱暴にも感じ
るような演奏ですが、「幻想交響曲」だったらこのぐらいの「狂気の沙汰」があってもいいです
ね。第5楽章は後ろから何かが迫ってくるような緊張感を感じます。「怒りの日」もスリルを
感じます。


●小林研一郎/日本フィルハーモニー交響楽団(2000年)

ちょっとひねるとこの演奏も面白いです。この演奏は第3楽章が聴き所ですね。2人の羊飼いが
角笛を吹きあいながら、相手の角笛が雷鳴によってかき消され、やがて聞こえなくなるところの
表現が叙情的で美しいです。目を閉じながら聴くとその情景が目に浮かびます。ちょっと細部に
こだわりすぎて第5楽章は物足りない感じもしますが、「柔」の演奏だったらこれが好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
小林研一郎さんの録音気になりますね。
お教えいただいたシャルル・ミュンシュ指揮のものは、もしかしたら聴いたことがあるかもしれません。
アンドレ・クリュイタンスのものも、探してみたいと思います。
とてもわかりやすいご説明、感謝いたします。

お礼日時:2009/04/19 12:29

こんばんは。

#1です。
コージアン/ユタ響。たしか、自分も持っていたハズと思い、奥のほうから捜し出して今聴いているところです(無責任な話でスミマセン)。

4楽章、ティンパニがバンバン、低音は作ったような感じで、ヘッドホンがゆらゆら揺れます。クラシックとしては悪趣味ですね。
でも、痛快で楽しいです。
5楽章、コントラバスって、こんなズンズンする音出たかなあ? ほかの弦はというと、なんと言うかやっつけ仕事的です。早い節回しについてこれないのかも。アマチュア的というWEBの書き込みも納得できます。でも、荒削りなんですが、なぜか聴いてる方の身が踊り出します。

Amazonでみましたが、発売時3200円が、今でも3000円前後とあまり下がっていませんね。
やはり、怖いもの見たさの人がいるんですねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
わざわざ詳しくお教えいただいてありがとうございます。
そうでしたか。 かなりアグレッシブな演奏のようですね。
昔のCDの価格としては、普通ですかね? やはり2500~3000くらいは。
購入、検討してみようかと思います。

お礼日時:2009/04/19 12:26

「幻想」いい曲ですよね!確かにこの曲の最終楽章「ワルプルギスの夜の夢」が最大の見せ場になるとは思いますが、私的には2楽章のワルツ、4楽章の「断頭台への行進」と来て、この最終楽章への流れが「ツボ」といった感じでしょうか。


そうですね、ミュンシュ、デュトワ、クリュイタンスと「幻想」の名盤も数知れず存在すると思いますが、残念ながらバレンボイム指揮のCDは聴いたことがないので、idzu1220さんのご期待に添えるかわかりませんが、私のディスクコレクション内で最終楽章が、「痛快に聞こえる」と思えるものを三つ挙げさせていただきます。

(1)ジョルジュ・プレートル指揮 ボストン交響楽団(1969年)
 最近、一つのブームになろうとしているプレートル氏の若き日の(と言っても40代後半ですが)録音です。去年非常に話題になったマーラーのシンフォニーと同様、すごいエネルギッシュを感じるものになっています。ですが、名門ボストン響を手足のようにコントロールし、ただの熱演ではないところがスゴイと思います。最終楽章も「パワー全開」でグイグイと進んでいき、高揚感は抜群です。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMai …

(2)ポール・パレー指揮 デトロイト交響楽団(1959年)
 この指揮者も最近タワレコが過去の録音を復刻させて話題になっていますね。ご紹介するCDはそのシリーズに含まれていませんが、この方の演奏が「やたら速い」という点が非常にツボにはまります。
(こうした演奏スタイルは結構好き嫌いはあると思いますが・・・)
このCDの最終楽章の演奏は、私の持っているすべての「幻想」の中で「最速」です(笑)。「こんな演奏がもしコンサートで聴けたら」と、聴いていて可笑しくてたまりませんでした。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=2622 …

(3)イゴール・マルケヴィッチ指揮 日本フィル・ハーモニー管弦楽団(1965年)
 さて、最後の1枚はご紹介しておいて申し訳ないのですが、現在廃盤中で入手出来なくなっております。
これもはっきり言って「ものすごい演奏」です!私が今までクラシック音楽のCDを聴いてきた中で「最も衝撃を受けた」ものの一つです。第1楽章から異様なまでの緊張感の中、演奏が続き、それが最終楽章まで途切れることがありません。最終楽章は普通の演奏と比べると「時間がかかっている」方なのですが、そんなことは全く気にならないんです!
演奏終了後の「ブラボー」の絶叫と、割れんばかりの拍手が、聞き終わった後に心地よい興奮を与えてくれるほどです。
ぜひ、どこかのメーカーさんがリマスターして再販してくれないかと願っています(そしたらダブってでも必ず買いますよ!)。

以上が私の参考意見です。これ以外にも「おもしろい演奏」のCDは、マイナーなものも含めれば、まだまだ見つけられると思いますよ!
どうか、idzu1220さんのツボにはまる演奏が見つけらますように!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
たくさん詳しく解説してくださり大変感謝しています。
おすすめはアナログ録音が多いのですね。
(3)のイゴール・マルケヴィッチ指揮のおすすめ内容が気になりました。が、廃盤ですか・・・なんとか聴いてみたいものです。
希望はデジタル録音のものでしたが、(1)のプレートル指揮のものを聴いてみたくなりました。
ありがとうございました^^

お礼日時:2009/04/12 04:52

今となっては古い録音かもしれませんが


私のお気に入りなので紹介します。

LONDONから発売されていた(今でもあるのかな?)
クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮
クリーヴランド管弦楽団、による演奏です。
1989年の録音ですが、DIGITAL RECORDINGとなっています。

私が「幻想交響曲」を好きになった思い出の版です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お薦めの盤ですが、アマゾンのほうで探してみたら、まだ販売されているようですね。
ぜひ聴いてみたいと思います。

お礼日時:2009/04/10 20:51

幻想は、最近はゲルギエフとかが売れていますね。



さて、ご質問の件、
かつて、コージアン指揮ユタ響というのが、音楽誌を賑わしたことがありました。賛否両論でしたけど。今は廃盤でしょうか。
コージアン氏は亡命アルメニア人とかで(間違っていたらスミマセン)、そのこともあってアメリカ人には人気なのかも。
コージアン/ユタ響はスターウォーズの映画音楽の録音なども出しています。ソノ手の音楽が得意なオケなので、なんとなく察しがつくのではないでしょうか。
なお、「アマチュアレベル」と批評する人もいます。

満足な回答でなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど。スターウォーズの録音をされているのですね。
とてもテンションが高そうに思えます。
ぜひ、探してみたいと思います。

お礼日時:2009/04/10 20:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベルリオーズの幻想交響曲でおすすめのCD

お詳しい方、できればデジタル録音のもので、ベルリオーズの幻想交響曲のおすすめのCDをお教えいただけないでしょうか?
特に第4楽章の「Marche au Supplice」が、痛快に聞こえるものを聴いてみたいです。
現状では、ダニエル・バレンボイム指揮のものを聴いております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あまりにも有名なものかもしれませんが、私のお奨めは以下の3点です。

●シャルル・ミュンシュ指揮/パリ管弦楽団(1967年)

個人的にはこれが一番好きです。全体的にスピード感と力感を感じます。第4楽章でギロチン
が落とされる前に「固定観念」の主題の最後がフッと消えるところや、第5楽章の「怒りの日」
の主題のあたりで鐘をクリアに強く叩かせているところが印象的です。


●アンドレ・クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団(1964年)

1964年の東京文化会館でのライヴ録音。ライヴなので瑕疵はあるし、野蛮で乱暴にも感じ
るような演奏ですが、「幻想交響曲」だったらこのぐらいの「狂気の沙汰」があってもいいです
ね。第5楽章は後ろから何かが迫ってくるような緊張感を感じます。「怒りの日」もスリルを
感じます。


●小林研一郎/日本フィルハーモニー交響楽団(2000年)

ちょっとひねるとこの演奏も面白いです。この演奏は第3楽章が聴き所ですね。2人の羊飼いが
角笛を吹きあいながら、相手の角笛が雷鳴によってかき消され、やがて聞こえなくなるところの
表現が叙情的で美しいです。目を閉じながら聴くとその情景が目に浮かびます。ちょっと細部に
こだわりすぎて第5楽章は物足りない感じもしますが、「柔」の演奏だったらこれが好きです。

あまりにも有名なものかもしれませんが、私のお奨めは以下の3点です。

●シャルル・ミュンシュ指揮/パリ管弦楽団(1967年)

個人的にはこれが一番好きです。全体的にスピード感と力感を感じます。第4楽章でギロチン
が落とされる前に「固定観念」の主題の最後がフッと消えるところや、第5楽章の「怒りの日」
の主題のあたりで鐘をクリアに強く叩かせているところが印象的です。


●アンドレ・クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団(1964年)

1964年の東京文化会館でのライヴ録音。ラ...続きを読む

Qベートーヴェン交響曲第5番で第一楽章と第4楽章の展開部、再現部、コーダ

ベートーヴェン交響曲第5番で第一楽章と第4楽章の展開部、再現部、コーダはそれぞれ何分何秒からですか。下記のディスクでいうと何分何秒からですか。どれか一枚選んで教えてください。

カルロス・クライバー ウィーン・フィル
サイモン・ラトル ウィーン・フィル(全集中の方でも旧盤でも)
フルトヴェングラー ベルリン・フィル 43年(DG) 47年(DG) 54年(EMI)
フリッチャイ ベルリン放送響(DG)
テンシュテット LSO(BBC)
セル ウィーン・フィル(ORFEO)
ケーゲル ドレスデン・フィル(東京でのライブ)
カラヤン BPO(60年代)
シェルヘン ロイヤル・フィル
シェルヘン ルガノ放送響
ギーレン SWR(DVD)

Aベストアンサー

では、クライバーのウィーンフィルで・・・・・(ひさびさに聴きました)

第一楽章
展開部・・・・・2'53  
再現部・・・・・4'17
コーダ・・・・・5'50

第4楽章
展開部・・・・・4'13
再現部 ・・・・6'19
コーダ・・・・・8'57

Q幻想交響曲 断頭台への行進

幻想交響曲が好きです。
ただ、この曲、よく分からないところだらけですが、
その中でも特に分からないのが4楽章の
「断頭台への行進」の部分です。
普通の感覚ですと、これからギロチン台へ行く、
という時の気分として、あんなに「ハツラツとした」音楽って
変ですよね…(^^;

この訳の分からない感覚、解説して頂けないでしょうか…。

Aベストアンサー

こんにちは。
特に根拠のない妄想解説ですが(笑)

ごく大ざっぱに見ると,ふたつの行進曲が交代で表れています。

1.ほとんどが下降音型の重苦しく暗い行進曲
2.シンコペーションや符点音符が多用される,過剰にハツラツとした暴力的な行進曲

他の方もおっしゃっているように,愛する人を殺し断頭台へと連行される若者(ベルリオーズの幻影)と,それを見世物として無邪気に集まってくる群衆たちの様子が強烈なコントラストで描かれているように思います。

やがて若者はどちらが自分であるのかも分からなくなるほどに混乱し,異常な興奮状態の中で自ら断頭台に立つと,その瞬間に突如愛する人の幻影が!(一瞬静まりクラリネットが彼女を象徴する旋律を奏でる部分)。
しかし,その想いを抱く事すらも許さぬかのようにギロチンは落とされ,転がる首・・・
そして,それをあざ笑うかのように高らかに響き渡る軍楽隊のファンファーレと熱狂する群集。

と,こんな感じではなかろうかと思います。

ベートーヴェンが第九で高らかに人類愛を歌ったのとほぼ同時期に作られた,恐るべき異形の作品ですので,よく分からないところだらけなのはごもっともな事だと思いますよ。

こんにちは。
特に根拠のない妄想解説ですが(笑)

ごく大ざっぱに見ると,ふたつの行進曲が交代で表れています。

1.ほとんどが下降音型の重苦しく暗い行進曲
2.シンコペーションや符点音符が多用される,過剰にハツラツとした暴力的な行進曲

他の方もおっしゃっているように,愛する人を殺し断頭台へと連行される若者(ベルリオーズの幻影)と,それを見世物として無邪気に集まってくる群衆たちの様子が強烈なコントラストで描かれているように思います。

やがて若者はどちらが自分であるのか...続きを読む

Qベルリオーズ 幻想

大した事じゃ無いのですが、へー と 思ったものですから
NHK BD サイトウ・キネン 小澤指揮の 幻想ですが、第1楽章済んで、クラリネットだと思うのですが女性が退席し、第3楽章野の風景、中頃以降ですが
舞台のソデ と言うべきか、扉の奥でクラリネットと思しき物を吹いていますし、小澤さんのそれに合わせた用に指揮している様子。(その前後扉は閉まっています)

これって、素人の考えですが、「何処からとも無く」なんて ベルリオーズが書いているんでしょうかね。無学でスイマセンが。

Aベストアンサー

 事実関係はNo.1の方の答の通りですので、ちょっと補足です。

 実際の演奏会では、質問者の場合のように、ステージ上の演奏者が
ステージ裏に出て行って演奏し、演奏後に戻ってくるやり方と、
専任の演奏者がステージ裏にスタンバイしていて演奏するやり方の
2通りがあります。

 NHK交響楽団のオーボエ奏者茂木さんの本に、茂木さんが「裏方」
(バンダという)を勤めたときに、ステージ裏だけの出演なので普段着
で演奏しようとしたら、ガードマンに「本番中に何をする」と羽交い
絞めにされ、「落ちた」話が出てきます。

 ステージ裏で演奏する他の例としては、マーラーの交響曲第1番の
冒頭部分でのトランペット3本のファンファーレ、ベートーヴェンの
序曲「レオノーレ」第3番のトランペットなどが有名です。マーラー
の場合は、裏方が3人も必要で出番も最初の少しだけなので、裏で演
奏してからステージ上に出てくるパターンが多いようです。
 CDで聴いているだけでは分からない、音楽演奏の現場風景ですね。

Q幻想交響曲、断頭台への行進ののトロンボーン

ベルリオーズ、幻想交響曲の断頭台の行進で、トロンボーン(バストンボーン?)が極めて強調された演奏とそうでない物とが有るようですが、これは指揮者の解釈違いなのでしょうか版の違いが有るのでしょうか。ご存知の方お教え下さい。
又、強調された演奏でのお奨めのCD等があればお教え下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
もう少し早くに回答差し上げたかったのですが,プライベートがいろいろとバタバタしておりまして・・・(汗)

そこに目をつけるとはお目が高い!・・・かどうかはなんとも言えないのですが,なかなかにマニアックな視点が私好みです(笑)

その「バリバリ」「ブリブリ」ですが,トロンボーンの音域ではペダルトーンにあたります。曲中でペダルトーンを大きな音を出すように指示されていたらどういうことが起こるか,質問者さまならば想像できますよね(笑)
ベルリオーズが何ゆえにこんな特殊な音を使ったのか,私は存じ上げません。ギロチン見物に集まった群衆のどよめき・怒号,これから処刑される主人公を引き回す車が軋む音,ギロチンの刃をぎりぎりと持ち上げる音・・・,なんていう想像はできるような気もしますが。

極端に聞こえてくる演奏は,指揮者がオーケストレーションの異常性に目をつけて強調させている場合と,奏者が勝手に張り切っている場合(爆)と,両方あると思っています。(なお,版の違いがあるかどうかは分かりません)

強調された演奏はどれか,というのは残念ながらよくわかりません。
私が持っているのはミュンシュ/パリ管,チョン・ミュン・フン/パリ・バスティーユ管などですが,この二者ではミュンシュ/パリ管の方がよく聴こえるような?めちゃくちゃに目立って聴こえるというわけでもないとは思いますが。

こんにちは。
もう少し早くに回答差し上げたかったのですが,プライベートがいろいろとバタバタしておりまして・・・(汗)

そこに目をつけるとはお目が高い!・・・かどうかはなんとも言えないのですが,なかなかにマニアックな視点が私好みです(笑)

その「バリバリ」「ブリブリ」ですが,トロンボーンの音域ではペダルトーンにあたります。曲中でペダルトーンを大きな音を出すように指示されていたらどういうことが起こるか,質問者さまならば想像できますよね(笑)
ベルリオーズが何ゆえにこんな特...続きを読む

Qハイドンの93番~104番までの交響曲選集が、有名指揮者のもので、複数

ハイドンの93番~104番までの交響曲選集が、有名指揮者のもので、複数出ていますが、もし最初に買っておくべきものがあるとすればそれでしょうか?

Aベストアンサー

私はハイドンのロンドンセットは大好きで、いろいろ聞いていますが、お薦めは、ギュンター・ベルビッヒ&ドレスデンフィルですね~。ハイドンのSymphonyというと、やっつけ仕事感のある録音も少なからずありますが、この録音は実に音楽が活きているように思います。古楽系なんかもいろいろ聞きましたが、結局、これに戻ってきました。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail/1973431

Qベルリオーズ 幻想交響曲 3楽章

お尋ねしたいのは、タイトルの通り 幻想交響曲の3楽章についてです。
アマチュア市民オーケストラでオーボエを吹いています。
今度幻想交響曲を演奏する事になりました。編成について困っています。

この曲は 1stオーボエ+2ndオーボエ(アングレ持ち替え)の計2名だけで演奏可能でしょうか?
3楽章の冒頭で1stオーボエが舞台外で吹いています。
3人目のオーボエ奏者がいる場合は問題ないのでしょうが、2名しか奏者がいない場合、
「1st奏者は2楽章の間に舞台外に出て3楽章のソロが終った直後に急いで舞台に戻る」みたいな事がスコアに記されていますが、これって実際可能なのでしょうか?
色々なプロオケの演奏の映像を見ると、どのオケも3人目(もしくは4人目)の奏者が舞台外で吹いているようで、こんなバタバタ出たり入ったりしているものを見た事がありません。
2名の奏者で演奏会をした事がある方、いらっしゃいましたら、実際の状況を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

実際に演奏した事があるものです。(オーボエではなくて,しかもアマチュアですが)
私がいたアマオケの場合も,途中で退場して戻ってきました。しっかり吹ける人の頭数が揃わなかったからですが(恥)

私自身は曲の途中で出入りした事はありませんが(トロンボーンなので,座ったまま待ちぼうけはしょっちゅうですけれども,笑),同様の曲を他に何曲かやった事もあります。

・・・という事で,なんちゃって経験者ではありますが,当時の状況を覚えている範囲で。

幻想の場合,出ていくのは比較的楽ですが,戻ってくる時がちょっと大変だったようですね。
時間的なものというよりは,曲想の問題ですが。

ポイントは,

・無理な姿勢にならなくても通れる道をしっかり確保しておく(最重要)
・必要以上に急がない
・足音が響くような靴底の靴は避ける

といった感じでしょうか。

よい演奏会になる事をお祈り申し上げます♪

Qマーラー交響曲第5番の楽章について

音楽音痴ですが、少しクラシックに馴染みたく少しづつ、人気の曲や部分を聴いています。
処でマーラーの交響曲第5番の第4楽章の評判にあやかり、早速友人からCD(コピーしたもの)を借りて聞いたのですが、交響曲第5番は確か第5楽章までだと思うのですが、CDプレーヤーでトラック第6まであり、どれが第4楽章か分かりません。

第5楽章までしかないはずなのに第6トラックまであるとは、どういうことでしょう?第5トラックまでならそれぞれが楽章とトラックが対応するとわかるのですが、そうではないのですか?教えてください。一応全部聞いたのですが、第5楽章までしかないはずのCDに第6まであると、クラシックを聞きなれていないので、第4楽章は第4トラックなのか第5トラックなのか、、、((>_<))分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

とりあえず、CDのそれぞれのトラックの演奏時間を比較してみませんか?
私の持っているマーラー交響曲第5番(全5トラック)では、
第1楽章…12’36”
第2楽章…14’46”
第3楽章…17’27”
第4楽章… 8’59”
第5楽章…15’38”
といったトラック分けになってます。
これと比較して、極端に短かったりするトラックがアヤシイのではないかと。
ご確認をお願いいたします。

Qベルリオーズの幻想交響曲

聞いた話なのですが、この曲の5楽章で鐘の鳴る数は演奏のできによって変わると聞きました。これは本当ですか?それと、この曲皆さん好きですか?私には、なんか退屈というか、暗い感じがして...。好きな方、嫌いな方、この曲をどう思うか聞かせてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この鐘ですけれどね・・・

>この曲の5楽章で鐘の鳴る数は演奏のできによって変わる
演奏のできによって、ですよ。

大学のオーケストラの打楽器をやっていた先輩に聞いたことがあるのですが、プロでもたまに落ちてしまう(音を出しそこねる)ことがあるようです。特に鐘の音程が離れる時、ふとどこを叩いたらいいのかわからなくなって叩けなくなってしまうこともあるようです。
そういう意味で、演奏のできによって変わります。もちろん、ベルリオーズがスコアに書き込んだ回数は一定です。

>この曲皆さん好きですか?
舞踏会、断頭台への行進、魔女の夜宴の夢。この3つの楽章だけは割と憂鬱な時などに聞いてスカっとすることがありますが、他の2つは僕にはあまりよくわかりません。
とにかく、この作曲家は女優ハリエット・スミスソンへの情熱的な恋で煩悶としていましたから、同じくらい精神を錯乱させられた状態の時に聞くのがふさわしいタイプの曲であると思います。

Qマーラーの交響曲第9番第一楽章について

マーラーの交響曲第9番第一楽章の、提示部の第一主題と第二主題がどこなのか解らないのでどなたか解りやすく教えて下さい。
この作品(第一楽章)はソナタ形式の諸作品の中でも特に素晴らしいと聞きましたが、正直ぼやーーっとしててメロディらしいメロディがつかめません。
あと、展開部についても解説して頂ければなおうれしいです。

Aベストアンサー

コメントがつかないようなので、私が同じ質問をして
識者のかたから回答をもらいました。

以下、引用

 回答が付かないようなのでご参考まで。私は専門家ではありませんし、マーラーは意図的に形式から逸脱する書き方をすることが多いので、正解ではないかもしれません。
 時間は、私が参照したテンシュテット指揮ロンドン・フィルのCDの概略時間です。

・第1主題:7小節目から(0'25")
・第2主題:27小節目から(2'10")

 提示部に繰り返しがないので、下記で擬似的に2回目の主題提示を行っている。

・第1主題:47小節目から(3'40")
・第2主題:80小節目から(6'00")

 展開部は、108小節目(7'25")から。

 再現部は、347小節目(22'40")から、第1主題の再現。第2主題の再現は372小節目(24'25")から。
 406小節目(27'00")からがコーダ(終結部)でしょうか。

引用おわり


人気Q&Aランキング

おすすめ情報