洗濯物を干していてふと思いました。
なぜ洗濯物は乾くのでしょうか?
洗濯機で洗ってから脱水しても濡れてます。
そこから乾燥するには水分が気化(?)するはずですよね。
洗濯物についている水分が短時間で飛ぶ条件を教えてください。

自分なりには水の気化熱が関係しているのかなぁと・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(水の)蒸気圧と相対湿度が低い方へ液体は蒸発します。

つまり、その時の温度、気圧により変化します。

気圧を操作するのは大変ですので、濡れた布の表面に直接に接する外気の湿度を下げるのが原則です。

方法としては、布から蒸発した表面の蒸気を取り去り、新しく、蒸気を含まない空気や、暖かい(蒸気圧が高くなる)空気を送り、布表面の飽和した蒸気を取り去る事が早く乾かすコツです。

扇風機で風を送る、又は、温風を当てるなどをして、布表面の飽和した蒸気の膜を取り去る方法です。

雨の日は、全体的に相対湿度が高いので、乾き難いのはそのためです。

気化熱は、気化する時に熱を奪うので、間接的に布そのものが冷たくなる現象であって、そのため布の温度が下がり、蒸気圧も下がります。

常に、新しい(暖かい)空気を布の表面に送り込む事が大切です。
    • good
    • 4

温度・湿度・風、そのほか、(干してから選ぶわけにはいきませんが)


洗濯物の材質がありますね。

木綿はなかなか乾きませんが、ポリエステルやウールは、早く乾きます。山に登る人は化繊かウールを下に着ます。
    • good
    • 4

過去に類似の質問があり、丁寧な回答が付いています。

ご参考まで。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=40492
    • good
    • 0

乾燥にに必要なのは湿度、つまり洗濯物のおかれているところの空気の乾燥度合いです。


また温度が高い方が気化が促進されます。
それと洗濯物から蒸発した水分を向け止めてなお乾燥した状態が保てれば早く乾きます。

ですから乾燥していてぽかぽかと暖かいところと言うことですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風が強いと洗濯物が早く乾く理由

以下の問題なのですが、ネルンスト・ノイエス・ホイットニーの式
J = D (Cs-C)/h  dc/dt=kD(Cs-C)/hと関係がありそうだとは思うのですが、どうもしっくりきません。よろしければご教授ください。

「風が強ければ、なぜ洗濯物が早く乾くのかを説明せよ」

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

Aベストアンサー

洗濯物が乾くのは、洗濯物についた水が蒸発するからです。

洗濯物の水が蒸発し始めると、洗濯物近傍の空気における水蒸気の分圧(以下、水蒸気圧)はほぼ飽和状態です。
しかし、洗濯物から少し離れたところの空気では飽和蒸気圧より低くなっています。
したがって、水蒸気は洗濯物近傍からゆっくりと流れていきます(拡散します)。
流れたぶんだけ、洗濯物から蒸発する余地が出来ます。
すなわち、蒸発速度は流れる速度に比例している関係を予想できます。

風が吹くと、洗濯物近傍の水蒸気は本来の伝達速度に風による伝達速度が加わります。
すると洗濯物近傍の水蒸気圧の勾配は先ほどよりも大きくなり、洗濯物からも水が蒸発しやすくなる。
と、そう言う原理でしょう。


湿度が低いと蒸発が速くなる、かどうかは確かに分からないですね。
しかし少なくとも「飽和ならそれ以上蒸発しない」ことは認められるわけで、洗濯物の近傍に水蒸気飽和層があれば洗濯物からは蒸発できないわけです。
飽和層の水蒸気がいかに速くまわりに拡散するかが蒸発の律速段階になりえます。
ある程度以上もとの水蒸気圧(=湿度)が大きければ、拡散速度も遅くなり、拡散が蒸発を律速する、と、そういうことでしょう。たぶん。

拡散速度が大きければその関係は崩れて、蒸発速度の律速段階は蒸発速度自体になると思われますが、まあそれはそれで速くなってるのでいいのです。


そんな感じで説明ついてるんじゃないですかね。
言葉遣いが怪しいのは見逃してやってください。
あと、常識的には風じゃ気圧は変わりません。気圧って何百kmも上空から積み重なってる空気の圧力ですから。念のため。

洗濯物が乾くのは、洗濯物についた水が蒸発するからです。

洗濯物の水が蒸発し始めると、洗濯物近傍の空気における水蒸気の分圧(以下、水蒸気圧)はほぼ飽和状態です。
しかし、洗濯物から少し離れたところの空気では飽和蒸気圧より低くなっています。
したがって、水蒸気は洗濯物近傍からゆっくりと流れていきます(拡散します)。
流れたぶんだけ、洗濯物から蒸発する余地が出来ます。
すなわち、蒸発速度は流れる速度に比例している関係を予想できます。

風が吹くと、洗濯物近傍の水蒸気は本来の伝...続きを読む

Qエアコンの真空引きについて教えて下さい。真空引きの目的は空気と水分の除去です。水分を除去する為に

エアコンの真空引きについて教えて下さい。
真空引きの目的は空気と水分の除去です。
水分を除去する為に圧力を下げ水を沸騰し蒸発し易くします。
一般的に真空引きは-0.1メガパスカルまで15分程度、圧力を下げ続けるやり方らしいのですが、-0.1メガパスカルの水の沸点は11.7度です。
そこでお聞きしたいのですが、外気温度の低い寒冷地や冬期は真空引きでの蒸発による水分除去は出来ないという事でしょうか?
また、真空引きをする際の外気温度の決まりの様なものはあるのでしょうか?
分かる方いましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

そもそも、「真空引き」を寒い外気の中でやるわけではないでしょう?

 例えば、室温20℃では、空気の飽和蒸気圧は「23.39hPa」です。
(注:下記の計算サイトで計算しました)
http://www.es.ris.ac.jp/~nakagawa/met_cal/satu_vapor.html

 質問者さんのおっしゃる「-0.1メガパスカルの水の沸点は11.7度」とは、「温度11.7℃の空気の飽和蒸気圧は13.75hPa = 0.001375MPa である」という意味でしょう。
(注:絶体圧力13.75hPaは、1気圧=1013hPa を基準にした「ゲージ圧」では、「13.75 - 1013 = -999.25hPa ≒ -0.1MPa になります)

 つまり、室温20℃で飽和蒸気圧「23.39hPa = 0.002339MPa」以下に真空引きすれば(「-0.100MPa:絶体圧力で13hPa = 0.0013MPa」はこれを満たす)、水はどんどん蒸発して「飽和蒸気圧」に近づこうとし、真空に引かれて「0.0013(MPa)」まで下げられます。これをずっと繰り返すので、「水分の除去」ができるわけです。
 この「真空度」なら、外気温度12℃以上でなら十分水分除去の効果があるでしょう。

 「真空引きをする際の外気温度の決まり」とは、要するに「その温度での飽和蒸気圧」と、真空引きする「真空度」との関係というわけです。

 もし、温度-20℃の場所で真空引きするなら、空気の飽和蒸気圧は「1.25hPa = 0.000125MPa」ですから、確かに「もう1ケタ真空を上げねば」ということになります。
 ただし、通常の1気圧では、100℃で沸騰させれば水はどんどん蒸発しますが、70℃、80℃でもそれなりに蒸発します。従って、飽和蒸気圧以下にまで真空引きできなくとも、それなりに時間をかければ大気圧よりは早く水分の除去ができるでしょう。

そもそも、「真空引き」を寒い外気の中でやるわけではないでしょう?

 例えば、室温20℃では、空気の飽和蒸気圧は「23.39hPa」です。
(注:下記の計算サイトで計算しました)
http://www.es.ris.ac.jp/~nakagawa/met_cal/satu_vapor.html

 質問者さんのおっしゃる「-0.1メガパスカルの水の沸点は11.7度」とは、「温度11.7℃の空気の飽和蒸気圧は13.75hPa = 0.001375MPa である」という意味でしょう。
(注:絶体圧力13.75hPaは、1気圧=1013hPa を基準にした「ゲージ圧」では、「13.75 - 1013 = -999.25hPa ≒ ...続きを読む

Q洗濯物はなぜ乾くのか?

 私は大学で,流体関係の研究室にいるんですが,最近ふと思ったことがあります.それは洗濯物は何故乾くのかということです.洗濯物に含まれる水分,つまり水は100℃で蒸発するはずなのに,何故それより低い温度で蒸発するのか解りません.どうかお答えをお願いします.
 
               shorinnjiより

Aベストアンサー

 蒸発:液層の表面から気化が起こっている状態。
 沸騰:液層の内部からも気化が起こっている状態。

 通常,液層表面からの気化(つまり蒸発)は温度に関係なく起っています。が,閉じた系ではどこかで気化と液化が平衡になってしまいます。

 しかし,洗濯物を乾かすような開放系においては,気化した分子は拡散あるいは風によって洗濯物近辺から除かれていくため平衡に達することが無く,水の蒸発が続いて洗濯物が乾くわけです。


 過去にも類似質問がありましたので,御紹介しておきます。

・QNo.22624 洗濯物はなぜ乾くの?
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=22624

・QNo.110725 洗濯物はなぜ乾く
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=110725

・QNo.172925 蒸発について教えて下さい
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=172925

・QNo.75139 水の蒸発について
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=75139

・QNo.40492 水の蒸発
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=40492


 「OK Web」のトップページ(↓)で検索すると他にもヒットします。興味があれば,「洗濯物 蒸発」や「蒸発」等で検索してみて下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/index.php3

 蒸発:液層の表面から気化が起こっている状態。
 沸騰:液層の内部からも気化が起こっている状態。

 通常,液層表面からの気化(つまり蒸発)は温度に関係なく起っています。が,閉じた系ではどこかで気化と液化が平衡になってしまいます。

 しかし,洗濯物を乾かすような開放系においては,気化した分子は拡散あるいは風によって洗濯物近辺から除かれていくため平衡に達することが無く,水の蒸発が続いて洗濯物が乾くわけです。


 過去にも類似質問がありましたので,御紹介しておきます。

...続きを読む

Q50mの海底にある7Kgのアンカーを浮上させます。ドライアイス気化させパラシュートに受けます。必要とするドライアイスの体積は?

これから実験をしてみようと思っていますが水圧と浮力の関係が分りませんので宜しくお願いします。

海面から45度の角度でロープにつながれた50mの海底にある7Kgのアンカーを浮上させます。ドライアイスを海水と反応させ気化した二酸化炭素をパラシュートに受ける方式とします。
必要とするドライアイスの体積はどれくらいになるでしょうか?

1.アンカーはコンクリート製です(外径25cm高さ7Kgに相当)
2.アンカー7Kg以外(ナイロンロープ径7mm 70.7m 6Kg、パラシュート 1Kg)の重量は無視してもけっこうです。
3.ドライアイスの膨張率は大気圧(1気圧)で750倍です。

Aベストアンサー

No.4で回答したものです。
> ちょっと気になったのですが
> 二酸化炭素は空気の1.5倍の
> 重さがあることは浮力に考慮
> 必要なんですかね?

これ、実は私もちらっと考えてました(^^;

目安の計算法ですが、理想気体は気体の種類を問わず、標準状態(0℃1気圧)で1molの体積が22.4リットルです。
一方、1molの重さ[グラム]≒その気体の分子量なので、二酸化炭素の分子量=44から、1mol=44グラムです。
よって二酸化炭素は、22.4リットル(@0℃1気圧)で44グラムの重さがあります。
6気圧だと、体積が1/6になるので、4リットル弱で44グラムになります。

一方、海水は4リットルで4kgなので、二酸化炭素の重量影響は1%強程度となり、まあ誤差範囲かなあと思ってます。

Q気化熱の行方

揮発性の高い液体をまくと、気化熱で冷たくなりますよね。
打ち水もその原理だったかと思います。

ではこれを密室でやると、涼しくなるんでしょうか?
奪った熱の分、部屋が暑くなるんでしょうか?

Aベストアンサー

> 気化で奪われた熱は結局どこに行くんですか?

気化熱は、液体の水が気体の水蒸気に変わるのに(分子レベルで、くっついていた分子同士がバラバラになるのに)使われます。その間、温度は変わりません。
(参考:
http://chemistry1.juniorhighschool-science.net/state/tempchange.php
の「状態変化と温度」のグラフ)

ですので、室温はどうなるかというと、水が水蒸気に変わった直後であれば変わらないと思います。湿度は上がりますが。
あとはそれに加えて、水蒸気になった後どれだけ路面から温められるかだとか(これは単純な熱エネルギーの移動)、No.2さんが書かれているように飽和蒸気圧などを考えると複雑な問題になりそうです。

参考URL:http://chemistry1.juniorhighschool-science.net/state/tempchange.php


人気Q&Aランキング

おすすめ情報